自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します ネタバレ 原作 小説 第35話 マンガ 31話でカットされていたこと ラスタに行動まで奪われたくない

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

35話 ラスタはエルギ公爵からお金を借りることになりました。

◇後を付いて来ないで◇

ナビエは文化機関の館長と

大衆舞踏会について

打合せをしていると

ナビエの方を見ていないものの

彼女の視線の届く距離の所で

ラスタと彼女の下女たちが

話をしていました。

 

こんなことが

何日も繰り返されていました。

害を及ぼすわけではないけれど

微妙に神経に障るし

負担に感じました。

 

館長は気にしないように

言いましたが

ナビエは、

誰かが自分を追いかけて来て

その人を気にすると

自分は敏感で変な人になるのかと

気分が悪くなりました。

 

館長と別れた後

ナビエは、アルティナ卿に

ラスタを連れて来させました。

 

ナビエは、あからさまに

どうして自分の後を付いてくるのか

ラスタに尋ねました。

 

彼女は真っ赤になって

指をぴくぴく動かしました。

見えないけれど

足の指も

もぞもぞしているようでした。

 

ラスタがうろたえた様子を見せると

彼女の下女たちも怖気づいて

周りを見渡し

ナビエが何か言えば

悲鳴をあげるのではないかと

思われました。

 

ナビエはそれが不快だったので

下女たちに、どこかへ行くように

命じました。

 

f:id:myuieri:20210117204832j:plain

下女たちが遠のくと

ラスタは

 

皇后陛下は典型的な皇后だと

エルギ公爵が話していたので

皇后陛下のようになりたくて

見て学ぼうと思った。

皇后陛下は、礼法など

教えてくれると思わなかったので。

 

と言いました。

 

ラスタの言ったことが

本心かどうかわからないけれども

自分が彼女に

礼法を教えるはずがないことは

正しいと

ナビエは思いました。

 

ナビエは、礼法を学びたければ

皇帝陛下かベルディ子爵夫人に

頼むようにと

ラスタに言いました。

 

ベルディ子爵夫人の名前を聞くと

ラスタは眉をしかめたので

彼女と仲が良くないのかと

思いました。

 

ラスタは、

皇后陛下に気付かれないように

遠くから見るので

見逃してもらえないかと

ナビエに尋ねました。

 

ナビエは、ラスタが

気付かれないようにすることが

できないから

自分は彼女に気付いたと

答えました。

 

ラスタはもっと気を付けると

言いました。

 

ナビエは、新年祭でラスタが

カフメン大公の前で

自分の話し方を

真似していたことを

思い出しました。

 

新年祭の

特別パーティの貴賓たちと

挨拶を交わす時も

ラスタが自分の後を

付いて回ったことを思い出し

ナビエはぞっとしました。

 

ラスタがナビエから

何か学ぼうとすることは

道徳的に問題はありません。

 

逃亡奴隷だったラスタは

急いで

上流社会に入り込みたくて

一番身近な自分を

選んだのかもしれないと

ナビエは思いました。

 

けれども、

自分の夫を奪った女が

自分の行動まで奪うのは

とても嫌だと思いました。

 

ナビエは

 

ソビエシュが愛しているのは

私とは全く違う今のあなた。

エルギ公爵が友情を与えたのも

今のあなた。

無理に私の真似をする

必要はないんじゃない?

 

と無理矢理、

聞こえのよい言葉を

ラスタに言いました。

そして、厳しい声で

 

私に気付かれないように

付いてきたら

防ぎようがないけれど

私の目に入ったら

騎士たちに命じてでも

あなたを遠くにやるので

私の後を付いて来ないで。

 

と言いました。

 

その後、数日間

ラスタは本当に姿を

見せませんでした。

 

全く見当たらなかったわけでは

ないけれど

明らかに回数が減りました。

 

けれども、ラスタは

ナビエに気付かれないように

後を付いてきたものの

ナビエが彼女の存在に

気付いたと思った時は

先に、その場を立ち去ったので

騎士たちに、

ラスタを追い出してもらう必要は

ありませんでした。

それでも、ナビエの気分は

よくなりませんでした。

 

f:id:myuieri:20210705060118j:plain

 ◇ドレスが同じ◇

そうこうしているうちに

大衆舞踏会の開かれる日に

なりました。

 

ナビエはつま先から頭まで

全て真っ赤にして

仮面だけは

白鳥の羽で飾った

白い物を付けました。

 

ナビエと侍女たちが

舞踏会の会場に入ると

皆驚いた顔をして

人々がざわめきました。

 

ナビエたちより先に来ていた

ラスタのスタイルが

真っ赤なドレスと

赤い靴にネックレスとイヤリング。

白い仮面まで

ナビエと同じでした。

 

ラスタが驚いた顔をすると

あたりがシーンと

静まり返りました。

 

ナビエはじっと立ったまま

ラスタを見ました。

彼女に言いたいことは

たくさんあったけれど

自分から

先に近づきませんでした。

弁解しようが、謝ろうが

かましい態度を取ろうが

先に近づくのは

ラスタの方でした。

皇后は言い訳をするために

目下の者を探さない。

ナビエは、そのように学びました。

 

ラスタは言いたいことが

たくさんあるようで

ナビエに近づくと

 

わざとラスタと

同じドレスを着たのですか?

 

と尋ねました。

 

隣にいたイライザ伯爵夫人が

ラスタを叱りつけました。

 

ナビエは気持ち悪い不快感が

どんどん出てきましたが

わざと笑いながらも

冷たい口調で

 

私の真似をしたいというのは

すべてを真似したいという

意味だったのですか。

 

と尋ねました。

 

ラスタは呆れた顔で

 

なぜ、その話を

今するのですか?

真似をしたのは皇后陛下です!

 

と訴えましたが、ナビエは

 

2人とも笑いものになるだけだから

そんなことをする必要はありません。

わざと同じドレスを着たら

2人とも損をすることを

私は知っています。

 

と言いました。

 

頭を働かせられる人であれば

ナビエの言葉を聞いて

彼女自身が

笑いものになるようなことは

しないと想像できる、

けれども、信じたくない人は

ナビエが何を言っても

信じないと思いました。

 

ナビエは計算的な言葉で

自分を守りましたが

ラスタは表情で彼女自身を

守りました。

 

ラスタの横を通り過ぎる時

ナビエは仮面を投げ捨てました。

 

ラスタはその場に立ったまま

男性たちに囲まれて

泣いているようでした。

f:id:myuieri:20210815142622j:plain


平民と貴族の入り混じった会場で

どちらが先に真似をしたのか

人々は語り合っていました。

 

ラスタの泣きながらも

神秘で清楚な姿に

魅了された平民の男性が

ラスタの味方をしました。

 

彼らがラスタを

地上に降りて来た妖精のように

ぼーっと見ているので

ナビエは足先に力を入れました。

足先が震えていることを

悟られてはいけないと

思いました。

 

ナビエはラスタから視線をそらし

ラスタにナビエの衣装を

教えた犯人は誰なのか

考えました。

今すぐ怒る相手はラスタだけれど

重要なのは

情報を流失した犯人でした。

 

ナビエの代わりに

怒り狂ったローラは

 

側室は皆

あのように振る舞うのですか。

腹が立ちます。

 

とイライザ伯爵夫人に

訴えると、彼女は

 

側室制度が合法だから

寵愛を受けている間は

簡単に手を出せないからです。

それを利用して

もっとひどいことをした

側室も多かったそうです。

 

と言いました。

 

あれよりも

もっとひどいことって?

 

とローラが尋ねたので

イライザ伯爵夫人は

 

先代皇后の時は・・・

 

と言いかけたところで

舞踏会のドレスコードを無視した

ソビエシュが

礼服姿で堂々と入って来ました。

 

歩いてくるソビエシュに

ラスタは走り寄り

可愛らしい声で

 

陛下!

 

と叫びました。

 

ソビエシュの腕に

ぶら下がりながら

ラスタはソビエシュに

ナビエのことを話したのか

チラッとナビエを見た彼と

視線が合いました。

 

ナビエは

わざと平然と微笑みながら

ソビエシュに目で

挨拶をしました。

 

ソビエシュは

ナビエの隣に座るために

彼女に近づいてきました。

ラスタまで付いてきました。

 

リルテアン大公まで

ナビエとラスタが

同じドレスを着て驚いたと

笑って話をしながら

付いてきました。

 

ラスタに付いてきた人たちは

ナビエがラスタの真似をしたと

遠回しに彼女のことを

非難していました。

 

嫌な人が皆来たと思い

ナビエは笑いました。

 

ところが、ソビエシュが

 

皇后に赤いドレスを着るように

言ったのは私だ。

 

と話したので

ナビエの笑いが止まりました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

ただでさえラスタと

関わり合いたくないと

思っているのに

自分の真似をしようと

ラスタに見張られていたら

ナビエも

たまったものではないですよね。

ナビエの気持ちが

よくわかります。

 

私自身、嫌いな人が

似たような服を着ているのを見て

その服を捨てたことがあります。

 

f:id:myuieri:20210206060839j:plain