自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 第15話 マンガ13話でカットされていたこと ラスタは頭が悪くて厚かましい

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

マンガ13話でクイーンが来なくなって2日間とありますが、それは、ラスタの下女が、自分がハインリの文通相手だと嘘をついてからであることに、ナビエは気づきました。

◇クイーンが来ない◇

ラスタの下女の噂を聞く

数時間前まで

クイーンはナビエの部屋で

遊んでいたのに

彼女は、

クイーンが来なくなったことを

残念に思いました。

 

しきりに窓際を眺めるナビエに

イライザ伯爵夫人が

クイーンのせいかと

尋ねましたが

今、クイーンに会いたいと言うと

ハインリ王子に会いたいと

聞こえるのではと思い

ナビエはぎこちなく笑うだけで

返事をしませんでした。

 

f:id:myuieri:20210129175424j:plain

◇招待客の調査◇

特別パーティの前日、

招待客との顔合わせの晩餐会の前に

ナビエは執務室へ行き

特別パーティに招待した人に

関する資料に目を通しました。

 

対話をスムーズに進めるためと

その国の文化に

そぐわない失言をしないために

チェックをする必要があったからです。

 

カフメン大公は

ルイフトの大公としてではなく

魔法学園を

首席で卒業した留学生としして

招待されていました。

 

ナビエは、

ルイフトの宮廷作法について

何も知らないので困りました。

 

ある冒険家が

砂漠の国へ行った後に書いた

「探訪記」が

唯一の関連書籍ですが

カフメン大公がその本を読んだ後に

笑いながら

妄想小説と言っていたそうなので

実情は違うとナビエは思いました。

 

カフメン大公は何年か

留学生活を送っていたので

自分たちのやり方で

もてなすしかないと

ナビエは思いました。

 

調査を終えると

いつの間にか夕食の時間に

なっていました。

 

執務室の外では

イライザ伯爵夫人と

アルティナ卿が

イライラしながら待っていました。

 

f:id:myuieri:20210130125701j:plain

◇晩餐会◇ 

ハインリ王子がラスタに対して

人間シュークリームのように

接していたという話を

ソズ姫から聞いたナビエは

ハインリとソビエシュとラスタを

観察してみたところ

ハインリは

いつものように曖昧な様子、

ソビエシュは、

いつもより鋭い雰囲気、

いつもより顔の赤いラスタは

時々2人を交互に見て

この状況を楽しんでいるように

見えました。 

 

最初からハインリ王子と

ラスタが結ばれていたら

状況は良くなっただろうか。

 

とナビエは考えた後で

しばらく心臓がズキズキ痛みました。

 

しかし、

すぐに、その考えを否定をし

ラスタでなくても

ソビエシュは別の女性を

連れて来ただろうと思いました。

 

ソズ姫は、

 

変ですね、

先ほど、ハインリ王子が

露骨にラスタさんに

甘く接していたと言いましたが

今は違います。

 

とナビエに囁きました。

 

ナビエは、今度はあえて

彼らの方を見ないようにしました。

 

まもなく、

晩餐会に招待された人々が

食堂を埋め尽くし

次々と料理が運ばれ

食事が始まりました。

 

その途中、

ラスタが手紙の内容を

半分も理解していないのを

ハインリが指摘したことで

ハインリとソビエシュの

言い争いが始まりました。

 

ハインリは、

 

とても不愉快だ、

下女もそうだし、

ラスタさんもそうだし。

西王国を無視するのですか?

私を無視するのですか?

もしかしたら

皇帝陛下が

ラスタさんにやらせましたか?

 

と言いました。

 

ソビエシュが

 

ラスタは

少々、混乱したと言っている。

手紙の内容なんか

紛らわしいではないか。

 

と反論すると、ハインリは

 

ハインリもはっきりと言いました。

手紙の内容を

半分もわからないなんて

お話になりません。

 

とラスタの口真似をして

応酬したので

ソビエシュの顔が

真っ赤になりました。

 

ソズ姫は、演劇でも見るように

お菓子を食べながら

彼らを見守っていました。

 

続いてハインリが

 

ラスタさんは

すごく頭が悪いのですか?

10個を聞いたら

半分忘れてしまうほど。

それであれば

私の失敬を認めましょう。

 

と言うと

一瞬にして雰囲気が険悪になりました。

ソズ姫が

お菓子をコリコリ食べる音だけが

聞こえていました。

 

ハインリは、

晩餐会に出席している人たちに

事の顛末を話し始めました。

ハインリの話を聞いた彼らが

頷くと

ラスタは耳まで赤くなりました。

 

ハインリを睨みながら

話を止めるように叫ぶソビエシュに

ハインリは

 

ラスタさんと下女は

手紙の同じ部分を知らなかった。

自分は、この問題を

静かに解決しようと思ったのに

事を荒立てたのは皇帝陛下だ。

 

と言いました。

 

ソビエシュは、

 

自分の女性が

苦境に立たされた時に

保護をするのが騎士道ではないか。

つまらないいいがかりを言って

可愛そうな人を罵倒するのが

西王国の騎士道なら

これについて話すことは何もないが。

 

と反論しました。

 

それに対してハインリは

 

無念にも、私の女性が

他の人に名を騙られたので

彼女を守るためにやっています。

もちろん、詐称された方は

女性ではなく、

男性かもしれませんが。

 

と言って、ナビエの方を見たので

彼女は心臓がドキッとしました。

f:id:myuieri:20210606171301j:plain

◇ナビエ、口を開く◇ 

その時、それまで

沈黙を守っていたラスタが

 

ひどい。

 

と言いました。

 

そして、演劇の主人公のように

可憐で清純な姿で

すすり泣きながら

 

私は手紙の内容について

きちんと話したのに

ハインリ殿下は

手紙が嘘だと

言い張っています。

ハインリ殿下が

そのように言った理由は

分かる気がします。

ラスタは、殿下が望むような

身分が高く

教養のある女性ではないので

わざと線を引くのでしょう?

ラスタに示してくれた友情は

すべて嘘だったのですか?

 

と言いました。

 

彼女は途方もない理由で

見捨てられた

悲劇の主人公のように見えました。

 

ソビエシュは歯ぎしりをしながら

ハインリを睨みつけました。

 

ハインリは

肩を震わせながら笑い

ため息をついて

首を横に振った後

 

おかしくなりそうだ。

 

と言いました。

 

続いてラスタは

 

陛下の顔色を見るために

ラスタを嘘つきにするのですか?

 

とも言いました。

 

ラスタは時々

顔色をうかがうところが

あったけれども

それは、純粋な気持ちから

出るものだと

ナビエは思っていました。

しかし、今の様子から

彼女は驚くほど頭がいいと

ナビエは思いました。

 

ハインリはラスタのことを

今まで会ったことのある

全ての人の中で

一番厚かましいと言いました。

 

するとラスタは

 

私たちの友情を考えてください。

ラスタが傷つくような言葉を

しきりに言わないでください。

 

と言って、すすり泣き始めると

何人かの貴族が

不快そうな顔をしました。

 

あれだけラスタが堂々としていると

真実を知らない人は

どちらが正しいのか

わからないようでした。

 

ソズ姫は、お菓子をくわえたまま

瞳を動かし

トゥアニア公爵夫人は

腕をついて

事態を見守っていました。

 

そんな中、

カフメン大公だけは

優雅に食事をしていました。

 

熱心に手を動かしている

カフメン大公の動きを

ぼんやりと見ながら

ナビエは、

自分がハインリ王子の

文通相手であることを

明らかにした方が良いのかと

悩みました。

 

ハインリ王子の肩を持つと

ラスタだけでなく

彼女の肩を持ったソビエシュも

滑稽だ。

けれども、ラスタのせいで

ハインリ王子が

困難な状況になるのは

見たくない。

ラスタが主張している友情は

クイーンを通じて

私とハインリ王子が

やり取りしていたものだから。

 

と考えていると

機械のように食事をしていた

カフメン大公が驚いた顔で

ナビエの方を見ました。

 

ナビエは、

カフメン大公と目が合ったので

頷きました。

 

カフメン大公は

それには応ぜず、

ナビエをじっと見て、

ラスタを見つめ、

ハインリを見た後

空気が抜けるような音を立てて

小さく笑いました。

 

どうしたんだろう?

 

とナビエは思いましたが

今は、カフメン大公の

異常行動を

気にしている場合ではないので

誰の肩を持つべきか判断した後

 

じっとしていようと

思いましたが

誤解があるようなので

私が正さなければ

ならないようですね。

 

とナビエは口を開きました。

 

人々の視線が

ナビエの方へ向きました。

ラスタは、目を大きく見開いて

ナビエを見つめていました。

 

ナビエは

 

ラスタは、私が

ハインリの文通相手であることに

気が付いた。

そして、手紙の内容を

ベルディ子爵夫人から

聞いた時に

文通相手が自分であることも

聞いたはず。

ラスタは私の目の前で

私を詐称しても

私が黙っていると思ったのだろうか?

一体、どういう根拠で

私が彼女のために

沈黙を守ってくれると

思ったのだろうか?

 

と考えました。

 

そして、ナビエは

できるだけ淡々とした表情で

 

ハインリ王子と

文通をしていた人を

私は知っています。

ラスタさんではありません。

 

とソビエシュに伝えました。

 

ソビエシュの顔は真っ青になり

ラスタは裏切られたような顔で

ナビエを見つめ

ハインリ王子の顔は明るくなりました。

 

ソビエシュは、

 

ラスタが嫌いだからと言って

ハインリ王子の肩を

持つ必要はない。

 

と言うと、

 

ナビエは真実の肩を持っただけだと

反論しました。

 

そして、ハインリは

ソビエシュに皮肉で応酬し

ソビエシュはハインリに

決闘を申し込みました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

原作の113話で、

カフメン大公が

人の心が読めることが判明しますが

この時のナビエは

そのことを知らないので

カフメン大公がなぜ驚いたのか

分かるはずがありません。

 

カフメン大公は

食事に集中することで

聞きたくない他の人の心の声を

できる限りシャットアウト

していたのではないかと

思いますが

カフメン大公曰く

冷ややかな表情と

不愛想な本当の声に反して

くすぐったくて穏やかな

ナビエの心の声は

スーッとカフメン大公の心に

入って来たのかなと思いました。

 

ラスタは、奴隷時代に

美しい容姿と

自分は無知で可哀そうと

見せることが

自分の武器になることを

知りました。

 

彼女が泣いてばかりいるのも

人の同情を

引くためなのでしょうけれど

残念ながら、

色々なタイプの人間を

知っているハインリには

通じませんでした。

 

ハインリがラスタに、

かましい、頭が悪い

と言った時、

気分がスーッとしました。

 

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain