自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

マンガが大好き。マンガを読むことで自分時間を楽しく過ごしています。再婚承認を要求します、ハーレムの男たちのネタバレを書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 9話 あらすじ マンガ9話、10話 ナビエが手紙に男と書いた理由

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

9話 ハインリのことを、今まで見た中で一番美しいと思ったナビエでしたが・・・

◇クイーンの主人は誰?◇

手紙の主が到着したと聞いて

ナビエは、

その日に到着した人たちを

思い浮かべましたが

彼らを護衛する騎士や家臣を入れたら

人数がとても多くなるので

誰がクイーンの主人なのか

判断するのは難しいと思いました。

 

「誰なのか分かりません。

あなたは私が誰なのか

知っているのですか?」と、

ナビエが手紙を書き終えるや否や

クイーンが近づいてきました。

 

侍女たちは、

 

この子は

毛づくろいをしながら

皇后陛下の様子をうかがっていた、

とても頭が良い。

 

とキャッキャッと笑いながら

教えてくれました。

 

ナビエがクイーンの足に

手紙を結ぶと

クイーンは

羽をバタバタさせながら

踊るように走り回って

窓の外へ飛んで行きました。

 

それを見たナビエは

本当に賢い鳥だ、

あのような鳥を飼う飼い主も

とても賢いだろうと

思いました。

 

ナビエも鳥を飼ったらどうかと

イライザ伯爵夫人に

勧められましたが

ナビエは、クイーンが好きなのか

鳥が好きなのか、

わからなかったので

それがはっきりしてから

飼うべきだと思いました。

 

それよりも、ナビエは

前日から、

ベルディ子爵夫人の姿が

見えないことが気になり、

侍女たちに

彼女の行方を尋ねると、

急に領地から人がやって来たと、

侍女の一人が答えました。

 

ベルディ子爵夫人は

 

首都に邸宅がない。

だから、

家の問題で急に領地へ行くのは

何か問題が起こった時。

それも、一度や二度ではない。

息子は外国でも

カジノに入り浸っている。

ベルティ子爵は

既婚の平民女性に手を出し

その夫が訴訟を起こした。

 

という状況でした。

 

ナビエは

彼女のプライドを

傷つけるといけないので

何も頼まれていないのに

彼女のために何かしてあげることは

できませんでした。

 

ナビエは、

誰にでも悩みがあると考えながら、

開いていた窓を閉めました。

◇びしょぬれのクイーン◇ 

ナビエは客を迎えた後

部屋に戻りました。

すると、

ナビエを訪ねて来ても

誰もいなかったので

窓枠の上に座って

ずっと待ち続けていたのか

哀れにうなだれた

クイーンを発見しました。

 

ナビエが窓を開けると

びしょぬれのクイーンは

部屋の中へ入り、

ブルブル震えていました。

 

ナビエは、雨の中、

クイーンを

送り出した飼い主のことを

信じられないと言いましたが、

クイーンは首を振りました。

しかし、クイーンの足に

手紙が結んであるので、

やはり飼い主は、雨の中、

クイーンを送り出したと思いました。

 

ナビエは乾いたタオルを持ってきて

クイーンの身体を包み

優しく毛を乾かしてあげると

最初、クイーンは

躊躇っていましたが

ナビエの手に身体を任せ

うつらうつらし始めました。

 

ナビエが手紙を見ると、

「賭けをしましょうか?

先に相手を見つけた方が勝ち。」

と書かれていました。

ナビエは「何を賭けるのか」と

返事を書きました。

 

クイーンは、

手紙の内容を確認し、

自分の足を差し出しましたが、

雨の中を帰らすわけには

いかないと思ったナビエは、

クイーンを引き留め

今夜は一緒に寝ましょうと言うと

クイーンは急に固まりました。

 

自分の横で寝ると不便だと思い

ナビエは、クイーンのために

クッションで寝る場所を

作るつもりでしたが、

ナビエがお風呂から上がり

ガウンを着て部屋へ戻ると

クイーンは

ナビエのベッドに

仰向けになって寝ていました。

 

鳥もあんな風に横になるのか。

可愛い。

 

とナビエは思いました。

口を少し開けて

せわしなく息を吐き出すのも

不思議に感じました。

 

ナビエはクイーンに近づき

触れても目を覚まさないので

ナビエはもじもじしながら

クイーンの隣に横になりました。

 

クイーンの体温が高いせいなのか

じっと横になっていると

肩の横が

訳もなく熱く感じました。

 

不思議に思いながら、

じっと見つめていると

クイーンが目を開きました。

その紫色の瞳と目が合った瞬間

なぜかナビエはハインリ王子を

思い浮かべました。

そういえばハインリ王子も

鷲のような目をしていたと

ナビエは思いました。

 

手を伸ばして目尻を撫でると

鋭く光った目は

力が抜けて

グニャグニャになりました。

 

きみは本当に可愛いね、

クイーン。

 

とナビエが囁くと

鳥はつま先まで力を入れて

身体を伸ばし、頷きながら

ナビエの腕を翼で覆いました。

 

ナビエはクイーンに

お休みなさいと言いました。

 

f:id:myuieri:20210117205939j:plain

 朝、ナビエが起きると

すでにクイーンはいませんでした。

自分で窓を1/3程開けて出て行ったのと

ナビエが机の上に置いていたメモを

持って行ったので

本当に賢い鳥だと思いました。

 

ナビエは本宮へ行っても

クイーンの主人のことを

考えていました。

ブルーボヘアンから来た

シリム王弟が

とても利口だと聞いていたので

彼が、クイーンの主人ではないかと

ナビエは思いました。

◇男と書いた理由◇

ナビエは、久しぶりに

明るい表情をしていると

言われました。

そして、新年祭が

ナビエを

元気にしてくれているとも

言われました。

 

ナビエは、クイーンのおかげで

元気になったと思いましたが

新年祭がなければ

クイーンが来ることもなかったので

もっともだと思いました。

 

ナビエは書類の処理をした後

普段は本宮で昼食を取るものの

クイーンが

待っているかもしれないと思い

西宮へ戻りました。

すると、クイーンが

窓枠の外に座りながら

日の光を浴びて

うとうとしていました。

 

ナビエが窓を開けると

クイーンはさっと

部屋の中に入って来ました。

 

手紙には

「クイーンを賭けましょう」

書かれていました。

 

ナビエは、クイーンのような

賢い鳥を欲しいけれど

クイーンにとっては

ご主人様が最高なのではと

思いました。

ナビエが賭けに勝って

クイーンをもらうことになったら

クイーンは

主人に捨てられることになり

可哀そうだと思いました。

 

そして、ナビエは

手紙の相手を探すことにも

消極的でした。

相手が誰なのか

気にはなるけれども

お互いに相手が誰なのか分かれば

今までのように

気軽に話もできないと思いました。

 

ナビエは「私は男」と

返事を書きました。

その内容を確認したクイーンは、

それを見て笑っているかのように

変な鳴き声を出したので、

ナビエは恥ずかしくなりました。

 

クイーンの主人には

申し訳ないけれども

このように書けば

自分が誰なのか

わからないと思いました。

そして、ナビエは

クイーンの主人を

調べないことにしました。

 

そうすることで

互いに相手を

見つけられないけれども

ずっと顔を知らない友達で

いられると思いました。

f:id:myuieri:20210130125701j:plain

◇ベルティ子爵夫人の借金◇

新年祭が始まる前日

ナビエは招待客を迎え

新年祭と

最終日の特別パーティについて

確認しました。

 

昼休み、

またクイーンが来ているかと思い

ナビエは西宮へ戻ると

クイーンは来ていませんでしたが

数日間、留守をしていた

ベルティ子爵夫人が

帰ってきていました。

 

ベルティ子爵夫人は

ナビエに挨拶をした後

お金を貸してもらえないかと

ナビエに頼みました。

彼女の顔が赤くなりました。

 

ベルティ子爵か息子が

問題を起こしたので

彼女は急いで

領地に帰ったけれども

問題は解決できなかったようだと

ナビエは思いました。

 

ナビエは、ベルティ子爵夫人を

問い詰めることなく

彼女に言われた5000クランを

貸しました。

 

ベルティ子爵夫人は

必ず返しますと何度も

挨拶をした後

部屋を出て行きました。

 

ローラは、

ベルティ子爵夫人は

いっそのこと離婚すればよいのにと

言いました

 

そうすると彼女の息子が

正妻の子供でなくなると

イライザ伯爵夫人が

説明しました。

 

ローラは

ベルティ子爵夫人が離婚をしても

息子は非嫡出子にならないのではと

尋ねました。

 

イライザ伯爵夫人は

すぐに非嫡出子に

なるわけではないけれど

後継者になれないこともあるから

我慢するしかない

ローラに説明しました。

 

あのように

問題ばかり起こしている人は

後継者になっても名ばかりだと

ローラが言うと

イライザ伯爵夫人は

「シーッ」

と言って目を剥きました。

ローラは、唇を尖らせて、

ベルティ子爵夫人が心配だから

言っていると話しました。

 

ベルティ子爵夫人は

すぐに領地に戻りましたが

残った人たちは

気楽に昼食を

取ることができませんでした。

 

昼食後、

ナビエはすぐに本宮へ戻りました。

そして仕事をほとんど終えて

息抜きをしていると

騎士が、ハインリ王子の訪問を

告げました。

不思議に思いながら、

部屋の外へ出ると、

彼の姿が目に入りました。

そして、軽く笑いながら

再び騎士のような挨拶をすると

ナビエに、皇宮の案内を頼みました。

 

彼女は、自分の侍女に案内させると

言おうとしましたが、

ハインリは、ナビエにお願いしたいと

言いました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ソビエシュの度重なる

ひどい仕打ちのせいで

傷つき、辛い思いをしている中

クイーンの存在は

ナビエの心の支えに

なっていると思います。

 

そんなクイーンを

欲しいと思いながらも

自分が賭けに勝ち

クイーンをもらってしまったら

クイーンが可哀そうだから

自分は男だと嘘をついたナビエは

とても優しい人だと思います。

 

そんなナビエでも

夫が側室を持てば

良い気分でいられるはずが

ありません。

 

それでも、努めて

冷静でいようとしているのに

ナビエの心をかき乱した上

側室への思いやりや優しさを

求めるソビエシュは

女心を全くわかっていないと思います。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain