自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説第224話 あらすじ 精神年齢が同じハインリとソビエシュ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

いったい誰が来るのか、頼み事は何なのか?

◇精神年齢が同じ◇ 

ハインリとの話を終えた後で

ソビエシュは、ハインリが

リルテアン大公の話をした意図を

考えていました。

心が落ち着くにつれて

明確にハインリの意図を

読み取れることが

できるようになりました。

 

その様子を見ていたカルル侯爵は

精神年齢が同じだと

考え方も同じになると

思いました。

 

ソビエシュは、

リルテアン大公が監禁されている間に

理由はどうであれ、

ケガをしたと結論付け

彼の宮廷人たちに、

リルテアン大公を探すように

命じました。

 

そして、自分がハインリなら

リルテアン大公のことよりも

魔力減少現象の証拠を隠すと言って

リルテアン大公を探す方を

優先するように指示しました。

 

ソビエシュは、

言葉で命令するだけでなく

魔法使いたちが

自由に行動できるように

彼らを大勢連れて出かけました。

f:id:myuieri:20210117204832j:plain

 ◇酒場にて◇

ソビエシュは

平民が頻繁に出入りする飲み屋に入り

酒を注文しました。

前に、ソビエシュを一人で行かせたら

喧嘩をして来たので

その日は、お目付け役で

カルル侯爵も来ていました。

 

ソビエシュが

クッキーをバリバリ食べていると

ナビエが来てから

ハインリが冷静で残酷になったと

近くにいた酔っ払いが

悪口を言っていました。

ナビエをかばう

発言をした人もいましたが

そうでない人もいました。

 

カルル侯爵は、

またソビエシュが

暴力をふるうのではないかと思い

店主に別のお菓子を

持ってこさせました。

 

ソビエシュがお菓子を

バリバリ食べている間

カルル侯爵は

 

あんなデマは

気にしないように

 

と言って

ソビエシュをなだめていました。

 

ソビエシュは、

 

なぜ、ナビエが

ハインリと結婚したのか、

ナビエが、あんな奴に

恋していることに

腹が立っている。

私の方がいい、

他の男はみんなダメだが

ハインリは特にダメだ

絶対にナビエを取り戻す。

 

と言いました。

 

少し自信過剰なのでは・・・

19歳のソビエシュは感性豊かで

どちらの方向へ行ってしまうか

わからないので

カルル侯爵は心配でした。

 

夜のソビエシュが言うように

分裂した人格を

早く統合すべきではと思いました。

 

酔っ払いたちは

ジュメンシア公爵家の話もしていました。

ソビエシュは、

彼らと関連していた人たちと会うように

カルル侯爵に指示しました。

f:id:myuieri:20210531050739j:plain

 ◇修復はできない◇

リルテアン大公が

なかなか見つからないので

一緒に散歩をしていても

ハインリは元気がありませんでした。

 

ナビエは、彼の肩をさすると

ようやくハインリは笑いました。

 

彼女はハインリに大丈夫かと

声をかけると、ハインリは

リルテアン大公は

すぐに見つかると言いました。

 

その考えは安易だと反論すると

ハインリは、自分と

妙に言葉が食い違うナビエが

可愛いと言いました。

 

そして、少し離れた場所から

マッケナがハインリを呼んだので

彼は、ナビエの頬にキスをして

そちらへ行きました。

 

ハインリが

建物に入るのを見送ってから

振り返ると

ソビエシュが近づいてきました。

 

ナビエはソビエシュを避けましたが

彼はナビエの後を付いてきて

彼女に話しかけました。

 

ナビエはハインリに騙されている。

 

とソビエシュ。

 

あなたに騙された。

 

とナビエ。

 

ハインリがどんな人か

知っているか?

 

とソビエシュ。

 

あなたより、よく知っている。

 

とナビエ。

 

そして彼を睨みつけると

 

以前よりもっと目がきれいになった。

 

というソビエシュ。

 

そして、ソビエシュは

ナビエのことをずっと愛していて

一緒に過ごしていた自分も

過ちを犯したのに

出会ってすぐに結婚した

ハインリとの愛が

永遠に続くのかと尋ねました。

 

あなたがそんなことを言う立場か!

 

と怒ったナビエは、腹立ちまぎれに、

ソビエシュの足元の芝生を

凍らせました。

 

ナビエは、

 

たとえ愛が冷めても、

それだけのこと。

私のお腹の中に誰がいるのか?

ハインリとの仲が悪くなっても

あなたの所へ行かない。

 

とソビエシュに言いました。

 

すると、ソビエシュは

 

ナビエの子供を

自分の子供として

受け入れることができる、

そして、ハインリは

良い人ではない。

 

と言ったので

ナビエは、ハインリが

良い人であろうとなかろうと

ソビエシュよりましだと言いました。

 

ソビエシュは、それでもなお

 

西大帝国の人々は・・・

 

と言いかけましたが

話すのを止めました。

 

ナビエは、

 

療養が済んだら

すぐに東大帝国に戻って

港が奪われないように

手筈を整えなさい。

 

と言いました。

その話が終わるや否や

ナビエの副官が

ランドレ子爵以外の

超国籍騎士団がやって来たと

告げに来ました。

f:id:myuieri:20210130144505j:plain

 ◇キツネ目の訪問者◇

ナビエは、副官に付いて

小さな客間へ行くと

真っ白な制服を着た銀髪の

目で笑うと狐のような

顔立ちの美男子が

立っていました。

 

彼は、超国籍騎士団の第4騎士団長の

エンジェルだと自己紹介しました。

ナビエは、彼を一目見るなり

 

ランドレ子爵が

ナビエに言づけた

 

できれば、

頼みを聞かないで欲しい人

 

が、この人であることがわかりました。

 

彼は室内にいるにもかかわらず

手袋をはめたまま

コーヒーを飲む時も

外しませんでした。

 

エンジェルは第5騎士団の主君である

ナビエに、お願いがあると言いました。

それは何かとナビエが訪ねると

エンジェルは、彼女の質問に答える前に

 

来る途中で、元気な男を見ました。

口が傷だらけで

口を縫った跡がありました。

 

と言いました。

その後で、

 

いくつかの任務を引き受けるので

人数が足りない。

リルテアン大公・・・ではなく

第5騎士団を貸して欲しい。

 

とエンジェルは、言いました。

 

ナビエは固唾を飲みました。

第5騎士団を貸せば

リルテアン大公のいるところを

教えるという条件でした。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

名前はエンジェルでも

性格は一癖も二癖もありそうな

男性が登場しました。

銀髪でキツネ目の美男子。

どんな風にマンガで描かれるか

マンガが公開されるまで

イメージを膨らませようと

思います。

 

ソビエシュとハインリの

精神年齢が同じということは

ハインリは20歳前後の

年齢なのかなと思います。

若い・・・

その年齢で皇帝になれば

貴族たちに

甘く見られないようにと

ハインリが考えても

仕方がないのかなと。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain