自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 34話 ネタバレ 原作 小説 マンガ 30話、31話でカットされていたこと ラスタの愛と友情の定義

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

34話 ウィルウォルから戻ってきたナビエでしたが・・・

◇トゥアニア公爵夫人 vs

 エルギ公爵 

夕方、疲労回復に役立つ

バラの香りのバスソルト入りの

湯舟に浸かっていたナビエは

ウトウトしそうになりましたが

イライザ伯爵夫人から

トゥアニア公爵夫人が

他の令嬢と髪をつかみ合って

喧嘩したという話を聞いて

眠気が飛んでしまいました。

 

イライザ伯爵夫人は

エルギ公爵が

オペラハウスを貸し切って開いた

サプライズパーティで起こった

エルギ公爵とトゥアニア公爵夫人の

トラブルについて

詳しく話しました。

 

トゥアニア公爵夫人の

髪を引っ張った

エルギ公爵の元恋人は

首都から追放命令を受けた。

トゥアニア公爵夫人が

エルギ公爵を叩いた理由は

わからない、とのこと。

 

イライザ伯爵夫人は

このような事件は

毎年30回以上起こるので

心配しないようにと言いました。

 

ナビエもその通りだと思いました。

皇后の権力を使って

手を出すわけにはいかないので

聞き流すしかないし

人々が、このことについて

言及すれば

トゥアニア公爵夫人のプライドが

傷つくと思いました。

 

f:id:myuieri:20210131150550j:plain

◇どこかへ連れて行きたいの?

お風呂から上がり

バスローブを着たナビエは

侍女から冷たいお茶を

受け取ろうとすると

窓枠にぺちゃんこになった

クイーンがいるのに

気が付きました。

 

クイーンはいつもより

疲れている様子だったので

ナビエは

ハインリがクイーンを

ウィルウォルへ

連れて行ったのかと思いました。

 

けれども、ハインリが

クイーンを連れて行くなら

鳥かごに入れて

馬車に乗せるはずだと

思いました。

 

ナビエは

クイーンに水を飲ませると

鳥は元気を取り戻しました。

 

ナビエはクイーンを抱きしめて

額にキスをしようとすると

いつもなら人形のように固まって

おとなしくしているクイーンが

なぜかナビエを避けました。

 

びっくりしたナビエは

テーブルの上にいる

クイーンを見ると

鳥は何か悩んでいるように

見えました。

 

そして、ため息をつくと

ナビエのすぐ近くに来て

彼女の袖をくわえて

腕を上げさせ

しきりに羽ばたいて

飛び立とうと試みました。

 

ナビエは腕を抜こうとしたものの

クイーンは決して放さず

ずっと羽ばたいていましたが

疲れ果てて床に落ちました。

 

ナビエは、クイーンが

自分をどこかへ

連れて行きたいのかと思い

倒れたクイーンを抱き上げて

額にキスをしながら

道案内をしてくれれば

付いていくと

クイーンに伝えましたが

鳥はぐったりしたまま

返事をしませんでした。

 

その代わりに自分の翼を

人が手を見るように

確認した後、ため息をついて

外へ出て行きました。

 

ナビエはクイーンが

自分をハインリの所へ

連れて行こうとしたのかと

思いました。

f:id:myuieri:20210113051722j:plain

◇裏金

ナビエは本宮へ行き

2時間ほど仕事をすると

目が疲れて

まぶたがズキズキ痛んだので

外へ出ました。

すると、遠くない所に

ラスタがうずくまり

野草を見下ろしていました。

 

ドアの開く音を聞いたラスタが

ナビエに近づき挨拶をした後

 

自分がもらう品位維持費について

いくらもらえるのか?

いつからもらえるのか?

 

そして最後に

 

全て記録に残るのか?

 

とナビエに尋ねました。

 

ナビエは

 

毎年30000クランくらい。

来月初めから。

帳簿をつける必要があるから。

 

と答えました。

 

帳簿は記録として残り

未来の人々まで

読むことになることまでは

話しませんでした。

 

ナビエの返事を聞いた

ラスタは

お金の一部を別にもらい

帳簿に記録せずに

済ますことは可能か

尋ねました。

 

もしかして、

秘密のお金を作るつもりなのかと

ナビエは思いました。

 

もっともらうのではなく

元の金額を分けるのなら

良くないことだけれど

できないことでは

ありませんでした。

 

ラスタは、

 

お金の管理は

皇后が行っていると聞いた。

 

とナビエに言いました。

 

けれども、ナビエは

ラスタのお金の管理は

陛下がやっているので

彼に聞くようにと言いました。

f:id:myuieri:20210729173544j:plain

 ◇信頼できる人

エルギ公爵が

ラスタの部屋の中へ入ってきた時

彼女はパンパンに

膨れ上がった顔で

枕を抱きしめていました。

 

エルギ公爵をチラッと見ても

彼女の顔は変わりませんでした。

神秘的な銀色の髪を

そのまま垂らして

枕にぶら下がっているラスタは

プンプンしていても

ソビエシュが気に入るほど

美しい姿でした。

 

ラスタは皇后が冷たいと

エルギ公爵に訴えたので

彼は、何があったのかと

彼女に尋ねました。

 

ラスタはエルギ公爵の

顔色をうかがいました。

彼女は

二の足を踏んでいましたが

今、エルギ公爵は

ラスタが

一番信頼している人でした。

最も困難な時に助けてくれて

その後も多くの噂から

守ってくれた人でした。

 

結局、ラスタは

彼女がもらう

品位維持費の一部を

帳簿に付けないようにと

皇后に頼んだら

断られたことを

エルギ公爵に話しました。

 

何か欲しい物があれば

皇帝に頼めば良いと

エルギ公爵は話しましたが

ラスタは、

物が問題ではない、

品位維持費は

ラント男爵が

管理することになるので

それでは、自分が

自由に使えるお金がないに等しいと

エルギ公爵に訴えました。

 

彼は、

どうしてもお金が必要なら

自分が貸すと言いました。

 

ラスタは

 

エルギ公爵が

お金を貸してくれても

返す時にラント男爵に

知らせなければならないのなら

結局同じことではないか、

むしろお金を借りて

使ったことがわかれば

もっと怪しまれる。

 

と言いました。

 

エルギ公爵は

一生ラント男爵に任すことはなく

何年か経てば

ラスタ自身で管理できるだろうと

言いました。

 

ラスタも

お金の管理について

熱心によく学んで

ロテシュ子爵に

お金を渡していないところを

見せれば

1年か2年以内に

監視されなくなるかもしれないと

思いました。

 

エルギ公爵は

5年はお金を返せと要求しないと

借用書に書けば良いと

言いました。

その代わりに

条件があると言いました。

 

ラスタは利息かと尋ねました。

エルギ公爵は噴き出し、

友達の間で

利息は取らない

相場に合わせて

計算してくれれば良いと

言いました。

 

奴隷の中には

借金を返せなくて破産した人や

その人たちの家族もいました。

ラスタは高い利息で

お金を借りることが

どれだけ危険なのか

彼らから聞いて知っていたので

エルギ公爵が

利息を受け取らないと聞き

安心しました。

 

エルギ公爵は

ラスタが騙されたり

厄介なことに巻き込まれたら

止めるために

大金の使い道を

教えて欲しいと言いました。

 

ラスタは、

彼がすべてのことを知っても

助けてくれるのではと

期待を抱きました。

 

何の問題もない時であれば

あえて危険は冒しませんが

今のラスタには

自分を助けてくれる人が

すぐに、必ず必要でした。

 

彼女の状況を知りながら

同情をしてくれたのは

エルギ公爵だけでした。

 

ラスタが逃亡奴隷だと知っても

皇帝は受け入れてくれましたが

皇帝との間にあるのは愛で

エルギ公爵の間にあるのは

友情でした。

 

ラスタの秘密を知れば

愛は失望し

遠ざかるかもしれないけれど

友情は残念に思い

助け合うことができました。

 

ラスタは固唾を飲み込み

お金が必要な理由を

話し始めました。

 

f:id:myuieri:20210814111623j:plain

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ラスタに子供がいると聞いて

最初はショックを

受けるかもしれませんが

ラスタが正直に

赤ちゃんを産んだ経緯を

きちんと話せば

ソビエシュは彼女への同情から

ラスタを突き放すことは

なかったのではと思います。

 

奴隷だった時のことを

考えれば

なかなか人を信じることは

できないでしょうけれど

この時点であれば

ソビエシュに全幅の信頼を

寄せても大丈夫だったのではと

思います。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain