自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

マンガが大好き。マンガを読むことで自分時間を楽しく過ごしています。再婚承認を要求します、ハーレムの男たちのネタバレを書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 63話 マンガ 57話、58話でカットされていたこと コシャールの壮絶な自白強要

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

63話 一緒に視察に行きたいと言ったラスタでしたが・・・

◇見送り◇

2日間の視察へ行く

ソビエシュを見送るために

宮殿の正門の内側に出て来た時

白くて素朴なドレスを着た

ラスタがいました。

 

ナビエは、いつものように

彼女に目を

向けないようにしていましたが

ラスタは、しきりに

ナビエを見ていました。

 

ナビエはラスタを見ると

彼女はナビエを睨んでいました、

普段、驚くほど表情管理をする

ラスタらしくない行動でした。

 

けれども、ナビエが

無表情でラスタを見ると

彼女は顔を赤くして

頭を下げました。

 

何かあったのか。

 

ナビエは不思議そうに

ソビエシュを見つめると

彼は、気になるという表情で

ラスタを横目で見ていました。

 

2人の間に問題でもあったのか、

しばらく気になっていたものの

好奇心を持つほどではなく

ナビエは普段のように

無表情で立っていました。

 

ソビエシュが出発した後

ナビエは、ラスタが自分を

睨んでいた理由がわかりました。

 

そっとナビエに近づいたラスタは

挨拶をした後、元気のない声で

 

ラスタは皇后陛下

うらやましい・・・

 

と呟き始めると、ナビエは、

 

陛下があなたを

視察に連れて行かなかったのね。

 

と言いました。

 

ラスタは目を丸くして

 

どうしてわかったの?

 

というような顔をしました。

 

ナビエは、

目と目の間がいつもより

腫れているので分かったと答えれば

皇后らしくないと思いました。

 

ナビエは話す代わりに

指でラスタの眉のあたりを

軽く押さえました。

 

ラスタは丸い瞳で

ナビエの指を見上げると

ウサギのような顔になりました。

 

そのように、

目の力を抜きなさい。

 

とナビエは言って

手を引きました。

 

最初、ナビエの言葉の意味が

わからなかったラスタでしたが

後で、ナビエが

言おうとしていたことに気付き

顔が真っ赤になりました。

 

ナビエはラスタと

口を利きたくなくて

彼女の後に

自分の部屋へ戻りました。

f:id:myuieri:20210113051614j:plain

◇調査の中止◇

謁見をするには

まだ時間があったので

ナビエは

自分の部屋で休むつもりでしたが

前の日に、

ソビエシュが言っていたことを

思い出しました。

 

彼は、表立って、

ラスタの内偵を止めろと

言わなかったけれど

コシャールが調査を

止めることを望んで

それについて言及していました。

 

ナビエは残念に思いながらも

このまま調査を

続けるわけにはいかないので

イライザ伯爵夫人とアルティナ卿に

調査を中止するように伝えました。

 

2人は、

 

もう少し続けた方がいいのでは、

もう少し気を配ります。

 

と言いましたが、

ナビエはきっぱり断りました。

 

そして、ナビエは

パルアン侯爵にも

ロテシュ子爵の裏調査を止めるように

命じました。

 

パルアン侯爵の言葉から

今回は絶対に見つからないと

彼は確信していたようでした。

 

けれども、パルアン侯爵は

はっきり止めると

言いませんでした。

 

そして、前の日に、

コシャールと

お酒を飲みに行った時に

ナビエの悪口を聞いた。

最近、何度か

そのようなことがあり

まだコシャールは

とても怒っている。

落ち着かせようとしていた時に

ナビエに呼ばれたと話しました。

 

パルアン侯爵が困るほど

コシャールが怒っているのなら

ナビエが自重するように言っても

聞かないような気がしました。

 

ナビエが、

ソビエシュの顔色を

窺っていると言って

さらに暴れるような気がしました。

 

パルアン侯爵は

 

私が一旦、

止めさせてみます。

コシャールを一人にすると

不安なので

後でまた立ち寄ります。

 

と言って、帰りました。

 

f:id:myuieri:20210111151510j:plain

◇襲撃◇

その時刻、

ナビエとパルアン侯爵が

心配していた通り、

コシャールの怒りは

爆発していました。

 

使いから

ロテシュ子爵が出かけたと

報告を受けたコシャールは

彼を追跡しました。

 

ところが、彼に追いつく前に

大男の一団が

コシャールの前に

立ちはだかりました。

 

そして、彼らの一人が

コシャールの胸倉をつかみ

彼がコシャールであることを

確認しました。

 

コシャールは、このような輩と

喧嘩をしたことは多かったものの

彼の身分を知りながら

喧嘩を売ってくる人は

ほとんどいませんでした。

いたとしても、酒を飲んで

完全に理性を失った人だけでした。

 

しかし、

コシャールがトロビー家の人間だと

彼らが確認しているのを見ると

誰かが自分を狙って

男たちを送りこんだと

コシャールは思いました。

彼はニヤリと笑いました。

 

相手を見下すような態度に

コシャールの胸倉を

つかんでいた男の目尻が

ピクピクしました。

そして、コシャールが

彼にウィンクをしたので

男は

 

これから何をしようと・・・

 

と叫びましたが、

話を終える前にコシャールは

その男を投げ飛ばしていました。

 

残りの男たちは驚き

全員、コシャールに

飛び掛かりましたが

命を懸けた戦場で

戦ってきたコシャールが

たかだか

殴りかかってくる相手に

負けるわけがありませんでした。

しかも、コシャールは

剣を持っていました。

 

武器を使うのは卑怯だと言う男たちに、

コシャールは

大勢で、かかってくるのは卑怯だと

言い返しました。

 

そして、一番うるさい男の

急所付近に剣を突き付けながら

誰に頼まれて

自分を襲ったか尋ねました。

 

男はしらばっくれていましたが、

コシャールが

 

未来の子供たちにお別れを言え。

 

と呟いて、剣に力を入れると

 

やせ細った中年の男。

名前は知らない。

 

と白状しました。

 

コシャールは

剣で男たちの頭を殴り

気絶させた後

路地の奥に引きずり込みました。

 

そして、ロテシュ子爵が

歩いて宮殿へ向かっていると

使いから聞くと

彼を後ろに乗せて

馬で宮殿へ向かいました。

◇強要◇

宮殿近くへ行くと

コシャールは使いに馬を連れて

別の所へ行くように指示した後

宮殿へ行くのに

必ず通らなければならない道で

ロテシュ子爵を待ち伏せしました。

 

そして、彼を見るな否や飛び掛かり

人気のない道へ引きずり込みました。

 

ロテシュ子爵は全力でもがきましたが

コシャールを振り切ることは

できませんでした。

 

ロテシュ子爵は、

放せと叫びましたが、

コシャールは

ロテシュ子爵の前に短刀を

持ち上げ

 

うるさくすると

これで喉を塞ぐ。

 

と脅しました。

 

ロテシュ子爵は

怒り狂いましたが

それよりも恐怖の方が大きく

誰も助けてくれる人がいない所で

意地を張って

死にたくありませんでした。

 

ロテシュ子爵がおとなしくなると

コシャールは彼を気絶させ、

彼を肩にかつぎ

廃邸宅へ連れて行きました。

 

コシャールは廃邸宅の内側にある

窓のない部屋へ

ロテシュ子爵を押し込みました。

その中には、

以前、使用したと思われる

椅子とロープが残されていました。

 

コシャールは

ロテシュ子爵を椅子に座らせ

ロープで縛り

猿ぐつわをしました。

 

そして、ロテシュ子爵の頬を叩き

彼を起こしました。

 

ロテシュ子爵の意識が

はっきりすると、

コシャールは

 

これから、猿ぐつわを外すけれど

悲鳴を上げるな。

そうしないと、お前の耳が

痛くなるよ。

 

と言いました。

 

けれども、

猿ぐつわを外すや否や

ロテシュ子爵は悲鳴を上げたので

コシャールはためらうことなく

彼の耳を切りました。

 

ロテシュ子爵は

全身で悲鳴を上げましたが

その間に、コシャールは

再び猿ぐつわをはめました。

 

コシャールは半分ちぎれた耳を

床に投げ、

鼻歌を歌いながら

ロテシュ子爵をじっと見つめました。

彼は、正気に戻ると

コシャールを睨みましたが

彼が血の付いた手で

ロテシュ子爵の目元をこすった瞬間、

彼は、反抗してはいけないことに

気付きました。

強引な獣のようなコシャールに

同情心はありませんでした。

 

ロテシュ子爵がおとなしくなると

コシャールは

 

最初からこうすればよかった。

 

と言った後、

ロテシュ子爵が気絶するまで

殴りました。

 

コシャールは服の中から

懐中時計を取り出し

時間を確かめました。

 

長年の経験から

この程度では人が死なないことを

彼は知っていました。

しかも、コシャールは

痛みはひどいものの

死んだり、

身体障害にならない部位を選んで

殴りました。

 

コシャールは

ロテシュ子爵の頬を叩いて起こし

猿ぐつわを外しました。

今度は、ロテシュ子爵は

何も言いませんでした。

 

コシャールは

ロテシュ子爵が人を使って

自分を襲わせた理由を尋ねました。

 

ロテシュ子爵は

しらばっくれようとしましたが

コシャールの瞳を見て

口をつぐみました。

 

コシャールが

ラスタを狙っているという話を聞き

人を雇って

コシャールが何か月か

起きられないようにしろと

命じたことが

コシャールにばれていました。

 

コシャールは椅子を引いて

ロテシュ子爵と

向かい合って座り

にこっと笑いながら、

ラスタについて

自分の興味に値する

すべてのことを話すように

命じました。

 

すでにコシャールは

自分が襲撃されたことは忘れ

ラスタの秘密を解き明かすことで

いっぱいでした。

ロテシュ子爵は

固唾を飲みました。

 

最初、彼は、

ラスタは平民出身でと

ごまかしましたが、

コシャールが

ロテシュ子爵を殴ったり

気絶させる直前の

笑みを浮かべたので

ラスタが逃亡奴隷であると

言いました。

 

けれども、コシャールは

ラスタが逃亡奴隷であることは

知っているので

他のことを話すように

命じました。

 

ロテシュ子爵は

コシャールが何を望んでいるか

考えた結果、

彼はラスタの弱点を

知りたがっていることに

気付きました。

 

ロテシュ子爵は、

 

赤ちゃんがいます。

 

と打ち明けました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

妹を思うあまり

コシャールが取った行動の結果、

ソビエシュは

自分の子供を守るために

コシャールを追放し

ナビエと離婚することにしました。

 

けれども、

ナビエはコシャールに

迷惑をかけられても

恨み言は言わず、

彼が追放された時は

兄のことを気遣っています。

 

どんなに乱暴者でも

兄であるコシャールのことを

愛しているのでしょうね。

 

ナビエの両親を見ても

トロビー家は

家族愛に溢れた家門なのだと

思います。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain