自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説第247話 あらすじ ハインリの救出作戦

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

ハインリと再会できたナビエでしたが・・・

◇ハインリの救出方法◇

ナビエは、エンジェルに

 

どうしたのか?

知っている鳥なのか?

 

と聞かれました。

 

何を考えているかわからないけれども

おそらく

良いことを考えていなさそうな

エンジェルが、目を細めて笑うのを見て

ナビエは、人々が超国籍軍団を

避ける理由がわかりました。

 

ナビエは、あの鳥は

エンジェルからもらった鳥に

似ている、兄弟なのかと

訪ねました。

 

エンジェルが否定したので

ナビエは

 

彼からもらった鳥が

寂しがっているので

あの鳥も欲しいと言いました。

 

鳥かごの中にいるハインリは

顔がやつれ

翼はパサパサになり

瞳は生気がなくて

涙が一滴たまっていました。

そして、わざとナビエに

知らんぷりをしている姿を見て

ナビエは不憫に思いました。

 

すると、エンジェルは

 

あの鳥は、

私が一番大事にしている鳥なので

あげられない。

 

と言って断りました。

 

その場所は、

とても人通りが多いので

こっそりハインリを連れ出すことが

できそうにありませんでした。

エンジェルは、わざとこの場所に

鳥かごを置いたと

ナビエは思いました。

 

エンジェルが部屋へ

案内するというので

ナビエは、心を痛めながらも

彼の後に付いていきました。

 

f:id:myuieri:20210625051002j:plain

エンジェルが案内した部屋は

2階の一番奥の部屋でした。

ナビエが一人で使う部屋なので

マッケナとランドレ子爵、

侍従や護衛たちは

部屋を出て行きました。

 

一人残ったマスターズは

 

あの鳥は

時々、皇后陛下が一緒に遊ぶ

鳥でしょう?

 

とナビエに尋ねました。

ナビエは認めました。

 

ナビエは窓に近づきました。

カーテンはずっしりと重く

窓の外には

特に多くの騎士たちが

いるように感じられました。

 

なぜ、ナビエの鳥を

エンジェルが持っているのかと

マスターズが尋ねたので

ナビエは、

手紙を送った時に

捕まえられたと答えました。

 

するとマスターズは

 

そういう時は残念だけど

仕方がない。

皇后陛下の伝書鳥だと

知られなければ

殺されないので

あの鳥は、

もういない鳥ということにすれば

陛下にとっても

鳥にとっても

良いことなのでは。

 

と言いました。

 

何も知らないとはいえ、マスターズの言葉はちょっと・・・ マスターズなりにナビエを慰めているのでしょうけれど。

 

20分後、マッケナが

ナビエの部屋へやって来ました。

ナビエは、マスターズに

用事を言いつけて

マッケナと2人だけになると

ハインリの救出方法について

相談をしました。

 

こっそり連れ出すのは大変だ

と言うマッケナにナビエは

堂々と連れ出すと伝えました。

 

f:id:myuieri:20210112055724j:plain

◇ルベティの殺意◇

新年祭に出発したナビエの

ただならぬ様子を見たルベティは

神殿に立ち寄り

ナビエが無事であるように

彼女のために祈りました。

 

その後、ルベティは

カイとラリと遊んでいる時に

アレンが、アンのことを

世界で一番きれい、

天から降りてきた天使だと

褒めちぎっていたことを

思い出しました。

 

ルベティは、

ラスタに似たアンが嫌いだったので

そのような兄の振る舞いに

腹を立てていましたが

今は、あの時に戻りたいと

思っていました。

 

兄がアンを抱きしめて

歩き回っているのを見て

舌打ちしていた父の姿を

もう見られないと思うと

涙が出ました。

 

ルベティは風に当たりたいと思い

誰もいない所を探して

歩き続けていると

エルギ公爵を発見しました。

 

彼は壁にもたれながら、階段に座り

物思いに耽りながら

ネックレスをいじっていました。

 

彼がアンを神殿に連れて行かなければ

アレンはラスタの一味に

されなかったのに。

階段から転げ落ちてしまえ!

 

とルベティは思いました。

 

自分とエルギ公爵の周りには

誰もいませんでした。

 

ルベティは靴を脱ぎ

ゆっくりとエルギ公爵に近づき

彼の背中に手を伸ばしました。

f:id:myuieri:20210523060724j:plain

◇ハインリ救出作戦◇ 

ハインリは鳥かごの中で

先ほどのナビエの驚いた顔、

悲しんでいる姿

心配している瞳を

思い浮かべていました。

 

ハインリは、

魔力石の最後の1個を

回収するところで

捕まえられました。

一人で行ったことを

後悔しましたが

何人かで行って

同時に鳥に変わって逃げたら

怪しまれたと思いました。

 

ハインリは、何とか逃げる方法を

考えていると

悲鳴と叫び声が聞こえました。

 

捕まえろ!

 

という声が聞こえましたが

声の主と足音は一人や二人では

ありませんでした。

 

すると、仮面で顔を隠した

各国の制服を着た騎士の群れが

走って来ました。

その中には、西大帝国と

第4騎士団の制服も見えました。

 

そして、ハインリが驚く間もなく

騎士の一人が鳥かごを持って

走り出しました。

その人は鳥一族の部下でした。

他の騎士たちも走り出しました。

 

ハインリは鳥かごに

身体をぶつけないように

翼で柵をつかんでいました。

 

すると騎士が急に立ち止まったので

ハインリは後方へ投げ出されました。

態勢を立て直すと

ハインリの目の前に

エンジェルが立っていて

その後ろに第4騎士団の騎士たちが

壁のように立っていました。

 

そして、後ろからは

別の騎士団が集まって来ました。

 

ハインリと騎士たちは

サンドイッチ状態になりました。

 

なぜ、その鳥を救うために

わざわざ各国の騎士の制服を

盗む必要があったのか、

勝手に盗まないで

その制服を着たいと

話せば良かったのに。

 

とエンジェルは言いました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

子供の頃から遊ぶのも我慢して

皇后になるための

勉強をしてきたナビエ。

その知識と、皇后としての経験が

あらゆる困難を乗り越えるための

力を与えていると思いました。

ナビエの不屈の精神を

見習いたいです。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain