自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

マンガが大好き。マンガを読むことで自分時間を楽しく過ごしています。再婚承認を要求します、ハーレムの男たちのネタバレを書いています。

再婚承認を要求します 外伝35話 先読み ネタバレ 原作 小説 玉座に執着するラリ、モテの運命

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

外伝35話 ダルタはモテがラスタに似ていることに気が付きました。

◇転ばない女◇

侍女は

アレイシアがどのような手を使って

大公を捕まえるつもりなのか

気になりました。

彼女が着けている首飾りを売れば

どこに行ったかわからない大公を

探すことができると思いました。

 

しかしアレイシアは

普通の民家を訪れ

リックという男性と会いました。

 

侍女は、彼の家の中に

船員の制服があるの見て

彼があの船の船員であることが

わかりました。

 

アレイシアは

船が沈んだことについて

リックが調査を受ける時に

彼女がエルギを助けるように

依頼したことを

話すように告げました。

 

アレイシアが

そんな命令を下したことを

知らなかった侍女は

驚いた顔をしました。

 

しかし船員は

浮かない顔をしていました。

 

彼は、

 

船を沈めるために

他の船員をわざと寝かせた主犯として

3-4名の船員が疑われている。

そのような時に

アレイシアの話をしたら

自分も仲間だと思われるから

最大限黙っていた方がいいと

言いました。

 

アレイシアは

前金として船員に渡した宝石が

大公の家から出たものだとわかれば

余計に疑われると言いました。

 

彼女は、

 

大公が船を沈めるように

指示したのは事実。

私が変な気配を察して

息子を救うために

あなたに頼んだと

正直に話しなさい。

 

と指示しました。

f:id:myuieri:20210829065805j:plain

◇スキャンダル◇

自分の恥部を隠すために

王族が船を沈めるように指示した。

しかも、船を沈めて

自分の息子の命を奪おうとした。

 

このことが知られると

国中がひっくり返りました。

しかも王族が葬ろうとしていた真実と

大公妃が偽物だと知ると

人々は驚愕しました。

 

その上、この事実を突き止めたのは

ブルーボヘアンの捜査官ではなく

船の客のほとんどを助けた

月大陸連合から来た騎士団長だと聞くと

国民は恥かしくなりました。

 

王は怒って、クローディア大公と

偽の大公妃をすぐに捕まえるように

命じました。

 

ただでさえ、大公の息子のせいで

東大帝国と仲違いをしているのに

親戚であっても

王国に恥をかかせた大公に

王は腹が立って仕方がありませんでした。

 

都にとどまっていたアレイシアは

すぐに投獄されました。

しかし、大公が外国に逃げている状況で

アレイシアだけ捕まったことに

世論は

 

海賊の捕虜だった女は

力も権力もない。

彼女が偽大公妃をやると

言ったのではなく

大公が権力を使って

無理矢理やらせた。

 

クローディア大公は王族だから

王は偽の大公妃に

罪をかぶせようとしている。

 

その女は大公の息子を助けるために

顔にやけどを負った。

 

善良な人が利用されたせいで

狂ってしまった。

 

と非難しました。

 

アレイシアに対する同情と

王室への非難が高まったので

王はアレイシアを監獄から出しました。

けれども、依然として王室への非難は

収まりませんでした。

 

見かねたシリム王弟は

 

人々が望んでいるのは

アレイシアを許すことではなく

クローディア大公を

罰することです。

 

と言いました。

 

王は、

 

それはわかっているけれど

叔父だから。

 

と弁解しました。

 

シリム王弟は

 

君主に必要なのは

人情ではなく決断力だ。

 

と言いました。

 

王は、

叔父を見捨てて、

人々が喜ぶのは束の間のこと。

しばらくして、

この熱気が収まれば

叔父を見捨てた薄情者と

自分が非難される。

と言いました。

 

シリム王弟は王に

エルギを抱き込むように言いました。

 

王は、

国に迷惑をかけた浮気者

味方にするなんて狂っていると

反論しました。

 

王弟は

 

今、人々はエルギを

可哀想に思っている。

貴族たちは

エルギが幼い時に

自分の命を救った人は偽物だと

泣きわめいていたことを

話している。

そのことは、もうすぐ

平民の耳にも入る。

大公を幽閉するか追放し

エルギを庇えば

王に肉親の情がないと話す人は

減るだろうし

世論も和らげることができる。

偽大公妃を可哀そうという人は

口先だけで、

彼女のためにお金は出さない。

偽大公妃は放っておけば良い。

どうせ貴族には戻れない。

 

と言いました。

f:id:myuieri:20211003103845j:plain

◇モテの母親◇

同じ頃、ダルタは

モテがラスタにそっくりなことを

話すべきかどうか悩んでいました。

 

自分たちを説得しに来たダルタが

1人でくよくよ悩んでいるばかりで

何も話さないので

呆れた盗賊は、自分たちが

西大帝国へ行った時の利点について

自分たちで計算していると言って

彼女を責めました。

 

ダルタな何日も悩んだ末、

他の人には絶対に話すなと

前置きをして

ケルドレックと富川主とその妻に

モテが、

身分詐称や後継者捏造の事件に

巻き込まれて死んだ

東大帝国の2番目の

皇后の娘かもしれないと

話しました。

 

ケルドレックと富川主は

とても驚きました。

 

ケルドレックは

 

東大帝国の皇帝は

その事件のことで激怒し

姫を廃位して

皇后を塔に閉じ込めたから

自分たちが東大帝国と関われば

危険だ。

ナビエ皇后の所へ行っても

彼女はモテを嫌っているから

顔を見た瞬間、放り投げそうだ。

 

と言いました。

 

皇后陛下はそんな人ではないと

ダルタは反論しました。

 

しかしケルドレックは

 

ナビエはコシャールの妹なので

その性格も明らかだ。

コシャールは人前では

訓練を受けた犬のように

振る舞っているけれど

自分の前では狂った犬になる。

 

と言いました。

 

ダルタは、本当にナビエは

そんな人ではないと

再び反論しました。

 

2人の話を聞きながら

地団駄を踏んでいた富川主は

対立関係にある

月大陸連合へ行ったらどうかと

話に割り込みました。

 

ダルタは、即座に反対し

 

月大陸連合の騎士団長は

完全な狐で

人をチェスの駒のように操る。

モテのことを知ったら

骨の髄までしゃぶられる。

それにナビエ様の関心を

引くために

あらゆることをする変態だ。

 

と言いました。

 

富川主夫妻は

眠っている娘を見下ろしながら

 

今、月大陸は両連合が

完全に2つに分けていて

どちらに隠れても

2人に1人はばれる。

それなら、ロウソクの下に

身を隠すように

帝国連合の下に入った方がましだ。

 

と静かに言いました。

 

ケルドレックは

じっくり考えて頷きました。

 

富川主は

 

赤ちゃんの顔を一人一人

じっくり見ることはないから

うまく隠せる。

東大帝国の皇帝でも

モテに手を出そうとしたら

黙っていない。

 

と言いました。

 

大きくなったら目立つかも。

 

のケルドレックの言葉に

富川主は

 

男装させて、髪を染めて

年齢も偽装すれば

誰もお姫様だとは思わない。

 

と言いました。

f:id:myuieri:20210202174309j:plain

◇後継者◇

エベリーが号泣した姿を

思い出したソビエシュは

つられて自分も気分が沈み

庭を見下ろしました。

 

かつてナビエと手をつないで

走り回った庭は

あの頃の香りがしそうでした。

 

ソビエシュはトロビー公爵と

カルル侯爵に

 

自分が子供を持つのは

難しいだろう。

私のせいで、2人の皇后が

泣きながら立ち去った。

また同じことを

繰り返したくない。

随時、幻覚も見るし

子供が生まれても

グローリーエムが目に焼き付いて

耐えられない。

 

と言いました。

 

ソビエシュは、

トロビー公爵の腕に軽く手を乗せ

 

おそらく、次の皇位

君の孫か孫娘が上がる可能性が高い。

公式的な発表でないから

人に言わないように。

人のことはわからないし

確信もできない。

あの子たちが拒否することもできる。

ただ、西大帝国の

後継者にならない方にも

帝王学を勉強させるように。

 

と言いました。

f:id:myuieri:20210613133543j:plain

玉座に座る皇女◇

その頃、西大帝国では

部屋の中に誰もいなかったのに

ゆりかごで寝ていた皇女が

消えてしまったので

大騒ぎになっていました。

 

ハインリは

窓が開いているのに気づき

 

あの問題児、

また飛んで行った。

 

と言いました。

 

最近、翼に力が出て来たのか

ラリは、あちこち

飛び回ろうとしました。

 

ハインリは、自分の悪い所を

見せつけられているようでした。

 

ハインリは父親が

彼を見る度に

 

良くも悪くもない、

あなたと同じ子を産むように。

 

と慈しみ深く

話していたのを思い出し

憂鬱になりました。

 

幸運や成功を祈る言葉だと

思っていたのに

呪いだったとハインリは

思いました。

 

幸いなことに

ハインリは2時間後

威風堂々と玉座に座っている

ラリを見つけました。

 

人が見れば

ただ可愛いと思うだけだけれど

本人は真剣な様子でした。

 

問題児

 

と、ため息をついて

ハインリが近づこうとすると

ラリは羽をバタバタさせて

抵抗しました。

 

傷ついたハインリは

 

もう反抗期なの?

 

と膨れっ面をして尋ねると

ラリは、

羽をバタバタさせるのを止め

 

お父さん、怒っているの?

 

と尋ねるように

ハインリの顔を覗き込みました。

けれども、依然として玉座から

離れようとしませんでした。

 

その姿を見たハインリは

赤ちゃんが生まれる前に見た夢を

思い出し

 

予知夢だったのか。

 

とため息をつきましたが

こんなに早くから

玉座に執着するなんて

器の大きい子だと思いました。

 

ラリは長い間、

脱出していて疲れたのか

先ほどまで

偉そうにしていたのに

嘴を開いたまま

寝てしまいました。

 

その姿を見て呆れたハインリは

笑いながら子供を

抱きしめました。

 

鳥の姿で父親の懐に抱かれると

居心地が悪いのか

ラリは人間の姿になりました。

ハインリはマントで

子供を包んで外へ出て行き

嬉しそうに笑いました。

 

問題児だけれど

玉座に座る姿を見ると

訳もなく子供の未来に

期待をしました。

 

君のために皇権を強くしておくよ。

君は君がやりたいことを

全部やりながら生きなさい。

 

とハインリは言いました。

f:id:myuieri:20211003105217j:plain

◇姫の行方◇

ナビエ様は

他の国へ行ってから

もっと人気が出たんですね。

 

とベルディ子爵夫人の下女は

尋ねました。

 

ベルディ子爵夫人の姿は

病人のように

力がありませんでしたが

唇にかすかに笑みを浮かべながら

 

皇族に生まれていたら

もっと飛躍された方だから

どこへ行っても

上手くやるでしょう。

 

と答えました。

 

侍女は、ベルディ子爵夫人が

ナビエと知り合いだと

以前、言っていたことを

確認しました。

 

彼女は返事をする代わりに

寂しそうに頭を下げました。

 

毎日不安で危険だった時期は

わずか1年に過ぎないのに

生活が安定した後も

目を閉じると

ナビエ皇后を裏切った自分の姿と

後ろで泣き崩れている

ラスタ皇后の声が聞こえて来て

ベルディ子爵夫人は

まともに寝ることが

できませんでした。

 

そして、生まれて間もない頃から

彼女が育ててきた大切なお姫様、

グローリーエムを

世の中のすべての汚い物から

守ってあげたかったと

後悔していました。

 

ベルディ子爵夫人が

憂鬱になるのは

いつものことなので

下女は彼女を慰める代わりに

新聞を見ながら

 

誰も下に置かなかった

野良犬のような常時泉に

頭を下げさせて

自分の下に置いたナビエ様は

本当にすごい。

ところで、常時泉は

子供には弱かった。

常時泉は子供を何人か拾って

育てたけれど

そのうちの1人に治癒魔法が発現し

彼女がナビエ様に

忠誠を誓ったのがきっかけで

常時泉がナビエ様の下に入った。

 

と話を続けました。

 

ベルディ子爵夫人は

編み物をしていた手を止めて

下女を見ました。

 

あの時、常時泉は

子供を殺せとは言わず

捨てろと言っていました。

 

ベルディ子爵夫人は

少し傷が治るとすぐに

近くの民家や孤児院を

探しましたが

グローリーエムは

見つかりませんでした。

 

ソビエシュからは

血のたくさん付いた服が

見つかったから

探すのを止めるように

言われました。

 

その後、ベルディ子爵夫人は

心身共に疲れ果てて倒れ

今は家に閉じこもり

辛うじて、1日1日を

耐えていました。

 

けれども下女の言葉を聞いて

もしかしたら常時泉が

お姫様を連れて行ったのではないかと

思いました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ナビエ様が出ないのは

残念でしたが

内容が盛りだくさんの回でした。

 

ブルーボヘアンの王にとっては

災難でしたが

これから貴族や国民を

騙さずに済むことを考えれば

真実が明るみに出て良かったと

思います。

 

火事の後、

アレイシアは母親ではないと

エルギ公爵が訴えても

誰も信じてくれませんでしたが

彼が嘘つきでないことが証明されて

良かったです。

母親も元気になったので

ようやくエルギ公爵の心も

癒されたのではないかと思います。

 

ハインリは

ラリが自分に似て問題児でも

可愛くて仕方がないのでしょうね。

父親の愛情がひしひしと

感じられました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain