自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

マンガが大好き。マンガを読むことで自分時間を楽しく過ごしています。再婚承認を要求します、ハーレムの男たちのネタバレを書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 66話 マンガ 60話、61話でカットされていたこと ソビエシュの言葉を信じられないナビエ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

66話 ソビエシュはナビエとの離婚を決意しました。

◇兄の追放◇

ソビエシュに

大事なことを言わなければ

ならないせいか

ナビエは、

時間の経つのが遅く感じられました。

 

夜明け前から目が覚めてしまったので

ナビエは侍女たちを

起こさないようにするため

忍耐心を必要としました。

 

我慢しきれなくなって

本を手に取りましたが

集中できませんでした。

 

疲れ切ってしまい、

朝食を取る頃には

むしろ落ち着いてきました。

 

食事を終えると

ナビエはソビエシュに会うため

本宮へ行きました。

 

ナビエを見て

立ち上がったソビエシュは

いつもより優しい態度でした。

 

コシャールを監禁しておいて

何を企んでいるのかと

ナビエは思いました。

 

ソビエシュは

コシャールを閉じ込めて

申し訳ないと思っているのか

彼の予期せぬ優しさに

ナビエは変なことばかり

考えました。

 

そして、ソビエシュが

ナビエが健康であることを

望んでいると言った時

彼女が

 

私も同じです。

 

と答えると、ソビエシュは

少し困った目で

ナビエを見て

口元には、優しい微笑みを

浮かべていたものの

瞳には深い悲しみが見えました。

 

ナビエは気まずい気分になり

その目をじっと見ていたら

ソビエシュは、いきなり

魔法庁の話を始めました。

仕事の話をした方が

ナビエは気楽だと思いました。

 

ソビエシュは、

最近になり

魔力消失現象が加速していること、

そして、ナビエが面倒を見ている

エベリーの魔力も消失し始め

授業についていけなくなったと

話しました。

 

ナビエは、魔法学園で

緊張して固まっていた

エベリーの姿を思い出し

胸が痛みました。

 

ナビエは、エベリーに

手紙を書くことにしました。

 

ナビエは想念から覚めると

周りはとても静かでした。

ソビエシュは、それ以上

口をききませんでした。

 

ナビエが顔を上げると

ソビエシュは複雑な顔をしていました。

彼女は、

私的な会話をする時間が来たことを

悟りました。

 

ナビエは、

 

エベリーは私が支援している子なので

私の方でも気にかけようと思います。

 

と言った後で、

いつまでコシャールを

監禁しておくつもりかと

ソビエシュに尋ねました。

 

彼の優しいまなざしが消え

冷たい表情になると

顔を背けて、

 

すぐに解放される。

 

と答えました。

 

ソビエシュは、

単にコシャールの

自宅監禁を解くつもりでは

なさそうだったので、

ナビエは、コシャールが

どこへ行くかが重要だと

話しました。

 

ソビエシュは

 

コシャールの口も行動も

信じられないこと、

ナビエでは、コシャールを

コントロールできないこと。

ソビエシュの子供が生まれる前に

コシャールは変わらない。

 

と言いました。

 

そして、

コシャールの話を始めてから

ナビエと

目を合わせようとしなかった

ソビエシュは

ナビエの目の前まで迫り

断固とした口調で

自分の子供を守るために

コシャールを追放すると

言いました。

 

その声には少しの揺れもなく

先ほどまで

ナビエの目を見られなかった人では

ありませんでした。

 

ソビエシュの指が

ナビエの唇の近くまで

上がった時、

彼女は、下唇を噛んでいることに

気が付きました。

 

ナビエがソビエシュに背を向けると

彼は、コシャールを

永遠に追放するわけではなく

彼が反省したら

再び戻れるようにすると言いました。

 

ナビエは何も言わなかったので

ソビエシュは彼女の肩に

軽く手を当てました。

 

ナビエは最大限

感情を表に

出さないようにしましたが

上手くいきませんでした。

 

けれども、目に力を入れて

まっすぐソビエシュを見つめると

彼は騙されたのか

ナビエを見て

呆れた顔をしました。

 

このような中でも

淡々としている私を見て

本当に木石のようだと

考えているのだろう。

 

とナビエは思いました。

 

ナビエは急いで深呼吸をして

なるべく平易な口調で

 

どうして、

ここまでしなくては

ならないのですか?

 

と尋ねました。

 

ソビエシュは、

その質問をそっくりそのまま

コシャールにしたいと

答えました。

 

そして、ソビエシュは

コシャールがロテシュ子爵を

拉致して暴行する前に

彼が襲われたことは

知らないようでしたが

コシャールがロテシュ子爵を

ボロボロにしたのは、

ラスタとラスタのお腹の子に

危害を加えるためだと

主張しました。

 

ナビエは、ソビエシュが

ラスタの過去について

聞いたかどうか尋ねるのを

ためらっていると、

彼は、

ナビエが何を言っても

コシャールは許さないので

出て行くようにと命じました。

f:id:myuieri:20210829061627j:plain


◇心の痛みと怒り◇

ナビエは

エベリーに手紙を書きながら

何度もペンを置きました。

 

ラスタと赤ちゃんを守るために

危険要素である兄を

追放するなんて

ソビエシュはラスタを

本当にとても愛しているのね。

 

このことを考える度に

ナビエは心臓が痛み

心が重くなりました。

 

ソビエシュはナビエのことを

配慮しているかのように

コシャールを非公式に

追放すると言っていましたが

ナビエには、

裁判所を通して事を処理することで

ラスタが

スキャンダルに巻き込まれるのを

心配して

非公式に処理するとしか

思えませんでした。

 

ソビエシュは、

兄が攻撃したのは

ロテシュ子爵ではなく

皇帝の赤ちゃんに

したいようだけれど、

そうするためには、

ロテシュ子爵とラスタが

それだけ密接な関係であることを

明らかにしないといけないし、

その過程で

ラスタが逃亡奴隷である話が

広まることを

ソビエシュは防ぎたいと

思っている。

 

とナビエは考えました。

 

そして、彼女は

コシャールが反省したら

帰って来られるようにするという

ソビエシュの言葉を

信じられませんでした。

 

生まれてもいない赤ちゃんのために

コシャールを追放するソビエシュが

赤ちゃんが生まれた後に

呼び戻すとは思えませんでした。

 

ソビエシュは、ラスタにとって

コシャールが邪魔だから

彼を片付けようとしていると

ナビエは思いました。

 

ナビエは

怒りで頭がいっぱいだったので

2時間ほど経ってから

ようやくエベリー宛の手紙を

書き終えました。

 

手紙には、

 

あまり焦らないように、

成績が良くても悪くても

私は、あなたを支援し続ける。

 

と書きました。

f:id:myuieri:20210926170803j:plain

東宮へ◇

ナビエは、イライザ伯爵夫人に

手紙を預けると

部屋の中をうろうろしながら

ソビエシュとラスタと兄について

悩みました。

 

1時間ほどして、

ナビエは気を引き締めて

部屋を出ました。

 

ナビエは、自らラスタの過去を

社交界に広めるつもりはないけれど

それを利用して

コシャールを追放させないように

ソビエシュと取引するつもりでした。

 

回廊を歩いていると

ナビエの後ろから冷たい風が

吹きつけました。

早くソビエシュの所へ行きなさいと

言っているようでした。

 

ナビエは何度も深呼吸をして

東宮の中へ入りました。

深夜だったので、

ナビエは、

足音が響き過ぎるような気がして、

回廊を通って階段を上がってからは

踵を上げて

できるだけ足音を

立てないようにしました。

f:id:myuieri:20210810062455j:plain

◇離婚◇

ソビエシュの部屋へ行くには

ラスタが泊っている部屋の前を

通る必要がありますが

その戸口に、ナビエを裏切って

ラスタの所へ行った

ベルディ子爵夫人が立っていました。

彼女はナビエを見て

驚いた顔をしました。

 

しばらくナビエは

ベルディ子爵夫人を見ていると

彼女はうろたえました。

 

ナビエは、

互いに挨拶をしたら

ぎこちないだろうと思いました。

 

そして、ベルディ子爵夫人は

ナビエに挨拶に来るつもりが

なさそうでした。

 

皇后を見ても

挨拶をしないと皮肉って

叱る気もしなかったので

ナビエはベルティ子爵夫人の前を

通り過ぎると彼女は

聞こえるか聞こえないか

わからないほど小さく

悲しみに満ちた声で

 

陛下

 

と声を掛けました。

 

振り返ると、

ベルディ子爵夫人が涙ぐんで

ナビエを見つめていました。

 

ナビエを裏切って

ラスタの所へ行った

ベルディ子爵夫人は

以前より、

生活が苦しそうでした。

けれども、今は

彼女を慰める状況では

ありませんでした。

 

ナビエは

向きを変えようとしましたが

ベルディ子爵夫人はもう一度

 

皇后陛下

 

と言って、幽霊のように

扉の向こうへ

行ってしまいました。

 

言いたいことがあるように

見えたけれど

何も言わずに行ってしまった。

言いにくいことでもあったのか。

 

とナビエは思いました。

 

ナビエは

ベルディ子爵夫人が

消えた方向を見ながら

向きを変えようとすると

部屋の扉が少し開いていました。

 

いつもなら閉め忘れたと

思うところでしたが

そこはベルディ子爵夫人が

泣きそうな顔で

ナビエを見ていた場所でした。

 

私に何か言いたかったのだろうか。

 

不思議だけれど、

理解し難かったので

そのまま先へ進もうとすると

 

でも陛下、離婚って、

皇后の家門が反対するはずですが・・

 

驚きに満ちたラスタの小さな声が

聞こえてきました。

 

離婚という言葉を聞き

ナビエは立ち止まりました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ナビエとの離婚を決意した

ソビエシュは

ナビエに後ろめたい気持ちがあって

彼女に優しい態度を

取ったのでしょうね。

そして、心のどこかで

本当に離婚をして良いのか

迷っている気持ちが

少し残っているような気がします。

 

ただ、ナビエは

ソビエシュのやることに

裏があるように思っています。

 

たとえソビエシュとナビエが

離婚しなかったとしても

2人は形式だけの夫婦に

なってしまったのではと

思います。

 

ベルディ子爵夫人は

お金のために

ラスタの侍女になりましたが

ナビエを裏切ったことを

心苦しく思っています。

(外伝35話にそれが出てきます。)

そして、

ラスタの所へ行った後でも

ナビエから受けた恩を

忘れていなかったのではと思います。

 

彼女は

ナビエに申し訳ないという

気持ちから

ソビエシュがラスタに

離婚の話をしているのを

聞かせてあげたかったのかなと

思いました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain