自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 先読み 小説第166話 あらすじ クリスタの死と厄介なゆりかご

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

再婚承認を要求します 小説版 第166話をお届けします。クリスタが自殺をしてしまいました・・・

◇クリスタの死◇

ナビエとカフメン大公が

執務室を出ると

ハインリはマッケナに

 

大きなお屋敷に、

友達もいて

美味しい食べ物もあるのに

なぜ自殺するのか?

 

と尋ねました。

 

マッケナは

 

クリスタの父親が

娘を捨てて甥たちを選んだと

書かれた手紙を

食べ物の中に

入れたからではないか。

 

と答えました。

 

遺言はなかったと聞いた

ハインリは

父親を怨むような内容で

遺言状を作るように

マッケナに指示しました。

そして、義姉と一緒に

監禁された侍女たちには

選択の機会を

もう一度与えると言いました。

 

偽の遺言状まで作るのですね・・・

クリスタが自殺をしたことを

聞いたジュメンシア老公爵に

衝撃が走りました。

 

クリスタのように強い子が

自殺するはずがない、

ハインリが自殺に見せかけて

殺したんだ。

 

と叫ぶと、部下が

 

父親に捨てられたことに

胸が痛むと書かれた

遺言書が見つかった。

クリスタの侍女たちも

遺言書は本物。

コンプシャーで

彼女と一緒に過ごしていた時に

クリスタから父親への恨み言を

聞いていたと証言した。

 

とジュメンシア老公爵に

伝えました。

 

ジュメンシア老公爵は

怒りで身体がブルブル震えました。

すべてハインリの計略だと

思いました。

 

畜生、絶対に

このままにはしておかない!

 

とジュメンシア老公爵は

叫びました。

 

そして、

 

自分の従妹が死んだのに

ケトランは何をしているのか!

 

と叫びました。

◇ハインリの策略◇

ケトラン侯爵は

卑劣だけれど、頭は良い。

けれども、ちょっといい加減。

 

とハインリは批判しました。

クリスタが死んだので

もうケトラン侯爵は

出しゃばらないだろうと

マッケナに言いました。

 

ケトラン侯爵はともかく、

ケトラン侯爵夫人は

ナビエに輸入物の

高級なゆりかごを

贈ってきていました。

 

このことがきっかけで

おそらく、ジュメンシア老公爵と

ケトラン侯爵は

完全に仲違いをしたと

ハインリは思いました。

 

ハインリは

ジュメンシア老公爵の

火のような性格を利用して

彼を、もっと怒らせ

彼が暴れるのを

人に見られるようにし

周りの人間が

彼のそばにいたら危ない

と思わせるようにする、

彼を孤立させる。

と言いました。

◇最高級のゆりかご◇

クリスタが自殺したと聞き

ナビエは、彼女からもらった

植木鉢を眺めながら

クリスタのことを考えていました。

 

f:id:myuieri:20210203054052j:plain

クリスタのことは

嫌いだったけれども

彼女が死んだと聞いて

気分はよくありませんでした。

 

クリスタのことを

考えないようにするために

応接室へ行くと

新たな厄介物である

ケトラン侯爵夫人から贈られた

最高級のゆりかごが

目に入ったので

ナビエの気持ちが

そちらへ向きました。

f:id:myuieri:20210402045818j:plain

ゆりかごはとても良い物でしたが

敵対していたケトラン侯爵家から

もらったものなので

どのように対処するか

意見が分かれ

中途半端な場所に置かれていました。

 

その時、カフメン大公が

やって来ました。

実験的に交易を行った商社の一つから

手ごたえが良いと連絡が来たと

彼はナビエに報告しました。

◇お金を吸うヒル

ラスタは、ロテシュ子爵と

イスクア子爵夫妻は

お金を吸うヒルだと思いました。

それに加えて

実の父親は何かと理由をつけては

ラスタにお金を送るように

連絡してくるし

そのお金を父親は

近所の人たちに

大盤振る舞いするので

ラスタはたまったものでは

ありませんでした。

今回は具合が悪いと言って

父親はお金を要求してきたので

ラスタは宝石箱から宝石を出して

使いの下女に渡しました。

 

ラスタの気に入った人は

エルギ公爵だけでした。

 

その時、イスクア子爵夫妻が

ラスタを訪ねてきました。

また、お金を請求されるのかと

ラスタは緊張しましたが

彼らは、

ソビエシュが、ラスタに

赤ちゃんを会わせてくれないことを

心配してくれました。

誰からも、慰めてもらえなかった

ラスタは泣き出しました。

 

ラスタはエベリーが

ソビエシュから

自分を遠ざけていると

イスクア子爵夫妻に

言いました。

 

イスクア子爵夫妻は

腹が立って

仕方がないというような

顔をしていました。

ラスタは、

血がつながっているからといって

本能的に惹かれたりすることは

全然ないとわかり

安心しました。

 

しかし、イスクア子爵夫妻が

エベリーが実の娘であることを

突き止めることも

あるかもしれないので

 

彼女が皇宮にいるのが

嫌です。

 

と言って、

自分がエベリーを

追い出すのではなく

イスクア子爵夫妻に

エベリーを追い出させるように

仕向けました。

 

それはひどいと思います。

彼らが帰ると

親の愛情を受けて

少し気持ちが落ち着いたラスタは

カレンダーを見ました。

 

期限付きの皇后であるラスタは

ソビエシュが約束した1年が

あと、どのくらい

残っているか数えて

それまでに、ソビエシュの愛と

赤ちゃんへの信頼を

取り戻さなければと

思いました。

 

それは無理ではないかと・・・

ラスタは、

グロリーエムを抱いても

落とさなくて済むように

赤ちゃんを抱く

練習をするからと言って

グロリーエムと

同じくらいの体型の

赤ちゃんを借りてくるように

リアンに命じました。

 

ラスタは、

 

いくら難しいことでも

ラスタは常に乗り越えてきた。

今回も勝たないといけない。

エベリーを片づけて

ソビエシュの愛を取り戻し

実父と記者を

処理する方法を見つけなれば。

 

と思いました。

 

その時、リアンが

アレンの来訪を告げました。

 

アレンは、どのようなつもりで

赤ちゃんを連れて

ここへやって来たのか。

 

ラスタは、すぐにでも

アレンを追い出したいと思いましたが

赤ちゃんを抱く練習をするのに

彼女のトラウマの

原因であり

しかも、

グローリーエムにそっくりな

赤ちゃんを抱けば

うまくいくのではと思いました。

 

ラスタは、アレンから

渡された赤ちゃんを

緊張して抱きました。

グローリーエムと

同じ顔を見ると

妙な気分になりました。

 

アレンはぞんざいな口調で

 

私たちの息子は

東大帝国の皇后の第一子。

それなのに庶子として

生きていくのは可哀そうだ。

少なくとも、準皇子の

待遇を受けてもいいのではないか。

 

お前が奴隷の時は

子供の役に立たなかったけれど

今は、お前を隠す必要はない。

妹はお姫様なのに

自分の子供は庶子だなんて・・・

 

と言いました。

ラスタの目が恐怖に染まりました。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

アレンは、ロテシュ子爵より

少しはましな性格かと

思っていましたが

やはり

ロテシュ子爵の息子だなと

思いました。

 

エベリーを

実の両親に追い出させるように

仕向けたラスタ。

自分のためなら

何をしても構わない性格は

相変わらずだなと思います。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain