自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 小説第84話 ネタバレ 先読み 再婚は認められたけど前途多難

ソビエシュはナビエに
 
このおかしなことはいったい何か?
プロポーズという返事は聞きたくない。
 
とナビエに言いました。
 
おそらくソビエシュは、離婚して、すぐに再婚し
しかも、その相手がハインリである理由を
聞きたかったのでしょう。
 
けれども、ナビエはそれを話すつもりはなかったので
知っているけれども答えないと返事をしました。
 
ソビエシュの額には血管が浮き上がり
ナビエを見下ろして、大笑いしながら
 
元妻の再婚を許可しない
 
と言いました。
ナビエは、予想通りの展開に
離婚と同時に、再婚請求をしておいてよかったと思いました。
すると、それを聞いていた
大神官が、
 
それは私の権限だ
 
と言ったので、誰かが近くで大笑いしました。
ソビエシュの顔はいっそうこわばり
耳元まで赤くなり、外へ出ていきました。
 
大神官と皇帝がいなくなると
周囲が騒がしくなり、それと共に
侍女たち、パルアン侯爵、ナビエの両親が詳しい事情を聴こうと
ナビエとハインリの所へ集まってきました。
ナビエが黙っていたことを謝ると
侍女たちは、ナビエを責めることなく
うまくいってよかったというのでした。
 
そして、ローラとジュベール伯爵夫人が
ナビエと一緒についていくと言いました。
 
ナビエの両親は、まだ、この状況を受け入れ難い様子で
ハインリが2人を
お義父さん、お義母さんと呼ぶと
彼らは、もっと当惑して、互いに顔を見合わせていましたが
コシャールが西王国にいることを、小声で伝えると
父親は涙を流し、母親は安堵しました。
 
ナビエは、寂しい気持ちや喪失感や憤りが
ないわけではないけれども
周りの人たちが喜んでくれているので
悲しみよりも嬉しさの方が大きくなりました。
そして、自分を救ってくれたハインリに感謝するのでした。
 

f:id:myuieri:20210111150019j:plain

 
ラスタは、離婚をするや否や、他の国の王と再婚するナビエのことを
権力欲の化身だとぶつぶつ言い
舌打ちしながら
ソビエシュの後を追っていきました。
ためらいながらも、ラスタが彼の寝室に入ると、
ソビエシュは、一人にしてほしいと
ラスタに告げました。
 
するとラスタは、
 
ハインリ王子の文通相手は、自分ではなくナビエだったと
告白しました。
ソビエシュは、自分自身で手紙を読んでいるし
ラスタが嘘をついていたことも知っているので
突然、彼女が、その話をしたことが不思議でした。
 
ナビエを守りたくて
ハインリの文通相手のふりをしたけれども
こんなことになるなら、陛下に前もって話しておけばよかった
判断を間違えたと
ラスタは言いました。

f:id:myuieri:20210113055449j:plain

 
巷では、皇后が離婚した後すぐに再婚したというニュースで
もちきりでした。
再婚に賛成するものがいたり、反対するものがいたり
気持ち的には再婚に共感しながらも
皇后がいなくなると国が困るという人がいたりと
様々でした。
その話をパルアン侯爵から聞かされたナビエは
苦笑いしました。
 
ナビエは、トロビー家の財産管理人を呼んで
ナビエの資産目録をまとめてもらっていました。
 
ナビエは、自分のものが捨てられるのは嫌だし
ラスタに使われるものも嫌だったので
皇后宮で使っていたものは、すべて西王国へ
持っていくつもりでいました。
 
ナビエの両親が、いつまで東大帝国にいるのか尋ねたので、
ナビエは、すぐにでも西王国へ出発できると答えましたが
ハインリは、半月くらい滞在しようと言います。
 
そんな中、パルアン侯爵が帰ろうとして
外へ出ようとすると
近衛兵が正門の前を
壁のように取り囲んでいるのが見えました。
 

f:id:myuieri:20210112054535j:plain

感想
 
大神官は再婚を承認してくれたけれども
再びナビエを皇后にしようと思っていた
ソビエシュにとっては
再婚なんてとんでもないことですよね。
 
西王国へ出発するまで
前途多難です。