自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 第10話 マンガでカットされていたこと ナビエがクイーンのお尻を叩く

 

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

マンガ第10話の、ハインリがナビエに宮殿内の案内を頼んだシーンです。

◇性格が悪そう◇

ハインリに

皇宮内を案内する時

彼はナビエに片方の腕を

差し出しました。

彼の腕に手を当てると

美しい外見とは裏腹に

腕が筋肉質だったので

ナビエは驚き、

一瞬手を引っ込めました。

 

ナビエはハインリを

どのような順番で案内するのか

迷いました。

案内が終わった後、

お茶を勧めないといけないので

西宮を最後にするのが

良いと思いましたが

東宮へ行くと、

ラスタに会うかもしれないので

嫌だと思いました。

けれども、

すぐ近くの東宮を案内しないで

北宮へ行くのも、どうかと思いました。

すると、東宮の茂みから

ラスタが出てきました。

 

そして、ラスタは本物の王子様を初めて見た、3人で一緒に散歩しましょうと提案しますが・・・

 

ナビエは、

皇帝の側室と皇后が

隣国の王子を挟んで

散歩するという

おかしな場面を演出したく

ありませんでした。

 

それなので

急用ができたとか

トイレへ行くなど

一緒に散歩をできない言い訳を

考えていると

 

ハインリは

 

3人は多すぎます。

お散歩頑張ってください。

 

とラスタに挨拶をして

悠々と歩いて行きました。

 

彼は礼儀正しかったものの

驚くほど冷たい態度でした。

普通、誰かが同行を提案したら

嫌だと言わないものなのに

とナビエは思いました。

 

ナビエはハインリを横目で見ると

彼は、

彼女に案内を頼んだ時のように

傲慢な様子に戻っていました。

 

何かを考えているのか

しかめっ面をしていましたが

とても性格が悪そうに見えました。

表情によって、

イメージが変わる男性なんだと

ナビエは思いました。

 

この後、ナビエに新年祭の特別パーティに招待してもらいたいとお願いするシーンに続きます。

 

f:id:myuieri:20210329053050j:plain

◇クイーンのお尻を叩く◇ 

散歩を終えて西宮へ戻り

シャワーを浴びて

着替えていると

クイーンが後ろを向いて

窓枠に座っていました。

 

その日のクイーンは

なぜか息を切らしていました。

クイーンが足を出したので

ナビエは

クイーンの頭を撫でながら

メモを取りました。

 

そこには、きれいな文字で

 

私を探していますか?

 

と書かれていました。

 

クイーンは首を傾げながら

ナビエの顔色を

窺っていました。

クイーンに水を用意すると、

水を飲みながら

ナビエをしきりに横目で見ていました。

 

ナビエはしばらくためらった後

 

一生懸命探しています。

あなたは?

 

と嘘の返事を書きました。

 

クイーンは嘴を濡らしたまま

ナビエのところへ飛んできて

メモを見ると

嘘をつくなと言わんばかりに

翼でナビエの腕を軽く叩きました。

 

クイーンが字を読んで

答えるような態度が可愛くて

ナビエはクイーンのお尻を

叩きました。

 

f:id:myuieri:20210605060226j:plain

雪の女王

新年祭が始まりました。

 

ナビエは母親が用意してくれた、

あちこちに真珠が飾られ

スカートの裾が豊かに見えるように

雪のようなレースが

幾重にも重ねられているドレスを

着ることになっていました。

 

母親はナビエに

何も言いませんでしたが

ラスタの噂を聞いて以来

ずっと彼女のことを

心配してくれているようでした。

 

イライザ伯爵夫人は

 

新年祭初日は

皆、華やかに着飾ってくる。

そのような日は

もっと華やかにしようとして

力を入れすぎると変に見える。

女王のイメージを

際立たせた方が良い。

 

と言って、ナビエを

雪の女王のように

着飾らせてくれました。

 

イライザ伯爵夫人は

ナビエのことを

本当に美しい方だと

言いました。

ナビエは彼女に

お礼を言いました。

 

イライザ伯爵夫人は

他にも何か言いたそうでしたが

黙って笑うだけでした。

 

たぶん、

ソビエシュが自分を見たら

感嘆するとか

心が揺れるとか

そんなことを言いたかったのではと

ナビエは思いました。

 

f:id:myuieri:20210630053030j:plain

◇新年祭◇

新年祭初日は

皇帝と皇后が一緒に

入場しなければならないので

ナビエは東宮へ行きました。

 

ナビエを待っていたソビエシュは

優しく微笑みながら

ナビエをエスコートするために

腕を差し出しました。

 

ソビエシュが

すっかりはまっている

恋人のラスタを置いていくことに

クヨクヨしているのではないかと

ナビエは思っていましたが

彼にそんな様子はありませんでした。

 

ソビエシュとナビエが

大ホールの入り口へ到着すると

役人の一人がラッパを吹きました。

あっという間に

大ホール内の騒ぎが収まりました。

 

ソビエシュと並んで

数歩歩いて行くと

階段の下に広がる大ホールと

色とりどりのドレスが見えました。

 

ソビエシュが片手を上げると

人々は軽くお辞儀をしました。

 

彼らをくまなく見渡していたナビエは

ホールの中央付近に

外国貴族に囲まれたラスタがいるのが

見えました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

マンガでハインリがラスタに

お散歩がんばってくださいという

シーンを見たかったなと

思いました。

 

そして、マンガでは

ハインリがラスタのことを

皇帝の不倫相手と言った時に

ナビエはスカートを

ギュッと握っていますが

原作では、

ハインリが皇帝の側室と呼ばす

不倫相手と言ったことが

貴族らしくないので

自然に笑いが出たとなっています。

 

この時点では

ハインリのしかめっ面を見て

性格が悪いと思っている

ナビエですが

後に、ハインリが猫かぶりだと

分かっても

可愛いと思えるように

なるのですから

愛は不思議だと思います。

 

ナビエとの散歩から帰ってすぐに

ハインリは、クイーンになって

ナビエの所へやって来たので

息を切らしていたのでしょうね。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain