自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 59話 ネタバレ 原作 小説 マンガ 54話、55話でカットされていたこと ティーパーティに誰も来なかったことに文句を言うラスタ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

59話 ティーパーティの日がやって来ました。

◇妹にしたい◇

数日前、ナビエは

ルベティと令嬢たちを見送る時に

近いうちに

ティーパーティーを開くことを

約束しました。

 

例年、この時期は

令嬢たちを呼んで

ティーパーティーを開くので

ルベティを出席させても

ソビエシュは何も言えないと

思いました。

 

ナビエは約束を守るために、

彼女たちに招待状を送りました。

ラスタは貴族の令嬢ではないため

当然、招待をしませんでした。

 

ティーパーティー当日、

ルベティは舞踏会にでも

出席かのするように

着飾って来たので

しばらく、からかわれましたが

他の令嬢たちと。

よく交わっていました。

ティーパーティーは

終始、明るく愉快でした。

 

ティーパーティーが終わり

他の令嬢たちが帰った後、

ナビエはルベティだけ残し

一緒に散歩をしようと提案しました。

 

2人は、西宮から銀の庭へ続く

散策路を歩きました。

ナビエはルベティに

警戒心を持たせないため

わざと

ラスタやリムウェル領地のことは

聞きませんでした。

 

ルベティは、ナビエの肖像画

30枚持っていると

耳まで真っ赤にしながら

ナビエに伝えた後で

 

私は変な子ではありません。

 

と弁解しました。

 

ナビエは変だと思わないと

伝えましたが

ルベティは泣きそうでした。

ナビエは、本当に大丈夫だと

ルベティに言いました。

 

しばらく話しながら歩いていると

南宮の一室から

ラスタとエルギ公爵が出てくるのが

見えました。

あまり離れていないので

彼らと目が合いました。

 

ルベティはラスタを見るや否や

表情が冷たくなりました。

ナビエの顔色を見て

すぐに優しい表情を作りましたが

一瞬浮かんだ表情は

かなり荒れていました。

社交界でうまく生き残れるだろうと

ナビエは心の中で感嘆していると

エルギ公爵とラスタが先に近づき

2人に挨拶をしました。

 

エルギ公爵は

ナビエが

アクセサリーのように連れている

可愛い令嬢は誰かと

にっこり笑いながら尋ねました。

 

あえてアクセサリーと

言ったところを見ると

良い意味で言った誉め言葉ではないと

ナビエは思いました。

ラスタは不快そうに

ナビエを睨みました。

 

ナビエは、

ロテシュ子爵の娘と言って

ルベティを紹介しようと思いましたが

ラスタを見て、彼女が

しきりに、ナビエを

お姉さんと呼んでいたことを

思い出しました。

 

ナビエは

 

新しく知り合った令嬢です。

確かに可愛い女性です。

 

とルベティを精一杯褒めて

彼女を優しく見下ろし

 

妹にしたいくらい

気に入っています。

 

と言いました。

 

ルベティは驚いて

顔が赤くなりました。

 

そして、ナビエは

 

負担に思わなかったら

いつか、お姉さんと

呼んでみますか?

 

と尋ねました。

 

ルベティは、

ラスタを忘れたかのように

目を赤くしていました。

その姿を可愛らしくて愛らしいと

ナビエは思いました。

 

こっそりラスタを見ると

ナビエが意図していたことでは

あるものの

ナビエが困惑するくらい

ラスタは予想以上に

傷ついた顔をしていました。

 

思っていたよりも

ラスタとルベティの仲は

悪いのかも。

 

とナビエは思いました。

f:id:myuieri:20210522073348j:plain

 

◇皇后は木石◇

その晩、ラスタは

自分のティーパーティには

エルギ公爵以外誰も来ることなく

全ての令嬢が

皇后のティーパーティに言ったことを

ソビエシュに打ち明けました。

 

ソビエシュは

ラスタが

奇妙なことをしたような口ぶりで

 

別の日にすべきだった。

 

と言って、

可哀そうに思ったのか

ラスタを抱きしめました。

 

ラスタは、

誰も来ないと思わなかったと

ソビエシュに訴えました。

 

彼は、皇后とラスタが一緒に呼べば

当然、皇后の方へ行くと

答えました。

 

エルギ公爵も、同じことを言ったものの

ラスタは、

皇后に呼ばれていない令嬢の中、

1人か2人は自分のパーティに来ると

信じていました。

 

けれども、

皇后に招待されていない令嬢でさえ

ラスタのパーティに来ませんでした。

 

エルギ公爵は

皇后と対立しているように

思われたくないからだと

説明していましたが

それは彼女たちの事情でした。

どんな事情であれ、

ラスタの受けた傷は

すぐに消えることはありませんでした。

 

おまけに、憎たらしいルベティを

皇后が

可愛い妹のようにもてなしたことも

気に入りませんでした。

 

ソビエシュは

エルギ公爵が10人分になるので

気にしないようにと

言いました。

 

皇后は、

ラスタがとても憎いのでしょうか?

 

とソビエシュに尋ねました。

 

彼は、

 

皇后は木石のようだ。

自分の感情にも無頓着なのに

人の感情まで気にしない。

 

と答えました。

f:id:myuieri:20210720172724j:plain

◇噂話◇

コシャールは

中絶薬事件が失敗した上に

妹に迷惑をかけたので

失望していました。

彼は、ロテシュ子爵を探ることに

没頭していました。

 

今、ラスタを取り除いても

また皇帝は新しい側室を置く。

 

とナビエは言っていましたが、

コシャールの考えは違っていました。

新しい側室が現れたら

また取り除けばいいと思っていました。

 

すべての皇帝たちが

側室を置いたからといって

彼らはナビエと結婚していないので

何の関係もありませんでした。

むしろ、ナビエの夫が

皇帝でなければ

事は簡単だったのにと思いました。

 

コシャールは歯ぎしりをしながら

ロテシュ子爵の後頭部を睨みました。

 

コシャールは何日間か、

ロテシュ子爵を調査したので

彼がラスタを助けているのを

知っていました。

 

ロテシュ子爵は、自分のミスで

ラスタに迷惑をかけたから

彼女に借りを返すと言って

ラスタを助けていることを

隠しもしませんでした。

 

ちょうどロテシュ子爵が

バーに入ったので時間を置いて

コシャールもその中へ入りました。

 

ロテシュ子爵は、

店の端のテーブルに座りました。

そこには友達らしき人も2人いて

まだ料理は運ばれていませんでした。

 

コシャールは

近くに席を取ろうとしましたが

空席がなかったので

ロテシュ子爵が見下ろせる

2階へ行きました。

 

店員が注文を取りに来ると

ロテシュ子爵たちを指差し

 

あの人たちと同じものを。

彼らの会話も持ってきて。

 

と言って、店員に

小さな宝石を渡しました。

 

こんなに大きなチップをくれた人は

初めてだったので

店員は目を大きく見開き

宝石をさっと懐にしまいました。

 

コシャールは

じっとロテシュ子爵たちを見ていると

店員が料理を配りながら

彼らの周りをウロウロしているのが

見えました。

 

ようやくコシャールは

椅子にもたれてくつろいでいると

周りから、

 

皇帝の側室が開いた

ティーパーティと同じ日に

皇后がティーパーティを開いた。

 

皇帝の側室は平民で

皇后や貴族たちが無視して

いじめている。

 

と話が聞こえて来たので

気楽でいられなくなりました。

 

あちこちで話し声が混ざっていて

順番がめちゃくちゃだけれど

皇帝と皇后と皇帝の側室について

話しているのは明らかでした。

 

コシャールは、

しばらく彼らの話を聞いていましたが

その中の何人かは

皇后を理解するように話しながらも

巧妙に、

皇后が側室を苦しめているといった風に

話を広めていることに

気付きました。

 

公に皇后や側室の肩を持つ人たちより

それらの人の方が気に障りました。

 

初め、コシャールは、

話を主導している人たちは

皇帝側が送った者たちではないかと

疑っていました。

けれども、彼らが

皇帝までひっくるめて

けなしているので

ラスタが送った人たちかと思い

拳を握りしめました。

 

f:id:myuieri:20210921172210j:plain

◇世論の操作◇

ティーパーティから4日後、

パルアン侯爵が訪ねてきて

首都内で広まっている噂について

ナビエに話しました。

 

コシャールも、

その話を聞いたと知らされると

ナビエは、

自分を大事にしている兄が

妹の悪口を聞いて

どれほど気を揉んだかと思うと

心が痛みました。

 

ナビエは、

そんなそぶりを見せないように

真顔になると、パルアン侯爵が

 

コシャールは人の胸倉をつかんで

噂を探ろうとしなかったので

あまり怒らないように。

 

と言いました。

 

ナビエは、怒っているのではなく

悲しんでいると言いました。

 

パルアン侯爵は、さらに当惑し

たじたじしながら

ラスタを稀代の悪女にすると

言いましたが、

ナビエは、

 

私は国と国民のことを

考えなければならないので

ラスタのように、自分のために

世論を操作することはできません。

 

と言って断りました。

 

そして、

 

ロテシュ子爵、ラスタ、

エルギ公爵のうち、誰が

今回の世論操作を

仕掛けたかわからない。

私は、エルギ公爵だと

思っていますが

3人のうち誰がやったとしても

3人とも愚かでした。

私が悪役を演じようと

ラスタが悪役を演じようと

陛下は他の人に振り回される

主体性のない皇帝と思われ

威厳が傷つくでしょう。

世論が悪化すれば

統治も難しくなります。

 

と言いました。

 

そして、

ソビエシュが無能な皇帝になっても

自分は輝かない。

ソビエシュが廃位になれば

自分も廃位になる。

彼が、どんなに憎いことをしても

自分が皇后の座にいる限り

自分が傷つくことになっても

面倒を見なければならないと

ナビエは思いました。

 

ナビエは、パルアン侯爵に

エルギ公爵を

注視するように伝えました。

f:id:myuieri:20210910054332j:plain

戴冠式の後◇

その時刻、

ハインリは戴冠式を終えた後でした。

外国の使節たちは

新たに王座に就いた

若くて独身の王に目通りし

ハインリは、優しく笑いながら

すべての視線を余裕で受けました。

口元に浮かべた笑みは

糊で張り付けたかのように

隙間がありませんでした。

 

その態度は、

東大帝国から来た

リルテアン大公を見た時

さらに際立ちました。

 

東大帝国の使節団として

ナビエが来なかったので

ハインリは大変がっかりしましたが

リルテアン大公の前では、

それを見せませんでした。

 

ハインリの歓待に

気分が良くなったリルテアン大公は

笑いこけていました。

 

しかし、彼が

 

殿下がまだ王妃を迎えていないのは

ラスタさんのせいですか?

 

と言った時、

しばらくハインリの表情が

乱れました。

 

なぜ、

そのように思うのですか?

 

とハインリが尋ねると

リルテアン大公は

東大帝国の貴族は皆

そう思うと答えました。

 

高笑いしたリルテアン大公は

まだハインリが

ラスタに片思い中だと

考えているようでした。

 

ハインリの後ろに立っていた

マッケナは

心の中で舌打ちしました。

 

リルテアン大公が

ハインリの気分を良くしようと

ラスタを精一杯称賛した時、

マッケナは、あからさまに

舌打ちするところでした。

 

そんな中、

和やかに笑っているハインリは

改めてすごいと

マッケナは思いました。

 

しかし、

とても気分の盛り上がった

リルテアン大公が

 

ラスタさんが妊娠したら

皇后は彼女を虐げている。

どうして、皇后は

そんなにひどい人なのか

わかりません。

皇后がラスタさんを

いじめるところを、

ハインリ殿下が直接見ていたら

心が痛くて

耐えられなかったでしょう。

 

と、ラスタをおだてるために

ナビエの悪口を言った時、

マッケナは驚きのあまり

開いた口が塞がりませんでした。

 

マッケナは急いで

ハインリのところへ駆け付け

彼の耳を塞ぎたくて

手を震わせました。

 

しかし、ハインリは

意外な反応を見せました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

原作6話で

ラスタの侍女探しのために

ナビエが開いた

ティーパーティもそうですが

今回のティーパーティ

ラスタは招待の対象ではないので

ナビエはラスタを

招待しなかったのに

それが分からないラスタは

自分がパーティに

呼ばれなかったことで

ナビエに嫌われていると

言いました。

 

そして、ソビエシュに

皇后はラスタを憎んでいると

訴えましたが

以前とは違い、

ラスタをティーパーティ

招待しなかったことで

ソビエシュがナビエを責めたり

皮肉を言わなかったのは

以前に比べて、ソビエシュも

変わってきているのかなと思います。

ナビエのことを

木石と言ったのは

ひどいと思いますが・・・

 

58話で、

ソビエシュがナビエに

貴重な指輪を贈っても

ナビエが感動しなかったから

なのでしょうけれど。

 

ナビエとクイーンが

一緒にいる姿を

ソビエシュが

一度でも見たことがあれば

ナビエに感情がないなどと

言うことはなかったでしょうね。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain