自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 43話 ネタバレ 原作 小説 マンガ 38話、39話でカットされていたこと カフメン大公の魔法で騎士が倒れた

 

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

43話、カフメン大公がソビエシュの顔を殴ってしまいました。

 ◇争いと常識◇

ソビエシュは

少しよろめいたものの

反動を利用して

カフメン大公を殴ろうとしました。

彼は手でソビエシュの拳を

防ぎましたが

眉間にシワを寄せました。

拳を防ぎながら

指が2本後ろに折れました。

 

ナビエは2人の間に入り

彼らを止めました。

 

ソビエシュは剣術にも

基本的な体術にも精通していたので

研究に、

より多くの時間を費やしている

魔法使いのカフメン大公と

殴り合いをすれば

どちらが勝つかは

決まっていましたが

いずれが勝つにしても問題でした。

 

幸いなことに、

2人は互いに睨み合いながら

後退しました。

 

遅れてやって来た

侍従と騎士たちが

カフメン大公を取り囲み

彼に向かって剣を向けました。

 

ナビエは、剣を下ろすように

命じましたが

皇帝の安全を最優先する騎士たちは

ナビエの命令を聞きませんでした。

 

ソビエシュが低い声で

剣を下ろすように呟くと

騎士たちは命令に従いましたが

剣を鞘に納めず

いつでも攻撃できるように

カフメン大公の動きを

注視していました。

 

このような雰囲気の中でも

カフメン大公は依然として不愛想で

余裕で手を広げると

 

ご心配なく。

私の専門は魔法なので

この距離からも攻撃できます。

 

と言いました。

 

その言葉に驚いた騎士たちは

カフメン大公との距離を縮めました。

すると騎士の一人の足元で

電気のようなものが

白い光を出しました。

騎士は驚いて後ろに下がると

倒れてしまいました。

 

カフメン大公は手を広げたり

握ったりを繰り返しながら

騎士たちを冷たい目で

睨みつけました。

彼の拳の上で白く鋭い光が

ブーンと音を立てていました。

カフメン大公は

電気系の魔法が得意なようでした。

 

カフメン大公の恐ろしい声と姿に

騎士たちはうろたえました。

死を覚悟して飛び込むには

相手の立場が気になるようでした。

 

下ろせと言った。

 

ソビエシュが舌打ちをして

手を振ると

騎士たちは剣を下へ向けました。

 

ソビエシュはカフメン大公を

恐れている様子はなく

鋭い視線で彼を見ながら

 

少なくとも大公は

皇后に気があるようだ。

 

と嘲笑うように言いました。

 

カフメン大公は

 

人の心があるのか?

不倫相手とその赤ちゃんに

優しくしろと言うことが

人の常識か?

 

と尋ねました。

 

ラスタは不倫相手ではなく

公式的な側室だと

ソビエシュが反論すると

カフメン大公は

側室を正式に承認したのは

皇后陛下ではないと

言いました。

 

ソビエシュは、火大陸に

ハーレムの文化があることを

知っていたので

 

ルイフトの皇帝は

政略結婚の相手でも

1人の女性だけを一途に愛するのか?

それなら文化の違いだと思い

理解する。

 

と皮肉を言いました。

カフメン大公は眉間に

シワを寄せました。

 

ソビエシュは

 

大公がどのような感情で

こんなことをしたかわからないが

感情に流されて

問題を起こす人のようだから

本当に信頼できない。

大公にも面子があるだろうから

牢獄には入れないけれど

交易のことは考え直させてもらう。

 

と言いました。

 

ソビエシュと部下たちが去った後

ナビエとカフメン大公と

アルティナ卿だけが

残りました。

 

ナビエはすまないと思って

カフメン大公を見上げると

彼は、

 

申し訳ないと思う必要はありません。

とっさの感情に勝てなかった

私の失策です。

 

と言いました。

f:id:myuieri:20210825054414j:plain

◇兄の危篤◇ 

ハインリはマッケナに

どうしたのかと尋ねました。

 

ハインリは

あの状況で呼ばれたら

自分が逃げたような気がして

気分が悪くなりましたが

よほどのことがない限り

マッケナは

自分を呼ぶことはないので

素直についてきました。

 

マッケナは信書を

ハインリに渡しました。

その中には、

兄のウォートン3世が危篤なので

そろそろ帰ってくるようにと

書かれていました。

ハインリは重いため息をつきました。

 

ハインリは、


あの方と結婚できる確率は

どのくらいだろうか

 

とマッケナに尋ねました。

 

マッケナが質問を聞き返すと

彼は何でもないと答えました。

f:id:myuieri:20210218141942j:plain

◇元気のないクイーン◇ 

カフメン大公は

自分の失策だから

気にしないようにと

ナビエに伝えましたが

ルイフトとの国交責任者は

ナビエなので

気にしないわけにはいきませんでした。

 

ナビエはソビエシュにも

怒りを冷やす時間が必要だと思い

彼を訪れるのは

翌日にすることにしました。

 

ナビエは部屋へ戻るとすぐに、

ソビエシュとカフメン大公が

ナビエを挟んで戦ったのは

本当かと

ローラに聞かれました。

 

それと同時に

イライザ伯爵夫人は

ナビエが夕食を済ませたかどうか

尋ねました。

 

ローラには

少し誤解があっただけと伝え

イライザ伯爵夫人には

食欲がないので

スープだけいただくと答えました。

 

ローラとは彼女が満足のいくまで

おしゃべりをしました。

 

その後、ローラはため息をつきながら

 

カフメン大公が

皇后陛下のことを

好きになってくれたら嬉しい。

そうすれば皇帝陛下も

皇后陛下の大切さに

気づいてくださるでしょう。

 

と呟きました。

 

ハインリが急いで帰ったことから

その夜、

彼が手紙を送ってくれるかもと

ナビエは考えていましたが

手紙は来ませんでした。

 

ただ寝る前にクイーンが

やって来ました。

クイーンは、

いつもより暗い目で

ナビエをじっと見つめました。

 

ナビエは

 

どうしたの?

 

と言ってクイーンの頭を撫でると

クックッと力なく鳴いた後

飛んで行きました。

f:id:myuieri:20210825055246j:plain

◇国の利益か愛か◇

翌日、ナビエは朝食を取った後

カレンダーとスケジュール表を

確認しました。

 

その日は、

予定がびっしり詰まっていて

仕事の合間や遅い時間に

ソビエシュに会いに行けば

ピリピリしそうでした。

 

ナビエは、考えた末

彼が本宮へ行く前に

東宮を訪ねました。

 

そして、前日、ソビエシュが

ルイフトとの取引を

考え直すと言ったのは本当かと

確認した後

ナビエは、

ルイフトとの交易の利点を話し

交易の話を進めるように

説得しました。

けれども、ソビエシュは

それに応じませんでした。

 

ソビエシュはナビエに背を向けて

鏡に映るナビエを見つめていました。

彼女も彼を凝視しました。

 

ソビエシュは、前日

自分が殴られたのに

心配もしてくれないと言いました。

 

ナビエが

 

大丈夫ですか?

 

と即座に尋ねると

ソビエシュは鼻で笑いました。

そして、

 

皇后の言う利益は

東大帝国が求める利益なのか

それとも、あなたが望む愛なのか?

 

と尋ねました。

 

そして、ナビエの方を向き

彼女に近づきました。

ナビエはソビエシュと

視線を合わせると

彼の黒い瞳いっぱいに

得たいの知れない感情が

チラついているのが分かりました。

 

そして徹底的に練習をしたせいか

彼の瞳に

無表情で立っているナビエの姿が

映っていました。

彼女は困惑しているのに

ソビエシュの目に

映し出された自分は

冷たく見えました。

 

どちらだろう、皇后?

 

と言ってソビエシュは

ゆっくりと手を上げ

ナビエの髪を耳の後ろに

やりました。

 

ナビエは視線を避けて

自分が言いたかったことを

言いました。

 

陛下は誤解しています。

でも、

たとえ私が

愛を求めていたとしても

おかしいですよね。

堂々と側室を連れて来て

パーティの間中

ずっと一緒にいた陛下が

なぜ私の恋を執拗に邪魔するのか

わかりません。

こういうことは

私にじゃなくて

ラスタさんにだけやってください。

 

ナビエの言葉が終わるや否や

ソビエシュは近くのテーブルを

ドンと叩き

 

どうしてそんなことが

言えますか?

側室は側室であり

皇后はあなたです。

 

と叫びました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

マンガで

ソビエシュとカフメン大公の

対峙のシーンは、

間にハインリのシーンが入り

38話と39話に分かれて

掲載されていますが

原作では、続けて書かれています。

 

そして、マンガ38話で

ハインリが、

彼女に興味を持ち始めたのは・・

のシーンは

原作では16話で描かれています。

 

ローラの言葉は

半分当たっていたと思います。

ただ、他の男性がナビエのことを

好きになっただけでは

やきもちを焼く程度で

済んでしまいました。

 

ナビエが他の男性の妻になり

彼女を失って、

ようやく、彼女の大切さに

気付きましたが

時すでに遅しでした。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain