自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

マンガが大好き。マンガを読むことで自分時間を楽しく過ごしています。再婚承認を要求します、ハーレムの男たちのネタバレを書いています。

再婚承認を要求します 先読み ネタバレ 原作 小説124話 あらすじ エベリーの来訪とラスタの企み  

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

 

124話 エベリーとラスタ、一触即発の状態にラント男爵は・・・

◇ラント男爵の怒り◇

ラント男爵から

エベリーがソビエシュの

お客さんだと聞いて

ラスタは、どんなお客さんなのか

尋ねました。

 

しかし、ラント男爵は

後で教えると答えたので

ラスタは

 

この子はラスタを見て

皇后ではないと言いました。

ラスタは皇后だから

知る権利があります。

 

と言いました。

ラスタは、唇をヒクヒクさせて

怒りを抑えていました。

相手がラント男爵なので

最大限怒りを我慢していました。

 

ラント男爵は困って

横目でちらりとエベリーを見ましたが

当の本人は平然としていました。

その態度に、ラント男爵は

怒りがこみ上げてきて

 

皇后陛下に謝りなさい

皇后陛下には、

それにふさわしい礼を尽くしなさい。

 

と言って、エベリーを

怒鳴りつけましたが

彼女は

 

私は何もしていないし

自分の知る限りでは、

皇后陛下は別の人だ。

 

と言いました。

 

ラント男爵が怒っているのを見て

ラスタは当惑しました。

 

いったい、この女は何者なのか。

ラント男爵が怒っているのを見ると

貴族の令嬢ではないようだが・・・

 

少し騒ぎは起こったものの

ラント男爵はエベリーを

怒鳴り続ける訳には

いきませんでした。

ソビエシュは、

彼女を待っていました。

 

すでに馬車が到着したという連絡が

入っていたので

エベリーを連れて行くのを

遅れることは避けたかったので

ラント男爵は

陛下が待っていると言って

エベリーを連れて行きました。

 

ラスタは、

わけのわからない女の登場に

怒り心頭でしたが、

やむを得ず、引き下がりました。

f:id:myuieri:20210207135532j:plain

◇ソビエシュとの対面◇

ラント男爵はエベリーと歩きながら

皇后への態度について

気をつけるように

注意をしましたが

彼女は返事をしませんでした。

 

ラント男爵は、

エベリーの傲慢な様子に

舌打ちしました。

彼が、ラスタにエベリーを

紹介できなかったのは

ソビエシュが

エベリーを呼んだ理由を

知らなかったからでした。

 

魔力が消えた魔法使いの話を

聞いたことがあるけれど

魔力が消えた魔法使いは

役に立たないし

側室にするには、

平民だし、顔立ちも平凡だし

性格も悪そう。

 

苦しい状況でも、

いつもニコニコしながら

周りの人たちを慰めていた

ラスタとは全く違う

側室になっても

すぐに追い出される。

 

とラント男爵は思いました。

 

実は、エベリーも

なぜ皇帝に呼ばれたか

わかりませんでした。

 

エベリーは

ソビエシュの執務室に入り

彼の顔を見ると、

歓声を上げました。

 

エベリーは、自分が最も尊敬し

愛している人が

遠くへ行ってしまったのは

ソビエシュのせいだと

思っていたので

彼は非常に愚かで醜く

その性格が顔にも表れていると

思っていました。

ところが、

実際に見たソビエシュの顔は

燦爛としていました。

 

ラント男爵に促され

エベリーは

ソビエシュの近くまで進みましたが

近くで見ると、

もっと彼はハンサムでした。

彼とナビエが2人で並んでいる姿は

どれだけ素敵だったろうと

エベリーは想像し

残念に思いました。

 

ソビエシュはエベリーを

じっと眺めているだけだったので

彼女は、

ソビエシュが自分を呼んだ理由を

尋ねました。

彼女は自分が呼ばれた理由について

 

1つ目は

ナビエ皇后が後ろ盾になっていたので、

皇帝陛下が怒っている。

2つ目は

皇帝陛下が、

自分を2番目の側室にするつもり

 

と聞いていたので、

そのどちらが正しいか

知りたいと思っていました。

 

ソビエシュは、笑い出して

そのどちらでもないと答えました。

 

自分はナビエを憎んでいないし

憎んでいたとしても

彼女の後援を

受けていたというだけで

エベリーを憎むのは不条理だし

ソビエシュの側室にするには

エベリーは若すぎると

言いました。

 

そして、

エベリーは魔力を失ってしまったが

その賢い頭を後援したい、

魔法を学術的に研究している人が

助手を1人欲しがっているので

エベリーを推薦すると言いました。

そして、ラント男爵に

エベリーをアクセル卿と

彼女の面倒をみてくれる

レイゲス伯爵夫人のところへ

連れて行くように命じました。

 

エベリーは、

余った時間は

メイドの仕事をしてもいいので

宮殿にいさせて欲しいと

ソビエシュに頼みました。

 

ラント男爵は

エベリーを図々しいと思い

陰で舌打ちをしましたが

ソビエシュは

気分を害してはいないようでした。

 

エベリーが、

デマに悩まされても

構わないと言ったので

ソビエシュは、

彼女を南宮に住まわせるように

ラント男爵に指示しました。

f:id:myuieri:20210502070616j:plain

◇ラスタの企み◇

ソビエシュが

かつて魔法使いだった美女を連れて来て

宮殿で過ごさせている。

結婚して間もないので

魔法使いの助手に

なりすましているけれど

まもなく、2番目の側室になる。

 

ソビエシュの警告通り

噂が数時間で広まり

ラスタの耳にも入りました。

 

ソビエシュが

魔法使いの女性を連れてくる

という噂が広まったけれど

それが、先ほどの

不愛想で無礼な女で

しかも、ソビエシュが

側室にするつもりとは。

 

まだ赤ちゃんも生まれていないのに。

 

ラスタはため息をついて

ソファーに座りました。

そして、

こっそり部屋を出て行こうとした

ベルティ子爵夫人を呼び止めました。

戻って来たベルティ子爵夫人に

ラスタは、

 

自分が皇后としてできることは

制限されているけれど

下女1人くらいは

他の人の所へ送れますよね?

 

と尋ねました。

 

ベルディ子爵夫人は

もちろんだと答えると

ラスタは

 

ラスタには、

下女の側近が一人しかいないので

何人か必要だ。

囚人の子供たちの中から

下女ができそうな子を

探してくるように。

親と仲が悪くなく

家計の苦しい女の子を

何人か探してきて。

 

とベルティ子爵夫人に命じました。

 

そのうちの一人を、

魔法使いに送らなくちゃ。

 

ラスタは、目を輝かせて言いました。

 

もう1つ、ラスタは、

首都内の男性貴族に

ティーパーティの招待状を送るように

ベルティ子爵夫人に命じました。

 

ベルディ子爵夫人は

男性貴族だけかと尋ねましたが

ラスタは、そうだと答えました。

ベルディ子爵夫人が出て行った後

ラスタはお腹に両手を回して

気を引き締めました。

 

むやみに皇后の真似をして

大変なことになるところだった。

貴族の機嫌を取るために

忘れていたけど

ナビエ皇后は、

ラスタに全てを渡して

逃げて行った敗北者だから

皇后としての役割を果たす時以外

彼女の真似をする必要はない。

皇后として貴族に愛されないなら

男性がラスタを愛すればよい。

侍女の側近を作れなければ

下女の側近を作れば良い。

魔法使いの女も芽を出さないように

潰さなくちゃ。

 

f:id:myuieri:20210522060817j:plain

◇トロビー公爵夫妻の来訪◇ 

トロビー公爵夫妻が

西大帝国にやって来ました。

2人は馬車の扉を開けたのが

騎士や御者ではなく

皇帝の首席秘書の

マッケナだったので驚きました。

 

マッケナはナビエに似ている

トロビー公爵夫妻を見て

冷たい印象なのに

身近に感じられました。

 

トロビー公爵夫妻は

ハインリが子供の頃から

共に育ってきた

最側近のマッケナを見て

娘婿の人となりを推し量っていました。

マッケナは、

ハインリに言われた通り

できる限り親切で好感を持たれる声で

2人を星の部屋へ案内しました。

 

トロビー公爵夫妻は、

この部屋に通されたことのある

他の貴賓同様に

部屋の派手さに舌を巻きましたが

玉座の前に立っているハインリが

部屋の豪華さに負けることなく

堂々と輝いていたことと

彼の淡い金髪や紫色の瞳が

あちこちで反射する光を受けて

キラキラ輝いていたことに

驚きました。

 

ハインリはトロビー公爵夫妻が

近くまで来ると

玉座から降りて、

2人の手を握りました。

 

ようこそ、お義父様、お義母様

 

と2人を親しそうに呼ぶハインリは

ニコニコしていました。

トロビー公爵夫妻は、

身内だけでなく部下たちの前でも

彼が、

そのような笑い方をすることに

とまどいましたが

一緒に笑いました。

 

しかし、

皇帝に対する礼法は

忘れていないので

2人は、

礼法に則った挨拶をしました。

ハインリは、その姿を見て、

クイーンは両親に

よく似ていると思いました。

 

f:id:myuieri:20210212173117j:plain

 

◇娘の好きな物◇ 

ナビエは宮殿で働いている人の人数

配置、仕事、

キャリアなどを調べていると

1日があまりにも早く過ぎていました。

 

昼食を食べる間も、

書類を確認し続けました。

しかし、両親が到着したら

書類の確認途中でも、

会いに行かなくてはならないと

少し残念に思っていると

ハインリが、ナビエ抜きで

両親と話をしたいので

彼女は夕食時に来るようにと

連絡が来ました。

 

自分抜きで、何の話をするのかと

不思議に思っていると

マスタスは、ナビエの両親から

東大帝国の弱点を

聞き出すに違いないと言いました。

 

それに追い打ちをかけるように

ローズは

ハインリは軽く見えるけれど

無駄な話はしないと

ユニムが話していた

と言いました。

 

一方、トロビー公爵夫妻は

ハインリに

ナビエの好きな物は何か聞かれて

困惑していました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ナビエが東大帝国を去った後も

トロビー公爵家を通して

エベリーは後援を

受けることになっていました。

 

それにもかかわらず

ソビエシュは

ナビエに執着するあまり

エベリーを宮殿へ呼び寄せました。

 

ソビエシュが

そんなことをしなければ

エベリーはイスクア子爵夫妻と

出会うことはなかったし

エベリーが彼らに

ひどいことを言われて

傷つけられることは

なかったのではないかと

思います。

そして、ロテシュ子爵が

イスクア子爵夫妻の

下の娘を見つけた時に

ラスタも素直に

そのことについて

彼らに話したのではないかと

思います。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain