自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

マンガが大好き。マンガを読むことで自分時間を楽しく過ごしています。再婚承認を要求します、ハーレムの男たちのネタバレを書いています。

再婚承認を要求します 原作 小説 41話~50話 マンガ 36話~46話

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 50話 マンガ 45話、46話でカットされていたこと 必要ならいつでも一緒に笑えるナビエ

50話 皇子と皇女と言うラスタに固まったソビエシュでしたが・・・ ◇人前で話せないこと◇ ラスタは、自分が失言したことを 分からない様子でした。 彼女は力なく 床を見下ろしていましたが 自分の失言のせいで 気持ちが沈んでいるのでは なさそうでした。 ソ…

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 49話 マンガ 45話でカットされていたこと ラスタの赤ちゃんに祝福を受けさせたくない

49話 ナビエからの贈り物を喜ぶラスタでしたが・・・ ◇喜ぶラスタ◇ ラスタはナビエの贈り物が 気に入ったようでした。 顔色が一気に明るくなったラスタは ありがとうございます。 とても可愛いです。 美しいです。 と、喜びの叫び声をあげました。 宝石を散…

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 48話 マンガ 44話でカットされていたこと ナビエは大切な人、太陽のような方

48話 マンガでは描かれていない、地下墓地でハインリとクリスタが会話するシーンが出てきます。 ◇約束を破る男◇ 息子に会いたくなったかと ラスタはロテシュ子爵に 聞かれました。 ロテシュ子爵の息子はアレンで ラスタが一時期、愛した男で 彼女を捨てた男…

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 47話 マンガ 42話、43話でカットされていたこと 本当に好きな女性ができてハインリが後悔したこと

47話 コシャールの言動が心配なナビエですが・・・ ◇収まらない怒り◇ ナビエは 陛下に危害を加えるだけでも 極刑に処せられるかもしれない。 とコシャールに告げると 彼は、 それなら、ラスタを殺すと 言いました。 彼女のお腹の中には 陛下がすごく楽しみに…

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 46話 マンガ 41、42話でカットされていたこと カフメン大公は愛される気持ちを教えてくれた人

46話 ラスタの赤ちゃんがナビエの子になるかもしれないと言われたナビエでしたが・・・ ◇絶対に愛せない◇ ナビエの頭から 前日のソビエシュの言葉が 離れませんでした。 遠くから聞こえてくる 鳥の鳴き声が クイーンを思い出させて 憂鬱になりました。 庶子…

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 45話 マンガ 41話でカットされていたこと ナビエは愛らしい体型

45話 ハインリは西王国へ帰ってしまいました。 ◇辛いパーティの準備◇ 親しい友達が去ってしまい ナビエは寂しくなると 思いましたが ソビエシュが 赤ちゃんの誕生を記念して 盛大なパーティを開くことになり ナビエは忙しくなりました。 ローラは絶対に参加…

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 44話 マンガ 40話、41話でカットされていたこと ハインリのコートから彼とクイーンの香りがする

44話 扉の外にいたのは・・・ ◇側室は側室◇ 側室は側室にすぎない? 扉の向こうから 大きな声が聞こえた時 ラスタは大きなぬいぐるみを だきしめました。 扉の前を守っていた近衛兵たちは 恥ずかしくなり 互いに視線を交わしました。 ラスタは泣きそうな顔で…

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 43話 マンガ 38話、39話でカットされていたこと カフメン大公の魔法で騎士が倒れる

43話、カフメン大公がソビエシュの顔を殴ってしまいました。 ◇争いと常識◇ ソビエシュは 少しよろめいたものの 反動を利用して カフメン大公を殴ろうとしました。 彼は手でソビエシュの拳を 防ぎましたが 眉間にシワを寄せました。 拳を防ぎながら 指が2本後…

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 42話 マンガ 37話、38話でカットされていたこと カフメン大公のせいでクイーンが見えない

42話 相談事があると言って、ナビエを待っていたハインリですが・・・ ◇帰ってしまう◇ ナビエは、 どこか開いている部屋で ハインリから 話を聞こうと思いましたが 歩きながら 書類を見ることにしました。 何の書類なのか ナビエはハインリに尋ねましたが 彼…

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 41話 マンガ 36話、37話でカットされていたこと 不愛想な異国の美男子カフメン大公の目が潤むと?

41話 部屋に入って来たのはソビエシュでした。 ◇恋の妙薬の効め◇ 彼はカフメン大公に 用事があったのか 書類を綴ったファイルを 持っていました。 けれども、目を閉じて 立ちすくんでいる カフメン大公を見て ソビエシュは 眉間にシワを寄せました。 ナビエ…