自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

マンガが大好き。マンガを読むことで自分時間を楽しく過ごしています。再婚承認を要求します、ハーレムの男たちのネタバレを書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 18話 あらすじ マンガ14話、15話 ナビエとソビエシュ 薄情なのはどちら?

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

18話 ラスタを特別パーティに参加させたいソビエシュにナビエは・・・

◇薄情なのはどちら?◇

ソビエシュは

ナビエが本当に

思いやりのない人間だと

思っているようでした。

 

ソビエシュは

皇后は実に薄情だと言ったので

ナビエは「やっぱりね。」

と答えました。

 

ソビエシュがラスタのために

外国の貴賓を追い出せば

彼らは無視されたと思い

国際問題に発展するかもしれない。

そして、その責任は

ソビエシュが負うことになる。

けれども、ラスタのために、

自分がお客さんを追い出せば

人々は、自分が

ソビエシュとラスタの前で

いい顔をするために

誤った行動をしたと非難するはず。

それでなくても、

ソビエシュはナビエの名を騙り、

ラスタに贈り物をしたために

同じような噂が流れてしまった。

 

ラスタに贈り物をしたことは

個人的に恥ずかしいだけで

非難されることではないけれど、

お客さんを追い出すことは

社交界と国民の間で

自分の評価を落とすことになる。

これは、おかしな行動ではなく

間違った行動だ。

 

自分を守るために

ラスタをなだめるために

私に薄情だと言って

無理強いするなんて

ソビエシュは本当に頭がいい

ナビエは思いました。

 

ソビエシュの考えていることが

よくわかると、

いちいち説明するのが

面倒くさいので

ナビエは

薄情なのは陛下だ。

ラスタさんは陛下の恋人なのに

恋人の陛下ができないことを

どうして、

私に強要するのかわからないと

遠回しに言いました。

 

ソビエシュの顎に力が入り

ラスタは怯えた視線を

ナビエに送りましたが

彼女は少しも

すっきりしませんでした。

 

ナビエは、礼儀正しく

ソビエシュに挨拶をした後

わざとゆっくりした足取りで、

立ち去りました。

f:id:myuieri:20210729173544j:plain

◇特別パーティ◇

西宮へ到着すると

侍女たちがイライラしながら

ナビエの帰りを待っていました。

 

また皇帝陛下が

何か悪いことを

言ったのではないかと

ひやひやしていた。

近頃は、

皇帝陛下にお会いするたびに

顔色が悪いと

侍女たちはナビエを

心配してくれました。

 

彼女たちを落ち着かせた後

ナビエは一緒に食事をしましたが

食べ物が喉を通らなかったので

軽食だけで軽くお腹を満たしました。

 

その後は、1人で机に座って

新年祭が終わった後の

日程を点検しました。

 

外国からの貴賓のお見送り。

もう少し滞在したい貴賓の確認。

そして、新年祭の間に

起きた問題や事件について

報告が上がってきているので

それも徹底的に処理する必要が

ありました。

外国人の中で、

法的に問題になるような

問題を起こした人がいたら

国境を越える前に

問題を解決する必要がありました。


あれこれ仕事をしているうちに

パーティの時間になりました。

 

特別パーティが終わった後

大宴会場へ来るかどうか

ナビエはローラに聞かれました。

 

彼女と仲良しのアリシュテが

風邪を引いて

パーティに来られないので

ナビエが出席しなければ

ローラも顔だけ出して

早く帰るとのこと。

 

ローラが待っているなら

自分も行くと

ナビエは約束しました。

侍女たちはパーティが開かれる

大宴会場へ

ナビエは特別パーティが開かれる

赤い薔薇の間へ行きました。

ソビエシュの姿はありませんでした。

f:id:myuieri:20210203052742j:plain

 

◇カフメン大公◇

ナビエは、

ソズ姫の所へ向かう途中で

カフメン大公と出くわしました。

ナビエは笑いながら、

パーティを楽しんでいるかと

尋ねました。

前日、彼に無視されたことを

思い出しましたが、

今日は、無視されませんでした。

けれども、

返事は帰って来なかったので、

料理は口に合ったかと

別の質問をしました。

しかし、彼は返事をせずに

ナビエを見つめました。

切れ長の目のせいか、

怖い印象でした。

 

新年祭に招待されたのは初めて。

前の年までは

カフメン大公と交流したことがない。

知っているのは砂漠の国の

大公であること。

魔法学園を首席で卒業した人。

そのカフメン大公に

ルイフトでは、

イモナとイモトは一つと

言われました。

王がイモト、王妃がイモナだと

知っているナビエは、

王と王妃が一つなのは不思議だと

言いました。

 

しばらく、

意外そうな目をしていた

カフメン大公は、

イモトの恋人がイモナの目に入れば

殺される。

自分のスープも好きに飲めないとは

実に愚かだと言われました。

 

ナビエは、

ラスタのことを言われていると

思いましたが、

東大帝国では

皇后がむやみに、

皇帝の側室を殺せば、

廃位はもちろん、

監獄に入れられる可能性が

ありました。

 

ラスタを殺して何が残るのか。

束の間の痛快さ?

ラスタを殺すために

自分の人生をかけるべきなのか

カフメン大公に

質問しようとしましたが

彼は別の場所へ行ってしまいました。

 

側室を連れて来たのは

ソビエシュで

側室になったのはラスタなのに

どうして自分が

惨めな女になってしまうのだろうと

ナビエは思いました。  

◇神秘的な紫の目◇

カフメン大公と話している間に

ソズ姫は、

別の場所へ移動したようでした。

ナビエはトゥアニア公爵夫人を

見つけましたが、

後ろから、「クイーン」と

ハインリ王子がナビエを呼びました。

そして、

少し話がしたいと言いました。

ハインリ王子の表情は

真剣で悲しそうに見えました。

いつものように

軽く笑うこともなく

ふてぶてしく

傲慢な態度もありませんでした。

 

ハインリ王子が

話をするのに選んだ場所は

四方が開けているので

訳もなく誤解を受けるような

所ではありませんでした。

噂の多いハインリと一緒にいても

誰からも変に見られない場所を

選んだハインリ王子を

ナビエは、

意外と思慮深い男だと感心しました。

 

ハインリ王子は

ナビエが文通を通して、

友情を大切にしたいと書かれた

手紙を読んだと言いました。

彼女は、

自分が文通相手であることを

ハインリ王子が知っていたことに

驚きました。

 

彼は、

ナビエの言動で気づいたわけではなく、

ラスタと下女のシュレーヌは

手紙の前半の一部分しか

知らなかったので

皇后陛下の元侍女で、

つい最近ラスタの侍女になった

ベルディ子爵夫人が

手紙の内容を教えたのではないかと

推測した、と説明しました。

 

ハインリ王子について、

良く無い噂ばかり聞いていたけれど、

賢いという話は聞いたことがなく、

それだけの情報から推測する彼を

かなり頭がいいと

ナビエは思いました。

 

しかし、彼の表情は暗いままで、

傷ついた顔をしていました。

ナビエはどうしたのかと尋ねると。

 

自分だけが皇后陛下

友人だと思っていた。

自分には気を許せる友人が

ほとんどいない。

いつも多くの人に囲まれているけれど

本当の自分はとても孤独だ。

西王国の王位継承者として、

誰にも本音を打ち明けられない。

常に他人の目を

意識しなくてはならない。

1人の人間として

皇后陛下と正直な会話ができて

嬉しかったと言いました。

 

ナビエは、ハインリ王子の考えが

あまりにも自分と似ているので

驚きました。

早くから皇太子妃として

生きてきたナビエは、

家族以外に本音を打ち明けられる人は

いませんでした。

 

続けて、ハインリ王子は、

皇后陛下は、自分と違い、

友情は

文通だけに留めておきたいと

思われていると言って、

泣きそうな顔でナビエを見つめ、

ため息をつきました。

その目を見ているうちに

ナビエは罪悪感を覚えました。

 

ただでさえ神秘的な

ハインリの紫色の瞳が

シャンデリアの光を浴びて

宝石のように輝いていました。

ナビエは文通だけでも

楽しめると言いましたが、

ハインリ王子は、

文通を抜け出せば

「ソビエシュのばかやろう」と

皇后陛下の代わりに

悪口を言えると言いました。


ナビエは

笑いを堪えましたが、

ハインリ王子は

面白いことを我慢することほど

面白いことはない。

笑いたければ笑えばいいと

ナビエにアドバイスしました。

 

しかし、

ナビエが笑わなかったので

ハインリ王子は、

心が痛むと言いました。

そしてしばらく考えた後、

自分の文通相手が

ナビエであることと、

自分たちが本音を言い合える

友人であることは

秘密にしておく。

その代わり、

自分たちが出くわした時に

知らないふりをしないで欲しい。

2人だけで会おうなんて

言わないから

たまたま2人だけになった時に

私を避けないで欲しいと

真剣な目をして言いました。

 

ハインリの執拗な視線を浴びると

ナビエは心臓が爪で

押しつぶされるような

変な感じがしました。

f:id:myuieri:20210130134033j:plain

  

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071011p:plain

ラスタの機嫌を取るために

ナビエを薄情だと罵るソビエシュ。

子供の時から仲が良かったナビエに

これほどまでに

辛く当たるようになるなんて

恋に溺れて冷静さを欠き

本当に大事なものが

見えなくなっている男は

恐ろしいと思います。

 

ナビエは特別パーティが

始まる直前まで

新年祭の後のことを考えて

仕事をしていましたが

おそらくソビエシュは

ラスタのご機嫌取りを

していたのではないかと

思います。

(その場面はありませんが)

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain