自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

マンガが大好き。マンガを読むことで自分時間を楽しく過ごしています。再婚承認を要求します、ハーレムの男たちのネタバレを書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 11話 あらすじ マンガ11話 嘲笑われるナビエ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

11話 新年祭にラスタが出席をしているのを見て、なぜナビエは驚いたのでしょうか?

◇異物

側室が新年祭に参加する場合は

側室でなくても

新年祭に参加できる地位に

ある時でした。

 

身分の低い側室を持つ皇帝が

自分の側室を貴族と結婚させて

伯爵夫人にするのは

そのような理由からでした。

 

しかしソビエシュは

それすらやらずに

側室を新年祭に呼びました。

ナビエは、新年祭で

ラスタに会うとは思わなかったので

戸惑いました。

けれども当惑したのは

ナビエだけで

ソビエシュはラスタに向かって

笑顔を浮かべて頷きました。

 

そして、ラスタは

ぎこちなくドレスを持ち上げたまま

ソビエシュを見上げて

これは難しい。」

という口の形をしました。

そして、ナビエを発見すると

にっこり笑いながら

「お姉さん」

と呼ぶふりもしました。

 

ナビエはびっくりすると

ラスタは驚いた顔をして

口を軽く叩いて

申し訳ないと言わんばかりに

可愛らしく笑いました。

 

そのようなラスタを

すごく可愛いと思ったのか

ソビエシュは笑っていました。

 

ナビエは心臓が

押しつぶされそうな気がしました。

ソビエシュの妻は自分なのに

ソビエシュとラスタの間に挟まれた

異物になったような気がしました。

 

最初にソビエシュとナビエを

見ていた人たちも

今は、ソビエシュとラスタを

交互に見ていました。

男性も女性も口元を隠して

ひそひそ話をしていました。

その数が増えて行き巨大になると、

ラスタは驚いて周りを見回し

怖そうな顔で

ソビエシュを見上げました。

 

ソビエシュは、ため息をついて

一人で降りられるかと

ナビエに尋ねました。

 

2人並んで入場したので

ソビエシュとナビエの

義務は終わりました。

1人で降りても

大丈夫でしたが

ここまで一緒に入場すれば

階段も一緒に降りるのが

自然でした。

ここから別々に降りれば

自分たちは、

無理に一緒に来たことを

示すことになると思いました。

ナビエは何とか口を開き

一緒に降りなければならないと

言いました。

ソビエシュが意外そうに

ナビエを見ました。

 

ナビエは、

外国の高位貴族が多く集まっている中

自分たちが別々に降りれば

皇帝と自分が不仲だと思われる。

皇帝夫妻の不仲は

隣国にとって笑い話であり

敵国が狙う隙を与える。

仲の良い夫婦を

演出する必要まではないけれど、

仲が悪いように見せてはいけないと

言いました。

 

ソビエシュは

ナビエの言葉を信じるよりも

言い訳として受け入れ

少しもどかしそうに笑いながら

ナビエに腕を差し出しました。

 

ナビエをエスコートしたまま

階段を降りたソビエシュは

人々に軽く目で挨拶をしながら

適当な位置まで行くと

ナビエを眺めました。

 

ナビエはソビエシュから

手を離すと

彼はにっこり笑って腕を下ろし

これくらいでいいかと尋ねました。

ナビエは、「はい」と答えると、

ソビエシュは彼女を振り返ることなく

ラスタに近づきました。

ナビエは

ぼんやりと立ちすくんで

そちらを見つめました。

 

ラスタを取り囲んでいた

外国の貴族たちが

笑ってソビエシュを迎えました。

彼らは、少しずつ後ろに下がり

ソビエシュのための場所を

作りました。

ラスタは急いで

ソビエシュに両手を広げました。

誰が見ても

愛らしい恋人の姿でした。

ナビエは無理矢理

視線を横に向けました。

彼女は、

いつものように静かに笑いながら

近くにいたトゥアニア公爵夫人に

挨拶をしました。

そして、他の令嬢たちとも

話をしながら席を移すと、

ハインリ王子に関する話題が

出てきました。

 

ナビエは、その話を聞きながら、

シャンパングラスを受取り、

飲もうとすると、

グラス越しに、ハインリ王子が

じっと自分を見ている姿が見えました。

ナビエはグラスを下ろしましたが、

やはり彼は自分を見ていました。

目が合うと、彼は

自分が持っているグラスを持ち上げ

乾杯の素振りをして、

グラスを口元へ持って行きました。

f:id:myuieri:20210505115634j:plain

◇嘲笑われる皇后◇

いくら孤高の皇后でも

皇帝に気を遣うためには

仕方がないのでしょう。

 

と笑い声の混じった声が

聞こえてきました。

壁に接する椅子に

外国人と東大帝国の貴族が集まり

彼らは、お腹を抱えて

笑っていました。

 

その声の主が

また何か言おうとすると

笑い声がさらに高まりましたが

くすくす笑っていた

彼らの何人かが

ナビエと目が合うと

慌ててお互いに脇腹を突いて

静かにしろと合図を送りました。

 

明らかに自分のことを話していると

ナビエは確信したので

何を話しているか

聞かなければならないと思いました。

 

すると、ナビエは一人の貴婦人に、

あの女に贈り物をしたのかと

聞かれました。彼女は、

贈り物をしたとは、

どういう意味なのかと

逆に質問しました。

 

貴婦人は、

あの女の噂について

知らない外国人客が

皇帝の初めての側室ということで、

ありとあらゆる土産を持って

あの女を訪ねた。

ある外国人が、

皇后と三角関係になっているけれど

大丈夫かと尋ねたら、

皇帝も皇后も、

自分のことを愛してくれていて、

皇后は自分を歓迎する意味で

贈り物をくださったと話したらしいと

答えました。

 

そんなことを

外国貴族が

自国の貴族に話したと聞いて、

ナビエは足元がふらつき

目の前がクラクラしました。

 

人々は、ナビエが

ソビエシュの顔色を窺って

夫の恋人に贈り物をしたと言って

彼女のことを嘲笑っていました。

 

無理矢理かき集めていた

ナビエのプライドが

たった一つのデマで

砂の城と化してしまいました。

 

ソビエシュとラスタとの間に

線を引いて

関わらないようにしていたのに

ナビエの意志と行動に関係なく

彼女は夫の恋人の機嫌を取ろうとする

卑屈な人間となっていました。

 

ナビエはラスタに

贈り物をしたことを

否定しましたが

噂が広まっていくことは

明らかだと思いました。

 

全て投げ出して

西宮へ帰りたいと思いましたが

自分の動揺する姿を

見せることはできませんでした。

 

ラスタさんは

何か誤解をされているようだと

平然としたふりをして

にっこり笑うと、

貴婦人たちは頷きました。

 

けれども、自分の言ったことを

信じてもらえるどうか

内心わかりませんでした。

 

ラスタとは最大限

関わらないつもりでしたが

後でラスタを呼んで

発言に気を付けるように

注意しなければと思いました。

 

f:id:myuieri:20210718171245j:plain

◇ダンス◇

ダンスが始まる時間になりました。

ダンスには同じ相手と2回連続して

踊ってはいけないという

ルールがありました。 

そして、最初に踊る相手は

事情がない限り

一番好感の持てる人と

決まっていました。

 

結婚して以来

ソビエシュはいつも最初に

ナビエとダンスをしましたが

今回はラスタと踊るだろうと

ナビエは思いました。

 

ソビエシュがラスタの片手を握って

何か話しているのが見えました。

ラスタと目が合うと、彼女は

すまないというような顔をし

ソビエシュはナビエの方へ

顔を向けたものの

目が合う前に顔を背けました。

 

皇后である自分に

最初にダンスを申し込めるのは

ソビエシュだけ。

どうせ誰も自分に

ダンスを申し込まないので

初めから席を外そう。

 

ナビエは、

残っているプライドを守るために

自然に彼らを見なくて済む壁の方へ

向かいました。

 

ところが、目的地に着く前に

周りでざわめく音がしました。

振り返ってみると

ハインリ王子が

人々の視線を集めながら

ゆっくりと歩いていました。

 

最初にハインリ王子が誰と踊るか

多くの人が

知りたがっている様子でした。

彼は人々の視線を

楽しんでいるようでした。

 

ナビエは、

ソビエシュとラスタのことが

気になり、

ハインリ王子のことを

気にする暇がありませんでした。

彼が誰と踊ろうと

気にするつもりは

ありませんでしたが

ナビエの目の前に来た

ハインリ王子が

 

探すのに半周回りました。

 

と言って、赤いバラを差し出し

騎士のように跪いて

ナビエにダンスを申し込みました。

 

ハインリ王子とダンスをすれば

さらに変な誤解を受けるのではと

ナビエは思いましたが

初めてのダンスで

申し込んだ人が

ハインリ王子だけという状況で

彼の誘いを断れば

彼を侮辱することになるので

ナビエは彼とのダンスを

承知しました。

f:id:myuieri:20210204180243j:plain


 ホールの真ん中に

ハインリ王子と現れると

ソビエシュの眉が吊り上がりました。

この状況で、

「ラスタと楽しんで。」とは

言えないので、

ナビエはハインリ王子を見つめました。

彼は、

そうやって自分を見ていて欲しい。

昨日は全く相手にされなかったので

今日は、さらに気合を入れて来たと

言いました。

ナビエは呆気にとられましたが、

昨日も十分素敵だったと

言うべきかと思いました。

 

ハインリと踊っている時

周りの人たちが目に入りました。

 

トゥアニア公爵夫人は

数多くのダンスの申込者の中から

ランドレ子爵を選んで

踊っていました。

 

リルテアン大公は彼の妻と

ローラは一番仲良しの

アリシュテと踊っていました。

そして、

ソビエシュとラスタの姿が目に入ると、

ナビエはため息をつきましたが、

ハインリ王子は、

根も葉もない噂は広まりやすいことを

自分は良く知っていると

彼女の耳元で囁きました。

ナビエは、自分がラスタに

贈り物をしたという噂のことかと

尋ねると、彼は頷きました。

 

彼が噂を

信じないと言ってくれたたので

ナビエは、感謝を込めて、

自分も彼が遊び人だという噂を

信じないと言ったら、

ハインリ王子は吹き出したので

ナビエは恥ずかしくなりました。

 

そして、1曲終わると

ソビエシュはナビエに

ダンスを申し込みました。

同じ相手と続けて踊れないので

ソビエシュはラスタの代わりに

自分にダンスを申し込んだのは

分かるけれど、

人前で不仲な姿を見せられないため、

ソビエシュの申し込みを

受け入れなければならないことを

ナビエは悔しく思いました。

 

そして、横ではラスタが

ハインリ王子に

ダンスを申し込んでいました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

自分の感情を優先して

ナビエを

置き去りにしようとする

ソビエシュを

皇后として説得したナビエ。

ハインリとのダンスを

引き受けたのも

彼を侮辱しないためでした。

 

そして、ラスタへ贈り物をしたと

誤解されて、嘲笑われても

逃げ出そうとしなかったナビエ。

ここまで頑張っているナビエが

可哀そうでなりません。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain