自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

マンガが大好き。マンガを読むことで自分時間を楽しく過ごしています。再婚承認を要求します、ハーレムの男たちのネタバレを書いています。

再婚承認を要求します ノベル 原作 30話 感想と考察 嫉妬が激しくなるソビエシュ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

ソビエシュは自分本位な人だと思います。

 

ソビエシュにとって、

ナビエ様は自分のもの。

真面目で、悪く言えば堅物な

ナビエ様は

絶対に浮気をするはずがないと

ソビエシュは

思っていたのではないかと思います。

ところが、

ナビエ様が自ら近づいたのではなく

ハインリ、カフメン大公、

エルギ公爵の方から彼女に近づいたのに

彼らと仲良くする姿が気に入らない。

もしかして、ナビエ様も

浮気をするのではないかと

不安になっているのだと思います。

自分が浮気をして、

ラスタを側室にしていなかったら

ナビエ様が

誰かと親しそうに話していても

そこまで、

過剰反応しなかったかもしれません。

 

ラスタと一緒にいるのに

ナビエ様とエルギ公爵のことで

深刻に悩んでいることから、

ソビエシュの嫉妬は

相当なものだと思います。

けれども、ラスタが

エルギ公爵から何かもらっても

嫉妬すらしなかったことは、

ラスタは、

ソビエシュの獲物にしか過ぎす

一時、心を奪われたけれど

ナビエ様の代わりに、

彼の欲望を満たす存在でしか

ないのだと思います。

 

外国人であれ、国内の青年であれ

ナビエ様が自分以外の男性と

親密になって欲しくないのは

ソビエシュが心の底では

ナビエ様を愛していて、

他の男性に取られたくないだけ。

自分は浮気しているくせに

身勝手だと思います。

 

ソビエシュ曰く、

自分以外の男性を知らないナビエ様に

口がうまいからといって

いい男とは限らないと忠告していますが

罠にかかったのは、

わざとではないにしても、

その後、

美しい容姿とはかなげな姿で

男を手玉に取って来たラスタの

術中にはまったソビエシュこそ、

人を見る目がないと思います。

 

この時点で、エルギ公爵は

ハインリが

本当にナビエ様を愛していることに

気づいているのでしょうか?

ハインリがナビエ様に

エルギ公爵の悪口を言うのは、

ナビエ様の気持ちが

エルギ公爵に傾かないように

心配しているだけだと思いますが

エルギ公爵は、

ハインリがナビエ様を愛することで

自分たちの計画が狂うことを

心配しているだけのように思います。

ところが、ハインリは

ナビエ様を深く愛してしまったために

自分の計画すら諦めました。

けれども、

最終的にエルギ公爵は

ソビエシュに復讐できたし、

ハインリは素晴らしい妻を手に入れ

自分の代わりに、

娘が東大帝国を手に入れました。

 

2人の行動の原点は、

ハインリの場合、

初めは兄、次はナビエ様への愛。

エルギ公爵は母親への愛。

後にナビエ様も、

愛するハインリを助けるために、

生まれたばかりの子供を置いて

敵陣に乗り込みました。

 

それに比べて、ソビエシュは

自分の事しか考えず、

人のために行動していません。

このことが、彼の敗因だと思います。