自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説第251話 あらすじ 新年祭とナビエの不安

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

はたしてランドレ子爵へのナビエの返事は?

◇ランドレ子爵への返答◇

ランドレ子爵は部屋の中へ

入って来ました。

 

ハインリとランドレ子爵、

2人の緊張している

男性の間にいるナビエは

ランドレ子爵に、

騎士たちを救ったか尋ねました。

 

ランドレ子爵は、

3人とも帰したと答えました。

 

ナビエはランドレ子爵に

言うべきことを伝えました。

 

ランドレ子爵が帰った後

ハインリは

ナビエがランドレ子爵に

正直に話すと思っていたと

言いました。

 

ナビエは半分は正直に話をしたと

ハインリに伝えました。

 

彼が、その理由を尋ねると

 

国の命運をかけて

冒険はしたくないから。

今はランドレ子爵を信じているけれど

彼は若いし、

いずれ東大帝国へ帰る人だから

心変わりをする時間は十分にある。

 

と答えました。

 

ハインリは、

時々ナビエが見せる

その冷静さが好きだと言って

ナビエの横に座り

彼女の身体を自分に引き寄せました。

 

ナビエはハインリの頬を

そっと引っ張ると

彼は微笑みながら

ナビエをいやらしそうに眺めました。

 

ナビエは、

 

今は

そんなことをする場合ではない、

考えなければいけないことがある。

全部はわかっていないけれど

ランドレ子爵は

魔力消失現象について

知ってしまった。

秘密は一度漏れたら秘密ではない。

これを使ってみたらどうか。

 

とハインリの顔を触りながら

言いました。

彼は、顔を触られながら

そんなことを言われると

怖いと言いました。

 

f:id:myuieri:20210630045557j:plain

 ◇新年祭◇

新年祭当日がやって来ました。

前の年は、

新年祭を完璧に進行するために

官吏たちと終始会議をしたけれど

客として出席している今は

何もしなくてよいので

ナビエは新鮮に感じました。

 

ナビエに唯一付いてきた

侍女のマスターズは

ローズとジュベール伯爵夫人に

責任を持って、皇后陛下

輝かせるようにと

言われてきたので

張り切って、ナビエの

支度をさせようとしましたが

数回失敗した後

化粧は簡単に、

髪もとかすだけとなりました。

 

マスターズは

ふくれっ面をしていましたが

マスターズを連れてきた時点で

いつものように支度できるとは

思わなかったので

ナビエは大丈夫でした。

 

夕方6時に

ハインリにエスコートされて

パーティー会場に入ると

自分とハインリを見て

皮肉る人もいましたが

気になりませんでした。

 

新年祭に来た目的は

ハインリを助けるためだったので

もう大丈夫だと思っていましたが

バラバラになった騎士たちのことは

気になっていました。

ランドレ子爵は

3人救出したと言っていたので

大丈夫だと思いましたが・・・

 

ハインリは、

 

クイーンと初めて踊った時のことを

思い出します。

今日も踊りましょうか?

 

と話している時、ざわめきと共に

エンジェルが入って来て

ナビエに近づきました。

 

彼は、ナビエの想像していた以上に

身体のあちこちに紫のリボンを

巻いていて

首のリボンは蝶結びをしていました。

 

エンジェルが

 

今日は私のご主人様に

なってくださったのですね。

 

と言うと、ナビエは

自分がどれだけ威張っても

エンジェルは

プライドが傷つく人では

ないように思えて

ハインリをいじめた分だけ

彼にお返しをするという気持ちが

半分失せてしまいました。

 

それでも、ナビエは

持っていた空のワイングラスを

片付けるように

エンジェルに命じました。

 

ハインリは

キツネのような奴が

尻尾を振っているように見えると

悔しそうに言いました。

 

そして、エンジェルが

ナビエに椅子を持ってきた時に

 

私の許可なしに

勝手なことをしないように。

片付けなさい。

 

と冷たく命じました。

すると、ハインリは

エンジェルが

ナビエの冷たい視線を

受けるのはつらいと言って

やきもちを焼くので

ナビエはケーキを半分

ハインリの口に入れてあげると

ようやく、ハインリの表情が

ほぐれました。

 

f:id:myuieri:20210630050444j:plain

◇不安◇ 

エンジェルに絶え間なく

用事を言いつけている間に

数時間が経ち

ナビエは、そろそろ疲れてきました。

 

この間、ハインリはずっと顔をしかめていました。

鳥を奪われたエンジェルが

何も行動を起こさないのを

ナビエは不思議に思っていましたが

 

今のところエンジェルは

何もできないのだろう

3人の騎士たちも解放してくれたし・・・

 

と考えた瞬間、不安になりました。

 

エンジェルが捕まえた騎士たちは

本当に3人だけだったのか。

ナビエは

ハインリとランドレ子爵を

隅に連れて行き

捕まっていた騎士たちは

3人で間違いないか

ランドレ子爵に確認しました。


ランドレ子爵は、

 

監獄は複数の区画に

分かれていて

1つの区画に3人の仮面騎士がいた、

他の区画にも、

人がたくさんいたけれども

監獄はいつも人でいっぱいなので・・・

 

と恥ずかしそうに言いました。

 

その時、

大きくて重い金属的な何かを

引きずる音が聞こえました。

1人の人間が入れるくらいの大きさの

鉄製の檻でした。

その横にはハンドルが付いていました。

檻の中には行方のわからなかった

鳥一族の騎士が入れられていました。

 

エンジェルは笑いながら

 

ご主人様のために余興を用意しました、

よく見てください。

 

と言いました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ハインリをいじめた

復讐だと言っても

ナビエが他の人に向ける

冷たい視線でさえ

嫉妬で耐えられないハインリは

自分で認めている通り

本当に嫉妬の怪物なのですね。

 

やきもちを焼きすぎるのは

困りますが

それだけ、ハインリが

ナビエのことを愛していることを

彼女自身も

わかっているのでしょうね。

ナビエがハインリの口に

ケーキを入れるシーンが

微笑ましいです。

 

ランドレ子爵は

少し詰めが甘いかも・・・

f:id:myuieri:20210206060839j:plain