自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 62話 ネタバレ 原作 小説 マンガ 56話、57話でカットされていたこと ソビエシュの髪をつかみたいナビエ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

62話 ロテシュ子爵に適当な罪名を付けて、処罰すると聞いたラスタでしたが・・・

 

◇隠し事◇

ロテシュ子爵に

適当な罪名をつけて

殺すことが可能なのかと

ラスタは瞳を震わせました。

 

ソビエシュは

ラスタを探ろうとしているのか

それとも、

本気でそんなことを

言っているのか

ラスタは区別できませんでした。

 

本気なら、

なぜ、最初にロテシュ子爵が現れた時

そうしてくれなかったのか。

嘘だろう。

 

とラスタは思いました。

 

ソビエシュは、

 

私に隠していることがあり、

ロテシュ子爵に

脅迫されているのなら、

それを話すように。

脅迫に引きずられていれば、

きりがない。

 

と言いました。

 

ラスタは、一瞬、

ソビエシュに

真実を打ち明けたらどうか、

逃亡奴隷である自分を

受け入れてくれたのだから

過去に、他の男との間に

子供を産んだことも

受け入れてくれるのではないかと

思いましたが

すぐに、その考えを打消しました。

 

あの優しくて、おとなしくて、

全てを捧げ、

愛を与えてくれそうだった

アレンも

最後の瞬間、自分を捨てました。

ソビエシュは

違うかもしれないけれど

その期待だけで

冒険をしたくないと

ラスタは思いました。

 

ラスタは、

隠し事はないと言って

笑いました。

しかし、ソビエシュは

相変わらず

表情が強張っていました。

 

ラスタは、

 

嘘がばれるかな?

何を知っていて、

聞いてきたのか?

 

と思いました。

 

ラスタは、

 

本当に大丈夫。

堂々としていますから。

 

と繰り返し言うと

ソビエシュは頷きました。

 

一体、誰が

ロテシュ子爵の背後を探っていて、

陛下は、このように

おっしゃっているのだろうか?

皇后?それとも他の貴族?

 

ラスタは拳を握りしめました。

 

ラスタは、敵が誰であっても

秘密を暴くことはできないと

思いました。

 

ラスタが妊娠した時、

ロテシュ子爵は

恥ずべきことだと言って

ラスタを閉じ込め

人々に妊娠を知らせませんでした。

 

当時は辛くて悲しかったものの

そのおかげで、

ラスタの秘密を知っている人は

ほとんどいないので、

ロテシュ子爵とアレンと

ルベティの発言に

気を付ければいいだけでした。

 

ラスタは、

 

口先だけで言っているのでは

ありません。

本当に、訳もなくロテシュ子爵に

迷惑をかけないで欲しい、

彼がラスタのせいで嫌われたら

罪悪感に苛まれる。

 

と言いました。

 

ソビエシュは

安堵したように笑いながら

ラスタに安心するように

言いました。

 

部屋を出て行こうとするソビエシュに

ラスタは、

寝るまでそばにいて欲しいと

頼みました。

 

ラスタは

誰かが自分の背後を調べていると

聞いたせいか、

大丈夫だと思いながらも

訳もなく焦り、不安になりました。

ソビエシュがそばにいれば

少しはましになるだろうと

思いました。

 

けれどもソビエシュは

忙しい仕事があり、

それはできないと断りました。

 

ソビエシュはラスタを

安楽椅子に座らせ

膝にフワフワの毛布を掛けると

 

遊んでいなさい。

 

と言いました。

 

f:id:myuieri:20210111150019j:plain

◇ロテシュ子爵の調査◇

ソビエシュは執務室に戻ると

カルル侯爵に

ロテシュ子爵についての調査状況を

尋ねました。

 

カルル侯爵は、

まだ、これといった収穫はないと

答えました。

 

ラストとロテシュ子爵は

逃亡奴隷と主人という

決して良い関係ではないのに

ロテシュ子爵が

ラスタを訪れる回数が

多過ぎました。

 

2人が頻繁に会うことで

ラスタは彼の奴隷ではないという

彼の主張がもっともらしく見えるので

無理に会わせないようなことは

しませんでしたが、

真実を知るソビエシュは

何かおかしいと思い

ラスタが

脅迫されているのではと考え

カルル侯爵に

調査を命じていました。

 

ラスタは、ロテシュ子爵に

脅迫されていないと

主張しましたが

それは、彼女が

ソビエシュに

迷惑をかけたくないのと

純粋だからだと

彼は思っていました。

 

カルル侯爵は、

適当な言い訳を付けて

ロテシュ子爵を

どこか遠くへ行かせるのはどうかと

提案しました。

 

けれども、

数か月前のロテシュ子爵の

爆弾発言が

完全に忘れられたわけではないので

理由もなくロテシュ子爵を追い出せば

やはりラスタは逃亡奴隷だと

貴族が考えると

ソビエシュは思いました。

 

逆にロテシュ子爵の尻尾をつかんで

追い出すことは、

ロテシュ子爵に手を出すなという

ラスタの切なる願いが

邪魔をしました。

 

ソビエシュは、

ロテシュ子爵の件は

しばらく様子を見ると言って

カルル侯爵に

下がるように言いました。

 

すると、彼は

コシャールとイライザ伯爵夫人も

ロテシュ子爵のことを

調べていると報告しました。

 

ソビエシュは、

困ったと言いました。

 

ナビエは

皇室の対外的なイメージと

自分のイメージに

非常に気を遣っているので

ラスタが奴隷であった以外の

秘密を知っても

不相応な行動はしませんが

コシャールは

ラスタが奴隷であるという

証拠をつかめば

すぐにすべての貴族に

チラシを作ってばらまき、

どんな手を使っても

ラスタが逃亡奴隷であることを

広め、

他に秘密があれば

全て暴く人間でした。

 

ソビエシュは1人になって

考えたかったので

カルル侯爵に

出て行くように言いました。

 

逃亡奴隷出身というのは

社交界で大きな恥部でした。

 

ラスタは側室なので

問題が起きれば

社交界に出なければ済む話だけれど

赤ちゃんは絶対に

そうするわけにはいきませんでした。

 

ソビエシュは、

後に、赤ちゃんが

奴隷を母に持つことで

蔑視されることが心配になりました。

 

f:id:myuieri:20210619054322j:plain

◇嫉妬して欲しい◇

突然、トゥアニア公爵が

公爵夫人との離婚を取り消して

復縁したいと申し出たので

ナビエは、

その関連書類を見るため、

謁見が終わった後

すぐに席を立ちました。

 

けれども、その場を離れる前に

ソビエシュに話があると

言われました。

 

ソビエシュは、

 

コシャールには

理性というものがあるのか。

中絶薬事件を起こして

間もないのに、

また別のことをしていた。

 

と半分腹を立てて言いました。

 

別のこととは何かと

ナビエが尋ねると

ソビエシュは、

 

ロテシュ子爵の追跡調査、

正確にはラスタの調査。

皇后と同じように。

 

と答えました。

 

ナビエは返事をする代わりに

ソビエシュの目を見ました。

彼のナビエの目をじっと見ると

 

皇后としての威厳を

保つように。

 

と忠告しました。

 

ナビエは、

 

いつも、そうしようと

努力している。

皇后の威厳を放り投げていれば

私は何度も

ソビエシュの髪をつかんでいる。

そういうことをすれば

しばらく胸が

すっきりするけれど

もっと大きな暴風が吹くことになる。

 

と思いました。

 

彼女は、自分の意見を

主張する代わりに

 

そのようにいたします。

いつものように。

 

と適当に頷きました。

 

ナビエが背を向けようとすると

ソビエシュは

 

一体何がそんなに不満なのか?

あの子は何も持っていないけれど

君は全てを持っている。

 

と、本当にそれを

気にしているような口調で

言いました。

 

ナビエは、

 

陛下を持っている。

 

と言いました。

 

けれども、ソビエシュは

自分はナビエの物だと

主張するので、

呆れたナビエは、

 

私はラスタさんに

陛下を貸しているのか、

そうでなければ

陛下は私の物ではない。

 

と言いました。

 

その言葉を聞いたソビエシュは

ナビエはラスタに

嫉妬していると言いました。

 

それに対してナビエは

ソビエシュを愛していても

いなくても

自分たちは夫婦だと

主張しました。

 

ソビエシュは、

 

いっそ、私を愛しているから

嫉妬していると

言ってくれればいいのに。

もちろん、あなたは

そんなことは言わないだろう。

私のことを愛していないから。

 

と、きっぱり言うと

自分の言葉に驚いた目をしていました。

 

1人で話して1人で傷つくなんて、

彼の黒い瞳が震えるのを見て

ナビエはぞっとしました。

 

ナビエが立ち去ろうとすると

ソビエシュは

彼女を呼び止めました。

 

そして、彼は

魔力の消えた魔法使いの調査をしに

2日ほど出かけるけれど

一緒に行って、

帰りに観光と休養をすることを

提案しました。

 

けれども、ナビエは

自分の誕生日の時に

何日も謁見できなかった。

謁見を希望する民が

宮殿の近くで待っていると言って

ソビエシュの申し出を

断りました。

f:id:myuieri:20210808173005j:plain

◇一緒に行きたい◇

ラスタの前では

いつも皇帝の姿でいるソビエシュが

ナビエに一緒に行くことを断られ

顔全体に怒りを露わにしていたので

平凡な男のように見えました。

 

ラスタはいつだって

陛下が一番なのに。

 

と言うと、ソビエシュは

皇后は忙しいと答えました。

 

ラスタは、

皇后の代わりはできないけれど

ソビエシュと一緒に行きたいと

言いました。

 

そして、

 

陛下と一緒に行くことが大切、

陛下がいない間

1人で宮殿に残りたくない。

誰かが、赤ちゃんに

危害を加えるかもしれない。

 

と言いました。

 

ソビエシュは

 

考えてみる。

 

と言いました。

 

ラスタは、まだ

皇后ではないので

平民の支持を得るためには

直接動かなくちゃ。

 

と思いました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

子供の頃から、ずっと一緒にいて

隣にいるのが当たり前だと

思っている相手に

愛している、好きというのは

難しいと思います。

 

それでも、長い時間を

一緒に過ごしていれば

愛の言葉を口に出さなくても

相手の気持ちがわかっていた。

 

けれども、

ナビエとソビエシュは

即位してからは国務に追われ

一緒にいる時間が

少なくなっていたと思います。

 

生まれた時から

皇帝になることが決まっていた

ソビエシュと違い

ナビエは、選ばれて

皇后になりました。

 

ソビエシュに比べて

ナビエの方が

皇后としての責任を

きちんと

果たさなければという気持ちが

強いのではと思います。

 

おそらく

ソビエシュの妻ととしての務めより

国務を優先させていたのではと

思います。

 

ソビエシュは

ナビエにかまってもらえなくて

寂しかったのかもしれません。

けれども、皇帝であるソビエシュは

妻に寂しいと言うこともできず、

そんな中、

自分の助けが必要なラスタと

出会い、

つい、フラフラとなって

しまったのかなと思いました。

 

でも、

ソビエシュが本当に必要なのは

ナビエなのだと思います。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain