自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説第179話 政略結婚と親子検査

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

179話 ソビエシュがハインリに送った手紙の内容は?

◇ハインリが欲しがるもの 

ハインリ宛の

ソビエシュの手紙には

 

ハインリ皇帝は、とりわけ

私の物を

欲しがっている。

妻も宝石も。

 

と書かれてあり、

ハインリは苦々しく思いながらも

それを認めました。

ソビエシュは、ハインリが

欲しがっている

魔法使い軍隊や

広い海と港などを

持っているからです。

 

宝石は、西大帝国の方が

たくさん持っているのにと

マッケナが不思議に思っていると

ハインリは、パーティーの時に

ナビエが

ソビエシュからもらった宝石を

これ見よがしに付けていたと

告白しました。

 

マッケナは

ナビエとハインリの間に

生れる赤ちゃんは

とても賢くて勇猛になるはずだし

生れる前から

船を2隻持っているので

港を作ってくれると言って

ハインリを慰めました。

 

ナビエは胎教のために

毎日、夢と希望に満ちた童話を

読んでいますが、

ハインリは、

子供が勇猛になるように

ナビエが寝ている時に

戦争の一代記を読むと

言い出しました。

f:id:myuieri:20210312050509j:plain

 

寝ている間に、そんな本を読まれたら、うなされそうな気が・・・

ハインリが、また問題を起こして

独身のマッケナに

夫婦の悩み相談をすることになる

未来を予測し

マッケナは舌打ちをした後

すぐに話題を変え

ホワイトモンドの

シャレット姫が待っていると

告げました。

 

ハインリは、ナビエの助言通り

ホワイトモンドの大使が帰る際に

両国共に「侵入不可協定書」を

作成する前提で

和解案を提示しました。

そして、その答えを

ホワイトモンドの王女が

持ってきたので

良い答えを期待していました。

 

f:id:myuieri:20210420045236j:plain

◇政略結婚◇

ハインリは星の部屋へ行き

シャレット王女一行を

迎えました。

 

シャレット姫は

ホワイトモンドの過ちを

大目に見てくれたハインリに

感謝すると共に

商社の貿易品に

ホワイトモンドの特産品を加え

商社がルイフトで

用を済ませている間

ホワイトモンドの貿易船が

ルイフトで

一緒に待つと伝えました。

 

これは驚くべき決定でした。

すると、ケトラン侯爵が

ナビエのことを称賛したので

雰囲気は冷ややかになりましたが

他の貴族たちも

ナビエのことを褒め称えました。

 

ハインリは、彼らのことを

見え透いた奴らと思いながらも

ナビエへの賛美を聞いて

彼の口元も上がっていきました。

 

するとシャレット姫は

両国が和解した記念に

父王は

彼女が政略結婚をすることを

望んでいる。

そのために、自分はやって来たと

伝えました。

 

人々は口を閉じ

ハインリを見つめました。

王女と政略結婚するのに

値する皇族は

ハインリしかいませんでした。

弱小国から来た姫や令嬢が

強大国の皇帝の側室になることは

珍しくありませんでした。

 

その場を抜け出したユニムは

皇后の部屋へ行き

シャレット姫が、

政略結婚を望んでいることを

伝えました。

 

ナビエは、いつかハインリも

側室を持つことになると

覚悟はしていましたが

実際に、そのような状況になると

心臓はドキドキし

ナビエは嫌だと思いました。

 

ナビエは無理に落ち着いた声で

状況を調べる必要があると言って

使節団のいる星の部屋へ

ユニムに案内してもらいました。

 

ちらっと見るだけのつもりが

扉が開いていたため

他の人たちは

ナビエが来たことに気づき

彼女を拍手で迎えたので

ナビエは当惑しました。

 

無理に笑顔を作ろうとしている

ナビエに

知的な雰囲気の

とても魅力的な

シャレット姫が

自己紹介をし、

ナビエに感謝の言葉を

述べました。

 

ナビエは、このような時に

自分が傷つかないために

ハインリの気持ちを

受け入れないように

してきましたが

すでに苦しさを感じていました。

 

ラスタが徐々に自分を

締め付けてきた鋼なら

シャレット姫の登場は

一発で心臓に

白い矢が当たったような

ものでした。

 

ハインリは

港を欲しがっているから

シャレット姫のおかげで

戦争なしで

港を持つことが

できるかもしれない・・・

 

ハインリが強張った顔で

自分に近づいてくるのが

見えました。

 

絶対にこんなことは

ないと思っていた、

ホワイトモンドとの友情のために

政略結婚が持ち出されるとは

思わなかった。

 

ナビエは無理に微笑んで

シャレット姫に挨拶を返すと

彼女は自分の政略結婚のために

ナビエの許可が必要だと言いました。

 

やはりシャレット姫は

ハインリの側室になることを

希望している。

 

ナビエの指先はプルプル震え

お腹の中が揺れ動く感じがしました。

 

そんなナビエにシャレット姫は

 

陛下のお兄様の

コシャール卿と結婚したいと

思います。

 

と言いました。

 

f:id:myuieri:20210218142424j:plain

◇親子検査◇

西大帝国から使節団が

戻ってくると

リルテアン大公について

公式に明らかになりました。

 

ソビエシュと同じように

疑惑を抱いたり

憤慨する人もいましたが

親子検査が近づくにつれ

人々は口をつぐむように

なりました。

 

親子検査の当日

人々は

リルテアン大公のことで

騒いでいた隙に

イスクア子爵夫妻が

いなくなったことを

知りました。

 

彼らは、

行方不明の娘の痕跡を見つけたので

彼女を探しに行く。

後で親子検査は必ず受ける

 

と言い残していましたが

多くの人は不審に思いました。

 

確かソビエシュが密室に閉じ込めていましたよね。

けれども、現在、問題なのは

姫が皇帝の実子がどうかなので

ラスタの親が誰であるかは

急を要していませんでした。

 

親子検査の日

ラスタは久しぶりに姫を

見ることができました。

以前より大きくなったと

思いました。

 

ラスタは、姫を抱いている

ベルティ子爵夫人に

姫は、ソビエシュの娘でないと

思っているか

尋ねました。

 

ベルティ子爵夫人は

姫が陛下の実の娘だと考えている。

と答えました。

 

ベルティ子爵夫人とラスタは

別々の馬車に乗り込みました。

 

ラスタは、ベルティ子爵夫人が

自分を裏切りながらも

下女が椅子を振り上げて

ラスタを殺そうとした時に

なぜベルティ子爵夫人が

助けてくれたのか

聞きたいと思っていましたが

聞けませんでした。

 

彼女の裏切りに

ショックを受けたことを

ラスタは後になって

気づきました。

 

ついに馬車が

神殿の前に到着しました。

ラスタは親子検査の結果に

自信がありました。

 

ソビエシュと貴族たちが

ラスタの過去を口実に

攻撃してきても

証拠は何もないので

認めないつもりでした。

 

廃位になっても

証拠が何もなければ

厳しい罰を下されることはない。

そうやって

何年かやり過ごせば

娘が助けてくれるかもしれない、

ハインリがナビエを

救出したように

エルギ公爵が自分を

連れ出してくれるかもと

思いました。

 

その考えは甘いかも・・・

その瞬間、

彼女はエルギ公爵を

見たような気がしました。

その場所へ行ってみると

掃除をしている

神官しかいませんでした。

 

護衛に促され

ラスタは

親子検査が行われる場所まで

歩いて行きました。

すでにソビエシュと

ベルティ子爵夫人は

到着していました。

 

ベルティ子爵夫人の

抱いている姫は

ラスタと目が合うと

にっこりしました。

ラスタが手を上げて

挨拶をすると

姫は声をあげて笑いました。

 

ラスタは目頭が熱くなりましたが

姫の血筋を疑っている貴族たちに

涙を見せたくないので

唇を噛みしめて

涙をこらえました。

 

親子検査の場所には

大きな台があり

その上に2枚のお皿が

乗っていて

1枚は空っぽで

もう1枚の中には

澄んだ液体が入っていました。

 

それぞれの親指を切って出した

ソビエシュとラスタの血が

空の皿の中で混ざると

神官は、もう1方の皿に入っている

透明な液体を注ぎました。

 

その後、神官は

特殊な道具を使って

姫の血を採取し

その血を、

先ほどの皿の中へ入れました。

皿の中で、ソビエシュと

ラスタと姫の血と

透明な液体が混ざり

ブクブクと泡が立ちました。

 

姫が2人の実子なら血が消え

そうでなければ

血はいつまでも残ります。

 

しばらくしてから

神官は白い顔で

 

お姫様は、陛下の実子では

ありません。

 

と叫びました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

女性は、同時期に

複数の男性と

付き合っていない限り

自分の子の父親が誰か

わかります。

 

ラスタは親子検査の結果に

自信を持っていたので

おそらく姫は

ソビエシュの

実子なのだと思います。

 

けれども、

親子検査で、姫は

ソビエシュの実子でないと

結果が出てしまいました。

何か裏があるのかなと

思います。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain