自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説版第86話 再婚のキャンセル方法を探すソビエシュ、ナビエとハインリは無事に脱出 

ナビエは、家を近衛兵が取り囲んでいる状態を

何とか打開できないものかと

考えていました。

しかし、家を出入りするものは

徹底的に顔を調べられ

ヘイを乗り越えようとするものは

投げ飛ばされます。

 

ハインリと再婚したのは、自分の欲のせいなのか

 

自分のせいで、ハインリが屈辱を受けているので

ナビエは気が重くなっていたのですが

窓際を通った時に

大きな黒い馬車が入ってくるのが見えました。

ソビエシュが来たのかと思っていたら

馬車から降りてきたのは、エルギ公爵でした。

 

ナビエはエルギ公爵に

ソビエシュに頼まれて来たのかと尋ねると

彼は、感がいいですね、と答えました。

 

エルギ公爵は、ハインリがどこにいるか

ナビエに尋ねました。

彼女は、エルギ公爵がハインリに会う前に

自分も話があると言いました。

 

ナビエは、

誰かに知られたくないし、

家族にはもっと知られたくない話

なので

と言って、エルギ公爵を人気のない庭へ連れて行きました。

そして、ナビエは言いました。

 

エルギ公爵はラスタの友達ですよね。

ラスタが1人で何をしても構わないけれど

東大帝国の国民に

被害が及ぶようなことをしそうになったら

あなたが正しい道を教えてください。

 

ナビエは、離婚法廷に出席していた時の

ラスタのその場にそぐわない服装や

初めて会った時から変わらない話し方を

心配していました。

自分は西王国の王妃になったので

その国民のために生きるけれど

東大帝国は、自分の母国なので

ラスタが皇后になった後

彼女が自滅して、

東大帝国や国民も引き込まれるのが

嫌だったのです。

 

ナビエはエルギ公爵の返事を待っていましたが

彼は、ナビエが予想していたことと反することを

言いました。

 

馬車に乗りながら、悩んでいましたが

ようやく結論を出しました。

そんな出方をされると

私の良心が痛みます。

 

ナビエは、エルギ公爵が良心と

言っていることが理解できず

彼を見つめていると

エルギ公爵は、ラスタと自分のことは

前皇后が割り込むことではないと言いました。

 

そんなことを言われたので

ナビエがびっくりしていると

続けてエルギ公爵は言いました。

 

部屋に戻ったら、

必要最小限の物を持って裏口に来るように。

 

ナビエは、彼がこの家の裏口も知らないのに

どうしてそんなことを言うのか不思議に思っていると

 

友達の奥さんになったのだから

密会はひっそりやりますよ。

 

とエルギ公爵が言うのを聞いて

彼が、ナビエとハインリを逃がせてくれることに

気が付きました。

 

ナビエは、何を持っていくか考えた末
お金では買えない物、思い出のある物を
持っていくことにしました。
荷物をまとめた後
両親の所へ立ち寄り
裏口へ向かいました。
 
しばらく待っていると、
エルギ侯爵とハインリがやって来ました。
ハインリは手ぶらでした。
 
3人はドアを開けて外へ出ました。
近衛兵たちは、家の中を覗くことはなかったので
馬車を裏口近くに付けても、見る人はいませんでした。
まずナビエが先に馬車の中に入り、
次はエルギ侯爵、そしてハインリが入ろうとすると
エルギ侯爵は馬車の扉を閉めてしまいました。
 
陛下が追い出すように命じたのは
ハインリだけなので
 
と言って、エルギ侯爵が馬車の椅子を持ち上げると
大きな空間が現れました。
椅子の外側から叩いても
そこに空間があることは、わかりにくくなっていました。
エルギ侯爵は、ナビエにその中へ入るように
頼みました。
 
馬車が出発する前に、近衛兵たちは
馬車の中を確認しました。
馬車の中は広々としていましたし、
荷物もほとんどなかったので
近衛兵たちは、詳しく調べるまでもなく
馬車を出発させました。
その2日後まで、ナビエがいなくなったことに
近衛兵たちは気づきませんでした。
 

f:id:myuieri:20210111151510j:plain

 
一方、ソビエシュはナビエの再婚を取り消す方法を見つけるために
秘書たちに、法典、歴代の皇帝の記録や、他の国の事例などを探すように
急き立てていましたが、皇帝と王の結婚は大神官の権限なので
法典を探しても、答えは出てきませんでした。
 
唯一の方法として、結婚のキャンセルはできないけれども
離婚のキャンセルの前例はあるので、
離婚を取り消したらどうかと、秘書が提案しました。
離婚がキャンセルになれば、重婚になってしまうので
再婚も自然に取り消されるのです。
 
そもそも、ソビエシュがナビエと離婚をしたのは
ナビエが不妊で、ラスタの子を後継者に
したかったからです。
その子が生まれてもいないのに
離婚をキャンセルしたら
ナビエとの離婚を計画する必要はありませんでした。
 
ソビエシュは、しばらく悩んだ後
ナビエに会いたくなり、トロビー家に行きました。
しかし、ナビエはいなかったので
ソビエシュは怒って、トロビー公爵夫妻を追求しましたが、
2人は自分たちの預かり知らぬことだと言いました。
 
エルギ侯爵がハインリを連れて行くときに
ナビエも連れて行ったに違いない。
 
皇后が逃げた。探しなさい。
似た女性はすべて捕まえるように。
 
ソビエシュは近衛兵たちに命令しました。
 

f:id:myuieri:20210108060213j:plain

感想
 
エルギ公爵のおかげで、
ナビエとハインリは無事に脱出することができました。
皇后を廃されても、東大帝国のことを考えて
エルギ公爵にラスタのことを頼むナビエは
根っからの皇后なのですね。