自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

永遠の愛なんて、存在しない?浮気相手の子供を育てることなんて無理でしょ

第121話の感想を書いていた時に

思い出したことがあります。

 

私の父は、私が小学生の頃から

浮気を繰り返していました。

母は、何とかして

父の浮気をやめさせるために

私に学校を休ませて

叔母(母の妹)と一緒に、

父の浮気相手を探しに

行ったことがありました。

f:id:myuieri:20210221174729j:plain

 

小学生何年生だったか忘れましたが

夏休み中ずっと

母の実家に帰っていたこともありました。

今から思えば、浮気を止めさせるのに

逆効果だったとは思いますが・・・

 

私が小5の時に

母はガンで半年間入院しましたが

その間、私と弟は親戚の家に預けられ

父は、浮気をしていました。

父は浮気相手に、

 

もうすぐガンで死ぬから待っていろ。

 

と言っていたそうです。

母は死にませんでしたけれど。

 

父の浮気相手はずっと同じ人だったのか

変わっていたのかは

わかりませんが

私が中3の時に

相手の女性が妊娠しました。

 

父は産むように言ったので

母は、毎日大騒ぎしていました。

 

そんなある日

父の浮気相手の妊娠について、

母が電話で

伯母(母の姉)に相談していた時に

伯母が、生まれた子供を

母が育てたらどうかと

提案したようで

母は泣きながら烈火のごとく怒り

 

そんなことできない!

 

と叫んでいました。

 

ナビエは

ソビエシュがラスタを側室にしても

取り乱したりせず

常に冷静でいるように努めました。

けれども、夫の愛を奪ったラスタの子供を

可愛いと思えないのは

仕方がないことだと思います。

母のことを思い出して

ナビエに思いっきり

共感してしまいました。

 

結局、父は借金を母に押し付けて

浮気相手と一緒に逃げてしまったので

母は借金の返済から逃れるために

父と離婚をし、

父はその女性と再婚をしました。

 

そんなことを経験していると

男女の間に永遠の愛なんて

存在しないのではと

私も思います。

この点についても

121話のナビエに共感しました。