自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 61話 ネタバレ 原作 小説 マンガ 56話でカットされていたこと ラスタが口にできなかった言葉

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

61話 しきりに手帳に何かを書いていたラスタでしたが・・・

◇ラスタの教育陣◇

ナビエがお湯の中に足を入れて

疲れを癒している時

ソビエシュが

ラスタに付けた先生のうち数人は

ナビエの教育陣と聞き

イライザ伯爵夫人は

 

とんでもないです!

 

と言って怒りをぶちまけました。

 

イライザ伯爵夫人が落ち着いた頃

ナビエは副官に

詳しく説明するように指示しました。

 

ラスタは宮廷作法について

あまり知らないので

彼女に先生が付くことを

ナビエは予想していましたが

ナビエの教育陣を

そのまま付けるとは

思っていませんでした。

そして、そんなことが

可能なのかと疑問に思いました。

 

それと、

先生の中で数人ということは

先生の数がかなり多いのではと

思いました。

 

副官はナビエが皇太子妃の時の

教育陣ではなく

トロビー家にいた時の教育陣だと

説明しました。

 

最初、ナビエが驚き

疑問に思ったのは

ナビエが皇太子妃の時の教育陣は

ソビエシュの教育陣と重なる部分が

多かったので

皇太子と皇太子妃を教育していた人が

ラスタを教育するのかと

考えたからでした。

けれども、教育陣が

1人か2人でないことは事実でした。

 

副官は、宮廷作法、ダンス

処世術、絵、ピアノなど

社交界の幼い貴族たちに

基本的な教育をする先生たちが

すべて付いたと報告しました。

 

副官が出て行くと

イライザ伯爵夫人は

なぜ、

ラスタは皇后陛下を真似るのかと

冷たく言いました。

 

ナビエは、

ラスタは自分のように

なりたがっていると

イライザ伯爵夫人に伝えました。

 

社交界では

気に入ったロールモデルの教育陣を

そのまま連れて行くのは

珍しいことではありませんでした。

 

先生たちも、

自分が教えた生徒の中から

社交界の有名人が出ると同時に

自分たちの名声も上がるので

有名人の芽の見える生徒たちを

一様に受け入れることを

楽しみにしていました。

 

トゥアニア公爵夫人と

ナビエの教育陣は

元から、

そのようなやり方をしていて

有名でした。

 

ラスタが平凡な貴族の令嬢だったら

ナビエの教育陣を連れて行ったことを

可愛く思えたかもしれませんが

自分の夫を奪った女が

それをしたかと思うと

ナビエは不快になりました。

 

どこまでラスタは

自分の真似をするのだろうか。

 

ナビエは、足を浸けているお湯の

温もりを感じられなくなりました。

f:id:myuieri:20210505115634j:plain

◇秘密の赤ちゃん◇

足浴を終えると

ナビエはアルティナ卿を呼び

ルベティと

ロテシュ子爵についての調査の

進行状況を尋ねました。

 

まだ、これといった成果がないという

アルティナ卿の返事に

ナビエは頷き

下がってよいと合図しました。

 

ラスタが自分の真似をすることで

ナビエはイライラして

アルティナ卿を呼んでしまいましたが

人物を調査する時に

1日や2日で終わらないことを

彼女は理解していましたし

裏調査が成功して

大きな秘密が明らかになっても

それを、どのように処理するか

まだ決定できていませんでした。

 

けれども、アルティナ卿は

部屋を出て行くことなく

情報と言うには足りないけれど

引っかかる点があると

前置きして

 

ロテシュ子爵家で働いていて

首になった

下人と下女の数がかなり多いこと、

 

彼らの一人から

ロテシュ子爵家に秘密の区域があり

そこで幼い赤ちゃんを

育てているけれど

誰も、その顔を見ていないという

話を聞いた。

 

と報告しました。

 

ナビエは、

自分が関与する問題ではないと

思いつつ、

子供を隠して育てていることに

興味を覚えました。

 

その赤ちゃんが

ロテシュ子爵の秘密だけではない

というのは

考えすぎかと思いました。

f:id:myuieri:20210822070336j:plain

◇変化◇

デビュタント舞踏会の4日後、

ロテシュ子爵は

ラスタとルベティのドレスが

同じだったことを知りました。

 

ルベティは、決して言うまいと

口を堅く閉ざしていましたが

ロテシュ子爵に誘導され

話す破目になりました。

 

ラスタがドレスを

選んだことを知らないルベティは

 

おとなしくしていたら

私はラスタに馬鹿だと思われる。

わざと同じドレスを着て来るなんて。

どうやったのか?

 

と怒りを爆発させました。

 

ロテシュ子爵はラスタを脅して

ドレスを作らせたとは言えず

顔が赤くなりました。

 

翌日、ロテシュ子爵は

ラスタへ会いに行き

 

ドレスを作れと頼んだけれど

ルベティを笑い物にしろとは

言っていない。

 

と抗議しました。

 

しかし、ラスタは

ロテシュ子爵が怒っても

椅子に座って

手帳を見ているだけでした。

 

ロテシュ子爵がラスタの名前を呼ぶと

ようやくラスタは

手帳を裏返しましたが

彼女の反応は

今までのように

感情を露わにすることなく

最大限、感情を隠している

見慣れないものでした。

 

ロテシュ子爵は

そのような態度は

ラスタに似合わない、

仮面でも付けているようだと

言いましたが

彼女は冷たい表情をし

意に介しませんでした。

 

そして、ロテシュ子爵を睨みつけ

きちんと彼の息子と娘の管理をしろと

叱りつけました。

 

ロテシュ子爵は

デビュタントを経験したのは

ルベティではなく

ラスタかと思いました。

数日間会わないうちに

どうして、こんなに

話し方が変わってしまったのかと

思いました。

 

ラスタは、

もう一度手帳を調べた後

 

ルベティのような

口の軽い子を

皇后のそばに置かないように

警告しました。

 

ルベティは口が軽くないと

ロテシュ子爵が反論すると

ラスタは

自分の子供の欠点は

見逃すものと言い返しました。

 

その言葉に対し

ロテシュ子爵は

 

自分の子供の面倒を

見たこともないお前が言う

言葉か?

 

と言うと、ラスタの顔が

ビクビクしました。

ラスタの仮面が

剥がれたような気がして

ロテシュ子爵は

安堵のため息をつきました。

 

彼は、先ほどのラスタのように

ぶっきらぼうな態度をされると

訳もなく気まずい思いがして

後ろめたさを感じたので

感情を露わにされた方が

ましだと思いました。

 

ラスタはハリネズミのように

ロテシュ子爵を睨みつけ

ラスタを脅すなと言いました。

 

ロテシュ子爵は

脅されるようなことを

しなければいいと言いました。

 

ラスタは

 

たとえ陛下の寵愛を失っても

お腹の中には

陛下の血を受け継いだ

赤ちゃんがいる。

陛下はラスタが奴隷出身だと知っても

受け入れてくれた。

だから、ラスタの

可哀そうな過去を知っても

受け入れてくれるかもしれない。

けれども、あなたは違う。

 

と言いました。

f:id:myuieri:20210829061627j:plain

◇冷たい皇帝◇

ソビエシュはラスタの所へ向かう途中、

ロテシュ子爵を見つけました。

彼はソビエシュを見ると

慌てて身を屈め

 

ああ陛下、

こんな所でお目にかかるとは。

 

と言いました。

 

それは自分のセリフだと

ソビエシュは思いました。

 

ラスタは奴隷時代に

随分苦労をしたため

手も足もガサガサで傷だらけなのを

ソビエシュは知っていました。

そのラスタを

ロテシュ子爵は奴隷にし

危うく、社交界から

葬り去るところでした。

その彼が、ラスタに会いに行くのを

ソビエシュは気に入りませんでした。

 

ソビエシュは、

ロテシュ子爵が頻繁に

ラスタの所へ来ると言って

不快な態度を露わにしました。

 

ロテシュ子爵がそれを否定すると

ソビエシュは断固とした口調で

反論するなと言いました。

 

ソビエシュは

幼い頃から皇太子として

確固たる生活をしてきたせいか

ロテシュ子爵の奴隷であるラスタに

首ったけの皇帝と考えると

甘く見えるけれど

実際の彼は、目が冷ややかで

表情が冷え切って

目を合わせるのも怖いくらいでした。

 

ロテシュ子爵は

ソビエシュに謝りながら

自分はラスタを助けていると

言い訳をしました。

 

それに対し、ソビエシュは

 

お前のような者が

ラスタを助けるのか?

 

と質問したので

ロテシュ子爵の自尊心は

傷つけられました。

ソビエシュはロテシュ子爵に

敵意を見せているので

ラスタがソビエシュに

何か言ったのではと懸念しました。

 

ラスタの過去を知ったソビエシュが

彼女とロテシュ子爵のどちらに

八つ当たりをするか

分からないと思いました。

 

ソビエシュは

ラスタは自分が面倒を見るので

余計な干渉をしないように

言いました。

 

ソビエシュは汚れた物を見るように

ロテシュ子爵を横目にして

通り過ぎました。

 

ロテシュ子爵は

冷や汗をたらたら流し

ソビエシュが見えなくなると

ようやく腰を伸ばしました。

 

ラスタに助けられて

社交界で名を馳せても

皇帝に嫌われたら

意味がありませんでした。

相変わらず、ソビエシュが

ロテシュ子爵を冷ややかに見るので

彼は心配でした。

◇自慢の恋人◇

ソビエシュは

ラスタの部屋のドアを開けると

ラスタは肘掛け椅子に座り

手帳を見ていました。

 

彼女のお腹が少し膨らんでいるのを見て

ソビエシュは動悸がしました。

あの中に、

自分の子供が入っているかと思うと

感動しました。

 

子供を授かったのが

皇后だったら良かったのに。

 

ソビエシュは首を振って

その考えを払いのけました。

 

彼は、

そんな素振りはしないものの

ナビエは不妊ではないかと

半分疑っていました。

 

ソビエシュが近づくと

ラスタは彼の腰を抱きしめ

彼のお腹に頬を当てました。

 

ラスタの話し方が

以前と少し変わったことに

気付いたソビエシュは

 

前の話し方も可愛かった。

 

と言いました。

 

ラスタは

 

勉強は楽しいです。

ラスタは陛下が誇れる

恋人になります。

 

と言いました。

 

ソビエシュは、

 

あなたはすでに

私の愛らしい恋人だ。

 

と言いました。

 

ラスタはもう一度

 

誇れる恋人です。

 

と言うと、

ソビエシュは軽く笑いながら

 

皇帝である私が

あえて誰にあなたを

自慢すべきなのか。

 

と言いました。

 

皇帝は皇后にも

 

愛しいだけでいい。

 

と言うのか

ラスタは聞きたいと思いました。

けれども、どうしても

その言葉を口にすることは

できませんでした。

 

ラスタは口をモグモグさせながら

ソビエシュの顔色を窺っていると

彼の顔色が

いつもより暗いことに気付きました。

 

ソビエシュは、

 

誰かがラスタとロテシュ子爵の関係を

探っている、

それが誰か知る必要はないけれど

子爵と会うのは極力控えるように。

子爵がラスタを脅しているなら

適当な罪名を付けて

処罰したり、追放するから

必ず私に言うように。

 

と伝えました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

皇后陛下に対しても

愛らしささえあればいいと

お考えですか?

 

を、マンガで読んだ時

ソビエシュの臣下の誰かが

それを言ったのを

ソビエシュが回想して、

深刻な顔をしているのかと

思いましたが、

原作では

ラスタが、ソビエシュに

聞きたかかったことと

なっています。

 

そして、ラスタが

誇れる恋人になると

言っているのに対し

ソビエシュは、

すでにラスタは愛しい恋人だと

言っています。

ラスタは、もう一度

誇れる恋人になると言いますが

ソビエシュは

その必要はないと言っています。

 

マンガと原作で

受ける印象が異なりました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain