自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説第159話 あらすじ 思いがけない再会

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

再婚承認を要求します 小説版 第159話をお届けします。ジョアンソンに警告されたラスタでしたが・・・

◇冷たいソビエシュ◇ 

ラスタは椅子のひじ掛けを

握ったり、離したりしながら

ジョアンソンの警告を

思い出していました。

 

ジョアンソンの妹を

返したくても返せない。

 

ラスタは考えれば考えるほど

頭が痛くなるので

ベッドに横になり

現実を忘れて夢の中へ

逃げ込もうとしましたが

そこへソビエシュがやって来ました。

 

ソビエシュは冷ややかな態度で

記事に書かれていたことが

本当なのかと

ラスタに尋ねました。

 

ラスタは素直に答えず

話をはぐらかしていましたが

ソビエシュのきつい問いかけに

彼女は、実の父親ではないと

答えました。

 

ラスタの返事を聞くと

ソビエシュはすぐに

立ち去りました。

数か月前、ラスタのお腹に

子守歌を歌ってくれた男は

もうどこにもいませんでした。

 

f:id:myuieri:20210327132947j:plain

ラスタの嘘に気づいたソビエシュは

姫が被害を受けないように

人々の関心が他に移った時

ラスタの父親を

静かに処理するように

カルル侯爵に命じました。

 

静かに処理するって、どういうことなのでしょうか・・・

◇一人でウィルウォルへ◇ 

ハインリは、悩んだ末

お腹が大きくなる前に

ウィルウォルへ行くのが良いと

結論を出しました。 

 

妊娠初期は最も気を付けなければ

いけない時期だけれども

お腹が大きくなれば

ナビエの妊娠を誰もが知ることになり

襲撃者が目を光らせるかもしれないと

ハインリは心配していました。

 

ハインリは、

ナビエのお腹をさすりながら

 

大きくて快適な馬車に乗り

旅行だと思って出かけましょう。

2人で食事をしたレストランにも

行きましょう。

 

と言いました。

 

ナビエは久しぶりに

2人で出かけることを考えると

楽しくなりました。

ところが、出発する2日前に

ホワイトモンドの王が

直接、ハインリと話をしたいと言って

西大帝国へ向かっていると

連絡が届きました。

 

ハインリが出かけてしまうと

ホワイトモンドの王と

会えなくなってしまうので

ナビエは1人で

ウィルウォルへ行くことにしました。

◇まさかの再会◇ 

ナビエは馬車に揺られながら

ハインリと一緒に来たかったと

思いました。

 

今回の旅行に出発する前

ナビエは自分が

魔法使いになるかもしれないことを

侍女たちにこっそり話しました。

 

すると、彼女たちは今までになく

ひどく慌てて

全員、旅行に

付いて来たがりましたが

結局、ジュベール伯爵夫人と

マスターズだけ

連れてくることになり

ローラとローズが

抗議したことを思い出し

ナビエは笑いました。

f:id:myuieri:20210131150550j:plain

ウィルウォルへ到着し

馬車が止まると

ランドレ子爵のエスコートで

ナビエは馬車から降りました。

彼が浮かない顔をしているので

その理由を尋ねると

リバティ公爵の長男の

リバティ侯爵が

ニアンのことを好きになったようで

彼女が開くパーティーすべてに

出席しているとのことでした。

 

リバティ公爵の下の息子はマレーニの義理の弟です。

 

リバティ侯爵は

自分より身分も高いし

安定しているし

顔立ちも良くて・・・

 

とランドレ子爵が言うと

マスターズが

ランドレ子爵も

十分顔立ちが良いと

慰めてくれました。

 

そんな2人のやり取りを見て

笑いを堪えていた

ナビエでしたが

物思いに耽りながら歩いていた

ランドレ子爵の顔が

突然、多国籍騎士団の

団長の顔に変わりました。

 

前方に

ソビエシュが立っていました。

ソビエシュもナビエを見て

顔がこわばりました。

彼の騎士たちも

困った顔をしていました。

 

しばらく、気まずそうに

互いを見つめ合っていましたが

逃げるわけにもいかないので

ナビエはソビエシュに近寄り

最大限、

皇后としての笑顔を浮かべ

心を伴わない挨拶をしました。

 

ナビエは、ソビエシュに

赤ちゃんが生まれたことへの

お祝いの言葉を述べ

 

私が用意した宝剣は

使えなくなりましたね。

捨てましたか?

 

と尋ねました。

 

宝剣には、遊んで暮らすように、という意味が込められていました。

 

ソビエシュは、

宝剣はラスタがどこかへ

持って行ったのでわからない。

 

と答えました。

 

ナビエは頷き

このまま、

先に進んでも良いのかと

考えていると

ソビエシュは

自分の護衛に後ろに下がるように

指示しました。

そして、

ナビエの後ろの人たちにも

同様に目で合図をしました。

東大帝国の皇帝の指示を

無視するわけにはいかないので

ナビエは、ランドレ子爵と

ジュベール伯爵夫人と

マスターズに

距離を開けるように

頼みました。

 

2人だけになると

ソビエシュはナビエに

 

幸せに暮らしていると

思ったのに

どうして、こんなに

痩せたのか?

 

とかなり傷ついているような声で

尋ねました。 

 

最近、ほとんど食べ物を

食べていなかったので

痩せたのは事実だけれども

妊娠して食欲がなくなったとは

言えないので、

ナビエは返答に困り黙っていました。 

 

すると、ソビエシュは

 

あなたの夫のせいか?

 

と尋ねました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

思いがけず

ウィルウォルで再会した

ソビエシュとナビエ。

ソビエシュは

ナビエに未練たっぷりですが

ナビエは

西大帝国の皇后として

きちんと礼儀を尽くせるし

皮肉まで言えるほど。

まだ、ソビエシュのことを

好きだとは思いますが

ナビエの中で

ハインリが大きな存在に

なっているのかなと思います。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

 

 

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain