自分時間を楽しく過ごす 再婚承認を要求しますの先読みネタバレ付き

自分時間を楽しく過ごすために経験してきたことをお話します。現在の楽しみの一つ、LINEマンガで連載中の「再婚承認を要求します」の先読み、ネタバレ記事も書いています。

再婚承認を要求します 58話 ネタバレ 原作 小説 マンガ 53話、54話でカットされていたこと クイーンが去ってから心から笑えていないナビエ

f:id:myuieri:20210206055100j:plain

 

58話 肖像画でしか見たことのないナビエと直接会い、目の前でお茶を飲んだルベティは、夢見心地で歩いていましたが・・・

◇ラスタ vs. ルベティ◇

ルベティは、

突然手に入れた華やかな邸宅や

多くの使用人よりも

皇后陛下が自分に笑いかけ

数日後のティーパーティ

招待してくれたことの方が

よりワクワクしました。

 

自分の焼いたクッキーを

ティーパーティ

持って行くことを考えながら

回廊を歩いていると

ラスタが腕を組んで

ルベティを待ち伏せしていたので

ルベティは

嬉しい気持ちが失せてしまいました。

 

ルベティは

ラスタを上から下まで眺めました。

 

元々美しかったけど

今のラスタは

天使のように見えました。

けれども、

相手がどんなに美しくても

ルベティはラスタに興味がないし

彼女がアレンと付き合っていた時も

彼と別れた今も

ラスタが嫌いでした。

 

ラスタは、

皇后に何か話したかと

ルベティに尋ねました。

 

ルベティは何の話かと

尋ねましたが

ラスタは

アレンと赤ちゃんの話と言えず

口をもぐもぐさせていました。

口に出すのも不安でした。

 

利口なルベティは

ラスタの言いたいことを

全て理解しました。

ラスタは皇帝の側室になった後も

過去に囚われ、

過去がばれると

困ると思っていることに

気が付きました。

 

ルベティは

 

何を心配しているか

わかるような気がするけれど

あまり心配しないように。

あなたのことを

皇后陛下の前で話すほど

あなたに価値はない。

 

と、にっこり笑って

冷やかしました。

 

侮辱的な言葉に

ラスタの顔が赤くなりました。

 

そして、ベルティは

 

あなたが兄と付き合っても

貴族になれなかったように

皇帝のおもちゃになっても

皇族になれない。

 

と言うと、

ラスタは怒り狂い

ルベティを平手打ちしました。

 

彼女はラスタを

叩き返そうとしましたが

ラスタのお腹の中に

誰が入っているかを思い出し

悔しいけれど

歯を食いしばりました。

 

口論は跡が残らない上に

互いに口をつぐむ必要があるので

何を吐き出しても構わないけれど

もみ合いは

そうではありませんでした。

いくら無視しても

ラスタは皇帝の側室で

お腹に皇帝の赤ちゃんがいました。

 

ルベティは

 

暴力をふるうなんて

下品で卑しい。

 

と息巻きました。

 

ラスタは

怒りがこみ上げてきましたが

その瞬間、

ルベティの頬を叩いたことを

後悔しました。

 

悪いと思ったからではなく

ルベティがこのことを

父親に話したら

娘を大切にするロテシュ子爵が

どう出てくるか恐怖を感じました。

 

きっとロテシュ子爵は

また、お金をせびるだろうと

思いました。

そして、ラスタはこのことを

ソビエシュに話すことが

できませんでした。

 

けれども一番悔しいのは

生意気なルベティのために

デビュタントのドレスを

用意することでした。

f:id:myuieri:20210202052108j:plain

◇指輪◇

ナビエは

ソビエシュと夕食を取っている時、

 

令嬢たちを呼んで

遊んだようだけれど

楽しかったようだね。

 

と言われました。

 

ラスタを

呼ばなかったことで

皮肉を言うつもりなのか

ロテシュ子爵の娘を

呼んだことで

何か言うつもりなのかと

ナビエは思いましたが

ソビエシュは腹立たしそうでも

嘲笑う風でもなかったので

 

元気いっぱいの令嬢のおかげで

気分が良くなりました。

 

と答えました。

 

ソビエシュは、

 

皇后は仕事に没頭し過ぎるので

たまには息抜きをするように。

 

と言いました。

 

ナビエはソビエシュを

注意深く見ました。

 

最近のナビエとソビエシュは

神経戦を繰り広げてきましたが

今のソビエシュの態度は

ラスタが現れる前の彼のようでした。

 

どうしたのかと、

ナビエは思いました。

 

ラスタに優しくしろと

強要する代わりに

お手本を見せているのか、

ソビエシュが自分に

良くすれば

自分もラスタに良くすると

思っているのか

ナビエは

彼の本心を探ってみましたが

わかりませんでした。

 

ナビエは、

ソビエシュの本音を探る代わりに

魔法使いの減少問題について

話を切り出しました。

 

ソビエシュは、

生まれる魔法使いが

減っているだけでなく

魔法使いだった人が

普通の人に戻る現象について

報告を受けたと話しました。

 

領主は一定数の私兵を

持つことができるけれど

魔法使いを雇えるのは

皇室と王室だけなので

魔法使いは

領主と貴族が

皇帝に頭を下げさせるための

源泉でした。

 

もしも、

魔法使いの数が減ったら・・・

 

ナビエは

しばらく頭を悩ませていると

ソビエシュは、いきなり

 

笑ってごらん。

 

と言いました。

 

ナビエは

ソビエシュが望む通りに

笑いましたが

彼は満足せず

 

鏡を見ながら練習した笑みではなく

本物の笑みを見せてください。

 

と言って

しかめっ面をしたナビエの方へ

手を伸ばし

空中でナビエの口元を

上げるふりをしました。

 

ソビエシュは、

昔のナビエは自分を見ながら

よく、心から笑っていたと

名残り惜しそうに言いました。

 

ナビエは

 

今も心から笑っています。

 

と言うと、ソビエシュは

 

嬉しい時とか、幸せな時の

心からの笑いを

見せて欲しいと言いました。

 

そうするには、

嬉しいことや

幸せなことがなければならないと

ナビエは言いました。

 

考えてみれば

クイーンが去ってから

ナビエは心から笑ったことが

ほとんどありませんでした。

 

意外にも、

ソビエシュはナビエの話に頷き

 

そうだね、

嬉しいことと幸せなことが

なければなりません。

 

と言うと、

テーブルの上の鐘を鳴らしました。

間もなく侍従が手押し車で

銀色の蓋が被せてある皿を

運んできました。

 

ソビエシュに促されて

蓋を開けると

銀色の指輪が現れました。

 

ソビエシュは

ナビエの顔色を窺いながら

 

どうですか?

 

と尋ねました。

 

ナビエは

 

プレゼントですか?

 

と尋ねました。

 

ソビエシュは

少しがっがりした様子で

他に言うことはないのかと

尋ねたので

ナビエはお礼を言いました。

けれども、ソビエシュは

何かを期待しているのか

ナビエの顔を

じっと見ていました。

 

ナビエは

先ほど、ソビエシュが

笑えと言ったのを思い出し

かすかに笑いながら

もう一度、お礼を言いました。

 

ソビエシュは

まだ言うことはないか、

この指輪を見て言うことは

お礼だけかと

尋ねました。

 

ナビエは、指輪の出自について

説明しました。

 

ソビエシュは唇をビクッとさせ

ため息をついた後、

食べ物を指差して

 

どうぞ、お召し上がりください。

 

と言いました。

 

f:id:myuieri:20210613134854j:plain

◇ルベティのドレス◇

スケッチブックを

パラパラめくるラスタを

デザイナーは不安そうに

見守っていました。

 

ラスタは社交界だけでなく

平民の間でも話題になっていたので

デザイナーは、

全ての注目がラスタに集まる

パーティで

自分のドレスを着てくれることを

望んでいました。

 

けれども、ラスタはため息をつき

どれも、きれいすぎて気に入らないと

言いました。

 

デザイナーは、

もう少し素朴なデザインを

提案しようとしましたが

ラスタは首を振り、

彼女を帰しました。

 

デザイナーが出て行くと

ラスタは枕に顔を埋め

 

嫌いな人のために

デビュタントのドレスを

選んでいるから

きれいなほど

気に入らないという話を

どのようにすればいいのかと

悩みました。

 

ルベティにはハンカチ1枚も

あげたくないと

思っていました。

 

ラスタがぼうっとしていると

ベルティ子爵夫人が

近付いて来て

自分が適当にドレスを選ぶことを

提案しました。

 

最初はラスタを嫌っていた

ベルティ子爵夫人でしたが

彼女が妊娠してからは

親しくなろうと試みていました。

 

ラスタは

 

そうじゃないんです。

 

と言って、膨れっ面をして

答えた時

ナビエが

ティーパーティを開くことを

下女のデリスが知らせに来ました。

 

それまでデリスは、

下女の経験がないものの

それだけ意志も強く意欲的で

初めて仕えることになった主人が

とても好きでした。

ソビエシュは、

わざとそうした点を狙い

彼女を下女に選んでいました。

 

ラスタは、ナビエが自分を

招待するわけがないと言いましたが

デリスは、ラスタも招待されるから

心配しないようにと言いました。

 

ラスタは、

そんなはずはないと思いながらも

少し期待しました。

 

皇后が

あからさまに自分を無視すれば

冷淡に見えるから

体面維持のために

招待状をくれるのではと思いました。

けれども、招待状は届きませんでした。

 

f:id:myuieri:20210917052050j:plain

ティーパーティ

エルギ公爵がラスタを訪れた時

彼女は我慢していた涙を流しながら

ナビエが自分を

ティーパーティ

招待してくれなかった、

自分を孤立させようとしていると

訴えました。

 

エルギ公爵は

社交界で一番影響力のある人が

先頭に立って

ラスタを無視してはいけない、

いじめているのと何ら

変わらないと言って

彼女を慰めました。

 

皇后は、そんな女だと

ラスタは言いました。

 

ラスタはすすり泣きながら

彼女の

里親になる人は見つかったか

尋ねました。

 

エルギ公爵は

実際に子供を失くした人を

探そうと思っているので

自分に任せるように言いました。

 

そして、エルギ公爵は話を

ティーパーティに戻し

ラスタはどう対処するのか

尋ねました。

 

彼女は、

招待されていないのに行ったら

笑いものになると言いました。

 

エルギ公爵も、

それは良くないと言いました。

 

ラスタは、

 

それでは、

どうしたらよいのか。

皇后様と親しくなれるように

努力しろとは

言わないでください。

もう十分やって来たけれど

上手くいかなかった。

 

と訴えました。

 

エルギ公爵の目尻が

少し曲がりました。

 

彼は、ラスタに

ナビエと同じ日に

ティーパーティを開くことを

提案しました。

 

ソビエシュが権力の頂点で

冷たく傲慢な魅力を放つとしたら

エルギ公爵はその反対で

彼は身分が高く

荒っぽい気性であるものの

必要な時は自分を下げて

人々と合わせるのを

憚らない人でした。

 

エルギ公爵が温かいまなざしで

ラスタを見つめると

彼女は顔に熱が上がり

視線を避けました。

 

ラスタは、

自分のティーパーティ

誰も来るわけがないと

反論しました。

 

エルギ公爵は

ラスタが攻略しなければならないのは

平民なので

貴族の事情を全く知らない平民の間で

皇后がわざとラスタと同じ日に

ティーパーティを開いたと

噂をさせればいいと言いました。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain

f:id:myuieri:20210206071517p:plain

相手がきっと喜んでくれると思って

ワクワクしながら

贈り物を用意したのに

期待外れの反応をされたら

がっかりするのも当然だと思います。

 

けれども、ソビエシュに対して

ナビエは疑心暗鬼になっていて

ソビエシュの行動一つ一つに

裏があるのではと

考えている以上、

いくら貴重な指輪をもらっても

心から笑えないのは

仕方がないと思います。

 

後にナビエは

以前、欲しがっていた指輪を

ソビエシュから贈られますが

その時も、

彼女は戸惑っただけでした。

 

ナビエが欲しいのは

高価な贈り物ではなく

彼女のことを愛し

彼女のことを考え

寄り添ってくれる人。

 

高価な贈り物では

ナビエは幸せになれないことを

ソビエシュが、

気付けていたら良かったのにと

思います。

f:id:myuieri:20210206060839j:plain