自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説第186話 あらすじ 穏やかな日々と混乱の日々

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

ラスタを一緒に地獄へ連れて行く決心をしたロテシュ子爵でしたが・・・

◇穏やかな日々◇ 

何日間かランドレ子爵と

遊びに行っていたニアンが

両手にプレゼントを

たくさん抱えて

帰ってきました。

 

ナビエはリバティ公爵に

頼まれたことを

ニアンに話すと

彼女は、

 

あまり心配しなくても大丈夫。

すでに断固たる態度を

取っているから。

ナビエが望むなら

もう少し、

リバティ公爵に

怖い態度をとっても良い。

 

と答えました。

 

そして、リバティ公爵は

ナビエと私的な話がしたくて

息子のことを

お願いしたのではないかと

言いました。

 

ニアンが帰ると

ナビエは1人椅子に座り

考え事をしました。

 

ハインリの誕生日以降

ジュメンシア老公爵は

静かになったし

マレーニとウィヤンが

一緒にいる時は

喧嘩をするけれども

それほど仲が悪いとも

思えないし

ケトラン侯爵やリバティ公爵も

静かになったので

平和になりました。

 

ナビエは、だんだん腰が

痛むようになっていましたが

以前より、食べられるように

なりました。

 

ジュベール伯爵夫人の勧めで

ナビエはベッドに横になり

うつらうつらし始めた頃

ノックの音で目が覚めました。

 

f:id:myuieri:20210202174309j:plain

◇醜聞◇

ナビエは中に入るように

命じました。 

すると侍女たち全員が寝室へ

入って来たので

ナビエは何事かと思いました。

彼女たちは

何とも表現できない

奇妙な顔をしていました。

 

ジュベール伯爵夫人は

ナビエに新聞を渡すと

そこには、ソビエシュの娘が

カッコウ姫だったという

大きな見出しと共に

 

・姫は皇帝の血筋ではない。

・ラスタは結婚前に

 別の男と暮らし子供もいる。

・ラスタは再婚であることを

 皇帝に隠していた。

・姫の実父はラスタの最初の夫

・皇帝は姫を廃位した。

 

と書かれていました。

そして、この記事を書いた

ジョアンソンは

ナビエのことを再婚皇后と

からかったラスタが

彼女自身も再婚皇后だったと

あざ笑っていました。

 

ナビエは、

ソビエシュとラスタの

結婚式の時に

2人が幸せにならないようにと

呪いましたが

まさか、このような状況にまで

なるとは思わず

彼女は当惑しました。

 

ローラはナビエに

どうするつもりか

尋ねました。

 

ナビエは、

 

自分には関係ないので

何もできない。

 

と言って新聞をたたみました。

 ◇混乱◇

娘を探しに行くといって

行方のわからなかった

イスクア子爵夫妻が

突然現れたので

ラスタとの親子検査を

望む声が再熱しました。

 

ところが、彼らが

宮殿にいる魔法使いの弟子

暗殺しようとした罪で

首都を出たところで逮捕され

監禁されたという

想定外の出来事に

人々は、わけがわかりませんでした。

 

しかし、その魔法使いが

ソビエシュの側室ではないかと

噂されていたことを思い出した

人たちは

その事件の背後に

ラスタがいるのではと噂しました。

 

ソビエシュは、

ラスタの実の親でもなく

生みの親でもない彼らが

窮地に陥れば

事件の背後にラスタがいることを

証言するだろうと

言いました。

 

ソビエシュは

感情を表に出さない教育を

受けていたので

見た目は落ち着いていましたが

実際は、怒りが頂点に

達していました。

 

ソビエシュはエルギ公爵を

呼び出して

港の件について説得するつもりでした。

それができなければ

彼を脅迫しようと

思っていましたが

エルギ公爵はソビエシュに

港の話をした後に

借用書と港についての情報を

マスコミに流しました。

 

その結果、

ラスタに対する世論は

さらに悪化し

同情票しか集めていなかった

ソビエシュも

こんなことになるまで

ラスタを抑えることが

できず

賢明でないと

噂されるようになりました。

 

そのため、

グローリーエムのために

閉じ込めておいた

イスクア子爵夫妻を

表に出すことにしました。

ソビエシュは、

準備ができ次第

エベリー暗殺事件について

イスクア子爵夫妻の裁判を

進めるべきだと

言いました。

 

 

カルル侯爵は

ベルディ子爵夫人から

姫が病気だと聞き

恐る恐るソビエシュに

伝えました。

 

彼は、

 

誰が姫だって? 

 

と言ったので、

 

カルル侯爵は

 

それでは、無視します。

 

と答えました。

 

しかし、ソビエシュは

しばらくしてから

秘密の護衛に

子供の病状について調べるように

命じました。

 

ソビエシュは

憎たらしいアレンの娘に

振り回される自分に

腹が立ちました。

そして、裁判での

イスクア子爵夫妻の証言を聞き

ソビエシュの怒りは

ますます大きくなりました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain
お腹の赤ちゃんは

大きくなっていき

大きな問題もなく

平穏な日々を送っているナビエと

ラスタを皇后にしたために

自分の評判が

落ちる一方のソビエシュ。

ラスタを皇后にすると

決めた時は、

ここまでひどい状況になるとは

ソビエシュも思っていなかったと

思いますが

どんなに後悔しても

過去には戻れません。

ソビエシュの過ちの代償は

あまりにも大きいと

思いました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain