自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 第12話 マンガ 11、12話でカットされていたこと ハインリがダンスを2曲続けて踊れない理由

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

ラスタにダンスを誘われたハインリは・・・

 ◇ダンスの断り方◇

申し訳ありませんがラスタさん、

私は体力が弱いのです。

意外に病弱な美男子で

ダンスを2曲続けて

踊ることはできません。

 

とハインリは遠回しに

ダンスを断りました。

 

それでは、一度休んで

体力が回復したら

踊りましょう。

 

とラスタは言いました。

 

その時は・・・

 

とハインリ王子が

突然ナビエの方を見たので

彼女は彼と目が合いました。

 

そして

 

また踊りたい方がいて。

 

と言いました。

 

散歩を断った時にも思いましたが

本当に驚くほど

きっぱりとしている男だと

ナビエは思いました。

自分の面子と

相手の面子まで考えて行動する

ほとんどの貴族と違いました。

 

f:id:myuieri:20210720172724j:plain


 

ハインリに

断られると思わなかったラスタは

きまり悪そうな顔で

自分の髪をなでながら

ナビエたちの方を向きました。

 

ラスタはソビエシュの方へ

やって来て

可愛らしい泣き声で

 

陛下、ラスタには

パートナーがいません。

 

と訴えました。

 

ソビエシュは

 

一度だけ休んでいなさい。

2度続けて同じ人とは踊れない。

 

とラスタを説得しました。

 

ほとんどの貴族は

プライドが傷つくので

大声で、ダンスを踊る人がいないと

言うことはありませんでした。

 

自分の意見や感情を

表に出すのにためらいがない点で

ラスタとハインリは

似ていると思いました。

 

ラスタは

 

フェーン

 

と、赤ちゃんがむずかるような声を出すと

周りの貴族たちが笑い出しました。

嘲笑っているのではなく

好感の混じった笑いで

新年祭をきっかけに

ラスタのイメージが

規格化された貴族とは違う、

悪く言えば礼儀知らずだけれど

新鮮で新しく純粋なものに

変わっていました。

 

他の青年貴族の何人かが

ラスタにダンスを申し込みましたが

彼女は大丈夫だと言って

壁の方へトボトボ歩いて行きました。

 

ソビエシュが

彼女に駆け寄るのではと思い

ナビエはギクッとしました。

音楽が始まらなければ

本当に走っていったと思いました。

◇置いてけぼり◇ 

次にかかったのは

パートナーと少し距離を置いて

踊る曲でした。

 

ナビエは踊りながら

幼い頃、ソビエシュと

ダンスの練習をしていた時のことを

思い出し、

かつて、ソビエシュと共に

大きな地図を広げて

ここに何を立てようと

論じていたことを思い出し

胸の片隅に

冷たい風が吹きました。

 

ソビエシュと

一生を共にすると

信じていたころの自分は

どれだけ愚かで純真だったかと

考えました。

 

ついにソビエシュが近づくと

彼は、

 

ハインリ王子と

どんな話をしたのか?

 

とナビエに尋ねました。

 

ナビエは、普通の会話だと答えると

ソビエシュは

 

ハインリ王子がどんな男か

噂を聞いたことがないか?

そんな男と平凡な会話ができるのか?

 

とソビエシュが尋ねると

ナビエは、ハインリのことを

とても面白い方だと

答えました。

 

するとソビエシュは

 

浮気者として有名だから

話は面白いだろう。

人々はユーモアのある男が

好きだから。

 

と言いました。

 

再びソビエシュとの距離が

遠くなりました。

 

ナビエがクルクル回っていると

ハインリは近くのテーブルに

立ったまま

ナビエを見ていました。

彼女と目が合うと

彼は笑いながら

軽く手を振りました。

 

ソビエシュは

 

私もラスタを側室にしているから

皇后に側室を置くなとは

言わないけれど

ハインリ王子はいけないと思う。

 

と言いました。

何を言っているか分からないと

ナビエが言うと、ソビエシュは

 

ハインリ王子と付き合えば

彼が皇后の側室になるのではなく

皇后が彼の側室になる。

東大帝国の皇后として

そのようなことが

あってはならないのではないか。

対面が傷つくのでは?

 

言いました。

 

ナビエは、ハインリ王子とは

そんな関係ではないと反論しましたが

ソビエシュは

 

女なら誰でも手を出す男の

火遊びの相手にならないでください。

 

と言いました。

 

ハインリ王子はそんな人に見えない。

 

とナビエが言おうとすると

音楽が鳴っているのに

突然、ソビエシュが

立ち止まりました。

 

彼が立ち止まったので

一緒に動いていた

彼の後ろと両脇の人たちも

立ち止まりました。

 

パートナーが立ち止まったので

1人で踊れないナビエも

立ち止まりました

彼女の後ろと両脇の人たちも

同様でした。

 

ソビエシュがなぜ立ち止まったのか、

足でもくじいたのか

尋ねようとすると

彼は、人々が困惑している中

壁に寄りかかって泣いている

ラスタの所へ急いで歩いて行きました。

 

どうして泣いているの?

 

と尋ねるソビエシュの首に

ラスタは両腕で抱きつきました。

 

人々のざわめきが大きくなりました。

周りの人たちが

ナビエの顔色を窺っているのが

感じられました。

ソビエシュはナビエと

踊っている途中で、彼女を捨てて

ラスタの所へ行ってしまいました。

 

ナビエは目の前が真っ白になり

頭の中から血が流れていくような

気がしました。

f:id:myuieri:20210130134033j:plain

 

ラスタは泣きっぱなしなので

ソビエシュは彼女をなだめるのに

忙しく、

結局彼は、ラスタを抱き上げ

席を外しました。

 ◇ひたすら平然と◇

2人が出て行くと

ナビエに視線が集中しました。

 

人々が口々に

ソビエシュとラスタのことを

噂する中、

ラスタが逃亡奴隷だという

話を聞いた北王国の人間が

 

北王国では

逃亡奴隷を側室にすることは

ありえない。

ラスタ様に北王国の

海の宝石までお土産として

お持ちした。

 

と言いました。

 

別の誰かが

 

陛下が違うと言えば

違うのでしょう。

 

と言いました。

 

音楽な鳴り止み

人々はナビエを見つめ

ラスタのことを話していました。

 

すぐにその場から

逃げ出したかったものの

無理矢理平然と歩きました。

 

どこへ行くのかわからないまま

歩いていると

後ろから誰かが

付いてくる音がしました。

滑らかな柱に

ハインリ王子の姿映りました。

 

しかし、今は礼儀正しく

外国の王子と談笑する気に

なれませんでした。

誰もいない所で

とにかく座りたいと思いました。

 

気が付くとナビエは

西宮の回廊を歩いていました。

近衛騎士団副団長のアルティナ卿が

ナビエを支えていました。

 

青白い顔をしたナビエに

アルティナ卿は

早く休んだ方がいいと

言いました。

◇クイーンの温もり◇ 

ナビエは寝室に入ると

ベッドにうつ伏せになったまま

枕を抱いて身体を捻りました。

全身が重く、邪魔に感じられて

耐えられませんでした。

しばらくそうしていると

クイーンがやって来ました。

 

クイーンの温かい身体から

伝わる熱を感じると

ナビエは涙が出てきました。

この小さな存在が

どれほど大きく

ナビエの慰めになることか

寒い冬に

一人で放り出された人のように

ナビエはクイーンの温もりに

浸っていました。

 

f:id:myuieri:20210720173056j:plain

 

ようやく落ち着いたナビエが

クイーンに話しかけていると

侍女たちが

ベルディ子爵夫人が

ナビエの侍女を辞めるという

話をしにやって来ました。

 

ベルディ子爵家はトラブルだらけで

借金が多く

子爵家の得る収入のほとんどは

借金の穴埋めに使われていて

生活費と言えるのは

ベルディ子爵夫人が

侍女の仕事をして得られる

お金だけでした。

 

ナビエは人を遣って

事情を調べなければと

思っていましたが

翌日、大ホールへ行くと

前日よりも輝き

人々に囲まれて笑いながら

1人で入って来たラスタのそばに

ベルディ子爵夫人が立っていました。

そして、彼女はリルテアン大公が

ナビエに送ってきた

青い絹で仕立てたドレスを

着ていました。

 

自分の側の人だと思っていた人が

大金を借りたまま

ラスタの方へ行ったことに

ナビエは何とも言えない気持ちに

なりました。

しかもベルディ子爵夫人は

ラスタの出自を一番

嘲笑った人でした。

 

ベルディ子爵夫人は

元々ナビエの側の人ではなく

お金のために

そばにいたのではと思いました。

 

ナビエと南王国のソズ姫が

側室制度とラスタの悪口を

言い始めましたが

ナビエは、

表面上は手も足もでないような

様子をしているのに

見えないところで

ラスタの機嫌を取るために

贈り物をしているとか

陰で悪口を言っているなどと

人々に

侮辱されたくありませんでした。

 

ナビエは他の話をしましょうと

遠回しに言うと

ソズ姫は、

ハインリが文通をしている話を

始めました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

マンガの12話では

ナビエの後を付いてきたハインリと

会話をするシーンがありましたが

原作では、話をしていません。

その理由は、外国の王子と

礼儀正しく談笑できないから

ですが、

どんなに辛い時でも

皇后の立場を守ろうとするナビエに

泣けてきます。

 

ナビエが一番辛い時に

クイーンの姿で

彼女を慰めていたハインリ。

後に、彼が、

ナビエを悲しませたくないと

思うようになったのは

ナビエの悲しむ姿を

ずっと見ていたからなのでしょうね。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

f:id:myuieri:20210206060839j:plain