自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 小説第72話あらすじ マンガ版 66話、67話 青い鳥が矢で撃たれ、ナビエのところへ焼いた鳥が運ばれる

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

再婚承認を要求します 小説版 第72話をお届けします。ナビエに手紙を運んできた青い鳥(マッケナ)が撃たれてしまいました。彼の運命は?

マンガ版 第66話の途中から

◇青い鳥が撃たれた?◇


ずっと字を見ていて

目が疲れたナビエは

部屋へ戻ってきました。

ベッドに寄りかかり、

瞼を押していると

窓枠に青い羽が挟まっているのを

見つけました。

 

もしかしたらハインリが

手紙を送ってくれたのかも

 

ナビエは窓を調べたけれども

窓枠にも窓の下にも

青い鳥はいませんでした。

その代わりに、窓の下に

赤いものが付いていました。

 

血?

 

ナビエは身体を伸ばして、

その赤いものを指で拭うと

やはり血でした。

まだ乾いていない血。

 

ナビエの部屋に入ってくる鳥は、

すべて矢で射ると

ソビエシュが警告していたので

ナビエは、窓の外に顔を出して

鳥の死体を探しました。

鳥の死体がないか

あちこち探しましたが

見つかりませんでした。

 

ローラに鳥が来ていないか

聞いてみましたが

来ていないという返事でした。

 

ローラが部屋の外に出ていった後

窓の外を眺めてみましたが

弓を持っている人はいませんでした。

ソビエシュの腕の立つ射手が

隠れているのかもと

思っていると

部屋の外が騒がしくなったので

そちらへ行くと

ソビエシュの給仕係が

ワゴンを運んできました。

ワゴンの上には、

大きな皿が置いてあり

銀の蓋が被せてありました。

それは何かとナビエが

給仕に尋ねると

ソビエシュに言われて

持ってきた食べ物だと

言います。

 

蓋を開けると、

皿の上には

鳥の丸焼きが乗っていて

調味料の香りが漂っていました。

しかしナビエには

肉を飾っている

青い羽しか見えませんでした。

青い羽とぽっちゃりした

鳥の足と背中を見て

ナビエは吐き気を催しました。

 

窓の下の赤い血と

窓枠に挟まっていた青い羽のことを

思いながら

ナビエは気を失ってしまいました。

 

f:id:myuieri:20210111150019j:plain

マンガ版 第67話はここから

◇青い鳥の運命◇

ラスタは、芝生の上に倒れている

青い鳥を見つけました。

鳥には矢が刺さっていました。

 

可愛そうにと言いながら、

ラスタは、

鳥にはあまり関心がないけれども

青い鳥を見たのは初めてだったので

このような鳥をカゴに入れて飼ったら

貴族らしく見えるのにと思いました。

そのように考えた時に、

ラスタは青い鳥を見るのは

今回が初めてではなく

エルギ公爵が

青い鳥と一緒にいるのを

見たことがあったのを

思い出しました。

鳥は生きていて、

足に手紙が結んでありました。

 

エルギ公爵への

手紙かもしれないと思い

ラスタは手紙を外し

それを読みながら

エルギ公爵の部屋へ向かいました。

 

あなたに何があったのか

大変なことではないか

考えるだけで胸が痛みます。

あなたの痛みを分けてもらえたら

あなたのために

マッケナが知恵を絞ります。

 

重要な内容ではなく、

ラブレターのように思えました。

 

エルギ公爵へ恋人からのラブレター?

 

首を傾げながらも

ラスタはエルギ公爵の部屋へ行き

途中で拾ったと言って、

手紙をエルギ公爵に渡すと

笑いながら手紙を受け取った

エルギ公爵ははっとしました。

 

この手紙をどこで拾ったか、

エルギ公爵がラスタに尋ねると

青い鳥の足に結んであり、

鳥は矢に打たれていたと答えたので

エルギ公爵は慌てて外へ出ていき

鳥を抱えて戻ってきました。

 

エルギ公爵は、鳥を治療するので

ラスタに帰るように言います。

そして、

ラスタが手紙を読んだことを知ると

 

手紙の内容は秘密にしてくれ。

私がこの手紙の主と

こんな仲だということを

誰も知らなかったらと思う。

 

と言いました。

 

f:id:myuieri:20210206060252j:plain

ここから、マンガ版68話に出てきます。


ラスタは部屋に戻ると、

マッケナは誰なのか

尋ねると

メイドのキャリアが長いリアンが

マッケナはハインリの秘書で

ハインリ王子と

エルギ公爵は親友だから

エルギ公爵はマッケナのことも

知っていると

彼女は答えました。

 

ラスタはハインリが東大帝国にいた時に

いつもハインリの後をついていた

青い髪の男のことを思い出しました。

 

あの人がマッケナ

 

そう思いながら、

愛を囁くような、

親友とのやり取りとは思えない

手紙の内容と

エルギ公爵の

 

手紙の内容は秘密にしてくれ。

私がこの手紙の主とこんな仲だということを

誰も知らなかったらと思う。

 

の言葉を思い出し

ラスタは両手で口をふさぎました。

エルギ公爵は、うまくラスタを騙せたようですね。

f:id:myuieri:20210206060252j:plain

ここまで

f:id:myuieri:20210111151510j:plain

◇ソビエシュのいたずら◇

ナビエは気が付くと

自分がどうして横になっているのか、

わかりませんでした。

とても恐ろしいものを

見たということ以外

何も思い出せませんでした。

疲れて、目元が痛くて

後頭部が痛かったのですが

自分の手をギュッと

握りしめる人がいたので

そちらを向かないわけには

いきませんでした。

ソビエシュでした。

 

大丈夫か?

 

ソビエシュの声を聞いて

すべてのことを思い出しました。

 

ハインリが抱えていた青い鳥

私に手紙を届けてくれた青い鳥

私のそばで、

頭を突き合わせて

手紙を読んでいた青い鳥

水を飲む青い鳥

窓の下に付いていた赤い血

スパイスを塗られて焼かれた鳥の体

 

ナビエはソビエシュの服に

嘔吐してしまったので

彼は宮医を呼ぼうとしましたが

ナビエは冷たい態度で断りました。

 

ナビエが突然、後ろに倒れたことを

ソビエシュに言われ

ナビエは後頭部が痛い理由がわかりました。

頭に包帯が巻かれていました。

ソビエシュは、ナビエの名前を呼びますが

ナビエは、

ソビエシュに出ていくように命じます。

 

ソビエシュは鳥を殺すと警告したけれども

どうして、その鳥を焼いて、

自分のところへ

送ってよこすことができるのか。

可愛がっていた鳥が焼かれたなんて!

その恐ろしい気持ちを言う必要があると

ナビエは思いました。

 

ソビエシュは、青い鳥を矢で射たけれども

焼いた鳥は青い鳥とは別の鳥である。

羽は、青い鳥のを使ったけれども

焼いた鳥は別の鳥だと言いました。

でも、ナビエは

ソビエシュが嘘をついていると思いました。

 

すべての傷を抱えたような不機嫌そうな顔の

ソビエシュを見て

ナビエは怒りがこみ上げてきました。

 

私とハインリとの

手紙のやり取りを嫌ったとしても

大人なら、

あのような真似をしないだろう。

 

ナビエはソビエシュに

出ていくように言いました。

そして、長い時間泣いた後に

鳥を焼いたことは言えないけれども

死んだことはハインリに

伝えなければと思いました。

でも、鳥が死んでしまったら

ハインリとの連絡方法はありません。

ナビエは

エルギ公爵を訪ねることにしました。

 

この時点でナビエは、丸焼きになったのが青い鳥だと思っています。

エルギ公爵が泊っている

部屋の近くへ行くと

うめき声がしました。

苦痛に満ちた声でした。

公爵がケガをしているのかと

驚いて扉を叩こうとすると

芝生の上に

青い羽が落ちているのが見えました。

 

ナビエは羽を見つめながら

窓際に近づきました。

窓はカーテンが閉まっていましたが、

少しの隙間から

部屋の中が見えました。

ナビエは窓の前に立ったまま、

音がする方を見ると

驚いたことに,

そこにはハインリの秘書の

マッケナが裸で寝ていました。

 

f:id:myuieri:20210113051614j:plain

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

小説版とマンガでは

若干、話が前後しているのと

マンガでは

青い鳥を拾ったのは

ラスタとなっていますが

小説版ではエルギ公爵に

なっています。

マンガに合わせず

そのままにしておきます。

 

嫉妬心からやったこととはいえ

ソビエシュの悪質ないたずらは

許せません。

 

常に冷静なナビエが

青い鳥が殺されと思い

感情を露わにしていました。

早く、ナビエの誤解が

解けますように。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain