自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 小説版 第87話 あらすじ マンガ版 第84話 第85話 西王国への旅路、ハインリを意識するナビエ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

トロビー家を脱出したナビエたちのその後は?

マンガ版第84話

◇逃亡犯?!◇

馬車の椅子の下は、

見た目は広いけれども

実際に中に入ってみると狭くて

馬車が揺れる度に、

ナビエの身体の

あちこちがぶつかりました。

 

なるべくぶつからないように

膝を抱えていたナビエは

自分が王妃ではなく、

逃亡犯になったような

気がしていました。

それでも、時々、

ハインリが声をかけてくれるので

ナビエは安心できました。

 

寝ている方が早く着くかも

でも、こんな状態で眠れるのか

 

と思いながらも、

いつのまにか

眠ってしまったナビエが

目を覚ました時

椅子の座面が開いていて、

ハインリが

ナビエを見つめていました。

国境の町に到着していました。

 

ハインリが

 

神話の一場面のようです。

クイーンが目を覚まして、

僕を見た瞬間

胸がいっぱいになりました。

 

と言うので、

ナビエは恥ずかしくなりました。

 

その町で、エルギ公爵は

乗ってきた馬車に乗り

帰っていきました。

 マンガ版 第85話

◇一人で移動◇

そこからナビエは1人で

西王国との国境手前まで

エルギ公爵が手配した

別の馬車に乗ることになりました。

 

馬車に乗る前に、ナビエは、

一国の王が、

1人で国外にいるのは危ないので

ハインリと一緒に

行動すると言いましたが

彼は、

一緒に行動すると怪しまれると言い、

エルギ公爵も、

ハインリは神出鬼没だから大丈夫

と言ったので、

ナビエは1人で

馬車に乗ることになりました

 

ハインリは馬車が出発するまで

そこにいましたが

女性に呼ばれて

そちらを向いている間に

姿が見えなくなりました。

頭の上で

鳥の鳴く声が聞こえました。

 

ナビエを馬車に乗せてくれた女性は

道中、噂話や、

彼女の知人たちについて

休みなくしゃべっていました。

 

その噂話の中には

離婚するや否や

再婚した皇后の話もありましたが

彼女は皇后陛下の再婚に

賛成だと言いました。

 

ナビエを連れてきてくれた女性は

自分が頼まれたのは

ここまでと言って

西王国の国境手前の小さな町で

ナビエを馬車から降ろすと、

去っていきました。

◇馬で移動◇ 

見知らぬ場所に

1人取り残されたナビエが

ポカンとしていると

大きな馬に乗ったハインリが

現れました。

 

ハインリは町の外ではなく、

中から出てきたので

彼が自分より早く到着したことを

不思議に思いましたが、

ハインリが、

違う道を通ってきたと言ったので

近道を

通ってきたのだろうと思いました。

 

その町から、2人は馬に乗って

西王国へ向かいました。

f:id:myuieri:20210123071405j:plain

ナビエは馬の手綱を握り

その後ろにハインリが乗りました。

 

ナビエは、元々乗馬が好きでした。

皇后になってからは、忙しくて

乗馬をする時間がなかったのですが

皇太子妃になる前は

庭でポニーに乗り

皇太子妃になった後は

先代皇后がプレゼントしてくれた

黒い馬に乗っていました。

 

ソビエシュも乗馬が好きで

私たちは一緒に・・・

 

過去のことを考えると

ソビエシュが出てくるので

ナビエは、その考えを

脇へ追いやりました。

 

ハインリが

乗馬服を用意してくれていたこともあり

久しぶりに速度の制限なく

馬に乗れることが

楽しいと思いました。

 

一方のハインリは

スピードが速すぎると

ナビエに訴えました。

 

ナビエがスピードを

落とした方がいいかと

ハインリに提案すると

彼は首を横に振りましたが

その動きで、

彼が自分の後ろに乗っていることを

ナビエは意識してしまいました。

 

久しぶりの乗馬だったので、

自分が前に乗ると言ったナビエでしたが

ナビエの腰をしっかり抱いている

ハインリの身体を

意識してしまいました。

 

ナビエは、少し手を緩めて欲しいと

ハインリに頼みましたが

そうすると、

自分は落ちてしまうと言って

ハインリは断りました。

 

ナビエは、

馬のスピードをもっと速くして

ハインリの手ではなく、

風を意識するようにしましたが

うまくいかなかったので

スピードを落としました。

 

もし、私が後ろに座ったとしたら

ハインリが私を抱きしめているように

私もハインリを

抱きしめないといけないし・・・

 

ナビエが色々と考えを巡らしていると

ハインリが、

一緒に手綱を持つことを提案しました。

 

ナビエは承知しましたが、

先ほどまで、

ハインリがナビエの腰に

抱き着いていたのが

今度は、

後ろからナビエを抱きかかえることに

なってしまいました。

 

ナビエは、馬車に乗った方がいいとか

馬をもう1頭用意したらどうかと

ハインリに提案しましたが

彼が、もうすぐ西王国に到着し、

そこでマッケナが

待っていると答えたので

ナビエは我慢することにしました。

 

ハインリは何とも思っていないのに

私だけが意識しているのは、おかしい。

ただ一緒に

馬に乗っているだけなのだから。

 

ナビエはそのように思うことにしました。

 

f:id:myuieri:20210117205939j:plain

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ナビエ1人だけを

馬車で運んでくれた人は

マンガでは男性となっていますが

小説では女性となっています。

こちらでは、

小説通り、女性としておきます。

 

幼馴染だったナビエとソビエシュは、

夫婦になった後は

互いに、ときめくことは

なかったのかなと思います。

ハインリのことを

意識しているナビエは

可愛いなあと思います。

 

ナビエが1人で馬車に乗っている間、

ハインリはクイーンになって

先回りをしたのでしょうね。

 

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain