自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説第222話 あらすじ 雷雨の中、リルテアン大公の脱獄

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

いったい何が起こったのでしょうか?

 ◇雷雨の中の脱獄◇

副官は、

リルテアン大公が消えたことを

ナビエに報告しました。

ハインリへは人を送り

報告したとのこと。

 

ナビエの知る限り

リルテアン大公は

ハインリの誕生日の時の一件で

赤い塔に閉じ込められていました。

 

ジュメンシア公爵の息子が池に落ちた事件です。

 

赤い塔は、警戒が厳しい所なのに

リルテアン大公が脱獄できたことを

ナビエは信じられませんでした。

 

脱獄の経緯については

まだわからないと

副官は報告しました。

 

副官が過度に途方に暮れているので

ナビエは

 

私に

報告していなかったことはないか

 

と副官に尋ねました。

 

リルテアン大公への処罰は

ソビエシュの同意の下に

行われたので

国際問題に発展することはないのに

なぜ、副官が

朝早くからバタバタ走っているのか

ナビエはわかりませんでした。

 

ナビエは、

 

私の知らないことがあるか。

 

と、副官に尋ねました。

f:id:myuieri:20210516112812j:plain

 ◇逃亡◇

雨でずぶ濡れのリルテアン大公は

顔にかかる雨水を何度も払いながら

傘を差している人に、

どこまで行けば良いか

尋ねました。

 

その人は地図を広げて

曖昧な返事をすると

リルテアン大公は

 

どこまで行けばいいんだ!

 

と叫びました。

 

すると、口の中に

酸っぱい血が溜まりました。

彼は、大声で泣きながら

口と顎を手で覆いました。

口の中の血が地面に落ちました。

 

傘を差している人が

ようやく、この道ではないかと

呟くと

リルテアン大公は地図を奪って

叫びました。

裂けた口がさらに裂けて

血が流れました。

水を含んだ地図は、

ずたずたに破れてしまいました。

 

はっきりと話せ。

あの気違いが追いつくまでに

逃げなければ!

 

とリルテアン大公は叫びました。

 

口に石を入れて縫われてしまった

リルテアン大公はやせ細り、

唇のあたりは、

完全に肉が裂けていました。

急いで脱出したため

きちんと治療も受けられず

唇を動かすたびに血が流れました。

 

傘を差している人は

 

自分を信じるように

 

と言いました。そして、

 

もう一人

会わなくてはいけない人がいる。

 

とリルテアン大公に告げました。

 

それはいったい誰なのかと

リルテアン大公は尋ねました。

f:id:myuieri:20210418060221j:plain

 ◇疑惑◇

あまりにも天気が悪いので

ナビエは謁見を後回しにしました。

 

ナビエは寝室へ行くと

雷鳴が聞こえてこない部屋の中で 

ハインリは、

神様に愛された天使のように

眠っていました。

 

ナビエがハインリの名前を呼ぶと

彼は身体をビクッとさせて

瞼を開きました。

そして、ナビエを引き寄せて

彼女の鎖骨と首と顎に

キスをしました。

 

ハインリは時計を見ると

まだ早い時間だったので

起こされたのが不満のようでした。

 

ナビエは、

ハインリの副官とマッケナが

緊急の話を伝えに来なかったか

尋ねました。

 

ハインリが

そのような話はなかったと

答えました。

 

ナビエの副官は、

普段、皇宮に来る時間ではないのに

真っ青になって走ってきました。

それなのに、

ハインリの副官とマッケナが

ハインリに

リルテアン大公の脱走のことを

話していないなんて

ナビエは

おかしいと思いました。

 

ナビエの副官は、

オロオロしながら

自分はナビエの質問に

答える立場でないと言って

何も話してくれなかったので

彼女はハインリの所へ

来たのですが・・・

 

ナビエは布団をめくって

ハインリに起きるように

命じました。

そして、

 

リルテアン大公が脱獄した。

ソビエシュ皇帝の認可を受けて

罰を下したけれど、問題ないか?

 

と尋ねると、ハインリは

そう思うと答えました。

 

ナビエは、

ハインリの頬を引っ張って

 

なぜ、私の副官は

真っ青になったのか。

どうしてだと思いますか?

 

と尋ねました。

f:id:myuieri:20210516155645j:plain

◇脱獄後の処理◇

片方の頬を腫らして

やって来たハインリを見て

マッケナは、

 

ずっと同じ方を向いて

寝ていたのか?

 

と尋ねました。

ハインリは、マッケナの尾羽に

リボンを付けて飛ばしたい衝動を

抑えました。

 

ハインリは

リルテアン大公の脱獄について

マッケナに尋ねると、

彼は、誰かが脱獄を助けたと

告げました。

 

 

ハインリは、

 

ナビエが夜明け前に起きて

執務室へ行かなければ良かったのに、

彼女の忠実な副官が

息を切らして、

彼女に報告しなければ

良かったのに

 

と思いました。

 

ハインリは、

 

クイーンの副官が

すでに、ナビエに報告をし、

何かおかしいと思ったナビエが

自分を起こしに来た。

 

とマッケナに話しました。

 

マッケナは、

ハインリが、

リルテアン大公の口の中に

石を入れて、縫わせたことを

ナビエが知ってしまったのかと

尋ねました。

 

ハインリは、

 

ナビエが自分のことを

付き合えないゴミだと

思ったらどうしよう。

 

と嘆きました。

 

マッケナは、

 

捨てられるでしょう。

 

と言いました。

 

2人が喧嘩しそうになると

存在を消していたかのように

静かにしていた宰相が

咳払いをした後

 

誰がリルテアン大公の

脱出を助けたのか

その後の彼の行方について

調べるように、

捜査官に指示した。

そして、第二兵団が

首都への人の出入りを防ぎ

脱出推定時間前後に出入りした人を

調べている。

 

と報告しました。

 

ハインリは宰相を褒めた後

いくつか指示を出しました。

そして、窓の外を眺めた後で

ソビエシュは、

今何をしているのか

マッケナに尋ねました。

 

まだ、ソビエシュは

リルテアン大公の脱獄のことを

知らないと思うと

マッケナが伝えると

ハインリは、自分が

直接ソビエシュに話をするので

一緒に昼食を取れるか

ソビエシュに確認するよう

マッケナに指示しました。

 

◇雷雨◇

ナビエは、

リルテアン大公の脱獄について

ハインリとソビエシュが

どのように処理するのか

気になっていましたが

それは自分の役目ではないと

思いました。

 

そして、

口に石を入れることを

思い浮かべるのは

胎教に良くないので

無理やり膝の上に

童話を広げました。

ハインリの告白を

清らかな話を読むことで

浄化するつもりでした。

 

ふと、ナビエは

あることを思い出し

笑いました。

 

雷の音を聞くのが嫌で

耳をふさいでいたローラが

手を下ろして

ナビエが笑っている理由を

尋ねました。

 

ナビエは、

兄が子供の頃

雷を怖がっていたという

話をすると、

ローラは意外だと言い

マスターズは、思った通りだと

言いました。

 

2人の意見の食い違う中

軽い言い争をしたり

鳴りやまない雷に

侍女たちが大騒ぎしている中

誰かが激しく、

ドアをたたきました。

ローラがドアに近づきました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ナビエに追求されると

隠し事ができず

すべて話してしまうハインリ。

今後、彼は浮気をすることは

ないと思いますが

仮に浮気をしたとしても

ナビエにばれてしまうのではと

思いました。

 

ハインリはナビエに

嫌われるのではと

ビクビクしていますが

彼が残酷なことをしたと知っても

彼のことを嫌にならないナビエは

ハインリのことを

とても愛しているのでしょうね。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain