自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 37話 ネタバレ 原作 小説 マンガ 33話でカットされていたこと ハインリの心臓がドキドキするのは健康だから

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

37話 ランドレ子爵がラスタを刺したという知らせが入りました。

◇ ラスタが刺された◇

ラスタが刺された時に

ちょうどエルギ公爵が

やって来たので

ランドレ子爵は

その場で取り押さえられた。

彼は捕まった時、

ラスタがトゥアニア公爵夫人を

陥れたと叫んでいた。

 

とナビエは侍女から

話を聞きました。

 

侍女は

ナビエの顔を窺いながら

 

前に、皇后陛下

突然、トゥアニア公爵夫人の

話をされて

びっくりしましたが

本当に何かあるのでしょうか?

 

と尋ねました。

 

全く違う状況に置かれた2人が

同じことを考えていたのなら

何かあるのではと

ナビエは思いました。

 

f:id:myuieri:20210522073348j:plain


◇ラスタの妊娠◇

宮医の診察が

なかなか終わらないので

ソビエシュは

イライラしていました。

部屋の中を

ぐるぐる歩き回っていると

エルギ公爵と向き合ったので

ソビエシュは彼に

ラスタを助けてくれたお礼を

言いました。

 

そして、また

ぐるぐる歩き回り出した

ソビエシュを

エルギ公爵は

妙な目で眺めていました。

ソビエシュは、それに

気付いていませんでした。

 

エルギ公爵は

確かにラスタを助けたけれども

遅い時間に、他の男が

恋人の部屋を訪ねて来たのに

それを平気に思っている

ソビエシュのことを

不思議に思いました。

 

驚くべきことなのか、

それとも・・・

 

しかし、その考えは

宮医の

 

やっぱり!

 

の声で遮られました。

 

宮医は、ソビエシュが

ラスタを連れて来た後

妊娠したようだと

彼女の懐妊を告げました。

 

f:id:myuieri:20210323052454j:plain

◇100の慰めの言葉より◇

翌朝、

本宮へ行く準備をしていると

鏡の向こうに

深刻な顔をしている

イライザ伯爵夫人の顔が

見えました。

 

ナビエは彼女を心配すると

 

色々気になっています。

 

と答えました。

 

ランドレ子爵はどうなるのか

そんなことをするなんて

信じられない.

 

と心配しているローラに

ナビエは、

よく調べるから心配しないようにと

安心させました。

 

その時、ソビエシュがやって来て

ラスタが妊娠したことを

ナビエに告げました。

 

おめでとうとは言えないと言う

ナビエを、ソビエシュは

とてもひどいという目で

見ましたが

やはり、おめでとうとは

言えませんでした。

 

ソビエシュは

 

皇后の祝福は求めない。

皇族とは認められないけれど

私の第一子なので

子供を産んだ、

他の側室と同じくらい

来月からラスタにあげる

品位維持費を増やして欲しい。

 

とナビエに伝えました。

 

ナビエの心臓は

ドキドキしていましたが

異常なほど

冷たい顔をしていました。

おそらく今の自分の顔は

非常に冷静に見えるだろうと

ナビエは思いました。

 

ソビエシュは

ラスタの命に別状はないと

話しましたが

ナビエは返事をしませんでした。

じっと口をつぐんだまま

ソビエシュではなく

ソファーを見て

その花と葉の数を数えていました。

 

ソビエシュは

重いため息をつきましたが

ナビエは振り返りませんでした。

ソビエシュが出て行った後も

そこに立っていました。

 

そのまま、しばらく

ぼーっとしていると

クイーンが口をぽかんと開けて

窓枠に立っているのが見えました。

窓は開いていたのに

クイーンはナビエが気付くまで

待っていたようでした。

 

クイーンに近づくと

鳥は飛んできたので

ナビエはクイーンを抱きしめ

羽の間に顔を埋めました。

 

クイーンの心臓の鼓動が

聞こえました。

 

クイーンは大きな翼で

できるだけナビエを

包み込んでくれました。

 

クイーンの抱擁は

100の慰めの言葉より

ずっと良いと

ナビエは思いました。

f:id:myuieri:20210202051226j:plain

 

数時間経つと

ラスタの懐妊の噂は

急速に広まりました。

 

仕事のために本宮へ行くと

ナビエの顔色を

窺っている人たちがいました。

 

ラスタの赤ちゃんの

話をしている時に

ナビエが通り過ぎると

多くの人が

急に口をつぐみました。

 

ナビエは、

夕食の時間になるとすぐに

働いていた人たちを帰しました。

 

動揺していないことを示すために

数時間、顔の筋肉に

力を入れていたので

自分が流されていない姿を

見せるのに成功したものの

顔の筋肉が疲労していました。

 

ショックだったので

感情的な反応は

出なかったものの

ラスタの赤ちゃんが生まれたら

どうすべきか心配でした。

 

先代の皇后陛下

側室の子供に対して

他人事のように接していました。

その一方で

とりわけ仲の悪い

側室の子供たちには

冷たく接していました。

 

容易なことではないと

ナビエは思いました。

 

人は子供に弱い。

ソビエシュもラスタも

大変美しいので

高い確率で

生まれてくる子も

妖精のように可愛らしいと

思いました。

 

皇帝の第一子

可愛い容姿

赤ちゃん・・・

 

人々はすぐに

夢中になると思いました。

そのような子に冷たくしたら

自分のイメージが

悪くなる確率が高いと

ナビエは思いました。

 

冷淡な自分を見て

人々は

 

あの子に何の罪があるの?

 

と言うだろう。

 

そして、その子が成長して

驕慢なことを

考えないようにするには

年の差が開く前に

自分自身も正統性のある子を

産まなければなりませんでした。

 

ナビエは部屋に到着すると

ソファーの上に横たわったまま

深呼吸をしました。

プレッシャーに全身が

圧し潰されそうでした。

 

その時、ハインリがナビエを

訪ねてきました。

彼は

秘密の友達になってからも

これ見よがしに

ナビエの部屋を

訪ねてくることは

ありませんでした。

外で偶然会った時に挨拶をして

話をするだけで

クイーンが心配になった時

ナビエがハインリの部屋を

訪ねただけでした。

 

そんな彼が直接来たので

何か急用があるのだと

思いました。

 

ナビエは急いで応接室へ行くと

ほぼ同時に

ハインリも中へ入って来ました。

そしてナビエに近づくと

ナビエを抱きしめるかのように

両腕を広げましたが

腕を宙に浮かせたまま

困惑した表情で

 

慰めたいと思って来ましたが

友人同士では

慰めの抱擁もできないでしょうか?

 

と尋ねました。

ナビエは、自分を慰めるために

ハインリが

駆けつけて来てくれたと思うと

安堵と感謝の気持ちが

同時に出てきました。

 

ナビエが抱擁を許可すると

ハインリはナビエを

ギュっと抱きしめました。

 

彼の肩はがっしりしていて広くて

頼りやすい形をしていました。

そして、しばらく額を付けていると

クイーンの香りがしました。

クイーンが抱きしめてくれた時も

気が楽になりましたが

ハインリの懐は

クイーンよりも大きかったので

彼に全身を抱きしめられると

保護されたような気分になりました。

 

すべて大丈夫だと

彼が言ってくれているようでした。

馴染みのある香りと慣れない懐で

落ち着かなかった気持ちが

驚くほど平和になりました。

 

触れ合った身体から感じられる

彼の心臓の鼓動さえ

安定感を与えました。

健康だからなのか

彼の心音は非常に大きく早く

感じられました。

 

ハインリは

自分は本当にダメな男だ。

クイーンが悲しんでいると思って

慰めに来たけれど

悪いことを考えてしまう。

 

と言いました。

 

私がくっつき過ぎましたか?

 

とナビエが言うと

ハインリは、

そういう意味ではないと

首筋まで赤くなりながら

あれこれと弁解し

もう死にたいとでも

言うかのように

両手で自分の目を覆い

 

墓穴を掘ってしまった。

 

と苦しそうに言いました。

 

ナビエは思わず笑いました。

ハインリは

クイーンが笑ってくれて

嬉しいと言って笑いました。


淡い金色のまつげの間から

紫色の瞳が見えました。

いつ見ても美しい瞳でした。

 

ハインリ王子が女性なら

陛下が恋をしたと思う。

目がとてもきれいです。

 

とナビエは言いました。

 

ハインリは、自分が女性なら

ナビエの侍女になると

1日中、一緒にいられるから。

 

と言いました。

赤ちゃんの話を聞いて

混乱していたナビエの心が

ハインリのおかげで

落ち着いてきましたが

彼が帰ってしまえば

また心が乱れると

ナビエは思いました。

f:id:myuieri:20210818052510j:plain

 

ハインリと

クイーンの話をしている時

イライザ伯爵夫人が

トゥアニア公爵夫人の

来訪を告げました。

彼女とは仲が良かったものの

侍女でない貴婦人が

招待もなしに

ナビエを訪ねてくることは

ありませんでした。

 

私に何かお願いでもあるのか?

 

トゥアニア公爵夫人を中へ通すと

彼女の目尻は濡れていました。

ハインリは

自分が聞く話でないと思い

部屋を出て行きました。

 

トゥアニア公爵夫人は

ランドレ子爵を助けて欲しいと

声を絞り出して言いました。 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ハインリがナビエを慰めるために

彼女を抱きしめるシーンが

大好きです。

マンガで読んだ時は

ナビエの心臓が

ドキドキしていると思いましたが

ハインリの心臓の音を

ナビエが

聞いているシーンだったのですね。

 

ハインリはナビエを

抱きしめているので

心臓が

ドキドキしていると思うのですが

それを健康だからと考える

ナビエは

あまり恋というものを

知らないせいかと思いました。

 

この後も

ハインリが

ナビエを抱きしめるシーンが

何度も出てきますが

この時からハインリの懐は

ナビエの安心できる場所と

なったのでしょうね。 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain