自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ あらすじ 小説版 第108話 ラスタへの忠告とソビエシュの言葉 

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

再婚承認を要求します 小説版 第108話をお届けします。ラスタとダンスをしながら話をするという妙案を思いついたナビエでしたが・・・

◇ラスタとのダンス◇

初めは、ナビエを見て

緊張していたラスタでしたが

ナビエからダンスに誘われると

目を丸くしました。

 

仮面を付けていても

新皇后と前皇后であるのは明らか。

この状況に

周囲の人たちも当惑していました。

 

ラスタは慌ててはいたものの

ダンスを断るのは避けようと思ったのか

ナビエに手を引かれて

2人は中央に出ました。

楽士が気を利かせてくれて

男女の区別なく、

2人の動作が同じ楽曲を

演奏してくれました。

 

ラスタは、

 

自分よりダンスがうまいことを

ひけらかして、

自分に勝ちたいと思っているのか

とナビエに言いました。

 

ラスタの自分勝手な解釈に

ナビエはあきれたものの

無駄なことを話している

時間はないので

 

あなたが上手に踊れば良いでしょ。

 

と言って、本題に移りました。

 

 ラント男爵と親しくしていて

 困ったことがあれば

 カルル侯爵に助けを求めること。

 カルル侯爵は陛下の部下だけれど

 私的な感情に流されない公明正大な人。

 国のためなら、手伝ってくれる。

 

ということは、ラント男爵は感情に流される人なのですね。ラスタが偽親との偽の再会をしていた時に、もらい泣きしていましたっけ。

    権力と利得を狙って近づく人がいても

 無条件に追い出さなくても良い。

 目的が違うだけで、

 良い人材がいることもある。

    側近に振り回されないこと。

 振り回されたとしても、

 相手が何を望んでいるか、

 注視すること。

 今日のドレスを選んだ人は遠ざけること。

 

デザイナーの反対を押し切ってラスタが選んだドレスを批判されてしまいました。

なぜ、こんなことを自分に話しているのかと

混乱しているラスタに

 

あなたのためでなく、

母国のためにアドバイスをしています。

 

と言ったナビエを

ラスタは睨みつけましたが

ナビエが、彼女にあげた手形を、

すでに他の人に渡したか尋ねると

彼女の顔は蒼白になり

周りをキョロキョロ見回しました。

 

しらばっくれるラスタに

ナビエは、

 

手形を回収できるなら回収すること。

回収できないのであれば

今後は、自分のお金で後援すること。

 

と忠告しました。

 

ナビエは、自分のお金が惜しくて

そんなことを言っているのだと

ラスタは思い

鼻先で笑いました。

 

お金がもったいなかったら、ラスタに手形を残していかないでしょう。

ナビエは、お金のせいで、 

彼女が後援していた関係機関に

火の粉が飛ぶことを心配していました。

ラスタに法的な問題が起こっても

それらの機関に

問題が生じるわけではないけれども

一度悪評が立ってしまった機関に

寄付する人はいないと

思ったからです。

 

ナビエは、最悪の状況を防ぐ話はしたので

それ以上、話すのをやめることにしました。

ナビエがあげたお金に問題はありません。

ただ、ラスタはこれまでも

自分の罪を人になすりつけてきたので

ナビエが、これ以上の情報を与えることで

ラスタが、後々、問題が生じた時のために

他の人に責任をなすりつける準備をすることを

心配していました。

 

その瞬間、ラスタが

お腹が痛いと悲鳴を上げて座り込みました。

お決まりの腹痛・・・

 

本当に痛いのか、仮病なのか

 

ナビエは、そんなことを考えながら

お腹を抱えているラスタを見下ろしていると

ソビエシュがラスタに駆け寄り

ラスタを抱き上げました。

 

ソビエシュの顔は

ナビエがラスタに危害を加えたのではと

疑っている風ではなく

ナビエの顔色をうかがっていました。

 

以前のソビエシュは、ラスタに何かあると必ずナビエを疑っていましたよね。

ソビエシュがラスタを連れて行ってしまうと

自分が1人になってしまうことを

心配しているのかと

ナビエが考えていると

ハインリが近づいて、ナビエの手を取り

ソビエシュに宮医を呼ぶことを提案しました。

 

ラスタの様子を見ていると

本当に具合が悪そうなので

ソビエシュは、ラスタを抱きかかえて

出ていきました。

 

貴族たちは、ナビエを睨みつけましたが

彼女は、他の人の前でラスタと話をして

良かったと思いました。

ラスタのお腹が本当に痛いとしても

ラスタは

ナビエのせいだと言って責めると

思ったからです。

 

f:id:myuieri:20210112055724j:plain

◇手形の問題◇ 

宮医は、ラスタの腹痛の原因は
ストレスだとソビエシュに告げました。
 
ソビエシュは、
ラスタがストレスを受けることなんて
あるのかという表情をしました。

隠し事がいっぱいあるから、ストレスたまりまくりでしょ。

ソビエシュは、ラスタの手を握ると
彼女はソビエシュの手を握り
しがみついて、
皇后がラスタを脅迫したと言いました。
 
ソビエシュは、
そんなのは見ていないと言うと
ラスタは確かに
皇后が脅迫したと言いました。
 
その理由を聞かれて
ラスタは返事ができませんでした。
誰かに脅迫されるということは
自分に脅迫されるような弱点があり
相手がそれを
知っているということだからです。
ラスタは、手形のことを、ソビエシュに
話すことはできませんでした。
 
ソビエシュは、ナビエが人の弱点を握り
脅すような人ではないと思いました。
以前、話す人と聞く人の意図が
必ずしも一致するわけではないと
ナビエが話していたのを思い出して
ナビエに、そんな気はなくても
ラスタは脅されたと 
感じたのではないかと思いました。

以前より、冷静に考えられるようになったかな?

ソビエシュは、ラスタに休むように言って
部屋を出ましたが
自分もラスタも、
ナビエのことを皇后と呼んでいたことに
気づきました。
 
ラスタは自分が皇后なのに
ナビエのことを 
皇后と呼んでしまったことに
腹を立てました。
ラスタはプライドが傷つき
お腹が再び痛み始めました。
 
どれもこれもすべて、ナビエの計略で
彼女の心理的攻撃だと思いました。
自分だけでなく、
赤ちゃんも狙っていると
ラスタは思いました。

ラスタ、性格悪すぎ。

しかし、痛みが治まってくると
ナビエの話していたことが気になりました。
 
手形に
何かしかけでもあるのかと思いましたが
手形には何も書かれていなかったし
すでにラント男爵に渡した後でした。
パーティが続いているので
ラント男爵は、
まだ手形を持っているかもしれませんが
それを返すように言えば、不思議がられるし
ラスタには、代わりのお金もありませんでした。
 
でたらめを言っているんだ。
 
ラスタは不快な気持ちを抑えて
気持ちを和らげました。 

f:id:myuieri:20210131174402j:plain

◇エルギ公爵◇


ナビエがソビエシュではなく

ラスタに手形を任せたのは、

 

私は、こんなに良い皇后なのに

私と離婚をするの?と
 
彼に誤解されたくなかったからでした。
 
ナビエはやるべきことはやったので
手形のことは忘れて、   
南宮の外に出ました。

数日後には、東大帝国を去ります。
今後、 
ここに立ち寄ることはほとんどないか
最後になるかもしれないので、
完全に別れを告げたいと思いました。
 
どのくらい歩いたのか
それほど遠くないところで
何かがキラキラ光っていました。
そちらの方向へ行ってみると
エルギ公爵が、大きな岩に座っていて
彼の持っているネックレスが
キラキラ光っていました。
エルギ公爵によれば、
そのネックレスには  
魔法が少し込められている 
とのことでした。
 
エルギ公爵は、
前日にダンスを踊った時のように暗い顔で、
ナビエに寂しくないかと尋ねました。
 
ラスタのおめでたい日なのに、
彼が暗い顔をしているということは
もしかして
 
と思い、ナビエは、
ラスタのことが好きかと
エルギ公爵に尋ねました。
エルギ公爵は、それには答えず
行進の時に
国民が手を振らなかったことについて
寂しくなかったかと
ナビエに尋ねました。
 
ナビエは、仕方がないと答えると
エルギ公爵は、
 
人々は、10回助けられても
最後が気に入らないと
すぐに背を向けて
それまでのことをすべて忘れる
と言いました。
 
ナビエは、エルギ公爵が
同じような経験をしたことがあるのかと
思いました。
親しい間柄であれば、何があったのか
聞くけれども、
ナビエとエルギ公爵は
個人的な質問をするような
仲ではありませんでした。
 
ナビエは、彼が1人でいる時間を
邪魔したことを謝ると
エルギ公爵は、
ナビエを送っていくと言いました。
 

よくわからないエルギ公爵、謎の存在です。

 

 ◇帰って来てくれ◇

披露宴の最後の日
前日、ナビエが全然遊んでくれないと
ハインリが文句を言ったので
その日は、
ハインリとの時間をたくさん持つと
約束をしていました。

f:id:myuieri:20210207140405j:plain

   ハインリはいじけちゃいました。
 
ナビエはハインリの瞳の色に似ている
紫色のドレスを着て、
彼を迎えに行きました。
ところがちょうどハインリの部屋のドアを
叩こうとしていた時、
ナビエの名を呼ぶ声が聞こえました。
ソビエシュが、護衛を連れずに
やって来るところでした。
 
ラスタのことで
責められると思ったナビエは
 
私は何もしていない。
 
と冷たくビエシュに言うと
彼は、
 
どうしてそんなことを言うのか
 
とナビエに言いました。
ナビエは、以前、
ラスタが衝撃を受けて気絶した時
自分が
その場にいなかったにもかかわらず
自分のせいにされたことを
ソビエシュに伝えると
彼も、そのことを思い出して
顔がこわばりました。
 
けれども、今は
本当にラスタのことで
ナビエを責めに
来たわけではなさそうでした。
それでも、
ナビエは警戒心を緩めませんでした。
 
それでは何の用事で来たのかと
ナビエが尋ねると
ソビエシュは、目で
ナビエの部屋の中に入りたいと
合図しました。
ソビエシュと
同じ空間にいたくないと思ったナビエは
必要な話ならここでするように告げると
ソビエシュは
 
帰って来てくれ。
あなたが他の人の妻でなければ良いのに。
 
と言いました。
 
ドアの向こうで、
ソビエシュの言葉を聞いていたハインリは
心臓がドキッとして
胸に手を当てました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ナビエが
どんな思いでハインリと再婚し
どんな思いで、
結婚式のソビエシュとラスタを見ていて
どんな思いで
パレードに参加し
どんな思いで、
ラスタに助言していたか
理解しようともせず
すべての披露宴が終わっていないのに
元妻に帰って来てくれと言うなんて。
男なんて、勝手なものだなあと
思います。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain