自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説第160話 あらすじ ソビエシュの忠告 大切な存在

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

160話 思いがけず、ウィルウォルで再会したソビエシュとナビエでしたが・・・

 

◇ソビエシュの忠告◇

夫のせいで痩せたのかと

ソビエシュに言われたナビエは

きっぱりと否定しました。

しかし、ソビエシュは

ナビエの話を聞かず

 

いつでも戻ってきていい。

プライドを傷つける必要はない。

 

と自分の言いたいことだけを

言いました。

 

ナビエは喉元まで

出かかった言葉を飲み込み

ソビエシュに別れの挨拶をしました。

 

しかし、ソビエシュは

ハインリがナビエを

悲しませていると

言い出しました。

 

ナビエは、否定しました。

そして、今、自分は

どんな時よりも幸せで

ソビエシュと離婚した瞬間

ソビエシュは

自分に関与できなくなったと

言いました。

 

ソビエシュは、

自分たち2人が仲良かった時より

幸せなのかと

ナビエに尋ねました。

 

子供の頃は

悪いことを一度も経験していないし

政治的な争いもなかった。

両親と兄と同じ家で過ごし

ソビエシュの両親は

ただ自分を可愛がってくれた。

ラスタもいなかったし

ソビエシュは親友だった。

そのように受け継がれてきた

時代を破った張本人が、

目の前にいる男だと

ナビエは思いました。

 

ナビエは、

 

ソビエシュと一緒だった

子供の頃も幸せだった。

けれども、それは

幼い時代だったから

幸せだっただけで

ソビエシュが一緒だったから

幸せだったわけではない。

あの頃のソビエシュの部分を

ハサミで切り取れるなら

すでに切り取っている。

 

と言いました。

 

すると、今度は

ハインリとクリスタの

スキャンダルについて

ソビエシュは言及しました。

 

それはデマだ

本当だとしても

ソビエシュが

関与することではないと

ナビエは言いました。

 

ナビエは、

このような話を

ソビエシュとしていて

精神的に疲れたので

別れの言葉を言うと

送っていくという

ソビエシュを無視して

歩き出しました。

しかし、ソビエシュは

後を付いてきて

ナビエの名前を呼びました。

 

ナビエは

離婚をする前に

こんなに話をしたことは

なかったのに。

レースのたくさん付いた扇の

チクチクした部分で

ソビエシュの唇を

叩いてやりたいと思いました。

 

ナビエって、ちょっと残酷かも。

ソビエシュは

なぜナビエが

ウィルウォルへ来たのか

尋ねました。

 

ナビエとして来たのであれば

自分には関係ないが

西大帝国の皇后として

来たのであれば

自分は知っている必要がある。

 

とソビエシュは言いました。

 

ナビエは立ち止まり

 

学長に会いに来た。

どんな話をするかは秘密。

 

と答えるとソビエシュの顔が

暗くなりました。

そして、真剣な表情で

ナビエも魔力消失問題に

関わっているのか尋ねました。

 

ナビエは、その言葉の意味が

わからないと言うと

彼は

 

ハインリ皇帝を警戒するように。

 

とナビエに忠告しました。

f:id:myuieri:20210328065135j:plain

◇西大帝国への疑惑◇

ようやくソビエシュと別れて

ナビエは学長室へ

行くことができましたが

ソビエシュの言葉が気になって

仕方がありませんでした。

そして、

以前は優しくて豪快だった学長の

表情がよくないのを見て

ソビエシュの言葉が

さらに気になりました。

 

しかし、ナビエは

何も気づかないふりをして

学長に挨拶をしました。

そして、魔力について

助けて欲しいことがあると

ナビエが頼むと

学長はきっぱりと断りました。

 

ナビエは、

自分が西大帝国へ行ったから

助けてもらえないのかと

学長に尋ねました。

 

学長はそれを否定し

 

ナビエの再婚は

両手を広げて歓迎した。

ただ、疑惑が明らかになるまでは

西大帝国とは

距離を置かなくてはならない。

 

と言いました。

 

ナビエは何が何だか

わからなくなりました。

◇ラスタに関する記事◇ 

ハインリと来る予定だった店に

やってきたナビエは

食事が出て来るのを待つ間

ソビエシュと学長の言葉を

何度も思い返して

疑惑が何なのか考えました。

 

もしかしたら、2人は

西大帝国が魔力焼失問題に

関わっていると考えているのか

とナビエは思いました。

 

ナビエは、

 

西大帝国が

そんなことをするはずがない、

いくらハインリが

猫をかぶっていても

そこまで怖い人ではない

エベリーの苦しみの原因が

ハインリであるわけがない。

 

と思いました。

でも、ハインリがやったのですよね。 

f:id:myuieri:20210328065401j:plain

考えがまとまらないうちに

食事が運ばれてきました。

空腹なのに食欲のない

ナビエでしたが

無理に口の中に

食べ物を入れていると

店の人が

新聞を持ってきてくれました。

そこには、

ラスタの実父についての

記事が載っていました。

 

数日前に皇后陛下の実父が

現れたけれども

彼女はそれを否定した。

ところが、昨晩

皇后陛下の父親だと主張した男は 

実は父親ではなく

しばらく彼女を預かって

育ててくれた人だと

彼女が発表した。

すると、その男も

皇后陛下の言葉が正しいと

合意した。

 

しかし、

記事を書いたジョアンソンは

男が脅迫されたり

金を受け取るかして

主張を変えたのでは?

と疑問を呈していました。

 

ラスタは、この男と

貴族の両親を共に扶養すると

発表したらしいけれども

記者は

 

皇后陛下はとてもお優しい。

しかし、

一国の皇后ともなれば

決断力が必要。

一国の皇后が、

こんなことをしていれば

国が詐欺に合うかもしれない。

皇后陛下は神殿で検査を受けて

生みの親が判明したら

彼らだけを扶養すれば

よいのでは?

 

とラスタを侮辱していました。

 

ラスタがエルギ公爵に港を渡してしまったら、まさにその通りになりますね。

 

ナビエは、

ソビエシュと学長の

話のことばかり考えていて

気づきませんでしたが

周りの人たちは

ラスタの噂話をしていました。

 

今頃、子供を産んで育てて

幸せに暮らしていると思ったのに 

ラスタに何が起こったのだろう?

 

とナビエは思いました。 

◇ 大切な存在◇

ナビエが西大帝国に戻ると

ものすごい勢いで

走ってきたハインリを

落ち着かせて

彼女は、

ソビエシュと学長の言葉と

2人の態度について話しました。

ラスタのことは

話しませんでした。

 

ナビエは、

 

あなたが

エベリーのように

苦しむ人たちを作るはずがないと

信じています。

魔力のことは

カフメン大公に聞いてみます。

 

とハインリに伝えました。

 

彼は無言でナビエを

力いっぱい抱きしめました。

 

その夜、ハインリの胸の上に

うつ伏せになり目を閉じると

すべての心配が消えました。

 

大きな子犬のようで

腹黒い鷲のようでもある

隣国の王子が

私の夫になり

そばにいるだけで癒される。

 

ナビエにとって

ハインリは

そのような存在になっていました。

 

f:id:myuieri:20210328065737j:plain

彼の体臭を吸い込んでいるうちに

数日間の疲れが出てきて

寝入ってしまいました。

そして、ナビエが目を覚ました時

ハインリはいませんでした。

 

用事があるのだろうと思い

再び横になりましたが

突然、お腹が空いてきて

ハインリの作った

薄いパンが食べたくなり

彼を探しに行きました。

部屋の中にいなかったので

執務室に行くと

扉が閉まっていました。

 

後で来ようかと思いながら

無意識にドアノブに触れた瞬間

ドアノブが凍り

音もなく扉が開きました。

慌てたナビエは

 

明日すぐに、

カフメン大公に会わなくては。

 

と思っていると

ドアの隙間から低い声で

 

クロウを送って

状況を調べなくては。

あのネックレスのせいで

ばれそうになるなら

手を尽くして

回収するように。

 

と言うのが聞こえました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

 

ナビエにとって

ハインリが

大切な存在になってきたのに

魔力消失問題に対する

西大帝国への疑惑が

浮上してきました。

実際にハインリは関与していますが

このことで

ナビエとハインリの関係が

悪くならないように願っています。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain