自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 72話 ネタバレ 原作 小説 あらすじ マンガ66話、67話 ケガをした青い鳥を連れて来たのはエルギ公爵、ソビエシュの全てが欺瞞に思えるナビエ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

72話 ナビエに手紙を運んできた青い鳥(マッケナ)が撃たれてしまいました。彼の運命は?

◇青い鳥が撃たれた?◇


ずっと字を見ていて

目が疲れたナビエは

部屋へ戻ってきました。

ベッドにもたれかかり、

目頭を押さえていると

窓枠に青い羽が見えました。

 

ハインリが

手紙を送ってくれたのかも

 

ナビエは窓際へ行き

窓ガラスをのぞきました。

窓枠の上にも窓の下にも

青い鳥はいませんでした。

その代わりに、

窓の下側の壁に

何か赤いものが付いていました。

 

血?

 

ナビエは身体を伸ばして、

その赤いものを指で拭うと

やはり血でした。

まだ乾いていませんでした。

 

私の所へ来る途中

青い鳥がケガをしたのだろうか。

矢に当たったのだろうか?

 

数日前、

ナビエの部屋へ入ってくる鳥は、

すべて矢で射ると

ソビエシュは警告しました。

ナビエは、窓の外に顔を出して

鳥の死体を探しました。

外へ出て、宮殿の庭を

あちこち探しましたが

鳥の死体は見つかりませんでした。

 

ナビエは本宮へ行く時に

窓を開けて

ローラに鳥が飛んでくるか

見ていて欲しいと頼みました。

 

しかし、青い鳥のことが気になり

ナビエは仕事に集中できませんでした。

彼女が疲れていると思った副官は、

ナビエに早めに帰るように勧めたので

彼女はその通りにしました。

自分の部屋へ戻るや否や

ローラに鳥のことを尋ねましたが

来ていないという返事でした。

 

ローラが部屋の外へ出ていった後

ナビエは窓の外を見ましたが

弓を持っている人はいませんでした。

けれども、

ソビエシュの腕の立つ射手が

隠れていると思いました。

 

部屋の外が騒がしくなったので

そちらへ行くと

ソビエシュの給仕係が

ワゴンを運んできていました。

 

その上には、大きな皿が置いてあり

銀の蓋が被せてありました。

それは何かとナビエが

給仕に尋ねると

ソビエシュに言われて

持ってきた食べ物だと

言いました。

 

給仕が蓋を開けると、

皿の上には

鳥の丸焼きが乗っていて

調味料の香りが広がりました。

 

ローラは美味しそうと言って

拍手をしましたが

ナビエは何も考えられませんでした。

彼女には、

肉を飾っている

青い羽しか見えませんでした。

青い羽とぽっちゃりした

鳥の足と背中を見て

ナビエは吐き気を催しました。

 

窓の下の赤い血と

窓枠に挟まっていた青い羽のことを

思いながら

ナビエは気を失ってしまいました。

 

f:id:myuieri:20210715155856j:plain

◇青い鳥の運命◇

南宮へ向かっていたラスタは、

芝生の上に倒れている

青い鳥を見つけました。

鳥には矢が刺さっていました。

 

ラスタは、可愛そうにと言いました。

鳥にはあまり興味がないけれども

こんなに真っ青な羽を持つ

鳥を見たのは初めてだったので

もったいないと思いました。

このような鳥をカゴに入れて飼ったら

貴族らしく見えるのにと思いました。

 

その時

ラスタは青い鳥を見るのは

今回が初めてではなく

エルギ公爵が

青い鳥と一緒にいたことを

思い出しました。

この鳥は、

エルギ公爵の鳥かもしれないと

思いました。

 

ラスタは鳥に近づきました。

鳥は生きていて、

足に手紙が結んでありました。

 

エルギ公爵の伝書鳥なら

手紙を届けなければと思い

ラスタは手紙を外し

それを読みながら

エルギ公爵の部屋へ向かいました。

 

あなたに何があったのか

大変なことではないか

考えるだけで胸が痛みます。

あなたの痛みを分けてもらえたら

あなたのために

マッケナが知恵を絞ります。

 

重要な内容ではなく、

ラブレターのように思えました。

 

エルギ公爵へ恋人からのラブレター?

 

首を傾げながらも

ラスタはエルギ公爵の部屋へ行き

途中で拾ったと言って、

手紙をエルギ公爵に渡すと

笑いながら手紙を受け取った

エルギ公爵ははっとしました。

 

この手紙をどこで拾ったか、

エルギ公爵がラスタに尋ねると

青い鳥の足に結んであり、

鳥は矢に打たれていたと答えたので

エルギ公爵は慌てて外へ出ていき

鳥を抱えて戻ってきました。

 

エルギ公爵は、鳥を治療するので

ラスタに帰るように言いました。

そして、

ラスタが手紙を読んだことを知ると

 

手紙の内容は秘密にしてくれ。

私がこの手紙の主と

こんな仲だということを

誰にも知られないように思う。

 

と言いました。


ラスタは部屋へ戻るや否や

ベルディ子爵夫人を呼んで

マッケナという人は誰なのか

尋ねました。

 

彼女は知らないようでしたが

新しくラスタに仕えることになった

下女の経歴が長いリアンが

マッケナはハインリ一世の秘書で

ハインリ一世と

エルギ公爵は親友だから

エルギ公爵はマッケナのことも

知っていると

彼女は答えました。

 

ラスタはハインリが東大帝国にいた時に

いつもハインリの後をついていた

青い髪の男のことを思い出しました。

 

あの人がマッケナ

 

そう思いながら、

愛を囁くような、

親友とのやり取りとは思えない

手紙の内容と

エルギ公爵の言葉を思い出し

ラスタは両手で口をふさぎました。

エルギ公爵は、うまくラスタを騙せたようですね。

f:id:myuieri:20210202052108j:plain

◇ソビエシュのいたずら◇

ナビエは気が付くと

自分がどうして横になっているのか、

わかりませんでした。

とても恐ろしいものを

見たということ以外

何も思い出せませんでした。

 

目の周りと後頭部が

とても痛かったものの

自分の手をギュッと

握りしめる人がいたので

そちらを向かないわけには

いきませんでした。

ソビエシュでした。

彼は大変驚いた顔をしていました。

 

大丈夫か?

 

ソビエシュの声を聞いて

ナビエは

すべてのことを思い出しました。

 

ハインリが抱いていた青い鳥

私に手紙を届けてくれた青い鳥

私のそばで、

頭を突き合わせて

手紙を読んでいた青い鳥

水を飲む青い鳥

窓の下に付いていた赤い血

調味料を塗られて焼かれた鳥の体

 

ナビエは再び吐き気を催し

ソビエシュを振り切りました。

彼はナビエの口元に手を当て

宮医を呼ぼうとしましたが

ナビエはできるだけ冷たい手で

彼を押しのけ

必要ないと言いました。

 

ナビエは突然、気絶した。

きちんと立っていたのに

急に後ろに倒れたと

ソビエシュに言われて

彼女は後頭部が痛い理由がわかりました。

頭に包帯が巻かれていました。

 

再び彼は

ナビエに触れようとしましたが

彼女はソビエシュを押しました。

 

ソビエシュは、

ナビエの名前を呼びましたが

彼女は、自分の名前を呼ばないように

出ていくようにと命じました。

 

ソビエシュは鳥を殺すと警告したけれども

その鳥を焼いて、自分のところへ

送って来たことに

ナビエは鳥肌が立ちました。

可愛がっていた鳥が

丸焼きになって現れた

その恐ろしい気持ちを

何と表現していいか

分かりませんでした。

 

ソビエシュは、

ナビエがこんなに驚くとは

思わなった。

青い鳥を矢で射たけれども

焼いた鳥は青い鳥とは別の鳥。

羽は、青い鳥のを使ったけれども

焼いた鳥は別の鳥だと言いました。

 

ナビエはソビエシュが

とんでもない嘘をついていると

言いました。

 

ナビエが繰り返し出て行くように言うと

ソビエシュは

やむを得ず立ち上がりましたが

なかなか前へ進まず

何度もナビエを振り返りました。

その哀れそうな瞳に

ナビエはいっそう腹が立ちました。

 

矢に当たって死んだのは鳥で

それを見て驚いたのは自分で

鳥を失ったのはハインリなのに

なぜ、ソビエシュは

すべての傷を抱えたような目で

自分を見るのだろうか。

ナビエは怒りがこみ上げてきました。

 

ソビエシュの全てが

欺瞞に思えました。

 

最初からすまないと思う人なら

鳥の丸焼きを

持って来させたりしないだろう。

私とハインリが

手紙のやり取りをするのが嫌でも

私のことを

少しでも考えてくれていたら

私を人間として扱っていたら

あんなことはしないだろう。

 

もう少ししたら

ソビエシュを枕で

殴ってしまいそうだったので

ナビエは、ソビエシュに

きっぱりと

出て行くように言いました。

ようやく彼は出て行きました。

 

そして、長い時間泣いた後に

鳥を焼いたことは言えないけれども

鳥が死んだことはハインリに

伝えなければと思いました。

でも、鳥が死んでしまったら

ハインリとの連絡方法は

ありませんでした。

ナビエは

エルギ公爵を訪ねることにしました。

 

応接間に行くと

ナビエを心配していた侍女たちが

走って来ました。

ナビエにすがって

泣くローラを見ていると

彼女は、自分の感情に浸り

周りの人たちを心配させたことを

申し訳なく思いました。

 

ナビエは侍女たちに

疲れていただけだと言って

安心させました。

 

アルティナ卿を伴い

エルギ公爵の所へ行く途中

いつも無口な彼女が

ナビエの身体を気遣い

終始、小言を言っていました。

ナビエは笑いながら

何度も大丈夫だと伝えました。

 

エルギ公爵が泊っている

部屋の近くへ到着すると

ナビエはアルティナ卿に

そこで待つように頼みました。

 

ナビエは彼の部屋に近づくと

かすかに、うめき声がしました。

苦痛に満ちた声でした。

公爵がケガをしているのかと

驚いて扉を叩こうとすると

芝生の上に

青い羽が落ちているのが見えました。

 

ナビエは羽を見つめながら

窓際に近づきました。

窓はカーテンが閉まっていましたが、

少しの隙間から

部屋の中が見えました。

ナビエは窓の前に立ったまま、

音がする方を見ると

驚いたことに,

そこにはハインリの秘書の

マッケナが裸で寝ていました。

 

f:id:myuieri:20210113051614j:plain

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

原作とマンガでは

若干、話が前後しているのと

マンガでは

ラスタが青い鳥を

エルギ公爵のところへ

連れて来ましたが

原作ではエルギ公爵が

連れて来ています。

 

ソビエシュは

ナビエとハインリが

文通をしていることに嫉妬し

腹を立て

青い鳥を射た後

それをを丸焼きしたように、

見せかけて持ってきました。

 

ナビエへの見せしめと

自分の力を誇示する目的が

あったように思いますが

ショックのあまり

ナビエが倒れてしまったのは

ソビエシュの予想外だったと

思います。

 

ソビエシュは

自分のしたことを反省して

ナビエにすまないと思い

傷ついたような顔を

していたのかもしれませんが

それがナビエに通じず

逆に怒らせることに

なってしまいました。

 

後の話に出てきますが

ナビエが皇帝を

枕で叩こうとするのは

彼女が本当に怒りを

我慢できない時です。

 

これまで、

ソビエシュはナビエに

ひどいことを

たくさんしてきましたが

彼女は必死で感情を押し殺して

耐えてきました。

そのナビエを

心底怒らせてしまったソビエシュを

彼女が許せなくても

当然かなと思います。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain