自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説版第99話 社交界の人達に受け入れられるため、トゥアニア公爵夫人を探すナビエ

ロテシュ子爵が帰った後も

ラスタは落ち着かず、ソワソワしていました。

時計を見ると、

まだソビエシュが来る時間ではないので

彼女は西宮へ向かいました。

 

皇后の部屋に入って

予め、皇后の気分になりたいと

ソビエシュにお願いをしたところ

彼は面食らったものの、鍵を渡してくれました。

 

皇后の部屋は、皇后が決まるまで

掃除もしないので

廊下を掃除する時間以外は、誰もいませんでした。

ラスタは、人目を避けて

その部屋に行き来するのを楽しんでいました。

 

部屋の中に入ったラスタは

自分が皇后になった時の気分を味わい

以前見たナビエの身振りを真似して

ヒヒッと笑いました。

以前と比べて、ラスタの言葉遣いと

立ち居振る舞いは、かなり上品になり、

彼女の礼法の先生が

とてもナビエに似ていると

ほめるほどでした。

結婚式の日に、

自分と前皇后を見比べる人々のことを

想像すると

ラスタは一段と機嫌がよくなりました。

 

ラスタは部屋の家具を一つ一つ開けてみると

何の変哲もない椅子の上部が

少し浮いているような気がしました。

椅子のクッションを持ち上げてみると

その中は保管箱になっていて

国費支援申請書と書かれた

一塊の書類が入っていました。

ナビエが、皇室の名前を借りて、

私費で支援していた団体への、支援に関する書類でした。

 

ナビエは、自分が皇后でなくなれば

皇室所有の機関を支援することができなくなるため

あらかじめ、数年分の予算を立てておいたものでした。

 

こちらを参照↓

myuieri.net

 

書類にはラスタ宛の手紙が添えられていました。

 

国費支援は1年周期で更新されるので

その手紙を書いている時点では

国費の申請ができない。

事前に書類を準備しておくので

ラスタが皇后になって

国費支援時期がやってきたら

代わりに申請して欲しい。

現在、国費支援を受けている団体が

たくさんあるので

以前のように、皇室の名前で申請するように。

事がこじれるといけないので

ラスタの名前で後援しないように。

 

手紙と共に、膨大な金額の手形が

添えられていました。

手紙に書かれている団体を2年間

支援できる金額でした。

 

ラスタは顔をしかめました。

皇后に申し訳ないとか

彼女が良い人だと認めると

彼女を追い出した自分が悪者になるからです。

 

皇后は生まれながらにして皇后で

たいして苦労をしていないのに

ラスタは、ここまで来るのに

とても苦労した。

一生懸命暮らしていただけで

皇后に対して何も害を与えなかったのに

おとなしくしていたラスタを追い出そうとして

自滅したのは皇后だ。

 

それなのに、

最後に偽善的な手紙を残していったナビエに

自分は見くびられていると思い

ラスタは腹を立てました。

 

事がこじれるといけないから

ラスタの名前で後援をしないようにと

言っているけれども

それは嘘で、

ラスタの名声が高くなるのが嫌なだけ。

国民の信頼を得るために、

ラスタの名前で後援する

 

と、ラスタは決めました。

 

f:id:myuieri:20210131150550j:plain

 

ローズとマスターズは

数日間、一緒に過ごしているうちに

随分、仲が良くなりました。

ローラとジュベール伯爵夫人が来れば

ここもにぎやかになると思っていたナビエに

良いアイディアが浮かびました。

 

彼女はローズに

西王国の社交界で一番人気のある人は誰か

尋ねました。

ローズは、リバティー公爵とマレーニだと

答えました。

リバティー公爵はマレーニの伯父であることも

彼女は話してくれました。

 

ナビエは2人に会うことができるか

ローズに尋ねました。

ナビエの意図が分かったローズは

2人と会うのは簡単ではないと答えました。

リバティー公爵はクリスタ側の人間、

マレーニは、クリスタと喧嘩をしたことがあり

仲が悪いけれども

ハインリの王妃候補の1人だったからです。

その上、野心家で、人に命令をする性格で

誰かの側に付くのを嫌がるかもと

ローズはナビエに伝えましたが

彼女は、私の側になる必要はないので

大丈夫だと答えました。

ローズはマレーニにアポイントを取ると

言いました。

 

ナビエは

トゥアニア公爵夫人は彼女の側の人間ではなく

友達だったことを思い出すと

ある考えが思い浮かびました。

 

彼女はマッケナの所へ行き

彼に鳥の姿になって

人を探すことができるか尋ねました。

 

マッケナは、鳥の姿になっても

1人1人の顔を見る必要があるから

その人がどこにいるか

大体の場所がわからなければ

見つけるのは難しいと答えました。

 

指名手配ならできるとマッケナに言われ

ナビエは部屋に戻りました。

彼女が探しているのはトゥアニア公爵夫人なので

指名手配にはできないからです。

 

ナビエは少し悩んだ後で、ローズを呼び

以前、ナビエがインタビューを受けた記者を

探してくるように頼みました。

 

 

記者がやって来ると、ナビエは

彼が自分にインタビューをしたかのような

記事を書いて欲しいと頼みました。

 

内容は、

 

ナビエは西王国に適応し、

無事に過ごしている。

良い人も多いけれど、

時々、昔の友達が懐かしくなる。

その友達の名前も書いて欲しい。

 

でした。

 

記者はとまどいましたが、承知してくれました。

 

ナビエが記者を呼んだのは

トゥアニア公爵夫人を探すためだったので

記者に伝えた侍女たちの名前の中に

トゥアニア公爵夫人の名前も入れました。

 

頭の良くて気が利く

トゥアニア公爵夫人だから

記事を読めば

わたしが探していることに気づくに違いない。

トゥアニア公爵夫人は

いつか、私のためになると約束してくれたから

それが本当なら

トゥアニア公爵夫人は来てくれる。

 

ナビエは、そう信じていました。

 

国民は、彼らのために与えてくれる王妃を

愛します。

けれども、すでに莫大な富と名声を持っている

社交界の人々は違います。

彼らに直接近づくには、

ナビエに好意的な社交界の名士が必要でした。

トゥアニア公爵夫人は

その役目を果たしてくれると

ナビエは考えていました。

 

ドアをノックする音で

ナビエの考えは遮られました。

扉を開けると、そこにいたのはハインリでした。

 

ハインリはナビエの手を握り

手の甲に口づけをすると

 

クイーン、寂しいですか?

 

と尋ねました。

 

ナビエは否定しましたが、

ハインリは信じてくれませんでした。

彼は、ナビエが寂しがっていると書かれた記事を

記者から読まされて、

彼女のことが心配になってやって来たのでした。

 

ハインリはナビエが寂しいのなら

クイーンの姿で、夜一緒にいる、

以前のように、思う存分可愛がってと

言いました。

 

その時、ナビエは、自分がどんな顔をしたか

わかりませんでしたが、

ハインリは冗談だと言いました。

 

今度クイーンの姿で来た時は服を着せると

ナビエはハインリに警告しました。

それに対し、彼は、服は着せてくれるのか、

同じ服を着るのかと尋ねたので

それに答えようとすると

ハインリの肩越しに、2人の侍女が見えました。

しかし、彼女たちは口をあんぐりと開けて

顔にはとまどいの表情が浮かんでいました。

クイーンが鳥の姿に変身したハインリだと

知らない2人は、

ナビエとハインリの会話の中の

 

クイーンの姿で夜一緒にいる

 

を、

 

ハインリがクイーンのドレスを着て

夜一緒にいる

 

と勘違いしたのです。

 

ナビエはハインリを部屋に引き入れました。

ハインリはナビエの夫です。

プレイボーイ、裸の王に引き続き

別の噂を広めるわけにはいきません。

慌てて、ハインリを部屋の中へ入れたので

彼は、ナビエの腕とドアの間に

挟まれてしまいました。

 

f:id:myuieri:20210131163518j:plain

感想

 

今回の話の前半、ラスタの腹黒さで

気が滅入りましたが

後半の、ナビエとハインリの漫才のような

やり取りを読んで、ほっとしました。

ハインリとナビエの年齢差がわからないのですが

10歳ぐらい違うのかなと、勝手に思っています。

年上のナビエをリードしようとがんばっている

ハインリはかっこいいと思います。

 

マッケナに、気の強いお嬢さんと言われた

ハインリの元王妃候補のマレイニの名前が

出てきました。

マンガで読んだ時は、

もう出てくることはないと思っていましたが

違いました。

今後、どんな活躍をするのか

期待しています。

(あまり出てこないかもしれませんが)

 

このお話は、過去の出来事が

後々、頻繁に出てくるので

油断ならないです(爆)