自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 53話 ネタバレ 原作 小説 マンガ 48話、49話でカットされていたこと ナビエに害を及ぼしたくないから

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

53話 ナビエを徹底的に無視しているソビエシュでしたが・・・

◇複雑な心境◇

皇帝の子供に

危害を加えようとしていながら

拷問をしないで我慢している

と言うソビエシュに

カルル侯爵は

複雑な心境となり

混乱していました。

 

ソビエシュが

ラスタを大事にしているのは

誰が見ても明らかでした。

 

ソビエシュは、

ランドレ子爵の情報を握りつぶし

ラスタが

トゥアニア公爵夫人を

陥れたことを隠し

コシャールが

ラスタを押したという言葉も

すぐに信じました。

 

ロテシュ子爵が

ラスタの身分をばらした時も

彼にすぐに口を閉ざすように

指示しました。

 

けれども、

恋に目がくらんでいるにしては

時々、曖昧な部分がありました。

 

しかも、

ソビエシュは冷たく言いながらも

しきりに窓を気にして

チラチラ見ていました。

窓からは西宮へ続く回廊が見えました。


カルル侯爵は

 

気になるのであれば

今からでも皇后陛下

お入りいただいてください。

私は急いでいるので

また後で参ります。

 

と言いました。

 

けれどもソビエシュは

 

もう帰ったはずだ。

皇后はプライドが傷つくことは

絶対にしない。

 

と言いました。

 

カルル侯爵は

ソビエシュが西宮へ行くことを

提案しましたが、

 

それには腹が立つ。

 

とソビエシュは答えました。

 

パルアン侯爵が

中絶薬を購入したのは

間違いないのかと

カルル侯爵が尋ねると

 

ソビエシュは

 

私の捜査官は有能だ。

 

と答えました。

 

ソビエシュは席を立ち

 

少し歩かないか?

 

と言ってドアに近づきました。

 

ナビエが戻ったかどうか

今いる場所から

確認できないのが

大変なようでした。

 

やはり西宮へ行かれた方が

良いのでは?

 

とカルル侯爵は内心思いながらも

ソビエシュの後に続きました。

f:id:myuieri:20210502070616j:plain

◇無視をした理由◇

しかし、応接室を通り過ぎて

ドアを通り、

廊下へ出たソビエシュは

帰ったとばかり思っていたナビエが

まだ立っていたので

固まってしまいました。

カルル侯爵も、慌てて

頭を下げました。


帰ったと思ったのに。

 

ソビエシュは小さく呟きました。

彼は

機嫌を損ねた顔をしていました。

 

最初ナビエは

そのまま帰ろうと思いました。

いつもの性格なら帰っていました。

 

けれども、いざ帰ろうとした時

ナビエは意地を張りました。

いつかは出てくるだろうと思い

ナビエは、元の位置に立ったまま

ソビエシュが出てくるのを待ちました。

幸い、

それほど長く待たずに済みました。

 

ラスタを心配しているのか

ドアを開けて出てきたソビエシュは

元気がなさそうでしたが

ナビエの顔を見た途端

不快そうに、すぐに顔をしかめました。

 

帰ったと思いましたが

なぜ、そこに立っているのですが?

何か罰でも受けて

立っているのですか?

 

ナビエはできるだけ冷ややかに

笑いながら、平然を装い

 

これをお望みのようでしたので、

一度お目にかけました。

 

と言いました。

 

ナビエは、

ソビエシュが自分を無視したことで

プライドが傷つけられたそぶりを

見せませんでした。

 

しかし、どうしてなのか

先にソビエシュが

ナビエを無視したのに

彼の瞳が大きく揺れました。

 

しかし、それもつかの間

彼はすぐに冷たく笑い

 

あなたはいつも私を驚かせる。

ラスタの件も今回の件も。

 

と皮肉を言いました。

 

ナビエは

 

陛下はいつも陳腐ですね。

ラスタさんに対しても

今回の件についても。

 

と言い返しました。

ソビエシュはナビエに近づき

他の人に聞こえないように

 

皇后は私にこんなことを

言える立場ではないのに。

たまには、そのプライドを

捨てたらどうか?

 

と言いました。

 

ソビエシュは、ナビエのために

コシャールが

ラスタに中絶薬を飲ませた重罪を

隠していると伝えました。

 

ナビエは正直、確信を持って

コシャールはそんな人ではないと

言えませんでした。

 

庶子に相続権はないけれども

親が生きている間に

子供に財産を渡すのを

防ぐことはできません。

特に夫婦仲が悪い場合は

爵位と領地、財産を

側室の子に渡す人もいました。

姓を除いたすべての財産を

側室の子に渡した人もいました。

 

しかし、

生まれた子供や側室を殺せば、

法で処罰されます。

密かに殺したつもりでも

痕跡が残ったり

噂が立ったりします。

 

このような状況なので

貴族や皇族が密かに中絶薬を利用して

側室を攻撃することが

少なくありませんでした。

 

けれども、ここで

コシャールがラスタに

中絶薬を飲ませたことを

納得する訳にもいかないので

ナビエは、否定しました。

 

ソビエシュは鼻で笑って

 

血は水よりも濃い。

皇后の目はぼやけているようだ。

 

と言いました。

 

ナビエが確信を持てなくて

コシャールの肩を持っていることを

全て知っているといった

口ぶりでした。

 

ナビエは最大限冷ややかに

ソビエシュを睨みました。

 

ソビエシュは

ナビエを無視したのは

彼女を見ると

我慢している怒りが

抑えられないからだと言いました。

 

彼は半歩下がって

ナビエをじっと見つめた後

走り去りました。

ラスタの部屋へ

行くのかと思いましたが

その方向ではありませんでした。

 

ところが

彼は早い速度で歩いていたのに

突然立ち止まりました。

そして、ナビエの方へ戻ってくると

周囲の人たちを退かせ、

 

行こうと思ったけど

腹が立ってダメだ。

皇后は、お兄さんが

犯人ではないと言っただろう?

それなら、ラスタに

中絶薬を飲ませた犯人が誰か

直接調べるように。

 

と低い声でナビエを怒鳴りつけました。

 

それはソビエシュが

することではないかと

ナビエが反論すると、

ソビエシュは

 

私の仕事だけれど

私が調査をすれば

あなたに害が及ぶから。

私の側の人々は私の味方だ。

コシャールが犯人なら

彼らは私の子供を

追い払おうとしたコシャールに

腹を立てるだろう。

そうなれば、

いくら私が注意をしていても

彼らの口から洩れてしまう。

 

と言いました。

 

ナビエは

 

私を思っている振りを

しないでください。

 

と言いました。

ソビエシュの顔が歪みました。

 

彼は、調査をして

コシャールの仕業だと分かったら

謝罪に来るように言いました。

f:id:myuieri:20210522073348j:plain

◇犯人◇

ナビエはイライザ伯爵夫人から

食べ物に薬が混ぜられたことに

気が付かなかったという理由で

ラスタの下女と

皇室の料理長が

解雇されたことを聞きました。

犯人は捕まえていないとのこと。

 

ナビエは、

ソビエシュの本音がわからず

混乱しました。

 

本当に私のことを思って

そうしたのか、

私に罪悪感を植え付けておいて

ラスタに手を出させないように

しているのか・・・

 

翌朝、ナビエはジュベール伯爵夫人に

パルアン侯爵を呼んで欲しいと

頼みました。

 

コシャールに聞くのが

一番良いけれど

彼は宮殿へ立ち入り禁止だし

今回の事件のことで、父親が怒り

コシャールは外出すら

できないようでした。

 

このことについて

話を聞けるのは

パルアン侯爵だけでした。

 

でも、本当におかしいよね。

なぜ、ソビエシュは

ラスタの食事に

中絶薬が入っていることに

気がついたのだろうか。

ラスタ本人もわからないほど

微量だったというのに。

 

とナビエは思いました。

 

ナビエが呼ぶと

パルアン侯爵はすぐに来てくれました。

ちょうど昼食の時間だったので

2人でお昼を食べながら

話をしました。

 

ナビエは、パルアン侯爵とは

子供の頃からの知り合いなので

単刀直入に聞くと前置きして

ラスタの食事に中絶薬を入れたのは

自分たちの知り合いかと尋ねました。

 

パルアン侯爵は

 

皇后陛下は、貴族の大多数を

ご存じだから。

 

と、ごまかしました。

 

ナビエは

 

貴族の仕業ですね?

 

と尋ねると

 

パルアン侯爵は

 

下人や下女が

あえてそのようなことをする必要は

ありませんから。

 

と答えました。

 

パルアン侯爵は

じゃがいもを口の中で

モグモグさせながら

優雅に笑いました。

けれども、

手がブルブル震えていました。

 

彼は、昔から

ナビエに嘘をつく時は、そうでした。

ナビエは、パルアン侯爵の手を

じっと見つめていました。

 

彼は、

ナビエが気にすることではないと

言いました。

 

ナビエはパルアン侯爵を睨むと

彼は、コシャールそっくりの顔で

睨まれると怖いと言いました。

 

ナビエは、

 

陛下は、このことを

兄の仕業だと思っていますが

それでも、私が

全く気にしなくて良いのか?

 

と尋ねました。

ソビエシュがコシャールを

疑っていると聞いても

パルアン侯爵は

驚いた顔をしませんでした。

コシャールとパルアン侯爵が

関与していることは明らかでした。

 

パルアン侯爵は深くため息をついた後

 

決定的な証拠は見つからない、

薬を買った証拠を隠すのは

大変だけれど

他の人が使ったという証拠は

作ることができる。

何か問題が起こったら

その薬を使ったという代役を

用意している。

 

と言いました。

 

嘘は終わったのか、

彼の手は、もう震えていませんでした。

 

ナビエは、そんな恐ろしいことを

自分の側の人々が

本当に行ったことは重大だと

言いました。

 

ナビエに複雑な感情が

湧いてきました。

コシャールとパルアン侯爵が

自分のために

危険なことに手を出したことを

申し訳なく思い、

2人の悪事に腹が立ち

ソビエシュの言葉が正しかったことに

プライドが傷つけられました。

 

光あれば影あり、

暗い方ばかりに目を向けないように。

 

というパルアン侯爵の言葉に

ナビエは

 

私がすべきことと

すべきでないことを

判断しないでください。

 

と言いました。

 

パルアン侯爵が帰った後も

ナビエは心が落ち着きませんでした。

 

ソビエシュに嘘をつけば

プライドが傷つきました。

どうせ彼はすべてを知っているので

ナビエがもがく姿は

滑稽に見えるだろうと思いました。

 

そして、ソビエシュの言葉を認めて

謝ることもプライドが傷つきました。

f:id:myuieri:20210910054332j:plain

◇ハインリからの手紙◇

結局、ナビエは一晩中

そのことで悩み

他のことは何もできませんでした。

 

その日の午後、

西王国の使節団がやって来たので

しばらく、

そのことについて考えずに済みました。

 

ソビエシュは白いバラの部屋で

ナビエをじろじろ見ていましたが

調査がどのくらい進んでいるか

問い詰めませんでした。

ナビエも平気な顔で

使節団の挨拶を受けました。

 

使節団の代表は多くの東大帝国の貴賓に

戴冠式に出席していただき

華を添えて欲しいという

ハインリの言葉を伝えました。

 

ナビエは使節団の顔を

くまなく見ましたが

誰も知っている人はいませんでした。

 

ハインリが連れて来ていた

青い髪の騎士や

他の騎士たちがいれば

もしかしたら、青い鳥やクイーンを

連れてきていたかもしれないのに・・・

 

戴冠式に出席できるかもと

手紙に書いたことが気になって

それを訂正したいと

思っていたナビエは

がっかりしました。

 

今の状況で、

平然と西王国へ行くわけにはいかないと

ナビエは思いました。

残念な気持ちを抑えるために

ナビエはさらに無表情になりました。

そうしているうちに視線を感じたので

ナビエは横を見ると

ソビエシュが冷たい目で

ナビエを眺めていました。

見つめ返したら、

頭を元の位置に戻しましたが

相変わらず不満そうな表情でした。

 

ソビエシュは使節団に

皇后は多忙なので

戴冠式へ行けないと伝えました。

 

ナビエは、なぜソビエシュが

ふくれっ面をしていたのか

わかりました。

彼女が別の考え事をしていた時に

使節団の代表が、

戴冠式に皇族の代表を送って欲しいと

要請したようでした。

 

ソビエシュはもう一度ナビエを見つめ

まだ薬のことは調査中かと

尋ねました。

 

使節団を迎える行事が終わった後

ナビエは部屋に戻り

呆然と座っていると

窓を小枝で叩く音がしました。

窓際に近づくと

青い鳥が手のひらのサイズの手紙を

くわえていました。

 

窓を開けると、青い鳥は中に入り

ナビエの前に手紙を置きました。

いつもは慎重に行動する青い鳥が

その日は、へとへとになっていて

ベッドにうつ伏せになりました。

 

青い鳥に水を用意した後

ナビエはすぐに手紙を開きました。

 

お返事をいただいていませんが

クイーンは、できない場合

はっきりとできないという方ですよね。

お会いできるのを期待しても

良ろしいでしょうか?

クイーンに会えると思うと嬉しいです。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ナビエは食事に行った時に

マンガでは侍従が

お通ししないように・・・

と言っていますが

原作では、

我慢しきれない怒りを抑えるために

ソビエシュはナビエを

徹底的に無視しています。

 

以前のソビエシュは

ナビエに暴言を浴びせたり

ひどい態度を

取ったりしていましたが

それをやってはいけないという

心境になって来たのかなと

思います。

 

ラスタを連れて来たばかりの時は

あまりにも可哀そうだから

彼女に同情していたけれども

物質的に豊かになったし

トゥアニア公爵夫人の事件や

コシャールがラスタを押したと

言っていることなど

ラスタのことを

信じられない気持ちも出てきていて

少しずつ、彼女から気持ちが

離れて行っているのではないかと

思います。

 

ラスタが妊娠していなければ

一生不自由なく暮らせる

お金を渡して、

別れていたように思います。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain