自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 小説版第76話 マンガ版 71話 ソビエシュは離婚申請書を書き、ラスタは偽親と感動の偽の再会

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

再婚承認を要求します 小説版 第76話をお届けします。 とうとうソビエシュが離婚申請書を書き始めました。

マンガ版71話

◇離婚の理由◇

ソビエシュは離婚申請書を

持ってくるように

部下に命じます。

そして、離婚申請書に

離婚の理由を書き綴ります。

 

ナビエの兄コシャールが

 

・ラスタのお腹の子を

 中絶させようとしたこと。

・ラスタの弱点を握るために、

 ロテシュ子爵を拉致、

 監禁、暴行したこと。

・ラスタの偽の親を用意したこと。

 (これはソビエシュの

   罪のなすりつけ)

・コシャールを追放したが、

 ラスタと子供を狙う

 可能性が高い。

・結婚してから長らく

 子供に恵まれていない。

・ラスタの子を守りたい。

 

離婚の理由を書きながらも

これは正しい選択なのかと、

ソビエシュは不安を感じます。

 

しかし迷いを振り払い、

部下に離婚申請書を手渡します。

部下は、すぐに離婚しないで、

もう少し時間をかけてみてはと

訴えますが、

ソビエシュは、

ナビエは不妊だからと言って

聞く耳を持ちません。

 

◇ロテシュ子爵の怒り◇ 

一方、ロテシュ子爵は

コシャールから受けた傷のため

ベッドから離れられない

状態でした。

ロテシュ子爵の息子のアレンは、

孫を抱いてみたくないかと

ラスタにそっくりな息子を

ロテシュ子爵の元へ

連れていきますが、

ロテシュ子爵は突っぱねます。

 

アレンは、

息子を抱いて父親の部屋から出た後

妹のルベティと話をしていると

突然、ロテシュ子爵の

悲鳴が聞こえました。

 

アレンは息子を抱いたまま、

再びロテシュ子爵の部屋に入ると

ロテシュ子爵は

新聞を握りしめて震えていました。

新聞には、

ラスタの親と名乗る貴族の夫婦が2組

現れたことが書かれてあったのです。

 

子爵は、

 

ラスタの本当の親を知っている、

ラスタの親は本物の詐欺師だ、

現れたのは偽親だ

 

と言って宮殿へ向かいます。

マンガ版72話

◇偽りの感動の対面◇

ロテシュ子爵が宮殿に到着した時

ラスタはソビエシュと共に西塔で

貴族と記者に囲まれ

偽の2組の偽親と対面していました。

 

ソビエシュは、エルギ公爵が

ブルーボヘアンから

偽親を用意したことを

知りませんでした。

彼らが偽物と断定されたら

(偽物には違いありませんが)

ソビエシュの部下が連れてきた親も

偽物なので

新たに別の親を連れてくれば良い、

この一連の出来事が

掲載された新聞を見て

名乗り出たことにすればよい・・・

と考えを巡らしていたところ

 

ラスタとエルギ公爵が用意した

ブルーボヘアンの偽親が

 

私の両親です。

 

あなたを見つけるのに

どれだけ時間がかかったことか

 

どれだけ苦労したことか

 

と偽の感動の再会を果たしていました。

 

一方ソビエシュは、

ブルーボヘアンの偽親が

嘘をついていたとわかれば

(実際に嘘をついているのですが) 

処刑されると釘を 差しました。

 

ラスタが偽親を

自室へ連れていく途中で

ロテシュ子爵と会いましたが

ラスタは彼を鼻であしらいます。

 

エルギ公爵が用意した偽親は

盗賊に襲われた時に、

二人の娘と生き別れになり

娘たちを探すために、

財産を使い果たしていました。

まだ娘たちを探しているけれども

ラスタのことを、

もう一人の娘ができたと

思うことにすると伝えます。

ラスタは、

彼らが自分を利用するのではと

心配していましたが

彼らから、本当に愛情を

かけられているような気がして

ラスタも、

彼らが本当の親なら良いのにと

思うのでした。

 

ところで、ソビエシュに追放された

ナビエの兄コシャールは

ハインリの計らいで、

西王国へ到着していました。

f:id:myuieri:20210112054535j:plain

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain


ついにソビエシュは

離婚申請書を書いてしまいました。

彼の人生の中で

一番やっては

いけないことだったと思います。

それほど、自分の子供が

欲しかったという

ことなのでしょうね。

躊躇った時に

考えなおせば良かったのにと

思います。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain