自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 原作 小説版 あらすじ 第70話~第79話

再婚承認を要求します ネタバレ 小説第79話 あらすじ マンガ版75-76話 早くハインリへ手紙を届けたい。ナビエの不妊の理由

ナビエは、コシャールが用意したとされる偽親を問い詰めていると、ソビエシュがやって来ましたが・・・ マンガ版75話 ◇離婚の理由◇ ソビエシュは、 彼らの嘘に騙されないだろうと ナビエは思っていましたが ソビエシュが、 皇后が豆を置いて、 小豆と言った…

再婚承認を要求します ネタバレ 小説第78話 マンガ版 73話、74話 ハインリからの手紙 

再婚承認を要求します 小説版 第78話をお届けします。無事にハインリの手紙を受け取ることができたナビエでしたが・・・ マンガ版 73話 ◇ハインリからの手紙◇ ハインリの手紙を パルアン侯爵の元へ 届けに来たのが 青い鳥と聞いて、 ナビエは、 その鳥がケガ…

再婚承認を要求します ネタバレ 小説版第77話 マンガ 72話 73話 ハインリはコシャールを兄と呼ぶ、ハインリの手紙はナビエの元へ届く

77話 ◇ハインリとコシャール◇ マンガ72話 ソビエシュに 追放されたコシャールを ハインリが 西王国へ呼び寄せました。 コシャールは なぜハインリが自分を 呼び寄せたのか わかりませんでしたが ハインリがラスタのことを 好きだと聞いていたので 彼に、彼女…

再婚承認を要求します ネタバレ 小説版第76話 マンガ版 71話 ソビエシュは離婚申請書を書き、ラスタは偽親と感動の偽の再会

76話 とうとうソビエシュが離婚申請書を書き始めました。 マンガ版71話 ◇離婚の理由◇ ソビエシュは離婚申請書を 持ってくるように 部下に命じます。 そして、離婚申請書に 離婚の理由を書き綴ります。 ナビエの兄コシャールが ・ラスタのお腹の子を 中絶させ…

再婚承認を要求します ネタバレ 小説版 第75話 あらすじ マンガ版 69話、70話 ラスタの偽の親が2組現れる

再婚承認を要求します 小説版 第75話をお届けします。 マンガ版69話 ◇2組の偽親◇ ソビエシュが ラスタを皇后にするためには ラスタが奴隷であったことを 隠す必要がありました。 しかし、ラスタの奴隷売買証書は 見つかりません。 ソビエシュは、 ラスタの身…

再婚承認を要求します ネタバレ 小説版 第74話 マンガ版69話 ラスタがナビエを陥れるために青い鳥の羽を・・・

再婚承認を要求します 小説版 第74話をお届けします。西王国の使いがコシャールを迎えに来ましたが・・・ ◇ハインリの使い◇ マンガ版68話の終わりあたり 西王国のハインリ王が、 自分を迎えに来たという話を コシャールは信じませんでしたが 新年祭の時に、 …

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説版第73話 あらすじ マンガ版 67話 68話 69話青い鳥はマッケナ?ではクイーンは?ソビエシュのいたずらに怒るナビエ

再婚承認を要求します 小説版 第73話をお届けします。エルギ公爵のところにマッケナがいるのを見つけたナビエでしたが・・・ マンガ版67話 ◇マッケナがなぜ?◇ マッケナがどうして裸なのか 西王国にいるはずの彼が ハインリーの最側近で 護衛で秘書でもある…

再婚承認を要求します 72話 ネタバレ 原作 小説 あらすじ マンガ66話、67話 ケガをした青い鳥を連れて来たのはエルギ公爵、ソビエシュの全てが欺瞞に思えるナビエ

72話 ナビエに手紙を運んできた青い鳥(マッケナ)が撃たれてしまいました。彼の運命は? ◇青い鳥が撃たれた?◇ ずっと字を見ていて 目が疲れたナビエは 部屋へ戻ってきました。 ベッドにもたれかかり、 目頭を押さえていると 窓枠に青い羽が見えました。 ハ…

再婚承認を要求します 71話 ネタバレ 原作 小説 マンガ 64話、65話 ハインリの手紙が燃やされ、マッケナが矢で撃たれる

71話 ハインリからの手紙を奪われたナビエ、ソビエシュはどう出るか? ◇手紙の運命◇ ナビエが帰ってきた日は、 ソビエシュと食事をする日でした。 疲れたと言い訳をして 食事を避けることもできましたが その時間になると ナビエは東宮へ行きました。 ナビエ…

再婚承認を要求します 70話 ネタバレ 原作 小説 マンガ 64話、65話 ナビエに会いたくて必死で羽ばたいてきたハインリ

70話 ナビエからプロポーズされたハインリは・・・ ◇側室?◇ ハインリは 当惑していた様子でしたが すぐに顔が明るくなり 心から嬉しそうに見えました。 彼の王妃になると言う 狂った提案をしたナビエが 当惑するほどでした。 クイーンが王妃になってくれた…