自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 52話 ネタバレ 原作 小説 マンガ 47話、48話でカットされていたこと ナビエを無視するソビエシュ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

52話 コシャールはパルアン侯爵に中絶薬を手に入れるように頼みましたが・・・

◇お妃候補◇

12番目の王妃候補の

マレーニが訪れた時

ハインリはベッドに座り

自分の財産目録を

チェックしていました。

 

マッケナは1日に1-2回の割合で

家柄がよく賢い令嬢たちを

ハインリに会わせましたが

彼は、彼女たちの誰にも

関心がありませんでした。

 

ハインリは、マッケナに

 

もう止めてもいいのでは?

必ずしも1-2年以内に

結婚する必要はない。

 

と言いましたが

 

彼は、

 

陛下が王妃様を迎えるまで

やめられない。

早ければ早いほどいい。

 

と反論しました。

 

世代交代が起きる時は

色々な変化がもたらされます。

この時、しばらくは

人々も変化に対して心を開くので

王妃が宮廷の様々な大小事を

自分のやり方で変えるのは

この時期が最適で、

これを逃すと

大変なことになります。

 

現にハインリのそばには

先代王妃のクリスタがいたし

宮廷人は

彼女のやり方に慣れていたので

ハインリが王になった後も

クリスタのやり方で宮廷が流れ

この方式が、

長い間定着してしまったら

新しい王妃が

自分のやり方で宮廷を変える時に

困ることになります。

 

マッケナは、

この点を心配していました。

 

ハインリは

 

断るにしても

ちゃんと顔を見ないと。

訳もなく

恨みを買う必要はないから。

 

と言って、マッケナと共に

マレーニのいる

応接室へ向かいました。

その途中で、ハインリは

新しい騎士の爵位を作ることを

マッケナに話しました。

f:id:myuieri:20210704054940j:plain

◇女の言い争い◇

応接室の近くまで行くと

中で鋭い声が行き交っていました

ハインリは忍び足で

ドアの隅に近づきました。

 

クリスタ様は

もう王妃ではない。

 

その地位は空席だけれど

そこに一番近いのは私。

 

いいえ、クリスタ様は

その席から一番遠い。

なぜなら、貴族の中で

その席に座れないのは

クリスタ様だけだから。

 

新しい王妃が来るまで

誰も私にそんなことは言えない。

私がその地位から退いても

私は先代の王妃なので

マレーニさんは

そんなことを言うべきではない。

 

最初にやって来た時に

あらゆる命令をしたのは

クリスタ様だ。

 

私の家に来た人に

言う言葉だった。

 

ここはクリスタ様の家では

ないでしょう?

クリスタ様は王の母親ではないし

年も若いし

ずっと王宮で過ごせば

その後、王妃になる人が不便。

今みたいに、

王妃のように話をするから。

昔の事例を見ても、先代王妃様は

コンプシャーの大邸宅へ行って

過ごした。それが慣例。

 

クリスタとマレーニが

口論していました。

 

西王国は先代王の死後に

王座を継ぐため

先代の王妃に関する職責を

別に置いていませんでした。

 

先代王妃が王の母親であれば

自然に、

王以上に敬われるけれど

王の母親でない場合

先代王妃に権力が分散されるのを

防ぐためでした。

 

ハインリの兄が遺言で

妻を頼むと言ったのは

この制度のためでした。

権力の頂上にいた人が

退く過程で生じる衝突を

憂慮したからでした。

 

マッケナは

 

クリスタ様の所へ

行ってしまっている権力を

取り戻すには

このくらいの度胸がないと。

 

と言うと、

ハインリは返事をせずに

ドアをノックしました。

ドアの向こうは

たちまち静かになりました。

 

ハインリを見た

クリスタとマレーニは

恥ずかしそうにしていました。

 

マッケナは、

ハインリとマレーニを

2人だけにしようとして

クリスタに目配せをしました。

 

けれども、ハインリは

クリスタが応接室を出て行く前に

先ほどのマレーニの言葉の

後ろの部分を全部聞いていたと

告げました。

 

マレーニは驚いて目を丸くしました。

クリスタもさほど

変わらない表情をしていました。

 

ハインリは

 

十分、現実的な悩みだけれど

あなたが心配することではない。

 

とマレーニに言いました。

それとなく

クリスタの肩を持つ言葉でした。

 

マレーニは

ニコッと笑って挨拶をした後

帰りました。

クリスタもきまりが悪くなり

席を外しました。

f:id:myuieri:20210109053611j:plain

◇王妃になって欲しい◇

マッケナは、

十分王妃の資質を備えた

12番目の王妃候補を

5分も話をしないで帰したことが

気に入らないようでした。

 

ハインリは、

自分の心の中からナビエを

追い出すことができないのを

マッケナは知っていながら

令嬢たちを呼ぶのは

彼女たちに悪いと言いました。

 

戴冠式の準備や制度の整備など

できることからやろうという

ハインリにマッケナは

 

あの方を王妃として迎えるとなると

戦争は避けられないし

戦争をして連れて来た王妃を

歓迎する国民はいない。

 

と言いました。

 

ハインリは返事をしませんでした。

彼は寝室に入ると

紙とペンを取り出しました。

 

クイーンに

私の王妃になって欲しいです。

マッケナは王妃探しを急かしますが

簡単ではないです。

クイーンが西王国の王妃に

なってくだっさたら

どんなに嬉しいか。

 

ナビエは

久しぶりに青い鳥が持ってきた

ハインリの手紙を読んでいる時

隣で手紙を読んでいた青い鳥が

羽をぱっと広げて身体をブルブル

震わせました。

 

具合でも悪いのかと思い

青い鳥を見ると

とても怒った顔をしていました。

 

大丈夫?

 

とナビエが聞くと

鳥は開いた羽を閉じて

静かなふりをして

チュンチュン鳴きました。

 

クイーンもお前も不思議。

まるで人間のようね。

ハインリ王子は

賢い鳥ばかり飼っているのね。

 

と言ってから、

今は王子ではないと

ナビエは思いました。

けれども、ハインリ王と呼ぶには

とてもぎこちなさを感じました。

 

ナビエは青い鳥のくちばしに

触れようとすると

鳥は、さっと避けました。

 

賢いのは確かだけれど

クイーンとは随分違うのね。

 

とナビエは言いました。


その他、手紙には

ナビエに戴冠式に来て欲しいと

書かれていました。

ナビエは、戴冠式の日付と

カレンダーを見て

日程調整すれば、

行けるかもと思いました。

けれども、

行けると返事に書きながら

事情で行けなくなると困るので

できるだけ行けるように

日程を調整しますと書きました。

 

青い鳥の足に手紙を結び

 

よろしく伝えてね。

 

と言って、反射的に

青い鳥の頭をなでようとすると

鳥は、再びナビエの手を避けました。

 

ナビエは照れくさそうに

手を下ろすと

鳥はすまないと言っているように

翼を何回かバタバタさせた後

窓の外へ飛んでいきました。

f:id:myuieri:20210113172025j:plain

◇堕胎薬◇

ナビエは鳥が見えなくなるまで

窓際に立っていました。

 

久しぶりにハインリと

手紙のやり取りをしたせいか

数か月前の

ラスタが来たばかりで

特に心を痛めていたけれど

友達が近くにいた時のことを

かすかな夢のように浮かびました。

 

寒くなって窓を閉めようとした時

応接室で侍女たちが

ナビエを探す声が聞こえてきました。

 

部屋へ入っていいと

彼女たちに伝えると

皆、まなざしがギラギラして

興奮した様子で

ラスタの食事に

堕胎薬が混ざっていたことを

皇帝が発見したと伝えました。

 

どうして、

ソビエシュが気付いたのか

ナビエはわかりませんでした。

 

そして、

今回は事前に気が付いたけれども

すでに微量ずつ、数回食べた。

ラスタは無事で

赤ちゃんは身体が弱ったようだけれど

大丈夫だと、報告を受けました。

 

ナビエは、ふと、

ラスタに薬を飲ませたのは

自分に近い人間ではないかと

思いました。

ラスタの赤ちゃんを殺して

他に利益を得る人はいませんでした。

 

ソビエシュも

赤ちゃんがいなくなれば

皇后が得だと思っているかと思うと

イライラしました。

 

ソビエシュは、ラスタが来てから

不満があればナビエを呼び出したり

彼が訪ねてきて、

暴言を浴びせたことを

思い出しました。

今回も、そうしないはずはないと

ナビエは思いました。

 

ナビエは、

ソビエシュが自分を呼んで

ひどいことを言っても

傷つかないようにと

自分に言い聞かせました。

 

けれどもソビエシュは

一緒に食事をする日まで

ナビエを呼びませんでした。

f:id:myuieri:20210113051722j:plain

◇無視◇

ソビエシュは

今日は食事をしたくないとか

会いたくないとか

忙しいという言葉を

伝えてこなかったので

ナビエは仕方なく

夕食の時間に東宮へ行きました。

 

ナビエは、

ソビエシュの寝室の前で

待機していた侍従に

自分が来たことを

ソビエシュに

知らせるように命じたところ

中へ入った侍従は戻ってくると

困った顔で

 

皇帝陛下は何も言いません。

 

とナビエに伝えました。

 

侍従の話では

帰れともいわないとのこと。

 

彼は申し訳なさそうに

ナビエの顔をうかがいました。

 

ナビエはもう一度

侍従に自分が来たことを

ソビエシュに知らせるように

命じましたが

しばらくして戻って来た侍従は

泣きそうな顔で

やはりソビエシュは何も言わないと

ナビエに伝えました。

 

ドアの前に立っていた2人の騎士が

焦燥感を露わにしていました。

 

ナビエは目を細めて

ソビエシュの寝室の扉を

指差しました。

 

すでにやっていたのね。

 

ソビエシュは、

ナビエを呼んで

小言を言うのではなく

無視するつもりだということが

わかりました。

 

ナビエはため息をつきました。

f:id:myuieri:20210908195513j:plain

 

◇神経戦◇

西王国の戴冠式問題について

相談するためにやって来た

カルル侯爵は

ソビエシュが一方的に

ナビエを閉めだすという神経戦に

巻き込まれたことで、困り果て、

とても決まりの悪い思いを

していました。

 

ラスタが中絶薬を

飲まされたことについて

ソビエシュは、

 

ナビエが直接

手を出していないことは

わかっているけれども

ラスタのことを

悪く言っていたはずだ。

 

と皮肉を言いながら

ドアを心配そうに眺めました。

 

頭の良い皇后が、自分の一言で

バカなコシャールが

どのように出るか

見当がつかなかったのだろうか。

コシャールを引っ張って来て

事実を明らかにし

拷問しないだけでも

十分我慢している。

 

とソビエシュは言いました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

マンガでは、

ナビエを通すなと

侍従を通してソビエシュは

言っていますが

原作では、

ソビエシュは何も言わず

とことんナビエを無視しています。

 

ソビエシュの言う通り

ナビエは頭がいいので

自分の一言で

コシャールがどう出るか

知っていました。

だから、コシャールに

ラスタの悪口を言っていないし

常にコシャールの言動を

心配していました。

 

それなのに、

ナビエがラスタのことを

悪く言ったと

決めつけるソビエシュは

ナビエのことを理解していそうで

彼女のことを

何もわかっていなかったのだと

思います。

 

マンガの48話で、

ナビエがハインリの戴冠式

出席できるかどうか

カレンダーを見て

確認するシーンで、

カレンダーは

11月となっていますが

新年祭から

それ程、時間が経っていないので

実際は2月くらいかなと思います。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain