自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 第36話 マンガ 32話でカットされていたこと ラスタは人々を振り回せる敵

 

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

36話 ソビエシュの嘘にナビエは・・・

 ◇ソビエシュの嘘◇

なぜソビエシュが嘘をついたのか

ナビエはわかりませんでしたが

彼の嘘に

合わせることにしました。

 

ナビエを追い詰めていた

リルテアン大公は

すぐににやりと笑いながら

 

仲がおよろしいようで。

良かったです。

 

と言いました。

 

ラスタに惚れ込んでいた人たちは

きまり悪そうに目配せをし

ラスタの顔色は暗くなりました。

 

ナビエも、ソビエシュが

自分の味方をしてくれただけで

喜ぶのは嫌でした。

 

飲み物を1杯飲みながら

ソビエシュの方を見ましたが

彼が自分を見ていなかったので

どうして助けてくれたのか

聞くことができませんでした。

 

ナビエのそばにいた侍女たちは

次第に退屈になり

一人二人と四方へ

散らばりました。

 

皇帝の横に付いていた人たちも

音楽が鳴ると

舞台へ出て行きました。

 

意外にも、ラスタも

どこかへ行ってしまいました。

 

エルギ公爵の所へ

行くのかと思いましたが

彼は数日前に宮殿を出たまま

まだ帰って来ていないと

聞いていました。

 

それでは、人々と一緒に

遊びに行ったのだろうか?

 

ナビエは首を傾げていると

横から、ソビエシュが

 

どちらが真似をしたのか?

 

と尋ねてきました。

 

ナビエは逆に

 

どちらが真似をしたと思いますか?

 

と質問しました。

 

ソビエシュは、

どちらが真似をしても関係ないと

答えました。

 

ナビエは、

 

なぜ私の肩を持ったのか?

ラスタさんが寂しがりますよ。

 

と言いました。

 

ソビエシュは

 

それでも仕方がない。

皇后の対面を守ることは

皇室の対面を守ること。

誰の威信を立てるべきか

答えは明白だ。

 

と答えました。

 

ナビエは、

ソビエシュの返事に

混乱していた気持ちが

落ち着きました。

このような理由なら

かえって気が楽になりました。

f:id:myuieri:20210816044644j:plain

◇ラスタの企み◇

ナビエは正面を見ました。

仮面を被った人々が

楽しく踊っている中

歓呼の声が聞こえたので

そちらを見てみると

高いステージの真ん中で

ラスタが1人で

踊っていました。

 

軽やかに動く足、

その度に舞う銀髪が

光を放っていました。

星のように動く姿に

近くにいる人たちが

蛾のように

吸い寄せられていくのが

見えました。

 

ナビエは横を見ると

ソビエシュも嬉しそうに

ラスタを見ていたので

一緒に踊ったらどうかと

彼に提案しました。

 

この後、マンガ32話に描かれているナビエとソビエシュの言葉の応酬が始まります。

 

踊りを終えて

舞台から降りて来たラスタは

皇帝を眺めているうちに

顔を曇らせました。

 

深刻な表情で

ナビエとソビエシュが

膝を突き合わせて

話しているのを見て 

何か仕事の話を

しているのかと思いました。

 

ソビエシュはラスタに

決して国政について

話をしないので

時々不安になることが

ありました。

 

その上、

赤ちゃんのことを調べに

リムウェルに行ったエルギ公爵から

連絡一つないので

いっそう不安が大きくなり

踊りたいという気持ちも

萎えてしまったラスタは

遠くでトゥアニア公爵が

1人で酒を飲んでいるのを

発見しました。

 

社交界の花である夫人とは違い

彼は人づきあいが

良くないようでした。

ラスタは彼に近づきました。

◇嫉妬しないソビエシュ◇ 

ソビエシュと言い争いをして

疲れたので

ナビエはケーキを食べ

ソビエシュはワインを飲みました。

 

再び音楽が流れ

人々は先ほどと

パートナーを変えて

踊り始めました。

 

ナビエとソビエシュは

格式張るために

ずっと高座に

座っていなければならないので

大衆舞踏会で

一番つまらない思いをしていると

ナビエは思いました。

 

ソビエシュも

見ているだけなのが退屈そうで

倦怠感を隠すことなく

あちこち見回していましたが

ふと彼の視線が

1か所に止まりました。

ラスタがトゥアニア公爵と2人で

笑って話をしていました。

 

トゥアニア公爵も

ラスタに話しかけられるのが

嬉しいのか

しきりに笑いこけていました。

 

ソビエシュが嫉妬するのでは?

 

とナビエは思いましたが

彼は平然と下男に

空のワイングラスを

返していました。

 

嫉妬しないの?

 

ソビエシュは

平気な顔をしていました。

 

愛する恋人が

他の男と笑って騒いでいても

構わないの?

それほど嫉妬は

しないということ?

それだけ信頼があるということか。

ソビエシュの反応なんて

重要でない。

どのみち、二人の問題だし。

 

ナビエはソビエシュの反応を

観察するのもおかしいと思い

再びケーキを食べていると

ハインリがやって来て

自分はダンスが下手なので

一緒にいてもいいかと

ナビエに尋ねました。

 

するとソビエシュは

 

どうして?

よく遊びまわっているくせに。

 

と皮肉を言いました。

 

ハインリはソビエシュに

挨拶をしましたが

彼は冷たい表情を

するだけでした。

 

嫉妬はしないけれど

自分の女をいじめた人は

嫌いだということね。

 

とナビエは思いました。

 

f:id:myuieri:20210816045328j:plain

◇離婚通告◇ 

宮殿に戻るや否や

ナビエは副官に

自分とラスタのドレスが

同じだったことを話し

誰が情報を流出させたか

調べるように指示しました。

 

けれども、

ナビエがどんなドレスを着るかは

秘密にしていませんでした。

 

彼女とドレスが

一緒にならないように

あらかじめ、

情報を入手しようとする

貴婦人もいたので

たとえ誰かが

情報を流出させたとしても

悪い意図かどうかは

曖昧でした。

 

多くの貴婦人や令嬢が

ナビエのドレスについて

聞きに来ていたとのことで

3日経っても

犯人を特定することは

できませんでした。

 

そして、その日の夕方

ローラは

友達のアリシュテの

誕生パーティから

慌てて帰って来たかと思うと

トゥアニア公爵が夫人に

離婚を通告したことを

話しました。

 

その原因は、

 

子供が実は兄の子ではないかと

疑っていること、

そしてエルギ公爵との間に

何かあったから

女性と髪のつかみ合いの

喧嘩をしたと

難癖をつけているとのこと

 

でした。

 

トゥアニア公爵夫人は

結婚前の過ちで

子供が生まれたのに

結婚してからは

一度も妊娠していませんでした。

もしかしたら、

トゥアニア公爵は不能かもと

侍女が言いました。

 

マリアン卿と

トゥアニア公爵夫人の

事件については

ナビエが

とても幼い頃のことなので

当時の騒ぎについて

何も知りませんでした。

 

先代の皇后陛下

付いて回ったので

ナビエは人より早く

社交界にデビューしましたが

すでに、その話をする人は

いませんでした。

 

それなのになぜ

10年以上も経った今になって

その話が出てくるのか

ナビエはおかしいと思いました。

 

ナビエは最近の

ラスタとエルギ公爵の様子から

彼女が関係しているのではないかと

疑いました。

 

気になったナビエは侍女たちに

なぜ急にトゥアニア公爵が

その問題を暴き出そうとしたのか

調べて欲しいと頼みました。

 

他に積極的に

情報操作をしていない限り

ラスタがトゥアニア公爵の

不安を煽っただけで

罰を下すわけには

いきませんでした。

それでも、知っておいて

悪いことはないと

ナビエは思いました。

 

もしもラスタが前面に出て

やったことなら

彼女を単に

逃亡奴隷出身の側室、

顔も見たくない、

話も聞きたくない側室とだけ

考えてはいけない、

彼女に社交界を牛耳る資質があり

世論をまとめる能力がある、

人々を振り回せる敵は

警戒しなければと

ナビエは思いました。

 

しかし、その4日後

侍女たちが

トゥアニア公爵の本音を知る前に

ランドレ子爵がラスタを

ナイフで刺したという知らせが

入りました。 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ソビエシュは

ラスタへの同情を

愛と錯覚しているのかなと

思います。

 

ラスタが可哀そうな時は

保護本能が芽生えて

必至で彼女を守ろうとするけれど

そうでない時は

特に何も感じない。

嫉妬もしない。

 

そして、

ハインリに奪われるまで

気付かなかったけれど

ソビエシュが

本当に愛しているのは

ナビエだけ。

だから、

彼女に男性が近づくと嫉妬する。

 

ソビエシュが

本当の自分の気持ちに

気付いていたら

ナビエを失うことは

なかったのにと思います。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain