自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 小説版 第107話 あらすじ ソビエシュの結婚式 

f:id:myuieri:20210206055100j:plain


107話 今回もソビエシュの結婚式のお話です。前回のお話の最後で、ナビエが豊かに暮らさないでと言いましたが・・・

◇豊かに暮らさないで◇

幸せそうなソビエシュとラスタの姿を見た時

ナビエは

 

失敗してしまえ

 

とは思いませんでしたが

 

豊かに暮らさないで

 

という言葉が、頭の中に浮かびました。

ナビエは、自分を追い出した2人が

長生きするのは悔しいと思いました。 

ナビエのこの感情は当然だと思います。自分を捨てた人の結婚式なのですから。

ナビエの気持ちに、ハインリは気づいたのか

ナビエの手を握りながら

自分たちの結婚式に

彼らを呼ぶことを提案しました。

 

2人はきっと来ないだろうと思いながら

ナビエは、ハインリの囁き声と

手のぬくもりを心地よく感じ

彼女の歪んだ心が

真っすぐになるような気がしました。

ナビエはハインリの手を握り返す時

自分のつかめる場所ができたことを実感し

胸がいっぱいになりました。

 

ハインリのおかげで、ナビエが元気になれて良かったです。

 

ナビエは視線を感じたので目をそちらへ向けると

ソビエシュは彼女を見つめていました。

彼の顔が歪んでいたので

ナビエは、前妻が彼の結婚式を

台無しにするとでも思っているのかと

思いました。

ラスタがソビエシュの視線の先にあるものに

気づき、彼を見ました。

そして、ソビエシュとナビエを交互に見た後

眉間に皺を寄せました。

 

結婚式の最中に新郎が自分以外の女性を見ていたら腹が立つのも仕方がないかな。

◇結婚式のパレード◇

結婚式が終わると、

皇帝と皇后は同じ馬車に乗り

首都を一周することになっていました。

式を挙げた直後にパレードに出発するので

結婚式の時に着た衣装のままで

出かけることになっていましたが

ソビエシュは、ラスタに

ドレスを着替えるように命じました。

周りにいた貴族たちは

ソビエシュの言葉に驚きましたが

ラスタが、あの格好でパレードに出たら

何を言われるかわからないので、

彼らも納得しました。

 

それほどまでにひどいって、どんな格好なのか、とても気になります。

しかし、ラスタが抗議したので

ソビエシュは、ラスタに

着替えさせるのをやめ

アクセサリーだけ外させることにしました。

 

ドレスは信じられないほど派手でしたが

アクセサリーを全て外し

そのドレスを着こなしているラスタは

天使のようにきれいでした。

 

信じられないほど派手なドレスを、マンガではどんな風に描かれるのか気になります。

 

ソビエシュとラスタが馬車に乗り込み

パレードが始まりました。

外国の王族たちも

パレードに合流することになっていて

ナビエとハインリの乗る馬車は

ソビエシュたちの馬車のすぐ後ろを

行進しました。

国民が、ラスタとナビエを交互に見るのに

ちょうど良い位置でした。

 

ナビエは、片手でハインリの手を握り

もう片方の手で馬車をつかみました。

できる限り平然に見せるために

ナビエは、何度も深呼吸をしました。

 

ラスタが通ると、国民から

大歓声が上がりました。

ソビエシュとナビエの結婚式の時よりも

大きな歓声でした。

国民の熱烈な歓呼にこたえて

ラスタもにっこり笑い

明るく愛らしい姿が

人々を熱狂させました。

そして、ナビエたちの馬車が通る時は

驚くほど静かになりました。

 

ナビエが可哀そうです。

ナビエはきまりの悪い感情を隠すために

落ち着いて、顎を上げました。

ハインリはナビエの手をギュっと

握りました。

 

ナビエは何も悪いことをしていないのに、国民がナビエを無視するのはあんまりです。

◇披露宴◇

夜は披露宴が開かれるので

ナビエは踊りやすいドレスに

着替えました。

ナビエが国民から無視されたことを

知っていた侍女たちは暗い顔をしていました。

ナビエは、自分が大事に思っていた国民が

自分のことを無視したことを

心良く思っていませんでしたし

遠くから見ても、

まぶしいほど美しいハインリが

ナビエと一緒にいたせいで

無視されたことも

申し訳なく思っていました。

 

きっとハインリは気にしていないから大丈夫。

国民からは無視されましたが

ナビエの実家のトロビー公爵家

東大帝国で勢力が大きいので

披露宴会場で、

ナビエたちを無視する人はいませんでした。

そして30分程経つと

パレードで何事もなかったように

笑いながら、友達と話をすることができました。

 

ソビエシュとラスタがダンスを踊る時

ナビエのことを憐れみの目で見る人が

いましたが、

パレードの冷ややかな静けさより

ましだと、ナビエは思いました。

 

f:id:myuieri:20210108060213j:plain

 

ソビエシュとラスタのダンスが終わると

ハインリがナビエにダンスを申し込みました。

 

皇帝と皇后のダンスが終わるまで、他の人たちは踊ることができません。

ハインリとのダンスが終わると

エルギ公爵が、ナビエに

ダンスを申し込みました。

 

彼が、なぜダンスを申し込んだのか

わかりませんでしたが

彼はハインリの友人であり

ブルーボヘミアの王族で大貴族であり

自分を西王国へ逃がしてくれた人なので

ダンスを断れませんでした。

 

エルギ公爵とのダンスが終わった後

彼はナビエに何か言いたそうでしたが

次にナビエにダンスを申し込んできた

ソビエシュに遮られました。

 

◇ソビエシュとのダンス◇

 

ソビエシュとナビエは

ホールの中央に出ました。

鳥肌が立つくらい

周りからの強い視線を感じましたが

音楽が鳴り始めると

ナビエは自然にステップを

踏むことができました。

 

初めは静かに踊っていた2人でしたが

しばらくすると、ソビエシュは

ナビエに手紙の返事を聞いてきました。

ナビエは、返事はないと答えました。

 

いくらラスタが新婦であっても、結婚式の披露宴で、元の奥さんを1年後に呼び戻すと書かれた手紙の返事を聞くのは、あんまりです。

ソビエシュの、

 

きみを逃がすつもりはなかった。

 

の言葉に、

ナビエは、パレードの時に

ラスタにくっついて

彼女の手を握っていたソビエシュを

思い出し

鼻先で笑いました。

そして

 

1年後に私を呼び戻せば、

私の怒りが収まると思ったのか

 

その1年以内に2人目ができれば

1年後の約束が2年後になるのか

 

たとえ1年後に約束を守ったとしても

私がラスタの子供の母親になり

その子が成長した時に

母親の仇と言われて、

突き放されたくない。

 

とソビエシュに言いました。

 

ダンスが終わり、

疲れ切ったナビエは

誰ともダンスを踊る気がしませんでした。

ハインリは踊りたがっていましたが

ナビエは断りました。

 

ハインリは

 

明日も踊る機会はあるから

 

と言いました。

 

翌日の2次披露宴は仮面舞踏会。

仮面舞踏会には良い思い出がないし

3次披露宴のことまで考えると

疲れたドッと出ましたが

ナビエは頷きました。

 

仮面舞踏会で、ラスタとドレスがかぶってしまったことですよね。

 

◇ナビエが残していった手形◇

 

突然、遠くからざわめきが聞こえてきました。

疲れ切っていたナビエは、

何が起こったのか確かめに行きませんでしたが

あちこち歩き回っていたローズが

話してくれました。

 

ラスタが、結婚をした記念に

孤児院や老人ホームなど

支援を必要としている機関に

2000万クルトを寄付すると発表したので

皆、感嘆しているとのこと。

 

その金額は、

ナビエが残してきた手形と

同じ金額でした。

ナビエが結婚式に出席することを聞いたラスタが、あることを思いついたと言っていましたが、このことだったのですね。

ナビエは笑いそうになるのを隠すために

口の前で扇子を広げました。

 

事がこじれるかもしれないから

自分の名前で手形を使うなと忠告したのに

このことで、

彼女の名声が高くなろうが

足を引っ張られようが

私の忠告を無視した彼女の運次第。

 

とナビエは思いましたが

部屋に戻り、手形のことを思い出すと

気分が悪くなりました。

 

ナビエが残していったお金を

ラスタの名前で使うなと言った理由を

もっと具体的に手紙に書くべきだったのか。

ラスタなら、手形を見れば

すぐにわかると思った。

事がこじれなければ、

問題なく済まされることもあるし・・・

 

しかし、ナビエはラスタの行動を見て

もっと事情を詳しく説明するべきだったと

思いました。

ラスタは皇后で、

私は追い出された皇后だという

反発もありましたが

話した方が気が楽になると思い

翌日の舞踏会の時に、

ナビエはラスタの所へ行きました。

 

以前、コシャールが

ラスタに話しかけようとしたら

彼女が勝手に倒れたくせに

コシャールが突き飛ばしたと

嘘をついたことを

思い出しました。

ラスタとの話の最中に

同じことが起これば

困ったことになると思ったナビエは、

これなら、ラスタに嘘をつかせなくて済む

妙案を思いつきました。

 

ナビエはラスタの所へ行き

ダンスに誘いました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ナビエが残していった手形を

自分の名声を上げるために

自分の名前で使ってしまったラスタ。

ナビエは、ラスタと話をするために

彼女をダンスに誘いました。

 

そういえば、ナビエがラスタと

きちんと話をする機会は

今までなかったような気がします。

 

果たして、ラスタがナビエの言うことを

素直に聞くのかどうか・・・

f:id:myuieri:20210206060839j:plain