自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 第29話 マンガ 25話でカットされていたこと ラスタの武器は無知

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

29話 別宮でソビエシュは倒れてしまいましたが・・・

 

◇誕生日は来年もある◇

前日より熱が下がったという

宮医の言葉に

周りの人たちは

安堵の声を漏らしました。

 

ナビエは

ソビエシュと争った後に

彼が倒れたので 

自分のせいだとは

思わなかったものの

そのことが気になっていました。

これで、ようやく安心できると

思いました。

 

宮医が別宮へ

駆けつけて来てくれたことに

お礼を言うと

ナビエはソビエシュの枕元に座り

彼の額に濡らしたタオルを

乗せました。

 

ナビエは、ソビエシュに

別宮へ来るべきではなかったと

言いました。

 

ソビエシュの突然のキスで

さらに雰囲気が

気まずくなったことを考えると

ナビエは息苦しくなり

ため息をつきました。

 

けれども、ソビエシュは、

疲れた声をしているものの

 

いいんじゃない?

ついでに休んでいくのもいいよ。

 

と明るく言ったので

ナビエは幸いだと思いました。

 

ソビエシュは

ナビエの誕生日を台無しにしたことを

謝りました。

 

彼女は、誕生日は毎年来る、

来年も誕生日があるので

気にしないようにと言いましたが

ソビエシュは

 

今年の誕生日は、今年1回で・・・

 

と言いかけた後、

 

皇后と話していると本当に・・・

 

と話し始めたので

ナビエは、

 

同僚と話しているようですか?

 

と皮肉を言いました。

 

ソビエシュは、ナビエが

それとなく皮肉っているのを

知っているかと尋ねましたが

彼女は、それとなくではなく

面と向かって皮肉を言ったと

心の中で思いました。

 

そして、今度は皮肉ではなく

ソビエシュが、ナビエよりも

ラスタの看護を

望んでいるのではと思い

 

ラスタを呼びましょうか?

 

と尋ねました。

 

もちろん

3人一緒にいるつもりはないので

ラスタが来たら

ナビエは宮殿に戻るつもりでした。

それに側室のやることは

ソビエシュ一人だけのためのことだと

思いました。

 

ソビエシュは

ラスタを呼ばなくても良いと

言いました。

 

ナビエは、

 

ラスタが寂しがるのでは?

 

と尋ねました。

 

ソビエシュは、

 

皇后にとっては

良いことなのでは?

 

と言いました。 

 

ラスタが寂しがるなら

いい気味だと思うけれど

それだけのこと。

ラスタが別宮へ来て

自分が宮殿へ戻れば

たまった仕事がたくさんあるので

役に立つとナビエは思いました。

 

ナビエは返事をする代わりに

ソビエシュの額から

タオルを取り

氷の入ったたらいに

それを入れて

完全に冷やした後

ソビエシュの首筋に当てました。

 

ソビエシュは飛び上がって

ナビエの手首をつかみ

 

八つ当たりか?

 

と言いました。

 

ナビエは否定すると

ソビエシュは分かったから

睨みつけないようにと

彼女に頼み

首筋からハンカチを退かして

布団の上に置きました。

 

そして、

ラスタがそばにいると休めない、

頭が痛いので静かにしたいから

彼女は呼ばなくて

良いと言いました。

 

ラスタは側室になって以来

ソビエシュと

離れたことがなかったので

彼女の気分が悪くなると

思いましたが

あえて、自分がそのことを

話す必要はないと思い

ナビエは頷き

額に冷たいタオルを置きました。

 

f:id:myuieri:20210809090748j:plain

◇放棄と諦め◇ 

ラスタの気分を害するという予想は

的中しました。

 

1週間静養した後、宮殿に戻ると

前もって庭で待っていたラスタは

2人が馬車から降りる前に

急いで走って来て

彼を抱きしめて

わあわあ泣きましたが

ナビエには

ぎこちなく挨拶するだけでした。

 

側室が皇后に見せる態度としては

普通でしたが

以前、度が過ぎるほど

親しい振りをしていたことを考えると

明らかに態度が変わりました。

 

ソビエシュと離れていただけでなく

ナビエと彼が2人きりだったことも

気になっていたようでした。

 

噛り付いて離れない2人を見捨てて

ナビエは本宮へ戻り

滞っていた業務をすべて

持ってくるように指示しました。

 

その後1週間は

溜まっていた業務を片付けるために

本宮へいる時間を伸ばし

ソビエシュは宮医の忠告に従い

夜勤を減らしました。

 

ラスタは、昼間は

相変わらずエルギ公爵と一緒だけれど

夜はソビエシュを

看病していました。

 

ハインリとは散歩中に

出くわすことがあり

クイーンからの手紙も

届いていました。

 

変わったのは

ソビエシュがナビエを呼び出し

ラスタについて

とんでもない要求をすることが

減ったことでした。

おかげで、ナビエは

ラスタと出くわすことがなくなり

仕事量は増えても

疲労感は減りました。

 

依然として

ソビエシュのことを考えると

寂しいし、胸が苦しいけれども

こんな風に何年も暮らしていれば

自分たちも平凡な皇帝夫妻に

なれるだろう。

放棄と諦めにより作り出された

平和の中で

適当に鈍くなった気持ちで

暮らせるようになるだろうと

ナビエは思いました。

f:id:myuieri:20210731144324j:plain

 ◇ティーパーティ

トゥアニア公爵夫人が

クリスタルハウスで

開いたティーパーティ

参加したナビエは

そこで初めてエルギ公爵と

会いました。

彼はラスタを

エスコートしていました。

 

彼は観察するように

ナビエをじっと見つめ

彼女も視線を避けませんでした。

 

ハインリの

 

生きている呪いの人形

 

とか

 

人間怪談

 

の言葉を思い出しましたが

このような状況で

いきなり彼を避けるのも

滑稽だと思いました。

 

彼からの挨拶を受けた後

ナビエは笑いながら

トゥアニア公爵夫人の方を

見ました。

 

エルギ公爵は社交界の有名人なので

彼が招待されても

不思議ではありませんでしたが

彼女がラスタを招待したのは

意外だと思いました。

 

けれども、トゥアニア公爵夫人が

当惑したように眉をしかめていたので

エルギ公爵が

勝手にラスタを連れて来たことが

わかりました。

 

エルギ公爵とトゥアニア公爵夫人が

挨拶を装いながら

彼がラスタを

連れて来たことについて

言い争っている時

ラスタはナビエに向かって

そっと挨拶をしました。

 

彼女は黙々と挨拶を受けながら

ゆっくりとお茶を飲みましたが

ラスタのせいでお茶の味

全然感じられませんでした。

彼女がいるだけで

その場の居心地が悪くなりました。

 

すぐにでも、

席を外したいと思いましたが

ここでラスタを避けたら

少なくとも1週間は

噂の種になるので

ある程度、他の人たちが

出て行くまで

ナビエは

この場にいなければならないと

思いました。

 

エルギ公爵はラスタを連れて

ナビエの反対側に座ったので

心配でしたが

幸いにも、ナビエとラスタが

話すことはありませんでした。

 

この後、貴族たちはアレイシアについて話をはじめ、ラスタは エルギ公爵から、前皇帝の側室だったアレイシアがひどいやり方で追い出されたことを聞きます。

 

なぜエルギ公爵が

その話を知っているか

ナビエは分かりませんでしたが

ラスタと付き合っている

エルギ公爵が

話すことではないと思いました。

 

エルギ公爵はにっこり笑いながら

お茶を飲むと

ラスタの目は一瞬大きくなり

瞬きしました。

 

以前、ナビエが

ソビエシュが別の側室を持つ

可能性について

ラスタに話をした時

彼女は困惑しました。

 

今は、そのことを

考えていないようでしたが

自分と同じ側室だった人の

ひどい結末を聞いて

ラスタは複雑な気分のようでした。

 

彼女が完全に

固まってしまったことが

見て取れたので

何人かの人は彼女を

可哀想に思ったのか

視線をそらしました。

 

ナビエはラスタが

黙っていると思いましたが

彼女は驚いた表情を隠して

 

貴族が側室を

何人も持つというのは

本当のようですね。

 

と言いました。

 

その姿を気の毒に思った貴族たちが

ラスタに同調すると、彼女は

 

当たり前のことなんですね。

ラスタは、最初に

トゥアニア公爵夫人に

5人も側室がいることを聞いて

とても驚きましたが

それが当然のことなんですね。

新世界を体験している気分です。

 

と言いました。

 

周りがシーンとしました。

 

トゥアニア公爵夫人は

フォークをガシャンと置くと

話してはいけないことを

言ったと謝るラスタに

冷たい声で

 

とんでもない話です。

 

と言いました。

 

ラスタの肩を持とうと

言い訳をするエルギ公爵に

トゥアニア公爵夫人は

耐えきれなくなり

立ち上がると

 

教養がなく

礼儀さえもわきまえない

無礼な2人がいるので

耐えられません。

エルギ公爵、

教養のない人には

最低限のマナーを教えてから

連れて来るべきです

教養がないことより

無礼なことの方が

もっと悪い。

 

と言って、ティーパーティ

お開きにしました。

f:id:myuieri:20210722060255j:plain

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ナビエの誕生日を台無しにしたと

ソビエシュが謝った時

ナビエは、誕生日は毎年来るし

来年も誕生日はあると言いましたが

2人が一緒にナビエの誕生日を

迎えるのは

これが最後なのですよね。

 

そのシーンは出てきませんが

ソビエシュは、

ナビエの誕生日が来る度に

別宮でのやり取りを思い出し

後悔をするような気がします。

 

ラスタは、

分からないことを武器にして

トゥアニア公爵夫人を

攻撃しました。

25話でナビエが

心配していた通りに

なってしまいました。

 

貴族たちが

アレイシアの話をしていた時

原作では

トゥアニア公爵夫人が

アレイシアの近況について

話そうとしていましたが

ラスタの質問により

その話が中断してしまいました。

 

アレイシアが実際に

どこにいるのか

明らかに

なっていたのでしょうか。

彼女が

ブルーボヘアンにいることが

わかっていたら

話の展開も変わっていたのかもと

思いました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain