自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説第140話 誕生日のプレゼントは?

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

再婚承認を要求します 小説版 第140話をお届けします。ハインリが誕生日に欲しい物は何なのでしょう。

◇水に濡れたあなた◇ 

ハインリは、

誕生日のプレゼントとして

ナビエと一緒に

お風呂に入りたいと言いました。

それが無理なら

侍従や侍女たちを除いて

1日、2人だけで遊びたいと

言いました。

 

ハインリは

幽霊騒動の時も恐がる振りをして

一緒にお風呂に入りたいと

言っていたので

なぜ、お風呂に執着をするのか

ハインリに尋ねると

 

水に濡れたクイーンも

良いと思います。

 

と彼は答えました。

 

ナビエは、噴水台で

鳥から人に変わったハインリを

見た姿を思い出し

 

水に濡れたあなたは

美しかったです、ハインリ。

 

と素直に認めました。

f:id:myuieri:20210311051627j:plain


ハインリは笑いましたが

すぐに、ナビエを

食い入るような目で見つめました。

 

ちょうど雨も上がったので

ナビエは傘を抜け出し

早足で、先に帰りました。

 

素直に自分の気持ちを言った後で、ナビエは恥ずかしくなったのでしょうか。

◇ナビエへのプレゼント◇ 

エベリーはソビエシュに呼ばれて

緊張していました。

彼は、エベリーに色々と

良くしてくれるれども

それまで、ソビエシュは

エベリーを自分の所へ

呼ぶことはなかったので

彼女も、彼のことを気にせず

過ごしていました。

 

もしかして、自分が皇帝の寵愛を

受けている振りをして

嘘をついたことを

咎められるのかと思っていましたが

ソビエシュは、

ナビエへのプレゼントを

代わりに届けて欲しい、

けれども、ソビエシュからではなく

エベリー自身が

贈ったことにして欲しいと

エベリーに頼みました。

 

f:id:myuieri:20210311052008j:plain

エベリーは、なぜ、ソビエシュが

自分の名前で贈らないのか

不思議に思いましたが

彼女はナビエに

会えることが嬉しいので

ソビエシュの頼みを

受け入れることにしました。

 

ハインリの誕生日に、

西大帝国に使節団を送るので

その時に、またエベリーを呼ぶ

 

とソビエシュは言いました。

 

エベリーは、

なぜソビエシュは

離婚したナビエを気遣うのか

立派な奥さんを捨てるほど

ラスタに恋しているはずなのに。

と考えました。

 

けれども、噂によれば

ソビエシュはラスタを

大事にしていないようだし

ラスタはブルーボヘアンの王族と

不倫をしているようだし

それなら、なぜ離婚をしたのか。

そんなことを考えながら

歩いていると

 

卑しい者が、なぜここにいるんだ?

 

と、ひそひそ話す声が聞こえました。

イースクア子爵夫妻でした。

 

ラスタの偽親です。

彼らの顔には不快感が表れていたので

エベリーも同様にしました。

彼らと顔を合わすのも嫌でした。

 

親も子も同じ。

 

と言われて、エベリーは

挨拶もせず、身を翻して

反対方向へ歩いて行きました。

イースクア子爵夫妻、性格が悪いです。

 ◇私も命が惜しい◇

皇帝夫妻と謁見までしたにも

かかわらず

依然として

妹のデリス行方はわからず、

連絡も来ないので

ジョアンソンは、

とても心配していました。

 

妹に何かあったかと思うだけで

心が苦しくなったので

彼は、妹が面倒を

見てもらっていると話していた

メイド仲間のリアンに

話を聞くことにしました。

 

ジョアンソンは、

何日もリアンを待ち伏せして

ようやく、

彼女を捕まえることができました。

 

ジョアンソンは、

自分がデリスの兄だと

自己紹介した後に

話がしたいとリアンに頼みましたが

彼女は、首を横に振り

慌てて別の場所へ歩いていきました。

 

彼女が何か恐れているような

気がしたので

ジョアンソンはリアンを追いかけて

泣きながら

 

妹が突然消えた理由を

教えて欲しい、

妹を見つけるのを

手伝ってほしい。

知っていることがあれば

1つでもいいから教えて欲しい。

 

とリアンに訴えました。

 

ジョアンソンの切実な訴えに

リアンは足を止め

躊躇いがちに

 

私も命が惜しいので

お話しいたしかねます。

 

と彼に言いました。

ただならぬリアンの言葉に

ジョアンソンは

すでに妹が

死んでしまったように感じ

彼は絶望し、すすり泣きました。

 

リアンは

他の人が聞こえないくらい小さな声で

 

人は、見えるものが、

すべてではありません。

 

と言いました。

ジョアンソンが

その言葉の意味を尋ねると

 

私の話をよく考えてみれば

答えが出るでしょう。

あなたが一番信じている人を

疑ってください。

私が申し上げられるお話は

ここまでです。

 

と言って、リアンは
急いで姿を消しました。

f:id:myuieri:20210311052156j:plain

3日後、休暇を終えて

宮殿に戻ったリアンは

休暇前に借りた本を返すため

図書館へ行き、

書架へ本を戻そうとすると

そこに、ソビエシュがいました。

 

リアンは、

ソビエシュに挨拶をした後、

 

おっしゃる通りにしました。

 

と報告しました。

 

リアンがジョアンソンに

話したことは

事前にソビエシュが

許可をしていたことでした。

 

リアンは、

1度のミスで厳しい罰を下すラスタを

信用できないので

皇帝に忠誠を誓っていました。

 

ソビエシュは、

 

自分の言う通りにすれば

お前はどんな処罰も受けない。

 

とリアンに伝えました。

◇ イケメンは弱い◇

コシャールは目を覚ますと

粗末な旅館にいました。

マスターズは、

自分が彼をそこへ連れてきたと

言いました。

 

彼女は、

 

コシャールが

そんなに弱いとは知らなった

弱い者いじめをしてはいけない。

と習ったのに。

手加減すればよかった

 

と言って謝りました。

 

コシャールは自分が油断していたと

あえて言うのはやめました。

マスターズも、

自分にケガをさせたことで

ナビエに変なことを言わないだろうと

思い、笑いました。

 

皇后の兄をケガをさせたことで

小さくなっていたマスターズでしたが

コシャールの笑顔を見て

しばらくぼんやりとしました。

彼の微笑みは、水面でキラキラ輝く

光のようでした。


イケメンだから、弱かったんだ

 

とマスターズは思いました。

そして、喉が渇いたので

横に置いてあった大きな水差しの水を

一気飲みしました。

 

コシャールは、

驚いて目を丸くしました。

 

マスターズは、

 

ここはお祭りムードですね。

あちこちで音楽の音が聞こえますが

何かあるのですか?

 

と尋ねました。

◇マレーニの告白◇ 

 

幽霊騒動が終り

ナビエは、

リバティ公爵が

ケトラン侯爵の幽霊騒動を

見て見ぬふりをしていたことを

思いだしました。

 

マレーニのライバルのウィヤンは

リバティ公爵の息子なので、

ウィヤンは、

リバティ公爵の思想に

影響を受けるのではないかと

思いました。

 

アマレス侯爵(マレーニの父)は

今のところ、中立のようだけれど

ウィヤンが後継者になれば

変わるかもしれませんでした。

 

おさらい、リバティ侯爵の息子を、マレーニの父親のアマレス侯爵が養子にしています。

悩んだ末、ナビエは

マレーニを呼びました。

 

ナビエは、マレーニに

 

以前出した宿題は

マレーニの能力を

知るためのものだった。

 

と言うと、マレーニは

 

あの報告書は自分が真似したと

マレーニは告白しました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ジョアンソンの

一番信じている人って

ラスタのことでしょうか?

 

ソビエシュは

どうしてそんなことを

リアンに言わせたのか

わかりませんが

子供が生まれた後

ラスタに皇后をやめさせるための

理由の一つにするのかなと

思いました。

 

ハインリの前では

素直になれるナビエ。

可愛いです。

 

コシャールとマスターズも

この先、どうなるのか

気になります。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain