自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 小説版第77話 マンガ 72話 73話 ハインリはコシャールを兄と呼ぶ、ハインリの手紙はナビエの元へ届く

f:id:myuieri:20210206055100j:plain


再婚承認を要求します 小説版 第77話をお届けします。

 

◇ハインリとコシャール◇

マンガ72話

ソビエシュに

追放されたコシャールを

ハインリが

西王国へ呼び寄せました。

 

コシャールは

なぜハインリが自分を

呼び寄せたのか

わかりませんでしたが

ハインリがラスタのことを

好きだと聞いていたので

彼に、彼女を連れていって

もらおうと思っていました。

 

ところが

ハインリが自分のことを、

義兄と呼ぶので

コシャールは、

なぜ、自分を

義兄と呼ぶのか尋ねると

ハインリは、

ナビエと結婚の約束をしたからだと

コシャールに答えました。

 

その話を聞き

水を飲んでいたコシャールは

むせてしまったのですが

そんなコシャールに、

ハインリはハンカチを渡しました。

コシャールは、

そのハンカチに刻まれたイニシャルと

ハンカチの模様から、

それがナビエのものだと

気づきます。

 

実は、そのハンカチは、

ナビエとコシャールの

父親が作った

ハンカチだったのです。

それを知ったハインリは、

 

義父から私の元に来た。

 

と言うものだから、

コシャールは

ハインリの言っていることが

理解できずに困惑します。

マンガ73話 

なぜ、そのハンカチを

ハインリが持っているのか

コシャールが尋ねると

 

皇后陛下からもらいました。

首に結んでもらいました。

 

というので、

コシャールの頭の中は

ますます混乱します。

 

ハインリは

 

・ナビエと結婚の約束をしたこと。

・ナビエから

 結婚の提案があったこと。

・ソビエシュがナビエとの

 離婚を準備している。

 

ことをコシャールに伝えました。

 

コシャールは、ハインリがなぜ、

ナビエからのプロポーズを

受け入れたかと尋ねると

 

彼女が好きだからです。

彼女を愛しているから、

プロポーズを受けた。

 

と答えました。

 

その言葉を聞き、

ハインリに対するコシャールの評価が

変わり始めたのですが、

ハインリが、

ものすごい浮気性であるという噂が

気になりました。

するとハインリは

 

私は浮気性ではない。

わざと、浮気性のふりをしていた。

 

と答えます。

その理由をコシャールは尋ねますが

 

ハインリが浮気性のふりをしたのは

 

・人々に注目されることなく、

 戦争の準備をするため。

・自分の評価を、わざと下げるため

 

だったので

戦争の準備をしていることを

コシャールに

隠しておきたかったハインリは

言葉を濁しました。

 

コシャールは

ナビエとの結婚の約束をした後の

段取りはどうするのか

ハインリに尋ねます。

 

するとハインリは、伝書鳩を使って

ナビエと手紙をやり取りしていたが

そのことをソビエシュに気づかれ

手紙のやり取りができなくなったと

コシャールに告げます。

 

コシャールは、

ハインリの顔をじっと見つめました。

ハインリと会ったのは、

今回が初めてで

エルギ公爵と共に、

社交界で浮気性の名を

馳せているけれども

ハインリの顔が

真剣そのものであることが

わかりました。

 

そして、妹のナビエが子供の頃から

 

遊ばないのは、皇后になるため、

思う存分食べられないのは、

皇后になるため、

これを我慢するのは、皇后になるため

 

ナビエは健気だと思います。

と自分自身を納得させて、

努力してきたのを見てきていたので

何の罪もないのに、

皇后の座を奪われたら

ナビエがどれほど傷つくか

コシャールにはわかっていました。

だから、コシャールは

ハインリと手を組むことにしました。

 

コシャールは、

自分の友人のパルアン侯爵が

伝書鳩を飼っているので

彼を通して

手紙をやり取りすればよいと提案します。

 ◇ハインリからの手紙◇

一方、東大帝国の宮廷の外では

ラスタが童話の主人公のように

取り上げられていて、

侍女から、その話を聞くたびに

ナビエは面白くありませんでした。

何とかして、ハインリと

連絡を取る方法はないものかと

考えていると

パルアン侯爵が、

ハインリの手紙を携えて

やってきました。

手紙には、

このように書かれていました。

 

詳しい状況を聞きたいです。

計画を立てなければなりませんね。

楽々行える時間があるでしょうか?

クイーンのお兄さんに会いました。

クイーンによく似ていますね。

クイーンに会いたくなりました。

どんな色が好きですか?

どんな部屋が好きですか?

事前に教えていただければ、

準備しておきます。

 

ハインリの手紙を読んで

辛い気持ちが軽くなったナビエでした。

 

ナビエが、手紙を運んできたのは

青い鳥かと尋ねると

パルアン侯爵は、はいと答え

青い鳥は、餌箱の中へ入れたので

今頃、お腹がいっぱいになっていると

ナビエに言いました。

 

f:id:myuieri:20210111114510j:plain

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

マンガでの

ハインリとコシャールの

やり取りを読んで

絵があると

より面白さが伝わるなと

思いました。

 

特に、ハインリの首に

ナビエが

ハンカチを巻くシーンを

コシャールが

思い浮かべたところは

吹き出しそうになりました。

 

ハインリは、

自分の本性を隠すために

わざと軽薄なイメージを

人々に受け付けて

いたのですね。

ナビエに似ている

コシャールを見て

ドキドキするハインリは

可愛いです。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain