自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説第200話 あらすじ 激しい後悔と恐怖と幻影

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

200話 ナビエとカフメン大公が早く目を覚ましますように。

◇激しい後悔◇ 

ベルディ子爵夫人が

グローリーエムを連れて

逃げたと連絡が来たので

ソビエシュは

彼女の後を

こっそり付いて行って

エルギ公爵側の人間と会う頃に

その人のふりをして

南王国へ行き

南王国の辺境地帯へ行ったら

エリアモ伯爵を探すように

ソビエシュは騎士に命じました。

 

ソビエシュは西宮へ行ってみました。

ラスタが使っていたものは

全て片付けられ

部屋の中は空っぽでした。

 

その部屋は彼の母親が使用し

ナビエも使用していました。

 

ナビエが初めて

この部屋へ来た時、

彼女は

息を大きく吸い込むふりをして

権力の香りがすると

言っていたことを

ソビエシュは思い出しました。

 

そして、彼が北王国で

手に入れた木で

1年かけて作った

ナビエの机があった場所を訪れ、

その机に座っている

ソビエシュの頭を

ナビエが抱きしめたことを

思い出しました。

 

ソビエシュは

なぜナビエを冷たいと

思うようになったのか、

こうなることがわかっていたら

愚かなシャルルを

後継者にすれば良かった

何のために幼い頃からの

友人である妻を捨ててしまったのかと

ソビエシュは後悔しました。

 

シャルルはリルテアン大公の息子です。

 

ソビエシュは夜中に

ナビエの部屋の窓の外にいたことと

現実が混同してしまい

1回だけ自分を見て欲しいと

ナビエに懇願しました。

 

そして、隣の窓から

自分を見下ろしていたハインリに

隣にいるのは私の妻で

彼の妻ではないと

訴えました。

 

ソビエシュは

ナビエの名前を呼び続けました。

 

ソビエシュは

自分が謝りながら死んだら

ナビエは自分を見てくれるだろうかと

思いました。

 

1回だけでいいから

がんばれと言って欲しい、

目を合わせて欲しいと思いました。

 

ソビエシュは、あの日

狩りに行くべきではなかった、

ラスタを連れてきても

同情しなければ良かった。

ラスタに同情しても

西宮の下女にしてはどうかと

ナビエに聞くべきだったと

ソビエシュは思いました。

 

彼は、

ローラを閉じ込めたことや

ラスタと比較されると

ナビエに言ったことや

ラスタを側室にしたことや

ナビエの名前で

ラスタにプレゼントを

贈ったことを

後悔しました。

 

ソビエシュがナビエとの

離婚を望まなければ

ナビエに謝り

これらの過ちを

償うことができたと

思いました。

 

ソビエシュは廊下に出て

護衛に酒を持ってくるように

命じました。

 

ソビエシュはお酒を入れた

グラスの向こう側に

机に座っているナビエの

幻影を見ました。

 

自分の手で全てを台無しにした

ソビエシュは

咽び泣きました。

外から、ロテシュ子爵とアレン

イスクア子爵夫妻の処刑を

歓呼する声が聞こえていました。

◇廃位◇

南宮にしばらく監禁された後

ラスタは廃位となり

皇后の冠と服を奪われ

黒い服に着替えました。

ソビエシュは、

その場にいませんでした。

そして、ラスタに誰も

礼を尽くしませんでした。

 

法廷で、ラスタの父親は

2度ならず3度も捨てたので

ラスタの精神は

完全に壊れてしまいました。

f:id:myuieri:20210502060833j:plain
ラスタは2人の騎士に

腕を捕まれ

塔の階段を上っていく時

1人の騎士が暗い声で

 

私の仕えていた方を

私の手で離婚法廷へ

連れて行った時から

この日を待っていた。

 

と言いました。

 

その騎士は

アルティナ卿でした。

 

ラスタはアルティナ卿に

 

なぜ、誰もナビエを

裏切らないのか、

上に上がれば

裏切られないと思っていたのに

さらに裏切られた。

 

と尋ねると、アルティナ卿は

ナビエは裏切られたから

ラスタが少しの間

皇后でいられたと

答えました。

 

塔に幽閉された人は

1人寂しく

誰とも話さずに過ごしながら

死ぬ術もなく

毎日、自分が犯した罪について

考えることになります。

何の変化もない毎日を

長年過ごしていると

罪のない人でも

頭がおかしくなりました。

 

その状況に

ラスタは長い間

耐えられないと

アルティナ卿は思いました。

 

塔の一番上に到着すると

1人の騎士が扉を開け

アルティナ卿が

ラスタを中へ押し込んで

鍵をかけました。

 ◇塔の中◇

塔の中にあるのは

錆びたベッドと小さな浴室。

そして、

ろうそくが1つもないので

塔の中は暗く、

高い所にある小さな窓から

入ってくる日光が

唯一の光でした。

 

ラスタは、まだ若いのに

そこで一生暮らすことを考えると

彼女は恐怖に襲われました。

 

ラスタは扉を開けて欲しいと

何度も叫び

扉を叩いたり

蹴ったりしましたが

誰も返事はしませんでした。

 

彼女は何度も悲鳴を上げ

泣きながら

ソビエシュに助けを求めました。

 

デリスやリアンや

自分を逃がしてくれた男の

切られた首や

羽を抜いた時の

青い鳥の鳴き声が

幻影となり

ラスタを襲いました。

ラスタは大声で泣きわめいても

幻影は消えませんでした。

 

ラスタは、泣きながら

再びドアを叩いていると

食べ物を差し入れる

ドアの下の方にある

小さな扉から白い手が入り

床の上に薬の入った瓶を

置いていきました。

毒薬でした。

 

ラスタは、

絶対に毒薬を飲まないと

思っていました。

 

けれども、

ラスタは何もしないでいると

彼女が傷つけた人や

離婚をした時のナビエの目を

思い出しました。

ロテシュ子爵と

イスクア子爵夫妻が

自分を呼ぶ悪夢を見ました。

 

この毎日が何十年も

続くことが耐えられないと

思ったラスタは

毒を飲む決心をしました。

 ◇ラスタの最期◇

泣きながら毒を飲みながら

ラスタは、

なぜ、ソビエシュが

助けに来てくれないのかと

訴えました。

 

すぐに毒の効き目が現れ

ラスタの身体は痙攣しましたが

心は落ち着いていました。

 

ラスタは、ソビエシュが

自分を嫌いでも

彼女は、彼のことを

本当に愛していたと

呟きました。

 

ラスタは何度か咳をすると

口から血が流れました。

 

薄れていく精神の中で

ラスタは

ソビエシュが

自分を許してくれて

デリスやリアンが

大丈夫だと言ってくれて

大きくなった

アンとグローリーエムが

一緒に遊んでいる幻影を

見ました。

 

子供たちを追いかけて

花が咲き乱れている庭へ行くと

侍女に囲まれて

ナビエが立っていました。

f:id:myuieri:20210502163821j:plain

ナビエは

ルベティが大事にしていた

絵の中の人だったので

ラスタにとって

ナビエは実在の人ではなく

童話の中の人でした。

 

ラスタはナビエを呼ぶと

彼女は冷たい目で振り返りました。

 

ラスタです。

 

と泣きながら言うラスタに

ナビエは軽く微笑み

ルベティにしたように

ラスタを包みこんでくれました。

 

その日から1週間後に

ラスタの遺体が発見されました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ラスタに毒薬を持ってきたのは

誰だったのでしょうか。

何となく、

想像はつきますが・・・

 

ラスタは奴隷だった時から

ナビエに憧れていたのだと

思いました。

童話の中の人が目の前に現れて

きっと自分に優しくしてくれると

思っていたのに

冷たくされてしまった。

ナビエの側から考えれば

当然なのですが

ラスタは、

ひどく裏切られたように思い

その後の彼女の行動に

影響を与えてしまったのかなと

思いました。

死ぬ直前に

ナビエがラスタを包み込む

幻影を見たのは

本当はナビエに

そのようにして

欲しかったのだと

思いました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain