自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 30話 ネタバレ 原作 小説 マンガ 26話でカットされていたこと ラスタと一緒にトゥアニア公爵夫人の悪口

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

30話 20年以上社交界の蝶として君臨してきたトゥアニア公爵夫人は敵も多いのですが・・・

◇上出来◇

トゥアニア公爵夫人は

取り巻きが非常に多く

人気も評判も高かったので

彼女の敵は

悪口を言うことができませんでした。

 

けれども、彼らは

静かに過ごしながらも

トゥアニア公爵夫人の

悪口を言いたくて

仕方がありませんでした。

 

トゥアニア公爵夫人主催の

ティーパーティ

ラスタが彼女の前で

放った言葉が痛快だったので

トゥアニア公爵夫人の敵は

ラスタの応接室に集まり

笑いながら

 

ラスタさんの

トゥアニア公爵夫人への

言葉を聞いて、苦笑いをした。

 

側室は5人だけではない。

 

本当の社交界の女王は

皇后陛下なのに

自分こそが

女王だと言わんばかりだ。

 

と悪口を言って

大騒ぎをしました。

 

彼らにとってラスタは

トゥアニア公爵夫人の

悪口を言っても

社交界で無視されない

権力のある盾でした。

彼らは、

ラスタという盾の後ろに隠れて

不満を打ち明ければ

良いだけでした。

 

男女の貴族たちは

ラスタを挟んで3-4時間、

ひそひそ話をした後

さっぱりした顔で

立ち上がりました。

 

ラスタは

彼らが出て行くや否や

話には加わらず

距離を置いて、

彼らを見守っていた

エルギ公爵に近づき

感想を求めました。

 

彼はラスタを褒めて

これからは自分一人でやるように

言いました。

 

その後、エルギ公爵が

外へ出て行こうとするので

ラスタは付いて行こうと

しましたが

彼はラスタに

付いてこないように言いました。

 

f:id:myuieri:20210810062256j:plain

◇2人の関係◇ 

1年のうち少なくて4回、

多くて6回開かれる

一般市民も参加できる大衆舞踏会の

日程を決めるために

文化機関の館長と

話し合いをしている途中で

館長がトイレに行ったので

ナビエも業務室の外へ出て

少し回廊を歩くことにしました。

 

数歩歩いたところで

遠くない所にある柱に

エルギ公爵がもたれかかり

立っていました。

 

ナビエを3時間待っていたと言う

エルギ公爵に

彼女は、彼が自分を待つ用事が

何かあったかと考えました。

 

ナビエはエルギ公爵に

要件を訪ねると

エルギ公爵は

ハインリの親友なのに

 

ハインリは

自分のお気に入りの人には

自分の悪口を言う。

 

ハインリは

軽い部類の人間だ。

 

ハインリは二重人格で

笑いながら人を傷つける。

 

など彼の悪口を言いました。

 

ハインリとエルギ公爵は

親友なのに

なぜ、互いに相手の悪口を言うのか

ナビエは呆れました。

 

ナビエは、エルギ公爵に

 

あなたはハインリ王子の

一番の友達なのではないですか?

 

と尋ねると、エルギ公爵は

肯定し

 

ハインリがここへ自分を呼んだ、

彼が何年も前から立てていた・・・

 

と言葉を終える前に

誰かが壁を叩きました。

 

振り返ると

ソビエシュが斜めに立ったまま

エルギ公爵を睨んでいました。

 

また外国人だ。また外国人だ。

 

とソビエシュは呟いていました。

 

エルギ公爵は

ソビエシュに挨拶をすると

立ち去りました。

 

f:id:myuieri:20210810062455j:plain

◇嫉妬◇ 

彼が遠くへ行くや否や

ソビエシュはナビエに

皇后は外国人が好みなんだと

言いました。

 

最近少し静かだと思ったのに

またそんな想像を膨らませていると

ナビエは思いました。

 

ソビエシュは

エルギ公爵の後ろを指差しながら

口がうまいからと言って

いい男ではないと

ナビエに話しました。

 

エルギ公爵は

口がうまいわけではないと

思いましたが

それを訂正する代わりに

どんな男がいい男かと

ナビエは尋ねました。

 

良心があれば

自分とは言わないだろうと

思いましたが

ソビエシュには

良心がなかったようで

 

 

と答えました。

 

ナビエが眉をしかめて

ソビエシュを見つめると

彼は不満そうな顔で

視線をそむけて

ため息をつきました。

 

ナビエは

 

それでは私も

美しい国内の青年を調べてみます。

 

と言いました。

 

ソビエシュは

じっとナビエを見つめながら

 

そうか。

 

と小声で呟いた後

行ってしまいました。

 

ナビエはため息をつきました。

 

ソビエシュの頭の中は

見当もつかない。

自分がラスタを連れて来るのは

構わないが

皇帝夫妻が2人共

浮気したという話を

聞きたくないというのか。

 

とナビエは思いました。

 

そこへトイレに行っていた館長が

戻って来ました。

2人で業務室に戻りましたが

仕事に集中できず

翌日に、また話すことにしました。

 

館長が部屋を出て行った後

ナビエは一人、

がらんとした部屋の中で

腕を組んで座り

ぼんやりと紙の束を

見つめていました。

 

ソビエシュもソビエシュだけれど

ハインリ王子は何年も前から

何を立てていたのだろう?

計画?

 

ナビエはハインリに

聞いてみることにしました。

彼がエルギ公爵を呼んだのに

互いに相手を嘲笑うのも

おかしいと思いました。

f:id:myuieri:20210328065135j:plain

 

◇紅炎の星◇ 

ラスタが何度話しかけても

ソビエシュは

考え事をしていて

返事をしませんでした。

 

彼女がソビエシュの肩越しに

顔を出すと

驚いたソビエシュは

顔を横に向けました。

ラスタはソビエシュの頬に

軽くキスをして

抱きしめました。

 

ラスタはぷりぷりしながら

自分の話を聞いてくれないと

愛嬌のある声で訴えたので

ソビエシュは謝りました。

ラスタは

 

国事のためなら

仕方ないですよね。

 

と言いました。

しかし、ソビエシュは

首を横に振りました。

 

普段、ソビエシュは

昼の日課について

ラスタにすべて

話していませんでした。

気が向いたときは

話していたけれど

そうではないことの方が

多かったので

ラスタは、今回も何の考えもなく

先ほどの質問をしたのですが

ソビエシュは、いつもの

 

お前が気を遣うことではない。

 

という返事の代わりに

 

エルギ公爵は皇后とも親しいのか?

 

と質問してきました。

 

ラスタは、エルギ公爵は

皇后と親しくない。

彼は私の友達だと言いました。

 

ソビエシュの

 

皇后が誤解されないように

皇后の肩を持つのか?

 

の質問に、ラスタが


わかりましたか?

 

と両手で顔を包み

にっこり笑いながら答えた時に

ソビエシュは、

ラスタにプレゼントした指輪を

彼女がはめていないことを

指摘しました。

 

ラスタは、

清楚な外見とは裏腹に

彼女の指は

子供の頃の苦労のために

それほど、

きれいではありませんでした。

 

ソビエシュは両手を伸ばして

ラスタの荒れた指を包みました。

彼は、彼女に

 

赤い宝石が埋め込まれた

銀色の指輪を覚えているかと

尋ねました。

そして、その赤い宝石は

紅炎の星だと

付け加えました。

 

ラスタは、先日

ロテシュ子爵に渡した

3つの指輪を思い出しました。

その中に、

ソビエシュの言う指輪が

確かにありました。

宝石が一番小さいので

一番安い物だと思っていましたが

宝石に

名前までついているのをみると

かなり高価な指輪だと

思いました。

 

ソビエシュは、ラスタに

指輪が気に入らないのかと

尋ねました。

 

ラスタは、貴重な指輪を

よりによって一番嫌いな

ロテシュ子爵に渡したかと思うと

気持ちが悪くなり

顔が歪みました。

 

ソビエシュは

 

負担になると思って

言わなかったけれど

あの宝石には

魔法がかけられている。

短時間で効果は現れないけれど

ずっと付けていれば

少しずつ

傷跡が消える効果があるので

気に入らなくても

つけていなさい。

 

と言いました。

 

ラスタは

 

魔法がかけられているとは

思わなかったので

その指輪を

可哀そうな下女にあげてしまった。

ラスタが、

もう一つ欲しいと言ったら

わがままか。

 

と尋ねました。

 

今あるものは

皇后が持っているので

また手に入ったらあげると

答えました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

外国人であっても

国内の青年であっても

ナビエが自分以外の男性と

親しくするのが

ソビエシュは

気に入らないのですよね。

それがソビエシュの嫉妬だと

ナビエが気付かないのは

ハインリのようにソビエシュが

嫉妬をあからさまにしないで

遠回しに

言うからなのでしょうけれど・・・

 

ソビエシュは、

 

ナビエは自分以外の男性を

知らないから

わかっていないようだけれど

口がうまいからといって

いい男とは限らない

 

と言っていますが

ソビエシュも、

ナビエと母親と

他の貴族の女性しか知らないので

ラスタの

可愛くて可哀そうな外見に

騙されたのではないかと

思います。

ソビエシュの方が

見る目がないと思います。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain