自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

マンガが大好き。マンガを読むことで自分時間を楽しく過ごしています。再婚承認を要求します、ハーレムの男たちのネタバレを書いています。

再婚承認を要求します 検証 ナビエが皇后の座を奪われると生きていけない理由

いつもブログをお読みいただき

ありがとうございます。

また、たくさんのコメントも

ありがとうございます。

 

以前、人間には

6HN(シックスヒューマンニーズ)

という

6つの感じたいと思う感情があることを

書きました。

 

1.安定感

  危険を避ける。

  確実なことを好む。

  変化を避ける。

 

2. 不安定感(自由) 

   変化を求める。

   予想のつかないもの

   サプライズ、ワクワクが好き 

 

3. 重要感

   認められたい。

   大事にされたい。

   ほめられたい。

 

4. 愛つながり    

   愛されたい

   誰かとつながっていたい

   所属感

 

5. 成長       

   成長したい。

   進歩したい。

 

6. 貢献

    誰かの役に立ちたい

    誰かのためになりたい。

 

この6つの感情のうち

3つを満たせば中毒になるそうですが

 

ナビエは

 

皇后の位に就いていることで

安定感を満たし

 

皇后として認められていることで

重要感を満たし

 

ソビエシュからの

愛は感じられなくても

皇后として愛され

信頼されていることで

愛つながりを満たし

 

皇后として

国民のために働くことで

貢献を満たし

 

そして、

国交のなかったルイフトとの

貿易に挑戦したり

本を読んで

知識を高めていることから

不安定感と成長を

満たしていました。

 

つまり、ナビエは

皇后の座に就いていることで

6つの感情全てを満たしていたので

皇后の座なしでは

生きていられない状況に

なっていたと思われます。

 

だから、

ソビエシュがラスタに溺れて

ナビエにひどい仕打ちや

理不尽なことをしても

彼女は皇后の座にいる限り

耐えられたと思います。

 

ところが、最初に

ルイフトとの国交の可能性が絶たれ

不安定感が

満たされなくなりました。

そして、

ナビエと離婚をすると

ソビエシュが

ラスタに話しているのを聞いた時

安定感、重要感、貢献が

満たされなくなりました。

 

個人的には

クイーンがいたので

愛つながりは保っていたし

勉強をしているので

成長もしていますが

皇后としての愛つながりは

失われてしまったし

皇后でなくなったら

勉強への意欲も

なくなっていたかもしれません。

 

子供の頃から

ナビエの6HNを満たしていたものを

全て失うことになったので

原作の69話で

 

皇后ではないナビエは何なのか。

皇后でないナビエは

どうやって生きていくのか。

 

とナビエが考えたように

ナビエは生きていく目的を

失ってしまいました。

 

myuieri.net

 

ハインリとクイーンがいなければ

ナビエは自ら命を絶ってしまったかも

しれません。

 

王妃になって欲しいという

ハインリの申し出に

飛びついたナビエは

自分のことを計算高い

考えましたが

ナビエが生きていくために

必要な選択だったのです。

f:id:myuieri:20211103060303j:plain