自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

マンガが大好き。マンガを読むことで自分時間を楽しく過ごしています。再婚承認を要求します、ハーレムの男たちのネタバレを書いています。

ハーレムの男たち 原作 111話~120話

ハーレムの男たち ネタバレ 先読み 原作123話 あらすじ 美しすぎて花と区別がつかないサーナット卿

123話 ラティルは側室たちと共に離宮で過ごしています。 ◇温室で◇ ラティルが外へ出ると、 サーナット卿が後を付いて来ました。 彼女が知らんぷりをして 歩いていても、 サーナット卿は気にすることなく、 ラティルの後を、 ずっと付いて行きました。 彼女は…

ハーレムの男たち ネタバレ 先読み 原作120話 あらすじ ラティルの頭が重いと嘆くクライン

120話 クラインに片思いをしていると告白した司書でしたが・・・ ◇心の中の罵声◇ クライン様に片思いをしている? 片思いという理由だけで 宮殿の木に登ったのはおかしい。 言い逃れではないのか? その話が本当なら、 本当に片思いなのか? 司書の言葉に驚…

ハーレムの男たち ネタバレ 先読み 原作119話 あらすじ サーナット卿がつかんだラティルを10年分からかうネタ

119話 キツネの仮面の下から出てきたのは、ラナムンの肖像画でした。 ◇なぜここに◇ なぜ、キツネの仮面が ラナムンの肖像画を持っているのか。 トゥーラは片手で肖像画を持ち 部屋の中を歩き回りました。 キツネの仮面が帰って来る前に 立ち去らなければいけ…

ハーレムの男たち ネタバレ 先読み 原作118話 あらすじ 意気消沈したクラインと肖像画の謎

118話 カリセンの代理公使の手の中にクラインのマントのポンポンが・・・ ◇人の気配と顔の傷◇ なぜ、死んだ代理公使が クラインのマントのポンポンを 握っていたのか。 しかし、 同じようなマントを持っている人は 他にもいるかもしれないので、 必ずしも、 …

ハーレムの男たち ネタバレ 先読み 原作117話 あらすじ ダガ公爵の陰謀とクラインの危機

117話 何者かに襲撃されたクラインでしたが・・・ ◇陰謀◇ 襲撃者が現れ、 襲撃者を捕まえるや否や 誰かが拍手をするとは。 クラインは、音がする方を向くと マントを着て、 フードを目深にかぶり、 顔を隠している人物が立っていました。 誰が見ても怪しい姿…

ハーレムの男たち ネタバレ 先読み 原作116話 あらすじ 大神官になかなかお礼が言えないクライン

116話 ロルド宰相の後ろで何か落ちる音がしました。 ◇引っ張られた◇ 床に男が倒れて、 ウンウン唸っていました。 幸い、ゲスターでは ありませんでしたが、 男は階段から落ちて 足に大きなケガをしていました。 ロルド宰相は、 人が落ちたと大声で叫んで、 …

ハーレムの男たち ネタバレ 先読み 原作115話 あらすじ クラインを寵愛しているふりをするラティル

115話 クラインの誕生パーティを開くことになったラティルでしたが・・・ ◇司書の怒り◇ 今度の皇帝陛下はひどいです。 ゲスターは長い廊下を歩いている間、 トゥーリは、 その横を元気に歩いていましたが、 ゲスターからの返事は ありませんでした。 彼は、…

ハーレムの男たち ネタバレ 先読み 原作114話 あらすじ 自分の見た幻想についてカルレインに聞いてみたいラティル

114話 ロルド宰相とアトラクシー公爵が同じ日、同じ時刻にパーティを開くと聞いたラティルは・・・ ◇思いついた人◇ ラティルは考えるまでもなく 両方とも行かないと断言しました。 ラナムンを支持する立場の侍従長も 行かない方がいいと ラティルに同意しま…

ハーレムの男たち ネタバレ 先読み 原作113話 あらすじ ドミスの幻想を見て気分が悪くなるラティル

113話 レアンの所へ行くと言ったラティルでしたが・・・ ◇兄に会いに行く◇ ラティルがレアンを どれだけ怒っているか、 レアンがどんなに話が上手か、 誰よりもよく知っている サーナット卿は ラティルのことを心配しましたが、 彼女は、 先に延ばすわけには…

ハーレムの男たち ネタバレ 先読み 原作112話 あらすじ サーナット卿に裏切られたら耐えられないラティル

112話 凄い力を出した自分にラティルは驚きました。 ◇女1人対大勢◇ ラティルは、 自分が強いことは分かっていましたが 人をボールのように、 こちらの道から反対側の壁まで 蹴り飛ばすくらい強いことに 本当にショックを受けました。 それで、 私は、こんな…

ハーレムの男たち ネタバレ 先読み 原作111話 あらすじ サーナット卿を信じたいラティル

111話 サーナット卿が好きと言ったラティルでしたが・・・ ◇悩んでいる時は◇ 乳母が誤解しているようだったので ラティルは慌てて手を振り、 そういう意味で、 好きと言ったのではないと 弁明しました。 驚いたと言う乳母にラティルは、 どうして驚くの? 理…