自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

子供の頃からマンガが大好き。マンガを読むことで自分時間を楽しく過ごしています。再婚承認を要求します、ハーレムの男たちを初めとして、マンガのネタバレを書いています。

ハーレムの男たち ネタバレ 325話の抜粋 ギルゴールを連れて行かないドミス

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

325話からの抜粋です。ギルゴールを側室として迎えた後、ドミスが覚醒した直後の夢を見たのではないかと思います。

 

正気に戻ったラティルは、

ギルゴールが、

衝撃的な表情で立っているのを

見ました。


ラティルは大きく目を見開きました。

彼は間違いなくラティルの隣で

気持ちよさそうに、

目を閉じていました。


ラティルが、

ロマンチックなムードを

途中で切り上げて寝ると、

彼の口元は

拗ねたようになりましたが、

やがて彼は、にやりと笑いました。

それなのに、

どうしてこんなに悲しそうなのか。

しかも、ラティルは森にいました。

 

なぜ、自分を置いていくのかと

ギルゴールが尋ねると、

外の敵より、中の敵の方が怖いと

自然と答えが出て来ました。

 

私はあなたの敵ですか?


その声と会話を聞いて、

ラティルは、

これがドミスの夢であることに

気がつきました。

いつもならすぐに気がつくのに、

この時は混乱しました。

隣にギルゴールがいて、

夢の中にも

ギルゴールが立て続けに出て来たため、

しばらく戸惑っていました。


実際に、ラティルは

ギルゴールを見ているようだけれど

彼は、眠っていました。

そのギルゴールと、

悲しんでいる彼を見て、

ラティルは、

とても不思議な気持ちになりました。


ギルゴールは、

自分はドミスの味方だったはずだと

主張しました。

彼の瞳孔は、

少しずつ大きくなっていましたが、

ドミスは気づいていないようでした。


ギルゴールは、

カルレインがドミスを

見向きもしなかった時も、

自分はいつも彼女の味方だった。

自分たちは友達ではないのかと

訴えました。

すると、ドミスは

だから、ギルゴールを

連れていけない。

カルレインはアニャの味方だった。

だから、彼は自分を傷つけた 。

ギルゴールは、本気ではないのに

自分のことを友達だと言って、

追い詰めたと答えました。


ドミスの頭の中では、

ギルゴールとの楽しい時間が

次々と通り過ぎていました。

しかし、ドミスはギルゴールに、

カルレインにしたようなことは

何も見せませんでした。

 

ドミスは、

ギルゴールが自分を傷つけるので、

彼を連れて行けない。

カルレインを連れて行くのは、

彼が可愛いからではない。

自分は彼を信用していない。

けれども、少なくとも、彼は

ロードに忠誠を誓っている。

その忠誠心は正しい方向へ向かう。

それを利用するために

彼を連れて行くと言いました。


ギルゴールは、

自分も利用して欲しいと訴えましたが

彼女は答える代わりに、

彼に背を向けました。


その前にラティルは、

ギルゴールの表情が

完全におかしくなっていることを

確認しました。

口元は笑っているけれど、

目からは涙が流れていました。


少し離れた所で

待っていたカルレインが

ドミスを捕まえようと、

手を伸ばしましたが、

彼女はその手を拒否して

一人で歩いて行きました。

ドミスは覚醒しながらも、

徹底的に誰も信用しないと

決めていることが

よくわかりました。

ラティルは、

ドミスのひどい孤立感と孤独感に

涙しました。

そして目を開けると、

目の前にギルゴールがいました。

赤い瞳はそのままでしたが、

揺れていませんでした。


それを見ているうちに、

涙が噴き出して来ました。

涙は枕に落ち、

彼は舌で目を舐めました。

 

ギルゴールは、

ラティルがなぜ泣いているのか

尋ねました。

ラティルは彼の首の後ろに

頭を埋め、目を閉じ、

ギルゴールが泣いたからだと

答えました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

覚醒した時点で

カルレインを信用していなかった

ドミスが、

なぜ、彼を愛するようになったのか

不思議ですが、

元々、彼のことが好きだったし、

カルレインがロードの騎士として

ドミスに尽くしている間に、

2人の間に愛が育まれていったという

ことなのかなと思います。

 

友達のアニャが階段から落ちた時、

ギルゴールが、

義妹のアニャと一緒に

笑っていなければ、

彼を連れて行ったかもしれません。

友達だと信じていた人に

裏切られたことで、

ドミスはギルゴールへの信頼を

失ってしまったのだと思います。

もしも、ドミスが

ギルゴールを連れて行って、

彼と愛し合うようになっていたら

ドミスは死なずに済んだかも

しれません。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain